法人登記の申請書の現物を閲覧することは可能なのでしょうか?

現在、解散および清算決了登記がなされた法人についての話なのですが、
清算決了の登記について書類が偽造された疑いがあるので、
書類そのものの確認がしたいのです。

A 回答 (1件)

した事はありませんが、商業登記法11条の2に規定があるそうなので、利害関係人であれば出来るはずです。


参考ブログ
http://blog.goo.ne.jp/skn001/e/06bf1cb4b4fa080f4 …

実際の閲覧申請の手続きは法務局窓口に問い合わせて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これでなんとかいけそうです

お礼日時:2011/04/08 22:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民基本台帳閲覧可能の意味

住民基本台帳を閲覧して母子家庭を見つけ出し、
わいせつ行為をはたらいた事件がありました。

http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/050310_2.html

そもそも住民基本台帳が閲覧できることによる
住民のメリットってなんなのでしょうか?

テレビのインタービューでは区役所の職員が
『DM発送のためが最も多い』と答えてましたが
これが正しい目的だとも思えません。
メールだったら迷惑メールで
取り締まりの対象ですよ。

住民基本台帳法成立の理由、
閲覧可能による住民のメリットをご存知の方
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

補足です・・・。
せっかくなので、疑問を残さないように
してあげたくて・・・。

>法律の存在意味がないように思います。
そうですね。
法律はあくまで一般原則なんです。
この一般原則に基づいて、如何にして
運営していこうかという取り決めにを
しているが、政令や条例です。
運営している現場では、むしろ条例の方が
重要度も浸透度も高いです。
法律は、あくまでもその条例の理論と
なっているものなんですね。

要するに、住基台帳は原則公開です。
ただし、プライバシーをどうやって守るか、
各自治体で考えてね♪
・・・と、住基法には書いてあります。
(かなり意訳するとこんな感じです。)
各自治体で考えた結果条例が生まれます。
そういうことなんですよ。

>住民のメリットはないんですね。
これは、公平性を保つためだと思ってください。
監査請求などを住民が行えるように、
自治体の台帳は、住民が閲覧できる
直接請求権があります。
その必要性がある人にはメリットは
あるでしょうけど、そうでない人には不要。
でも、メリットの有無に係わらず、
誰かにだけ認められた権利はあってはいけません。
つまり、こういう言い方をすると
「そんなのいらないよ」という権利の押し売り・・・
としか私も思いませんけど、(;-;)
住民にも与えられている権利であるという点が
唯一メリットといえますよね。

補足です・・・。
せっかくなので、疑問を残さないように
してあげたくて・・・。

>法律の存在意味がないように思います。
そうですね。
法律はあくまで一般原則なんです。
この一般原則に基づいて、如何にして
運営していこうかという取り決めにを
しているが、政令や条例です。
運営している現場では、むしろ条例の方が
重要度も浸透度も高いです。
法律は、あくまでもその条例の理論と
なっているものなんですね。

要するに、住基台帳は原則公開です。
ただし、プライバシーをどうやって守る...続きを読む

Q法人での債務保証について、司法書士法人や税理士法人でも法人の保証を行うことは可能でしょうか?

法人での債務保証について、司法書士法人や税理士法人でも法人の保証を行うことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

司法書士法人や税理士法人が 関連会社の保証人になれない理由はありません。ある会社が関連会社の保証人になれるのとまったく同じです。
ただし、現実には 関連会社の保証では保証にならないとして 相手側が拒否する可能性が大です。これは司法書士法人や税理士法人でも 会社でも同じです。

Q回線速度50mbpsの意味とサイト閲覧の関係

私が使っているインターネット接続環境は光です。
速度は、下りで50mbpsのようです。

この意味を知りたいのですが、

たとえば、サイト容量が全体で2MBのホームページがあったとします。
このホームページを表示するのに何秒かかるか、
という計算は、以下の計算であっていますでしょうか?

※計算をわかりやすくするために、
1MB = 1024ではなく、1000KBにしています。同様に
1mb = 1000kbに。

20MB(メガバイト) = 20000KB(キロバイト)
50mb(メガビット) = 50000Kb(キロビット) = 6250KB(キロバイト)

1秒間に6250KBのデータをダウンロードできる。
よって
20000KB / 6250KB = 3


サイト容量が全体で2MBのホームページは、
下りで50mbpsの環境だと、表示までにかかる時間は3秒。

こういう計算で間違いないでしょうか?


ご存知の方いらっしゃいましたら
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

m と M は 意味が違います

50mbpsでは一文字送るのに1秒近くかかってしまいます

また 質問のような計算を行う場合には 回線利用率は 50%以下です
(理論値でも90%強)
無線LANではさらにその1/3程度になります

つまり 現実は、質問者の計算の2~5倍はかかります
さらに 混雑の状況ではその数十倍かかることも珍しくありません

また 伝送されるデータ量は実データの1割増程度必要です(あて先情報等)

Qマンションの相続登記申請における登記証明書と固定資産評価証明書の相違について

マンションの相続登記を自分で実施しようと悪戦苦闘しています。
必要書類を集めている中で、登記証明書に記載されていないマンションの集会室と自転車置き場が固定資産評価証明書に記載されていました。これは、登記漏れなのでしょうか。また、相続登記申請にあたっての不動産の表示、課税価格に集会室と自転車置き場も含める必要があるのでしょうか。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

マンションの登記の基本を押さえておきましょう。
まず、共用部分は登記することが出来ません。たとえば、エントランスの部分や廊下です。自転車置き場は、一見建物のように見えても、壁が一部であったりしますと、不動産登記法では、建物と認められないことがありますので、登記されていません。これらは、共用部分として、登記をしなくても、相続登記をすれば、第三者に対抗することが出来ます。そこで、登記所で登記される事項を証明した登記証明書(正確には登記事項証明書)には、それらは登記されていません。
 集会場は、建物として認められますが、マンションの全体の所有者の共有ですので、マンション全体のために「共用部分である旨の登記」が
なされているはずです。また、自転車置き場が建物と認めれるときには同じように共用部分である旨の登記がなされているはずです。
 これに対して、固定資産税の対象は、登記法で定義する建物とは別の解釈です。
ご質問の内容は、相続登記をしたい。ということですので。
その登記の対象は、登記所に記録されている区分建物の一室と思いますので、登記事項証明書に記載されている内容について、相続登記をすればよいです。固定資産評価証明書は、関係がありません。
 ここでの回答は、区分建物として登記されている、マンション全棟の登記ではなく、その一室ということでお答えしています。

マンションの登記の基本を押さえておきましょう。
まず、共用部分は登記することが出来ません。たとえば、エントランスの部分や廊下です。自転車置き場は、一見建物のように見えても、壁が一部であったりしますと、不動産登記法では、建物と認められないことがありますので、登記されていません。これらは、共用部分として、登記をしなくても、相続登記をすれば、第三者に対抗することが出来ます。そこで、登記所で登記される事項を証明した登記証明書(正確には登記事項証明書)には、それらは登記されていませ...続きを読む

Q「回覧」「閲覧」の違いについて

こんにちは。
 
SNSサイトやオークションで、
「回覧ありがとうございます」
というのを見る度に、
【閲覧】じゃないのかなぁ??
と思うんですが、
 
① 見て頂き ありがとうございます の意味で使う場合、
 
② オークション内を
見て回っている事を表す場合、
 
「回覧」「閲覧」
それとも別の言葉でしょうか??
 
回覧だと 回覧板のように見たら回すイメージ、
閲覧だと 調べる意味なようで..
どちらも違う気がしてきました。
 
正しくは
どんな言葉が合っているのでしょうか??

Aベストアンサー

・・・ああ、本当だ。

あらためて「回覧ありがとうございます」で検索したら、出るは出るは・・・
オークションに限らず、ブログの題名にさえも・・・

「回覧」ならば、「読んだ人」が「次の人」に回して知らしめることですよ。

いきなり「回覧ありがとうございます」なんて言われたら、
「オレは ただ開いて見ただけだよ! まだ回してないよ!」
ですよね。

・・・ですので、こんな言葉があるかどうかワカリマセンが、
「開覧」ならばイイのではないでしょうか?

ひょっとして「回覧」を使ってるヒトは、「回」と「開」を混同してるのではないかと思う次第です。

・・・という前に「回覧」の意味を判ってないのが嘆かわしい!
質問者さんの感覚は まっとうです。
ご指摘のように「回覧」なんかじゃありません。「閲覧」が正しいです!

(・・・でも、「開覧」なんてのは使え得るような気がします。 造語ですが。イカガでしょう?)

Q現在登記事項照明書と登記事項要約書の違い

20年前頃に4物件の所有権移転、抵当権解除、1年前に名義人住所変更などをしましたがその確認を予定しています。以下1)項の内容を教えて下さい。
1)現在事項証明書と登記事項要約書は、現に生きている登記内容事項を掲載しているという点では、下記2)3)項以外全く同じと考えておいて良いのでしょうか。
2)登記事項要約書は、物件の取得原因、抵当権の設定原因や利息や損害金などの債権の範囲などの詳細記録がされていない。
3)登記事項要約書は、登記官の認証文言が記載されてないため公的な証明文書としての機能を果たすことができない。
従って単に現在の所有者、抵当権利などを調べたい場合は、登記事項要約書を取得した方が経済的にお得だと思いました。(登記事項証明書は取得手数料が千円、登記事項要約書は取得手数料が五百円)

Aベストアンサー

20年前に抵当権を抹消していたなら、 現在事項証明書でも抵当権は記載されません。
登記簿をコンピュータ化したときに、登記簿を書き換えました。
その時抹消されている登記は、移記されなかった。
その時の所有者のみ移記されました。

古い事項を確認するのでしたら、閉鎖謄本を取得しなければなりません。

1年前の、住所移転に関する事項は記載されています。

Qブログの閲覧数と訪問者数の違い

gooブログに投稿しています。
ブログの編集画面を表示すると、「閲覧数」と「訪問者数」とあり、各々違った数字が出ています。
「閲覧数」=再訪問?
「訪問者数」=初訪問?
と、いう意味でしょうか?

「閲覧数」と「訪問者数」の数字が違いますが、具体的にどういう意味をあらわしているのか、
ご存知の方がおられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

閲覧数=PV(ページビュー) 読んだページ数
訪問者数=IP(IPアドレス) 訪れた人

IP人数がPVだけ閲覧した、ということです。
10人が、全体で20ページ読むと10IP 20PVとなります。

ちなみにIPはインターネット上の認識番号のようなものですが、必ずしも人だけとは限りません。
gooブログの場合は、googlebotという自動検索プログラムもカウントしていますから、正確なカウントは分かりません。
有料版にすれば、この内訳を見ることもできます。
経験的には訪問数(IP)のうち30から40%がこのような自動検索プログラムが占めています。

ま、gooブログのアクセスカウンターは、いまいち信用できないカウント方式になっているようですから、あまり一喜一憂する必要はありません。

ご参考まで。

Q根抵当権の債務者の死亡後、合意の登記もされていない6ヶ月の期間内(いわゆる浮動期間内)に申請可能な登記とは?

司法書士を目指して勉強している者です。
基本書と言われる書籍を調べたのですが、疑問が解消できないので質問させてください。

根抵当権の債務者(あるいは根抵当権者)の死亡後、根抵当権の元本が確定・未確定のいずれとも判断し難い、いわゆる浮動状態にある場合、合意の登記をしない限り、元本確定前のみできる登記(ex.債権の範囲の変更登記、債務者の変更登記、全部譲渡の登記など)は、することができないのは分かりました。

では逆に、元本確定後のみできる登記、例えば債権譲渡を原因とする根抵当権の移転の登記などは、浮動期間中にできるのでしょうか?
元本確定の登記を申請してから、債権譲渡を原因とする移転の登記をしなくてはならないのでしょうか?

もし、前提としての元本確定の登記を申請せずに、債権譲渡を原因とする移転の登記ができるとしたら、その後に合意の登記がなされた場合は、錯誤を原因とする抹消登記の申請をするのでしょうか。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>元本確定の登記を申請してから、債権譲渡を原因とする移転の登記をしなくてはならないのでしょうか?

 元本確定しているかどうか登記官にはわかりませんので、元本確定登記は必要です。ただし、元本確定の日を債務者の死亡後にする場合、指定債務者の合意の登記をした上で元本確定の登記をする必要があります。なぜなら、期間内に指定債務者の合意の登記がなされない場合、債務者の死亡した時点で元本確定するので、それよりの後の日に元本が確した旨の登記は、誤った登記になってしまう可能性があるからです。

Qgooブログ 閲覧数・訪問者数って何ですか?

ブログを書いています。
前日の、閲覧数Pr  訪問者数IPとありますが
閲覧と訪問者の意味とその違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

訪問者数は訪問したIPアドレスの数
閲覧数は見たページの数 です。

同じIPアドレスで何回か閲覧した場合、
訪問者数より閲覧数が多くなります。

Q登記申請書の添付書類(登記済証)

登記申請時の添付書類で登記済証書が必要ですが。。
今回、土地売買により一筆分の登記申請書を作成中でございますが、
添付書類の登記済証書には今回申請分以外の筆が多数記載されておりますが、そのまま添付してよろしいのでしょうか?そのまま添付した場合、登記完了後にこの登記済証書は返してもらえるのでしょうか?
登記申請初心者でありまして、よく分かりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足します。

(注9) 申請書の写しを1通添付してください(登記済証の交付を希望しない場合は,写しを添付する必要はありません。)。この写しの提出がない場合は,買主に登記済証が交付されません。


人気Q&Aランキング