東日本大震災での津波被害や東電福島第一原発事故ですが、災害は想定外で防潮堤越えの津波災害や東電福島第一原発事故は仕方が無かったという言葉が関係者からありましたが、そのような言い訳は想定外だったで済ませて良いものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 個人的には



 自身満々に「仕方なかった」⇒そんなこと言うやつは絶対に許さん
 やつれた顔をして、細い声で「し、仕方がな、なかった」⇒許しはしないけど、同情はするかな(演技だったら許さないけど)。友人だったら、陰でねぎらうことぐらいはするかもしれない。

 というような気持ちです。

 政治や電力業界には全く縁のない私ですが、原発反対運動に対して「よく解らずに騒ぎやがって」と一蹴したり(もちろん、原発反対運動のすべてが正確な科学的知識に基づいていたわけでもありませんが、そういう運動を見たきっかけに自分なりに勉強して問題意識を持つ事は可能だった)、過剰な防災対策に関して、「そんなことで税金や電気代が上がるのはいや、単なる無駄」と考えたことは何回かあります。そうした考えを猛省していますが、「なんでそう考えたの?」と言われれば、「想定外で仕方なかった」としか答えようがありません。
 もちろん、プロであればもう少し現場の実情が分かっていると思うので、これで堂々と逃げられたら腹は立ちます。ただ、とるべき責任を取った上での発言であれば、「無罪放免とはしないまでも、公明正大に法の裁きを受けるのなら、無暗やたらと感情をぶつけるのはやめておこうかなあ」、位の気持ちにはなるかなあ、と思います。
 というわけで、関係者の発言も、「法と人道的な裁きは受ける、それ以上は・・・どうしようもない」という極限状態からでた発言なら許せる(あえて感情をぶつけるような行為はしないという意味で)と考えたりするのですが、いかがでしょう?

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りです。日本の役人は仕事に責任を問われないそうです。こんな社会では良くなる筈がありませんし、原子力発電所みたいな危険なものを扱う資格はありませんね。

お礼日時:2011/04/09 09:00

東京電力がその莫大な資金を安全のためではなく、民放各局を接待漬けにしてきましたので、少なくとも、民放は巨大資金源の東電および原発事故については想定外で済まさざるを得ないでしょう。


この辺りは、「週刊文春」に掲載されています。
東電を解体するのでなければ、日本の住民はみんな被害を受けてしまいます。
その際、上層部には退職金などの受け取りを放棄していただき、その他の職員も解雇。
代わって、東北の被災者を中心とした新しい電力会社を立ち上げて雇用を確保すべきです。
そうでもしないと、震災の被災者は救われないし、新たな被害が次から次へと生まれるでしょう。
今や、想定外と放っておくレベルの問題ではなくなっています。

この回答への補足

東京電力は解体して税金で経営する国営企業にすれば良いのですか。

補足日時:2011/04/08 15:02
    • good
    • 0

>そのような言い訳は想定外だったで済ませて良いものなのでしょうか。


良いわけありません。

東北電力女川原子力発電所では東京電力福島原子力発電所より高い津波を想定していたんですから。
おまけに東北電力では非常用発電機を更に高台に設置していたんですからね。
東北電力にできていたことが東京電力に出来ないわけがありません。


忠告を無視していたのは東電の方です。言い訳なんて出来ません。
いや、言い訳ではないですね。言い逃れと言い換えます。

結局は責任回避の自己保身から出た言葉でしょうね。

歴史資料から20メートルくらいの津波が起きたことがあるというのは分かっていたんですからね。

この回答への補足

東電福島第一原発は1970年開業、東北電女川原発は1984年開業ですので、女川原発は問題ないのですがね。

補足日時:2011/04/08 15:10
    • good
    • 0

詳しいことはわかりませんが、早く原発が安定しないと 他の会社もいっぱい困るような気がする~~~

この回答への補足

東電福島第一原発が安定するには5年は掛かりますよ。

補足日時:2011/04/08 15:12
    • good
    • 0

「今回に → 今回の---?」



彼らに取って想定外だったことは確かでしょう。
想定外だったと彼らがいうことが質問者様にはご不満なのでしょうか。
彼らが想定内だったがその対策を採らなかったといったらどうでしょうか。
もちろんそういうことを仰っておられるのではないでしょうね。
そういう言い訳だけで彼らは責任を逃れることは出来ないのではないか、
彼らには(重)過失責任があり、その責任を取ってもらいたいと仰っておられるのでしょう。
確かにそれには一理あります。
注目したいのは
百年に一度か、千年に一度かが論点にありますが、千年に一度は地震のことで、津波は百年に一度のレベル名のです。そしてふくしまが負けたのは(今の報告では)百年のほうなのですから。

でも私見ですが、彼らは責任は取らないし取るにせよ今の職を退くぐらいだろうと思います。
裁判になるかもしれませんが、多分無罪になるでしょう。

日本社会は責任を取らない社会で有名です。
早い話
先の戦争で戦犯を断罪したのは戦勝国で、その彼らも今は軍神に祭り上げられています。

かれらが責任者だったといっているのではありません。
少なくもどんな負け戦(たとえばインパール作戦)を指揮した大将でも責任を問われることはなく、きまって勲章をもらっていました。

もっとも、責任を取って貰っても犠牲者が生き返ることはありませんが、白黒つけることを嫌う民族であることは確かです。

この回答への補足

責任を取れば問題が解決するなら良いですが解決しませんよ。役人が責任を取らなくて良い社会だから仕方ないじゃないのでしょうか。

補足日時:2011/04/08 15:14
    • good
    • 0

ん~。


実際問題、あのレベルの津波は「平安時代にどうやら有ったらしい」程度の情報しかない。
その情報も、比較的最近になってから明らかになってきた。

それ以前は、明治三陸地震やチリ地震、その他の三陸沖地震の時に発生した津波の高さや規模を基準に
その何割かを想定していた。

理論的にはあり得てもやっぱり過去の経験上でしか想定できないのだ。

福島原発の場合は、原発の稼働後に新たな被災規模に関する情報が得られても
「そのぐらいのモノは想定の範囲内です。」という煙幕で有耶無耶にされていたという点もあるから
免罪されるわけでは無いけど、三陸地域の津波防波堤に関しては致し方ない点もあるのでは無いか?

破壊された防波堤の何倍もの規模にしておけば良かったのかも知れないけど
予算の制約、時間の制約、土地の制約、そう言った事を考えると一方的に攻められるのは酷な面が有るのでは無いか?

この回答への補足

でも実際にその所為で数万人規模の方がお気の毒にも亡くなっているのですよ。仕方ないでは済ませれません。東電福島第一原発事故の被害より恐ろしい事ではないでしょうか。

補足日時:2011/04/08 15:17
    • good
    • 0

 それを言うなら『東電福島第一原発』より、震度もより高く、津波の被害もより多い


『東北電力:女川原発』の立場がないと思うよ。

 実際津波も東電福島第一原発→14メートル
      東北電力:女川原発→17メートル


単なる言い訳w
女川原発がかわいそーです



 

この回答への補足

そんな事言ってるんじゃ有りません、質問の意味が解ってないようですね。何でも想定外だったで済ませてしまっていますが、そんなことで良いのですかと、お尋ねしているのですよ。

補足日時:2011/04/07 20:38
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング