以前ワイヤレスマイクを使用した際に
受信機の出力(XLR出力)に「リバースケーブル」を繋いで結線しているのを見たのですが、
リバースケーブルを使用するのにはどんな意味があるのでしょうか?

ただ逆相にしたいだけならPAミキサーのフェイズスイッチを入れればいい気もするんですが…

電波の関係でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

卓にフェイズスイッチが付いていないものは沢山あります


この卓だったのではないでしょうか?
ワイヤレスでフェイズする意味は
音の回り込みが多すぎ、ハウリングしやすいためや
モニターの音が聞きにくい為に
フェイズすると、すっきり聞きやすくなります(演奏者や歌手が)
外への出音は変わりません
機材が古くて2番HOTをと3番HOTの変更のためも可能性はあります
が、現状使用出来るワイヤレスは2番HOTだと思います
電波は関係ないです
    • good
    • 0

はじめまして♪



XLR端子は、アースは同じでも ホット/コールド が違った接続機器が有ります。

近年は少なく成ってきましたが、今でも昔からの設備保守にオーダーに応じて機器を制作する場合に逆接続の場合も有ります。

そのような接続環境が違う機器を混在させて運用する場合に、ケーブル内で接続を変えていたり、御質問者様のおっしゃる様なミキサー卓側に切り替えスイッチを設けたりしています。

3ピンの内、1番がアース、ホットを2番、3番 それぞれ各社が使っていた時代があります。
これは、本来キャノン社が造ったコネクター、その類似品をXLR端子と称して各国各社が利用した事による物で、一応は1992年に2番をホットとする規格化が行われましたが、事実上、それ以前からの機器を利用しているホールやスタジオ等では逆接続の機器も使われていますからね。

詳しくは、下記等で確認してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/XLR%E3%82%BF%E3%82% …
(ウィキペディアで XLRタイプコネクター です)
    • good
    • 0

XLRコネクタは昔規格化されていなかったので、機器同士を繋げる場合は、ストレートケーブルかリバースケーブルか問題の無い方を使っていました。

現在は規格化されているのでストレートケーブルしか使いません。古い機器を使うときにはリバースケーブルを使わなければならないことがあります。
    • good
    • 0

聞きかじった回答です。


ヨーロッパとアメリカの音響機器は、ホットの端子が逆の為(2・3)だと思います。

システムを現地でくみ上げた場合(コンサート等)統一できないといった不具合があるため、リバースケーブルなるものが存在するのではないでしょうか?
もちろん、XLRのコネクターで2番と3番入れ替えてもOKです。
位相が逆ですと、中抜けした定位になってしまいます。

あくまでも素人回答ですので、笑い飛ばしてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qclipboxの使い方を教えて下さい。 動画のダウンロードのやり方が分からなくなりました。 どの項目

clipboxの使い方を教えて下さい。
動画のダウンロードのやり方が分からなくなりました。
どの項目をタップして動画をどうやって探してダウンロード出来るのか、ダウンロード出来た動画のプレイリストの作り方、動画再生等のやり方を知りたいです。
1年前は使っていたのに、1年して改めてインストールして「さあーやるぞー!」と思い挑んだんですが記憶してるやり方では何も出来ませんでした。
幼い子供でも分かるように詳しく教えて頂けたら助かります。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

clipboxの公式サイトに使い方が出ています。
これ以上に分かりやすい資料はないと思います。
http://clipbox-official.com/usages/p/dl1

Qワイヤレスマイク受信機と混合分配器

適したカテゴリがなかったのでこちらで質問させて頂きます。
混合分配器の必要性がわかりません。

現在、ワイヤレスマイク受信機(WX-R821)2台を、混合分配器(WX-R900)に接続している状態です。
使用しているワイヤレスマイク数は4本です。
WX-R821それぞれを2本のマイクの受信としているのですが、受信機のみで混合分配器はいらないのではないか、と思っています。

マイクA、B、C、D

アンテナA、B、C、D

混合分配器→受信機B

受信機A

これが現状なのですが、これを

マイクA、B

アンテナA、B

受信機A

マイクC、D

アンテナC、D

受信機B

このようにして、それぞれの周波数を被らないように変更する、という形ではいけないのでしょうか。
質問内容がわかりにくいかもしれませんし、そもそもそのように出来無いものなのかもしれませんが、回答可能な方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マイクA、B

アンテナA、B

受信機A

マイクC、D

アンテナC、D

受信機B

もちろんできますよ。一般的にはそれで済む場合も多いです。
でも、以下に書くことを参考にしてください。

混合分配器があることに寄って、受信機Aも受信機Bも、四本のアンテナA、B、C、Dで電波を受信できます。
WX-R821はアンテナが2系統で各系統1本づつですが、他メーカーには各系統2本づつ接続できる機種もあります。2本は混合(MIX)されるだけですが、アンテナを離れた位置に置くことによって受信可能範囲を広げることができます。
それと同じことが混合分配器があることに寄って可能になります。

電波は距離の二乗に反比例して空中戦電力が小さくなります。
また、室内ではコンクリートやガラスなどで反射しますので、かつてのアナログテレビのゴーストと同じように沢山の遅延した電波が重なります。電波を音に例えれば、温泉の大浴場を思い浮かべてください、近くの音はエコー(反射)があっても割合にはっきり聞き取る事ができますが遠くなれば音量的に聞こえてもエコーによって何を言ってるのか不明瞭になってしまいます。体育館や講堂など屋内はこのように電波にとって不都合な状態なのです。
マイクとアンテナは近いほうが良い。
アンテナ2本だとダイバシティを効果的に行わせるために2本が離れすぎない方が良い。どちらか一方が受信感度が悪い状態だとシングルアンテナと変わらないので、逆相反射波による音切れが発生して具合が悪い。
従って、室内の特定の場所(ステージ上だけとか)でしかワイアレスマイクを使わないのであれば、チューナーに2本のアンテナ直結で足りるでしょう。
それにプラスして、会場に質疑などのためにマイクを廻すとか言うことになると、会場の中程とかにアンテナが欲しくなるでしょう。その要求に応えるには混合分配器という方法を取らざるを得ません。
A,Bをステージ専用、C,Dを会場専用と分けて対処する事もできなくはないですが、どのマイクをどの位置でも使えた方が柔軟で利用価値が高いでしょう。
それだけの事しかしないのに価格が高い、という気は私もします。ただ、需要が少なく生産量が限られる機材ではありますね。

マイクA、B

アンテナA、B

受信機A

マイクC、D

アンテナC、D

受信機B

もちろんできますよ。一般的にはそれで済む場合も多いです。
でも、以下に書くことを参考にしてください。

混合分配器があることに寄って、受信機Aも受信機Bも、四本のアンテナA、B、C、Dで電波を受信できます。
WX-R821はアンテナが2系統で各系統1本づつですが、他メーカーには各系統2本づつ接続できる機種もあります。2本は混合(MIX)されるだけですが、アンテナを離れた位置に置くことによって受信可能範囲を広げることが...続きを読む

QE-TAXについて動画による使い方を知りたい。

問い合わせ先が違うかもしれませんが確定申告のE-TAXの使い方について「動画」で詳細を解説したWEBサイトをご存じの方が
有ればURLを教えて下さい。「税務署から返事が来ない為」

使用OS:VISTA HP SP-2
使用ブラウザ:IE-8

Aベストアンサー

国税局のHPに使い方が載ってます。

参照ください

参考URL:http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/tvcm.htm

Qワイヤレスマイクのアンプ側受信アンテナについて

古い放送設備のある施設から放送が出来ないのですが見ていだだけないかと依頼されました、聞くと久しく使用していなかったとのこと。マイク5ヶ所とスピーカーの調整と動作確認を行いました良好です。ワイヤレスマイクが不良でした、アンテナの位置はやっと発見したのですがアンテナ本体がありません、そこで相談ですがメーカーに依頼するほど予算もなく困っているとのことでした。試験のために簡易的なアンテナの作り方もしく古くても良いのですがどなたかよい知恵はないでしょうか。周波数は40Mhzだったと記憶しています。

Aベストアンサー

最も簡単なアンテナはダイポールです。
波長は40Mhzとすれば
λ=300/40=7.5m 適当なビニール線で7.5×0.95/4=1.78mのビニール線を2本用意し、水平に張ります。3C2V程度の同軸の中心部と網線にビニール線をつなぎます。
 受信機の受けが75Ωか200Ωかが不明ですが、200Ωなら75/200の変換バランを使ったほうがいいでしょう。

Q近いうちにYouTubeに動画をupしようと思って、 でも使い方がいまいちわからず、 試しにギャ

近いうちにYouTubeに動画をupしようと思って、

でも使い方がいまいちわからず、

試しにギャラリーにあったアーティストの動画を出してしまいました。

そうしたら著作権がなんとかかんとかでブロックされました。

捕まりますか?

試しの動画だったのですぐ消したんですけど...。

Aベストアンサー

捕まりませんよ。そんなことで捕まえていたら、警察はパンクします。

QXLRマイク端子の差し込み口について

使わなくなったオーディオIFを整理・処分しようとしています。

その内の1つがIFのXLR差し込み口にマイクのケーブルが刺さったままだったのですが、通常差し込み口の上に金具(その金具部分を押すとケーブルが外れるという構造のタイプ)が付いているはずなのに、それが付いておらず、ケーブルが抜けないという状態になってしまいました。

この際、ケーブルの差し込み部分が分解できるなら、IFの為にケーブルはダメになってもいいかと思ったのですが、ケーブルの先は金属で出来ており、且つ構造も単純なもので、例えば外からの力で壊す等ということは出来ない頑丈さです。
ケーブルの先端にひとつだけネジで固定されている部分もありましたが、それを外しても、すぐには取れないようでした。

金具があった部分の隙間に薄く細いものを差し込んで、それを押すことで抜けないかと試してみましたが、それも失敗に終わっています。

こんな事態になることはあまり無いとは思いますが、何か知恵を貸していただければと思い質問させていただきました。どうかよろしくお願いします。


※画像は正常な場合の差し込み口です。
差し込み口上の「PUSH」と書かれた部分が本文中の「金具」です。

使わなくなったオーディオIFを整理・処分しようとしています。

その内の1つがIFのXLR差し込み口にマイクのケーブルが刺さったままだったのですが、通常差し込み口の上に金具(その金具部分を押すとケーブルが外れるという構造のタイプ)が付いているはずなのに、それが付いておらず、ケーブルが抜けないという状態になってしまいました。

この際、ケーブルの差し込み部分が分解できるなら、IFの為にケーブルはダメになってもいいかと思ったのですが、ケーブルの先は金属で出来ており、且つ構造も単純なもので、例...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

オーディオIFのカバーは開けられますか?
開けると、添付写真のように、キャノンのノブの成れの果てのベロが上から見えますので、それを写真のようにドライバの先などで押せばロックが外れて簡単に取り外しできます。

写真は、駆け出しの頃使っていたコンデンサマイク用電源です。600Ω600Ωトランスが邪魔してます。こんな出番があろうとは。

QDreamweaver 8 の使い方で、音声入りの動画サイト探しています。

 Dreamweaver 8 の使い方についてお願いします。初心者です、書籍と下記サイトを見ながら作成中です。Dreamweaver 8 の使い方で、音声入りの動画サイトがあればご伝授ください。有料で購入品があればご紹介ください。よろしくお願いします。

http://www.dougamanual.com/apps/tools/index.cgi?_cmd=view_select&l=ap&ai=35&g=ap

Aベストアンサー

アップグレードに関しては、アドビのサイトをご参照ください。

http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver/?promoid=BPBRI

QXLR-XLRケーブルのコネクタ?ハンダ?

XLR-XLRケーブルを買おうと思い、お得そうなページを開いたら、いろんな組み合わせが出て来ました。
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e90317732

なるべく生の声を再現させるようにするには、何を選択すればいいでしょうか?
単純に値段が高い方がいい音質で録れるということなんでしょうけど、
この場合いい音質とは生の声に近いということなんでしょうか?

Aベストアンサー

No.1です。
質問者の方に最近別問でアドバイス投稿したことをようやく思い出したのですが…

もし、今般のケーブルがマイクNT3とオーディオインターフェースUS-122L間の接続用なら、こんなケーブル買わなくてもこういうので十分ですよ。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219%5EEC03%5E%5E

私自身は、手持ち(自作)のランク的に上のクラスのケーブル使ってますが、NT3とUS-122Lの組み合わせなら、これでも全く問題ないくらいです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=394%5ECMK010%5E%5E
もっと言えば、これでも全然問題ない。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233%5EMIX030%5E%5E

NT3とUS-122Lの組み合わせは、アマチュア録音的に別に取り立てて安物だとか機材が悪いとかいうわけではないですが、ちょっとくらい高級なケーブル使ったからといって劇的に音質が変わったりするほどの組み合わせでもないです。
マイクもインターフェースも各10万円クラスになれば、高級ケーブルも聞いてハッキリわかる違いが出てきますが、NT3とUS-122Lでは、私が上に掲げた廉価な(でも、性能的に悪いわけではない)ケーブルと高級ケーブルの差は、聞いてわかるほどは全く出ません。

もちろん、他の回答者の方の、特に金メッキにかかわるアドバイスは大変ごもっともですが、この機器の組み合わせでは全く何の御利益もありません。この点は現在進行形の経験者として自信ありです。

そんなことより、
・良い録音環境を整える事。
車での中で録音するなんか、論外中の論外。
公共施設の音楽室でも安いバンド練習用のスタジオでも、何でも良いので、ちゃんと防音遮音のしっかりした場所で録音(金掛けるならこっちに)
・歌なら正しい姿勢で録音する事。
ケーブルに金かけるくらいなら、マイクスタンド買う方が遙かに大事。
(スタジオなら借りれますから、借りられるなら買わなくて良いが)
ちゃんと立って歌わないとろくな声出ません。その方がよっぽど大事。
いくら生音がちゃんと録れても、その生音がグダグダだったら何の意味もない。
・最適なマイク設営方法、機材側の調整方法を模索する事。
ケーブルの数千円の差より、マイクのほんのわずかの角度や距離で変わる音質差の方が遙かに大きいです。
プロがケーブルに凝るのは、マイクの据え方、音の録り方を完全に極めた上で、ギリギリのもう一味を追求するところまで到達しての話。
マイクを下から上に構えるか、上から下に構えるか…たかがその程度の事でも、歌い手の声との相性で微妙かつ大幅に録音音質は変わります。
ケーブルの数千円に投資するより、1回で多く録音機会を作って実験し、自分の声質に最適なマイクの据え方、角度、距離を見つけ出す方が遙かに大事です。

録音は、多少のケーブルの材質よりも『録音技術』で音質のほぼ半分は決まります。
もう半分は、録音機材そのもの(マイクとインターフェース)の品質。これはある程度は価格に比例します。
ケーブルの品質が音質に占める割合は、(必要十分な性能は必要だが、それを前提に)数パーセント以下です。NT3とUS-122L程度ならせいぜい2~3%でしょう。それよりもきちんとしたスタジオを使うかどうかの方が遙かに重要です(こっちは40%以上のファクター)。

優先順位をくれぐれも間違えない事。
それが、良好な録音を行う際の大鉄則です。

No.1です。
質問者の方に最近別問でアドバイス投稿したことをようやく思い出したのですが…

もし、今般のケーブルがマイクNT3とオーディオインターフェースUS-122L間の接続用なら、こんなケーブル買わなくてもこういうので十分ですよ。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=219%5EEC03%5E%5E

私自身は、手持ち(自作)のランク的に上のクラスのケーブル使ってますが、NT3とUS-122Lの組み合わせなら、これでも全く問題ないくらいです。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDeta...続きを読む

Q携帯動画変換君の使い方…

カテ違いだったらスイマセン。

携帯動画変換君の使い方を教えてください!!
SO903iにyoutubeの動画を入れたいのですがやり方が分かりません…
http://so903i.jugem.jp/?page=1&cid=3
↑このサイトの2番の手順通りにやっても○○.mqvになりません!!!
お願いします。教えてください!!

Aベストアンサー

FOMAならわざわざ.mqvファイルを.3gpにしなくても、セットアップの上から3番目「3GPPファイル、音声AAC形式一般設定」を選択して変換すればいいと思いますが…。あとは上記のサイトの方法で見れるかと思います。ところでQuickTimeはインストールされていますか?

Qステージ用ワイヤレスマイクについて

昔の歌番組を見ていて、NHKホールのようなステージ上で歌手が持っているマイクの変遷に気がつきました。
有線からワイヤレスへの変化は当然ですが、ワイヤレスマイクになってからの変遷がおもしろいと思いました。1970年代後半のものは細く(有線式と同じ位の細さでアンテナと思われる数十センチの細い線が出ている)て「握る」より「つまむ」ような持ち方も可能でした。現在のものは、完全なワイヤレスではあるものの、以前よりかなり太くて「握る」しかないようなサイズです。

一度細くなったものが再び太くなってしまった理由は何なのでしょうか?
バッテリーや電波出力といった技術的な問題か、それとも単に持ちやすさなのでしょうか。

あわせて、ステージ用マイクの電源は何(乾電池、専用充電池等)なのでしょうか。会議室や体育館などで使う市販品は単3電池だったと思いますが、現行品の太さからするともっと大型のものが使えそうです。

テレビを見ての好奇心からの質問ですが、ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

体系的に変遷を知っているわけではないですが、細身が主流だった頃の背景は、私もNo.1の方のお考えと同じように捉えています。

ただ、コンデンサ型は現在でも無指向性もしくはワイドな指向性のマイクユニットがほとんどで、演劇やアナウンス、リポート等の番組ではそれでも良いのですが、ライブステージ等のステージモニターから大音量の「返し音」が必要になるステージPAでは、ハウリング等の危険があまりにも大きい事や、コンデンサマイクの一般特性として接話(マイクに口を密着させて)で大音声で歌うと音質がよろしくないという問題があります。
(こういう問題を解消しているモデルも有る事はあるんですが)

なので、プロのライブステージ用のワイヤレスについては、最近はステージ用で定評のあるダイナミックマイクのマイクユニットを搭載したモデルが普通です。そういうマイクユニットを搭載する事で、音響機器側も有線ダイナミックマイクに準じた音響特性のセットアップかできるという利点(有線とワイヤレスが混在しても、音響特性がぼ同じなのでセットがしやすい。感度と特性が極端に違うコンデンサマイクが混在すると、めちゃくちゃセットアップが難しくなる)もあり、音質調整やハウリング対策が楽で確実になります。また、歌い手の方も、有線マイクと同じ使い方で歌えます(これも結構大きいファクターです)。

ただ、この手のダイナミックマイクユニットは、従前のコンデンサマイクユニットに比べてユニット直径が太く、重量もかなりあります。よって、細身のマイクボディに取り付けたら、持った時のバランスが非常に悪くなりますし、強度も必要になりますので、ダイナミックマイクユニットに合った太さと強度のあるボディを用いるようになったのだと思います。
その結果、ボディ内の容積も余裕ができ、エレクトロニクス技術の進歩と相まって、高性能・低消費電力な送信回路とアンテナとがボディ内に共存できるようになったという利点もあるでしょうね。

ちなみに、プロのライブステージ用のワイヤレスについては、電源は基本的には乾電池で、少し前までは006Pの角形9Vが主流でしたが、最近は単三電池2本というものも多いです(エレクトロニクス技術の進歩の勝利?)。なんだかんだ言っても、充電式よりは乾電池式の方が、トータルの信頼性は高いです。

まぁ、プロのライブでしたら、リハ3~4時間、本番2~3時間として、当然にリハ前、本番前に惜しげもなく新品電池に交換するのが常なので、新品電池で4時間以上の絶対使用時間が確保されていればよいということで、別に大容量電池を搭載しなきゃならない必然はありません。
また、電波出力も数十ミリワットのオーダー(電波法で制限がある…細身マイクが主流の頃から、何回か改正されています)なので、高電圧高出力の電源が必要という必然もありません。今なら単三2本で十分です。

ただ、放送局専用のワイヤレスマイクでは、充電式の物もあります。
さすがに、価格はめっちゃくちゃ高いです(その分信頼性を飛躍的に高めてあるということのようです。ほとんど特注のようなものですね)。

体系的に変遷を知っているわけではないですが、細身が主流だった頃の背景は、私もNo.1の方のお考えと同じように捉えています。

ただ、コンデンサ型は現在でも無指向性もしくはワイドな指向性のマイクユニットがほとんどで、演劇やアナウンス、リポート等の番組ではそれでも良いのですが、ライブステージ等のステージモニターから大音量の「返し音」が必要になるステージPAでは、ハウリング等の危険があまりにも大きい事や、コンデンサマイクの一般特性として接話(マイクに口を密着させて)で大音声で歌うと...続きを読む


人気Q&Aランキング