そんなものが出なくてもニュートリノがマヨラナ粒子だという可能性があると思うのですが、どなたか権威筋で似たような主張をなさっている人はおられないものでしょうか?

A 回答 (4件)

権威と言えばこのサイトには大変な権威が多数いらっしゃるのですから是非この質問にご回答いただきたいものです(白色矮星の内部ではパウリ排他律が破れるとか、ゲージ粒子同士は相互作用しないとか、クォークの漸近自由性を示す実験はないとか独創的な主張をなさっています)。


http://axpd24.pd.infn.it/conference2005/talks/ka … Technical Difficulties
によればレプトン数保存を破る過程はマヨラナ質量項だけから生じるので観測するのは難しい。例えばニュートリノ質量を0.05eVとするとパイオン崩壊で発生するニュートリノのうちヘリシティがフリップしたものは10^-18 の割合と評価されています。マヨラナ粒子で起こるのはニュートリノレスダブルβ崩壊だけではないが、最も観測しやすいものはそれであるということではないでしょうか。

この回答への補足

回答ありがとうございます!

実は、質問のような主張をしているのは他でもない私なのです・・。

補足日時:2011/04/27 17:44
    • good
    • 0

補足説明ありがとうございます。


基礎が出来ていないので、勉強します。
ありがとうございました。
    • good
    • 0

申し訳ありません。


私の仮説では、ニュートリノはフェルミ粒子になります。
間違いでした。
すみません。

この回答への補足

違いますよ、しっかりしてください・・・。

ニュートリノはフェルミ粒子です、理由はスピンが半整数だからです、で、フェルミ粒子はディラック粒子とマヨラナ粒子とに分かれて、マヨラナ粒子は正粒子と反粒子の区別がありません!

問題は貴方の仮説だと「ニュートリノのスピンが1になるのでボース粒子になってしまう」ということです。素粒子論の基本ですからちゃんと徹底させて覚えておいてください!

補足日時:2011/04/08 15:59
    • good
    • 0

私は権威筋ではないですが、ニュートリノはマヨラナ粒子だと思います。


ニュートリノは電子と陽電子が同じスピンで回っている磁気的とクーロン力で平衡的に結合した粒子と思っています。
完全な中性ではなく、正電荷と負電荷が少しずれて分極しています。
完全な中性は真空(電子+陽電子)です。
ニュートリノは少し分極しているので、質量もあるし、物質と弱く反応します。

詳しくは、論文にまとめようと思っています。

参考になれば、幸いです。

この回答への補足

いや、私は「権威筋でどなたか・・」と伺っているのですが・・。

で、貴君の説ですが「電子と陽電子とが同じスピンで回っている」のではニュートリノがフェルミオンであってボソンではないことの説明がつきかねます!

間違いではないでしょうか、失礼・・。

補足日時:2011/04/08 08:33
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング