個人会社をしています。法人の残高がなくなったので私が短期借入金として経費を支払っています。10万円以上の高額になってきているんですが利益が発生してまとめて返済すればよいのでしょうか?また、注意点など教えてください。

A 回答 (3件)

法人に残高、つまりお金があるときに、社長である自分に返してください。


利益がでるというのは損益計算のことで、社長の立て替えとは別の話になります。

ただ、利益が出ないことには、お金は増えませんが。

会社にお金がなく、社長が会社に貸し付けて、会社の運転資金にする。
余裕があるときに、社長に返す。

通帳を通して、貸した、返したの記録が、残るようにしてあればなおよいです。
会社の不足している分の、お金の「出所」の証拠になりますから。
売り上げの簿外はありませんよ、という税務署に対するアピールになります。

個人の通帳から10万円おろして、そっくり会社の通帳に入金すれば、お金の動きが明確になり、税務署や銀行などに対して、説明しやすくなります。
    • good
    • 0

Aあなたが,個人でお金持ち。


B会社はお金がなくなった。
(1)BはAからお金を借りました。現預金000万円/短期借入金000万円
(2)Bは経費を支払う,仕訳処理。(例)事務用品費00万円/現金00万円
(3)Bは利益が上がったので短期借入金をAへ返済します。短期借入金00万円/現預金00万円・・・・少しづつ返済する。
(4)Bは債務計上して利益が上がった時にAへ返済する手もありますが,未払金等債務が膨らむと収拾が付かなくなる場合があります。よって,債権債務はきちんとする。
    • good
    • 0

まずその費用を立て替えたときに、きちんと会社の帳簿に載せることが必要です。



仕訳けとしては

  ○○費  999/ 未払金   999

でよいでしょう。
これを記帳しておけば、会社からあなたへの債務がわかります。
もちろんそのときの伝票類は保存しておきます。

会社の資金繰りがついたところで、上記の未払金を払えばよいのです。

   未払金  9999/現預金   9999

以上で
何の問題もなく処理ができます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング