コンピュータ相手に石田流の練習をしましたが、あっさり負けてしまいました。
相手がなかなか角道を開けてくれず、どうしてよいか分からなくなってしまいました。
一体何がいけなかったのでしょうか?

手合割:平手
先手:自分
後手:コンピュータ
▲7六歩 △8四歩 ▲7五歩 △8五歩 ▲7八飛 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲4八玉 △7二銀 ▲3八玉 △8七飛成
▲5八金左上△8六龍 ▲2八玉 △4二玉 ▲3八銀 △5四歩
▲1六歩 △3二玉 ▲6八銀 △3四歩 ▲2二角成 △同 銀
▲8八歩打 △5二金右上▲7七銀 △8四龍 ▲6六銀 △8七歩打
▲同 歩 △同 龍 ▲9六角打 △8九龍 ▲6五銀 △8四桂打
▲7四歩 △9六桂 ▲7六飛 △8七角打 ▲6六飛 △9九龍
▲9六歩 △7四歩 ▲同 銀 △6九角成 ▲7六飛 △5八馬
▲同 金 △3九角打 ▲1八玉 △1七香打 ▲投了
まで52手で後手の勝ち

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ハイ、どうも。

     では、解説します。     後手2手目;8四歩型の場合、後手2手目;3四歩型と違い、飛車先は一度7七角で受けなければいけません。     問題は6手目;3四歩型の時。     定跡=7手目;6六歩ですが、急戦希望ならば7手目;7八飛もあります。    この戦法=「鬼殺し戦法」といいます。     以下(一例)8,7七角成ー同桂。     ここで3通り、考えられる。      10,8六歩の場合。     -同歩ー同飛-6五桂ー5三???-7七角(飛香取り)。     10,5四角の場合。     -6五角ー同角(2七角成ー4三角成)ー同桂ー5三???-7四歩ー同歩?-5五角(飛香取り)。     10,4五角の場合。     -5八玉(バランス重視)-2七角成-7四歩=後手の対応次第(5五角のライン含み)。     COMレベルならば、通用する可能性は十分ありますねェ。     「結論」・・・・・2,3四歩=飛車角総交換型。     2,8四歩=「鬼殺し戦法」。     試してみますか?     では、また。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、相手が最初に飛車先の歩を突いたら、鬼殺しに切り替えれば良いのですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/08 19:05

2手目に△8四歩と指されると、石田流は指し難くなります。


どうしても三間飛車にしたければ、▲7六歩 △8四歩 ▲7八飛 △8五歩 ▲7七角 とするのが本筋。
▲7五歩 は、いつでも突けるので、含みに残す方が良い訳です。

▲7六歩 △8四歩 ▲7五歩 △8五歩 ▲7七角 と指すのもありますが、これは上級者向け。
なぜなら▲7五歩が負担になるから。

本譜のように▲7六歩 △8四歩 ▲7五歩 △8五歩 ▲7八飛 △8六歩と指されると
簡単に後手だけ龍を作られて面白くありません。

他には▲7六歩 △8四歩 ▲5六歩としてゴキゲン中飛車を指す手が、現在の大流行で面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、相手が角道を開けない場合、石田流は含みにするのですか。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/08 18:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報