金魚を飼っています。
60cm水槽に外掛け式のフィルターをつけていますが、投げ込み式のろ過器を加えたいと思っています。
現在もひとつエアポンプを稼働させているのですがモーター音が結構うるさいんです。(買ったばかりなのでつまりとかではないと思う。静音設計って書いてあった45cm以下水深用)

まるで携帯電話がマナーモード状態でずっと振動しているような感じです。

●エアポンプ自体はメーカーも限られていますし、あまり種類がないようですが、全部を試している財力がありません。はたしてどれが一番静かだと思いますか?
みなさんの体験談を教えて下さい。
音以外にもオススメ機能つき(ダブル口であるとか)がありましたらぜひよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ニッソーのθ-1200、θ-6000が静かです。


θ-1200は1口なのでθ-6000が良いです。

参考URL ニッソー
Aqua ⇒AirPump ⇒θシリーズ
http://www.nisso-int.co.jp/

参考URL:http://www.nisso-int.co.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼が遅くなって申し訳ありません。ニッソー、確かによさそうです。たくさんのお店で売られているので、現在底値チェック中です。

お礼日時:2003/09/29 06:04

こんにちわ。


濾過器を追加したいと言うことですが、今使っている、外掛け式のフィルターはもちろん60センチの水槽用ですよね?であれば、全く追加する必要はないと思いますが・・・・・・・。エアポンプは、皆さんが言っているように結構振動するものもあったりで、それが置いてあるところ次第では共鳴して結構うるさい音を出します。ですから、置く場所が問題です。下にマットをひくとか、宙づりにするなどで結構改善すると思いますよ。
それと、現在のポンプは45センチ用とのことですが、これは60センチ用の水槽に使うとポンプに負荷がかかってしまい、悲鳴を上げているのかもね。
エアーが出るストーンを水面近くに持っていくと静かになったりしませんか?一度お試しください。
では。結局サイズにあったものを使わないと、また買う羽目になりますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃる通り、私は「安物買いの銭失い」の典型的タイプなんです~。宙づりもいいアイデアですね。とりあえず現在使っているものは、そういう方法でできるところまで解決したいと思います。

お礼日時:2003/09/29 06:22

静かなエアポンプでも小さなものだと完全にエアポンプ自体の振動が吸収しきれません。

そこで、エアポンプを置くところに防音ゴムシートを置いてその上に設置します。うちではそうやって置いてありますがほぼ無音です。

東急ハンズだといろいろ種類がありますが、普通のホームセンターとかでも売ってると思いますよ。防音もしくは吸振ゴム、あるいは防音シート。500円くらいです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほどです!確かにポンプを持ち上げると静かになるんですよ。タオルの上に置いてみたりしてましたが、専用のゴムの方がいいみたいですね。チャレンジしてみます。

お礼日時:2003/09/29 06:13

エアポンプがうるさいときは、時として、中の駆動部の磁石が


動きすぎてポンプの箱に当っている事があります。ねじ回し
で箱を空けて動かして見ると分かります。もし当りであれば、
動きを抑制するようにばねを曲げるとか磁石の位置を動かすとか
色々と手はあります。 原因が違っていたらごめんなさい。 
でも保証期間ならば、買った所に持って行って見てもらうのが良いでしょう。
不良品であれば交換してくれます。分解すると100Vむき出し
なので慣れてない方には危険ですし、保証も受けられなくなります。

エアポンプには逆止弁と言って、水が逆流するのを防ぐ弁をつけると
良いですよ。ポンプと水槽の配置によっては停電時にサイフォンの
原理で水が水槽から吸い出される事があり、逆止弁はそれを防ぎます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。箱まで開ける勇気がないのでお店で見てもらおうと思います。逆止弁が付属されていて、しかも付属されてない他のポンプより安いものを選んだのが運のつき…。けちってはいけないようです。

お礼日時:2003/09/29 06:12

ニッソーのシータ6000だと思います。

エアフィルタとの組み合わせでかなりかわります。

参考URL:http://www.nisso-int.co.jp/
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
エアフィルタとの組み合わせ、たしかにそうですね。今まで500円程度のエアストーンでしたが、現在のポンプに水作エイトの小さめフィルターをつけてみたら若干静かになりました。やっぱりニッソーがよさそうですね。水槽もニッソーなんです。

お礼日時:2003/09/29 06:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアーポンプは必要?

いつもお世話になってます。
今回はエアーポンプについてですが・・・。

外部式フィルターの場合酸素が不足しやすいと聞きましたが、エアーポンプは必要でしょうか。
また、エアーポンプは音がうるさいというイメージがあるのですが、静音のものでお勧めなものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

> 外部式フィルターの場合酸素が不足しやすいと聞きましたが、エアーポンプは必要でしょうか。

「魚」主体の水槽ということでお話します。
外部式濾過器は吐出し口の設置方法次第で、溶存酸素量を増やすことも、溶存酸素量を増やさないことも自由に出来ます。
=飼育水中の溶存酸素量を増やす場合=
・シャワーパイプの取り付け位置/シャワーパイプの吐出し方向(水面の攪拌)
または、
・シャワーパイプの代わりにディフューザーの使用
http://www.rva.jp/shop/eheim/eheim44.htm
以上の対応により、十分に水槽水中に酸素を溶解することが可能です。
このため、過密飼育を行っていない一般的な水槽では、エアポンプは絶対に必要なアイテムではありません。

=エアポンプの有効性=
真夏の一時期、水槽水温が28℃以上に上昇すると、水中の酸素量は激減します。
酸素量が減少すると、魚の呼吸の問題は言うに及ばず、
好気性濾過細菌類たちも不活性化し、水槽水の浄化機能が低下します。
真夏の高水温時期は、エアポンプにより強制的に溶存酸素量を増加させることで、高水温に起因する様々なトラブルを回避できます。
以上より、秋冬春は必ずしも必要ではありませんが、通年でエアリングしても不都合もありません。
エアポンプは、万一、外部濾過器が故障したりした際の酸欠防止の保険代わりになります。

> また、エアーポンプは音がうるさいというイメージがあるのですが、静音のものでお勧めなものがあれば教えてください。

エアポンプは、フルパワーで運転すると「ブーン」と耳障りな低騒音を発生します。
吐出しエア量を少し(30%程)絞れば、ほとんどのエアポンプで消音出来ます。
オススメのエアポンプは、消音運転が可能の吐出し量調整機能のある機種です。

例えば、この機種などは吐出し量を少し絞ることで、消音運転が可能です。
旧型
http://oceans.shop-pro.jp/?pid=1322581
新型
http://www.ibuki-airstone.jp/shopdetail/018001000009/

通年使用する場合は、夏場は魚のためにエア量を多め。
秋冬春はエア量を絞って使用すると、魚に優しく、静かに運用できます。

> 外部式フィルターの場合酸素が不足しやすいと聞きましたが、エアーポンプは必要でしょうか。

「魚」主体の水槽ということでお話します。
外部式濾過器は吐出し口の設置方法次第で、溶存酸素量を増やすことも、溶存酸素量を増やさないことも自由に出来ます。
=飼育水中の溶存酸素量を増やす場合=
・シャワーパイプの取り付け位置/シャワーパイプの吐出し方向(水面の攪拌)
または、
・シャワーパイプの代わりにディフューザーの使用
http://www.rva.jp/shop/eheim/eheim44.htm
以上の対応により、...続きを読む

Q投げ込み式ろ過器のろ過材の臭いと換え時

金魚「珍珠鱗」を飼いはじめて1年半ぐらい経ちます。
この間に2回ばかりろ過材を交換しました。
ろ過材の交換時に水質は悪化してませんでしたが、上部が黒ずみ、臭いはヘドロのような臭いがしました。(水質の悪化は飼育水の臭いで判断)

◆ろ過材についての質問です。
◆この臭いの原因は何でしょうか?
◆色・臭い等で交換時期の目安はありますか?
◆アドバイスをお願いします。

飼育魚は、
魚:珍珠鱗×2、メダカ×2

飼育環境は、
60センチ水槽:ラピレスRV60(ジェックス)
エアーポンプ:ラングGX100N
ろ過器:水作エイトS×2(水作)
照明:クリアライトCL60(ジェックス)
底砂:大磯砂中目5キロ
水草:クロモ×2束
餌:テトラフィン、メダカのえさ(テトラ)

手入れ等は、
餌は朝7時頃に1回
照明は朝7時頃から約7時間
飼育水はカルキぬきを使用
飼育水の量は水槽3分の2程度
水換えは一週間に1度全換え
ろ過器の活性炭カートリッジは外しています

以上です。

Aベストアンサー

ヘドロ臭い臭いがしてきたのではもう手遅れですね。
恐らく今までは底床の大磯砂の中に残った分解バクテリアだけで何とか水を浄化していたのでしょう。
そのバクテリアが何かの原因で死滅したか浄化できる限界まで汚れが溜まってしまってるのかもしれません。

濾材の交換時期ですが基本的にはボロボロになるまで使用可能です。目詰まりしてきたなと思ったら交換せずバケツに取った水槽の水の中で軽く洗ってやる程度で十分です。それ以上やるとバクテリアが流れてしまいます。

#1の方がおっしゃる水換え方法、金魚熱帯魚かかわらず魚の飼育する上での基本です。
水の臭いで水質の悪化はわかりません。
水の色や臭いではなく定期的な1/2から1/3の水換え。それと極力濾過バクテリアを減らさないことです。

Qエアーポンプのエアーを人間が吸うと

ある装置を作ろうと思っています。その一部に魚を飼う水槽に入れるエアーポンプを利用するつもりですが、そのエアーを直接人間が吸っても大丈夫なものでしょうか。ポンプからのエアーをチューブで口元に吹きかける構造で呼吸の全量をまかなうものではありません。エアーポンプのエアーには油分や粉塵が含まれているのでしょうか。

Aベストアンサー

私の知っている金魚用エアポンプの構造は全部、ゴムの小さな袋を1秒間に60回押し、60回ゆるめる。そして袋の入り口出口にそれぞれ弁がある構造ですので、ゴムが古くなるとゴムの粉が混じる程度の心配です。3年間ぐらいならなにも混ざらないでしょう、金属粉、油は絶対まじりません。

Qお勧めの水深45センチの水槽で使える静かなエアポンプは?

みなさん、こんOOは。

水深45センチの水槽2本に長年使っていた、ニッソーのシータ6000というエアポンプがエアを吐かなくなってしまいました。このポンプの欠点である底部の赤いゴム(パッキン)が劣化して底の室からエアが漏れてしまい機能しなくなってしまったのです。

この際であるので新品のものに買い替えようと思うのですが、みなさんのお勧めのエアポンプはどれでしょうか。ガラス戸の付いた水槽台の棚の奥に置く予定で、リビングにあるためできるだけ静かなもの、できれば2口あるものがいいのです。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

シータよりは水心、水心よりはアデックスだと思います。
水心の設計ベースがアデックスと聞いております。

エアポンプにしてはちょっと贅沢ですが、2口なら、アデックス202でしょう。

Qエアーポンプ

水槽が、白く濁ってて金魚が口をパクパクしてたので
エアーポンプを買ったのですが
私が思ってた以上に金魚を入れる水槽が小さくて
水面とエアーポンプから出る泡の距離が2cmぐらいしかないのですが
それでも効果はあるんでしょうか?
エアーポンプで水が飛び跳ねて周りがビチョビチョになっちゃうので
効果がないのなら、取り出そうかなと思っています。

エアーポンプは泡が出る周りにフィルターがあってその下に
石ころ?が入っている物です。

Aベストアンサー

↓こんなフィルターのことではありませんか?
http://www.suisaku.com/products/p0101.html
投げ込み式フィルターと呼びます。

空気の上昇する力で水を動かし、酸素を溶かし込むと共に、濾過バクテリアを育成します。
ちゃんと効果はありますが、フィルターが十分な能力を発揮し出すのは、1ヶ月以上後のことです。
バクテリアが水を浄化しますので、それが増えるまでは浄化が追いつかないのです。

水が白濁していて、口をパクパクしている...ということは、飼育を始めてまだ日にちが浅いのではないでしょうか?
白濁するのは、水槽立ち上げ時には普通に見られる現象です。
特に気にする必要はありません。

しかし、口をパクパクしているのは、とても危険な兆候です。
単純に酸素が少ないのではなく、毒物による中毒の可能性で血液に酸素が行かなくなって、酸欠になっている可能性があるからです。

餌や排泄物からは、魚を死に至らしめるアンモニア,亜硝酸が発生します。
これらの毒物を無害化してくれるバクテリアの住処がフィルターです。
新しい水槽だとバクテリアの数が足りずに、毒物がどんどん蓄積してしまうのですね。

フィルターが機能し始めるまでの期間は、頻繁に水替えをすることによって凌ぎましょう。
毒物の蓄積状況を測るものとして、アンモニア試薬と亜硝酸試薬があります。
アンモニアの方が蓄積が早いですので、飼育数日は頻繁に水替えをしてアンモニア中毒の危険性が高い時期を抜けます。
亜硝酸も同様ですが、亜硝酸の蓄積時期と期間は分かりにくいですので、
亜硝酸試薬は出来る限りあった方が良いでしょう。

水槽立ち上げ時は、最も魚の死にやすい危険な時期となります。
十分に注意されて下さい。

まずは何をさておいても水替えをして下さい。
フィルターとエアポンプはそのままにします。
水が跳ねて困るのでしたら、エアポンプの風量を絞ると良いですよ。
もしエアポンプ側に調節機能が付いていない場合は、一方コックをチューブ間に付けることで調節できます。
http://store.yahoo.co.jp/koi-goods/b0eccafda5.html

↓こんなフィルターのことではありませんか?
http://www.suisaku.com/products/p0101.html
投げ込み式フィルターと呼びます。

空気の上昇する力で水を動かし、酸素を溶かし込むと共に、濾過バクテリアを育成します。
ちゃんと効果はありますが、フィルターが十分な能力を発揮し出すのは、1ヶ月以上後のことです。
バクテリアが水を浄化しますので、それが増えるまでは浄化が追いつかないのです。

水が白濁していて、口をパクパクしている...ということは、飼育を始めてまだ日にちが浅いのではないでしょ...続きを読む

Qランチュウ水槽(2) 投げ込み式/底面式/水中ポンプ.......

普通の水槽数本で金魚を色々飼っていましたけど、
いわゆる【ランチュウ水槽】は使ったことがありません。
水位を低くしてレギュラー水槽で飼うよりも、見た目も良い感じがしますので、
60cmレギュラーではなく、60×30×26cmのランチュウ水槽を検討しています。

底砂は粗目の大磯砂、側面と背面はバックスクリーンか保温ボードで覆って、
金魚が落ち着けるようにしたいと思います。
屋外で曝殖?した浮き草各種を入れたいと考えています。

この環境でフィルターは投げ込み式(複数)が良いのでしょうか?
エアーポンプの静音タイプ(あるいは水中ポンプ)と底面式というのは静かな気がするのですが、
どうでしょうか?

絶対に考えていないフィルターは外掛け式くらいで、色々な種類のフィルターの
メリットとデメリットを再確認しつつ、ランチュウ系金魚に良い環境(ガラス水槽での)を
試行錯誤して見出して生きたいと思っております。

どうかお知恵をお貸しくださいませ。

Aベストアンサー

前問の補足を読みました。
素晴らしい桜ですね。市場に出回る桜は形が悪く、これほどまでに整った形の桜は私自身見たことがありませんでした。この桜を横見で飼育したい質問者様の気持ちはよく理解できます。また金魚を見る目があると感服いたしました。

再度飼育可能かどうかの問いには、私の飼育経験上狭い水槽でも小さな頃から育った環境でしたら大丈夫でしょうが、広い所で育った魚を狭い水槽に移し飼育する事は避けたほうが無難です。ましてやあれだけ素晴らしい桜は次に手に入らないのでは無いでしょうか。おそらくあのレベルの桜は市場には出回りませんね。

横見でガラス水槽飼育がしたいのは質問者様のエゴで金魚にとっては狭い所に移されて迷惑と思います。桜がもし人間の言葉を理解して、どちらが良いと聞いたら広い方に住みたいと答えるでしょうね。(笑)

濾過方法ですが、私の使用している3段式底面濾過を用いても濾過が出来上がるまで一ヶ月かかります。砂の厚さは合計7センチ位で一番下が極小リング、次に大磯、一番上にソイル系のアマゾニアを使用してエアリフト方式ですね。ガラス面にコケを出す為30センチのエアカーテンを使用。このセットだと高さ26センチの水槽では水深が浅過ぎそうですね。

私の土佐金は30センチ水槽で水作一つ底砂にアマゾニアを使用して前面以外コケだらけ水換えはいつしたか忘れるくらい足し水だけで、水面にはサンショウ藻が増え放題です

魚を導入してから濾過方法を考えているのでしたら、60水槽を止めてプラ船で飼育される事をお奨めします。
本当に素晴らしい桜を見せていただきました。頑張ってください。

前問の補足を読みました。
素晴らしい桜ですね。市場に出回る桜は形が悪く、これほどまでに整った形の桜は私自身見たことがありませんでした。この桜を横見で飼育したい質問者様の気持ちはよく理解できます。また金魚を見る目があると感服いたしました。

再度飼育可能かどうかの問いには、私の飼育経験上狭い水槽でも小さな頃から育った環境でしたら大丈夫でしょうが、広い所で育った魚を狭い水槽に移し飼育する事は避けたほうが無難です。ましてやあれだけ素晴らしい桜は次に手に入らないのでは無いでしょう...続きを読む

Q金魚飼育のための「エアーポンプ」について

観賞魚を飼育するときって、「エアーポンプ」を使いますよね。そのことに関して下記の3つの質問があります。ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

(1)そもそも、エアーポンプってどうして必要なの?

(2)エアーポンプは、24時間ずっと必要なの?たとえば、昼間はつけておいて、夜は消したりしてもいいの?

(3)エアーポンプの電気代って、ひと月いくら位ですか?(だいたいで結構です)
私のもっているものは、説明書に、消費電力(1.2/1.1W)と書いています。これって1分間の消費量でしょうか?よく分かりません。いくら位になるのでしょう。

初心者の質問ですが、飼育の先輩方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
 魚もこの星の生き物ですので酸素が必要です。
 水中に説けた酸素をエラで吸収して呼吸していますので、エアーポンプで水中に酸素を溶かしてあげます。
 自然界では川の落差や波などで空気を溶かすそうです。
(2)
 寝ているときも呼吸しますからねぇ
(3)
 1.2/1.1Wは関東と関西の電気で電力に差が出るのでしょう。関東(50hz地域)なら1.2Wで関西(60hz地域)なら1.1Wです。
電気代はWh(ワット時)ですから、1.2Wを1時間使用した場合1.2(W)×1(時間)=1.2Whとなります。
これが24時間ですと1.2×24=28.8Whの電力量消費です。
これが31日ですと28.8×31=892.8Wh
1ヶ月の消費電力量は892.8Whです。
私のは関西ですので、1.1W×24h×31日で、1ヶ月818.4Wh使ったことになり、関西電力の1kWhの料金が300kW超えた場合24.89円なので 818.4Wh=0.8184kWh
0.8184kWh×24.89は約20.37円
となります。同じように計算してみてください。

エアーポンプの代わりに水を循環させて粋そうに落とす方法もありますが、私が持っているポンプは4.6/3.3Wで、消費電力量が多いです。水草を育てる方法もあるでしょうが、水草も呼吸をしますので、これ以上に光合成をさせるためライトが必要となります。エアーポンプが一番安いのではないでしょうか?

(1)
 魚もこの星の生き物ですので酸素が必要です。
 水中に説けた酸素をエラで吸収して呼吸していますので、エアーポンプで水中に酸素を溶かしてあげます。
 自然界では川の落差や波などで空気を溶かすそうです。
(2)
 寝ているときも呼吸しますからねぇ
(3)
 1.2/1.1Wは関東と関西の電気で電力に差が出るのでしょう。関東(50hz地域)なら1.2Wで関西(60hz地域)なら1.1Wです。
電気代はWh(ワット時)ですから、1.2Wを1時間使用した場合1.2(W)×1(...続きを読む

Q外掛け式フィルターのエアレーション能力

テトラ、ニッソー、GEX等のいろいろなメーカから、外掛け式フィルターが販売されています。
この外掛け式フィルターにエアレーションとしての効果はあるものでしょうか。

現在、エアストーンによるエアレーションをしながら簡易式CO2添加をしています。
飼育はレッドビーシュリンプ飼っています。
なるべくCO2を逃がしたくもなく、かといって酸欠で海老たちを殺すわけにもいかず・・・。

できればエアレーションを止める、せめてCO2添加中はエアレーションを止めることをしても良いものでしょうか。
外掛け式フィルターにちょっとでもエアレーション機能(能力)があれば、
それを期待してエアレーションを控えたいと思っています。

自分が思っている以上に外掛け式フィルターにエアレーション能力があったとすると、
CO2はほとんど逃げていっているのではと考えてしまいます。
赤系の水草が購入してからの新芽は元気いっぱいの緑色になってきていますし・・・・。
ちなみに水槽は30センチの小型水槽です。

とりとめもない文章になってしまいましたが、まとめますと、
1)外掛け式フィルターのエアレーション能力
2)CO2はエアレーションによって、すぐに逃げてしまう???たとえば一晩で元の水質に戻るとか。

等について、アドバイスを頂ければ幸いです。

宜しくお願いします。

テトラ、ニッソー、GEX等のいろいろなメーカから、外掛け式フィルターが販売されています。
この外掛け式フィルターにエアレーションとしての効果はあるものでしょうか。

現在、エアストーンによるエアレーションをしながら簡易式CO2添加をしています。
飼育はレッドビーシュリンプ飼っています。
なるべくCO2を逃がしたくもなく、かといって酸欠で海老たちを殺すわけにもいかず・・・。

できればエアレーションを止める、せめてCO2添加中はエアレーションを止めることをしても良いものでし...続きを読む

Aベストアンサー

tenzenさん、みなさん、こんOOは。

エアレーションって泡がぶくぶくしているとよく効いているように見えますが、実際は水面から大気圧で押されて酸素が溶け込む割合の方がはるかに高いそうです。ある水量に溶け込める酸素量は水温などの因子で決まってしまいます。一定の条件下ではいくらぶくぶくやっても変わりません。エアレーションは水中に溶け込む酸素量を増やすのではなく、生物が消費した酸素を絶えず補充するという考えで行うとよいと思います。

水面の大気圧で酸素が溶け込むということ、水には酸素が溶ける量が決まっているということから、底の方にある生物が酸素を消費した後の低酸素の水を水面に移動させて酸素を溶け込ませ、水面近くの酸素がよく溶け込んだ水を底に移動させるのが一番効率がよいことがわかります。これを一番簡単に行えるのがエアレーション、すなわちぶくぶくです。泡のエアリフト効果で底の水と水面の水が循環しているのです。また、水面が波打つと空気と水の設置面積が増えるのでより酸素の溶ける効率が上がります。エアレーションでの泡やエアリフトで水面が波打つのでそれもいい効果を与えていると思います。

さて、外掛けフィルターですが水槽の底の方にあるストレーナから水を吸って水面近くの排水口から水を吐く、すなわちエアレーションでのエアリフトと同様のことをしているのです。ですので外掛けフィルターの酸素を溶け込ませる能力はかなり高いといえます。

逆に考えますと、CO2を人為的に水中に添加している場合、大気中のCO2の方が濃度が低いので水中のCO2が大気中に逃げ出すのです。CO2添加の水槽には外部フィルターが適しているのは、水槽の底にあるCO2が高濃度の水をフィルターが吸って、シャワーパイプを水中に沈めて設置し、水槽の底の方に水を吐くようにすれば水面近くに水が循環しないのでCO2が逃げにくくなるのです。

要約すれば、水面と底の水を循環させれば酸素は溶け込むが人為的に添加したCO2も逃げる、循環させなければ酸素は溶け込みにくいがCO2が逃げにくくなるのです。通常の水草水槽は植物からの酸素がかなりあって、魚などの生物が少なめにしてあるので酸素を外部から供給しなくても大丈夫なのです。

結論としては、CO2の添加量やエアレーションのタイミングや量、照明の量や時間などいろいろ試してみてみるしかないとしかいえないのです。生体と水草を両方いい状態で管理するのは至難の業です。一般論としては照明点灯30分ぐらい前からCO2を添加し、消灯30分前ぐらいに添加を中止する、CO2を中止している間はエアレーションをする、でしょうか。外掛けフィルターがあるので日中の酸欠はないと思いますが、それもやってみないとわからないとしか言えません。

これという回答ができませんが、ご参考になさってください。

tenzenさん、みなさん、こんOOは。

エアレーションって泡がぶくぶくしているとよく効いているように見えますが、実際は水面から大気圧で押されて酸素が溶け込む割合の方がはるかに高いそうです。ある水量に溶け込める酸素量は水温などの因子で決まってしまいます。一定の条件下ではいくらぶくぶくやっても変わりません。エアレーションは水中に溶け込む酸素量を増やすのではなく、生物が消費した酸素を絶えず補充するという考えで行うとよいと思います。

水面の大気圧で酸素が溶け込むということ、水には...続きを読む

Qエアーポンプとフィルター

エアーポンプの要否に悩んでいます。

水槽は45cm
金魚5cmX3匹
外掛けフィルタ テトラAT-30

現在はエアーポンプとフィルタを併用していますが
出来ればエアーポンプを外したいのです。

外したい一番の理由はエアーが水滴になってフタに結構つくし、
フタの隙間から拡散しているようでなりません。
水の減りもはやいような気がします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先に質問の解決策から。

【水跳ね防止】
1・バブルストッパーの使用。
元々は、海水水槽用のアクセサリ(海水の水跳ねは「塩だれ」となり、淡水よりも大問題デス)
もちろん、淡水水槽でも水跳ねを防止できます。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1121140000&itemId=17331

バブルストッパーは、見ての通りの単純な構造です。
少し器用な方ならば(細めのペットボトルなどを加工して、洗濯バサミなどで水槽のフチに固定など)自作も簡単です。

2・エア吐き出し量の調整。
エアポンプにエア吐き出し量調整バルブが無い機種の場合、エアチューブの中間にエアクランプを挟む事によりエア吐き出し量の微調整が可能になります。
エアクランプを使用し、少しだけエア吐き出し量を絞ると、エアポンプは驚くほど静音になります。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1029700000&itemId=51908

蛇足ながら。。。
エアポンプが水面よりも下に設置している場合。
エアチューブの中間に「逆流防止弁」の設置を是非オススメします。
不在時などに停電などが発生すると、毛細管現象などにより、水槽水がエアポンプ内まで逆流する危険性があります。

逆流防止弁を挟むだけで、、、
・停電時の水がエアポンプを伝って、室内に放水される事故が防止できます。
・水槽水がエアポンプ内まで逆流後に停電が解消し通電が開始されても、漏電感電事故などから人を守れます。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1117230000&itemId=13890

【エアレーションの必要性】
・45cm水槽(45×24×30cm/29L)で、体長5cmの金魚3匹の飼育ならば、エアポンプによる強制エアレーション無しでも充分に飼育可能です。

但し、
45cm29L水槽の場合、金魚3匹の体長が現在よりも一回り(約7cm~8cm)大きくなる頃には、エアポンプによる強制エアレーションの通年使用を行った方が良いでしょう。

溶存酸素量は水温により変動し、高水温では酸素量は減少します。
エアポンプによる強制エアレーションは、飼育数に関わりなく、夏の高水温時期だけは実施することをオススメします。

私は、水槽という狭隘環境で魚を飼育する場合、強制エアレーションには様々なメリットが享受出来ます。
飼育数に関わりなく終日、強制エアレーションの実施をオススメします。
魚を飼育することは、眼に見えない微生物を育てること。
・特に有益菌類(グラム陽性菌)は好気性菌が多く、普段から溶存酸素量を高めておいた方が魚にとって安全な飼育環境になります。
・水面で泡が弾けることにより、水面付近を覆う油膜も発生しづらくなります。

【濾過器について】
・体長5cmの金魚3匹の飼育に必要な日々投入する有機物(=餌の量)ならば、AT-30でも充分に処理できます。
体長5cmの金魚3匹の飼育ならば、現在のテトラAT-30でも問題ありません。
しかし、金魚3匹の体長が現在よりも一回り大きくと(餌の量が増えると)AT-30では濾過能力不足に陥ります。
夏場以外の適当な時期に濾過器は交換または強化する事をオススメします。

現在の水槽がフレーム水槽(枠付き水槽)ならば、金魚飼育の定番、メンテナンスが楽な上部濾過器をオススメします。
定期的な交換が必要な消耗品は年間単位の交換で済むため、結果として外掛け濾過器よりも安価になります。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003030320&itemId=19583

現在の水槽がオールガラス水槽(枠なし水槽)ならば、ほとんどの上部濾過器は設置不可につき、外部濾過器をオススメします。
定期的な交換が必要な消耗品は年間単位の交換で済むため、結果として外掛け濾過器よりも安価になります。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003010000&itemId=12055

現在のAT-30にセカンドフィルターを追加する場合の注意。
AT-30は吸水口にポンプモーターがあります。
ポンプモーターは発熱体ですから水温を上昇させます。
AT-30だけで、水温を1℃~2℃程度押し上げています。

AT-30と同時使用するセカンドフィルターは水槽内にモーターポンプを設置するタイプ以外を選択する事。
水槽内ポンプ式も、もちろん水温を上昇させます。
AT-30との同時使用は、夏場の高水温時期は危険になります。
AT-30と同時使用するセカンドフィルターは、水温への影響が無いエアポンプ駆動などがオススメです。

水作コンセプトSなどは、水跳ねの少ない投げ込み式フィルターです。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003090000&itemId=65883

先に質問の解決策から。

【水跳ね防止】
1・バブルストッパーの使用。
元々は、海水水槽用のアクセサリ(海水の水跳ねは「塩だれ」となり、淡水よりも大問題デス)
もちろん、淡水水槽でも水跳ねを防止できます。
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1121140000&itemId=17331

バブルストッパーは、見ての通りの単純な構造です。
少し器用な方ならば(細めのペットボトルなどを加工して、洗濯バサミなどで水槽のフチに固定など)自作も簡単です。

2・エア吐き出し量の調整。
エアポン...続きを読む

Q外部式ろ過のポンプの設置場所は入り側ですか?出側ですか?

750×450×450の水槽です。
今までエーハイムの外部フィルターを使っていたのですが、
モーターが回らなくなってしまった為、そのフィルターのスクリューをはずして
手持ちの循環用のマグネットポンプを使おうと考えています。

その場合、フィルターの入水側にポンプを繋ぐのか、出水側なのか
悩んでいます。

今までの外部フィルターの考えだと出水側で引っ張るような感じだと思うのですが、
エア噛みのことを考えると入り側で押し込むような考えの方が良いような気がするのですが
どうなのでしょうか?

また入り、出に繋ぐメリット、デメリットはどんな事があるのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

出水側にポンプを繋ぎ、水をフィルター内に引き込みます。
そうすることで、ホース接続部のパッキンの弛みなどがあったとしても、負圧になって水が漏れません。
エア噛みよりも水漏れの方が遙かに危険なはずです。
また、フィルターの後にポンプが来ることで、ゴミが濾し取られた綺麗な水をフィルター内に引き込め、
インペラを痛めることがありません。(砂利などを吸い込んで引っ掛かるとモーターが停止し大変です。)

逆に、吸水側にポンプを繋ぎ、水を押し出すと、水漏れの可能性があります。

エーハイムのサブフィルターの図をご覧になると一目瞭然でしょう。
http://www.eheim.jp/subfilter_feature.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報