高層ビルなど建物がかなり揺れますが、古いビル含めそこまで倒れませんね。
鉄骨、揺れを逃しているせいかと思うのですが、外から見ると折れ曲がりそうですね。
折れ曲がらないのでしょうか?


木造や軽量鉄骨の家は倒壊していますが、やはり鉄骨マンションに比べ、木造
の方が倒壊しやすいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ちょっと木造は倒壊しやすいのか、ということは同じ条件の鉄骨というものがないので


比較しにくいのでは。
一般的には木造の方が安普請が多く、耐震に対しては考慮が少ないといことはあるでしょう。

倒壊しにくいのは、・・・すでに倒れている建物・・・冗談です。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/14 01:42

>折れ曲がらないのでしょうか?



阪神の地震の時には、倒れました。
倒れないわけではなく、許容範囲に納まっているからです。

>木造の方が倒壊しやすいのでしょうか?

一般的にも法的にも、小さな建物より、大きな建物の方が、
倒壊した時の影響が大きいために、
高度な耐震技術を用いて作ってありますので、
住宅に比べ、超高層などは、倒壊しにくい構造になっています。
高層ビルを木造で作ることはありませんし、
古い木造住宅で大工さんの作った家は、大工さんの技量に依る所も大きいので
木造=倒壊しやすいというイメージがあるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/14 01:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財務と税務における償却年数の違い

税務と財務では償却年数の違いについて質問があります。
例えば営業権は税務上は5年償却と決められているが、財務上は合理的であれば一年間で一括償却しても良いと聞きました。

公表される財務諸表では、この税務と財務での減価償却年数の違いはどのように反映されているのでしょうか。
ご教授いただけると幸甚です。

Aベストアンサー

 再度の登場です。補足質問にありました、法人税調整をした後の当期利益は税務上も財務上も同じか、ということですが、これは異なります。税務上の当期利益というのは課税所得といいます。実は前の回答で言い忘れたのですが、税効果より前に大切なことがありましたね。それは法人税の申告書における税務調整です。別表と呼ばれるものですが、詳しくは私もよく分からないのですが、別表十六で固定資産の償却限度を超過した場合の記載事項があります。それをもとに別表四で加算調整を行ないます。これにより、営業権償却で税法上超過する部分については当期利益にプラスされ、その分課税所得は膨らみます。前に示した例で別表四で税務調整した場合はこうなります。便宜上、財務上の当期利益は1500円とします。

当期利益  1,500
減価償却の償却超過額(加算・留保) +800
所得金額  2,300

 以上のことから、財務上の当期利益と税務上の課税所得は異なることが分かります。

 財務上すなわち企業会計(証券取引法会計)は適正な期間損益計算による投資家保護をその目的としているので、収益と費用を発生ごとにきちんと対応させる必要がある、と考えます。また、商法会計は債権者保護を目的とするので、収益については実現主義を要求したりします。一方、税務会計は課税の公平が目的であるため、税法独自の制約が設けられています。また、政策的配慮も加味されていきます。
 このような異なる会計目的から、ズレが生じることになるのです。
 参考になりましたでしょうか。

 再度の登場です。補足質問にありました、法人税調整をした後の当期利益は税務上も財務上も同じか、ということですが、これは異なります。税務上の当期利益というのは課税所得といいます。実は前の回答で言い忘れたのですが、税効果より前に大切なことがありましたね。それは法人税の申告書における税務調整です。別表と呼ばれるものですが、詳しくは私もよく分からないのですが、別表十六で固定資産の償却限度を超過した場合の記載事項があります。それをもとに別表四で加算調整を行ないます。これにより、営業...続きを読む

Q一軒家で地震に一番強い構造は?(縦揺れ横揺れ)

一軒家を建てるに当たって一番地震に強い構造はどんな構造ですか?

色んな構造体でメリットデメリットがあれば教えて下さい



他の疑問

(1)一度でなく二度.三度でも大きな破損もなく同じ地震に耐えられる構造は御座いますか?

(2)活断層の上だとどうしようも無いと聴きますがそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

 土台と建物の間に空気枕というか、空気の浮き輪みたいなのを噛ませて、地震の時に土地と建物を分離してしまう構造が一番だと思います。

 たしかねぇ、1・2秒で膨らむとか言ってましたよ。

 数秒(P波とS波の到達時間差)なら十二分に、おつりが来るくらい膨らむはずですので、かなり効果があるだろうと思います。

 二度三度と使えます。

 東北大震災の際もほとんど影響はなかったという話だったと思います。

 その時間もないうような、真下での地震発生の場合はどんな構造にしても無理でしょうねぇ。

Q固定資産償却年数誤りの修正

法人で小規模のため税理士に頼まず一人で会計と確定申告をしています。
22年度の決算をしているとき誤りに気つきました。
平成21年に、新車で購入した小型乗用車を固定資産に登録(定率)したのですが、償却年数を5年にしていました。法定償却年数を改めて調べると6年で、21年度の決算の償却金額が多く処理されそのまま確定申告してしまいました。
22年度の決算処理をしていますが、その修正をどうすればよいか悩んでいます。
基本的には21年度の修正申告が必要と思いますが、22年度の決算と確定申告でその誤りをまとめて処理することはできないでしょうか。
済みませんが教えて下さい。
弥生会計を使用しています。

Aベストアンサー

>基本的には21年度の修正申告が必要と思いますが、

税法上はその通りです。しかし修正する所得が小さいので、修正申告を見送るのが実際的では?

>22年度の決算と確定申告でその誤りをまとめて処理することはできないでしょうか。

できます。

法定償却年数を6年に直して償却費を再計算します。

二年目に計上する償却費=(一年目の正しい償却費)+(二年目の正しい償却費)-(一年目に計上した誤りの償却費)

これでOKです。

Q高層ビルの建築

高層ビルの建築でビルの上にクレーンが乗っていますが、上までは分解して運んでるのですか?
また、建築終わったら、分解して降ろしているのでしょうか?
また運転席までは運転席が昇降したりするのでしょうか?
つまらない質問かも知れませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

小さいクレーンを手で持ち上げてから、
それで大きなクレーンを持ち上げて設置します。
撤去時も同様。

運転席へはハシゴで行きます。
高いところなので、機械で昇降すると
逆に危険です。(風で揺れる)

ついでに....
尿瓶(シビン)は必需品です。
小の度に下に降りたら仕事になりません。

Qプロジェクター購入における減価償却年数について

プロジェクターを会社にて購入しようと考えていますが、償却年数は何年で処理すればよろしいでしょうか?
私自身も勉強不足なところがありまして、仕訳の起こし方など何かアドバイスあれば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には#1の方が掲げられている、「家具、電気機器、ガス機器及び家庭用品(他の項に掲げるものを除く)」の「ラジオ、テレビジョン、テープレコーダーその他の音響機器」の5年に該当します。

但し、パソコンと一体となって初めて機能するというような限られた場合については、#3の方が書かれている4年になります。
(テレビ、ビデオから出力するケースもありますので)

なお、青色申告である中小企業者等であれば、取得価額30万円未満のものについては、一定の要件のもとに取得時に全額を損金に算入する事ができます。
下記サイトを参考にされて下さい。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/5408.htm

Q高層ビルなどの赤いランプ

カテゴリーが不明だったので、ここで質問します。
高層ビルなどの屋上四隅に赤いランプが付いてますよね?
あのランプって特別な呼び名があるんでしょうか?

Aベストアンサー

航空障害灯ですよ~♪

参考URL:http://www15.ocn.ne.jp/~tani708/22.htm

Qベルトコンベヤの償却年数は?

個人経営で製造業をしております。
8mのベルトコンベヤを導入したのですが償却年数がよくわかりません。
業種は電子部品の組み立てです。
どなたかご指導よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

改正前の別表第二、273号
「電気機械部分品製造設備」12年
に該当するものと思います。
--------------------
平成20年度に税制改正があり、耐用年数が見直されていますが、
これは平成21年分の所得税(平成22年申告分)からの適用です。
といいましても、それは平成21年の内に、
機械を取得した事業者さんに限ります。
--------------------
平成20年の内に、機械を取得した事業者さんは、
平成22年申告以降も12年で償却計算を継続するわけで、
新しい耐用年数(7年)に変更するわけではありません。

参考URL:http://www.recpas.jp/081017betten_1new.pdf

Qウォーターフロントの高層ビルについて

ウォーターフロントに高層ビルが目立つ様になってますが、以前は日本のウォーターフロントでは高層ビルは難しいと言ってたのですが建築技術にどんな変化があったのですか?

Aベストアンサー

霞ヶ関ビルや西新宿の超高層ビルなど初期のころの超高層ビルは、地下4階とか5階とか深く掘って、建物を工学的基盤と呼ばれる固い地盤に直接建てる直接基礎形式でした。当時は地震の波が地盤と杭でどのように増幅し、建物に伝わるかが分かっていなかったため、杭基礎とすることは出来なかったのです。

現在では、地盤-杭-建物の相互作用について研究が進んだ為、杭基礎の場合でも、杭+地盤を適切にモデル化し建物に伝わる地震波がどのように増幅するかを解析することが可能となっており、したがって、ウォーターフロントのような支持地盤が深く杭基礎で無ければならない超高層でも問題なく設計する事が可能となっています。

Q中古コピー機の償却年数

例えばですが、2008年2月製造のコピー機を2009年5月に購入した場合の償却年数について質問です。
(1)上記製品をまったくの新品(メーカー在庫品)で購入した場合と、(2)上記製品を他のユーザーが一時使用し、その後業者が買い取って在庫としていたもの(いわゆる中古品)を購入した場合、いずれも法定償却年数5年-経過年数1年3ヶ月=3年9ヶ月という計算で、償却年数3年としていいのでしょうか。気になるのは、経過年数が同じでも、(1)と(2)では「中古品」としてのイメージが違うのに、同じ計算方法でいいのかなという点です。
また、製造年月を証明するものも必要でしょうか。機械本体を見ても製造年月の表示が見当たらないです。
 

Aベストアンサー

一般論ですが・・

先ず、減価償却資産において、新品か中古かの判定は、製造年月によるのではなく、未使用か使用済かによります。かりに今年(2009)、2005年製の自動車を取得したとしても、それが未使用の自動車だったのであれば新品の資産として扱います。(従って製造年月を証明するものは不要です)

次に、中古資産を取得して事業の用に供した場合には、その資産の耐用年数は、法定耐用年数(新品の資産の耐用年数)ではなく、その事業の用に供した時以後の使用可能期間として見積もられる年数によることができます。

但し、使用可能期間の見積りが困難であるときは、次の簡便法により算定した年数によることができます。

(1)法定耐用年数の全部を経過した資産の場合:
その法定耐用年数の20%に相当する年数

(2)法定耐用年数の一部を経過した資産の場合:
その法定耐用年数から経過した年数を差し引いた年数に経過年数の20%に相当する年数を加えた年数

(注:これらの計算により算出した年数に1年未満の端数があるときは、その端数を切り捨て、その年数が2年に満たない場合には2年とします。 )

以上、ご参考に。

一般論ですが・・

先ず、減価償却資産において、新品か中古かの判定は、製造年月によるのではなく、未使用か使用済かによります。かりに今年(2009)、2005年製の自動車を取得したとしても、それが未使用の自動車だったのであれば新品の資産として扱います。(従って製造年月を証明するものは不要です)

次に、中古資産を取得して事業の用に供した場合には、その資産の耐用年数は、法定耐用年数(新品の資産の耐用年数)ではなく、その事業の用に供した時以後の使用可能期間として見積もられる年数によるこ...続きを読む

Q高層ビルの柱の太さ

海外で地震を考慮しない高層ビルの建築現場を見たのですが
上にいくほど柱の太さがだんだん細くなっていました。

日本の高層ビルの柱も同じように上にいくほど細くなっているのでしょうか?
ご専門の方のご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

高層ビルでなくても4,5階建てくらいから最下階に比べて最上階は柱の寸法を小さくしていきますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報