素人ながら・・ちょっと心配なので質問させて頂きます。

先日、花粉症ので・・総合病院の「耳鼻咽喉科」に行きました。
とても良い病院(どの科も)ですので・・自分のした事が間違いだったかもしれません。

その時・・前から「舌」にうっすら「隆起した部分」があったので、それも相談したところ、
手袋をしてきちんと触診して頂き・・たぶん大丈夫である。
その大丈夫・・という理由もいくつか教えて頂きました。

でも、もし心配なら「MRI」で検査しますよ!希望であれば!・・ということで
やはり、何でも早く知っておけば良い・・と言う考えを持つ自分なので予約をしました。

でも・・予約の日まで数日あります。
そのうち・・ネットなどで「舌」は口腔外科が専門?・・という感じに自分でなってきました。

予約はそのままで・・近所に「歯科・口腔外科」(医院)があったので訪れてみました。
触診をして・・その口腔外科では、普通は細胞を採って調べるんだけど・・といわれました。
私は・・いつも行く総合病院で「MRI」の予約を一応してあるけれど・・。
「口腔外科」の方が専門?・・と思い、ここにも来てみた事を話しました。

だったら・・そのMRIできちんと診て貰うと良いですね・・・みたいな答えが帰ってくれば問題はなかったのですが・・。

MIRよりは・・やっぱり細胞診でしょ・・をずっと言われ・・。
ここでは病理がないから・・大きな病院に紹介状を書くから取りに来てください・・といわれました。

その紹介された病院は・・ちょっと離れた場所の大学付属病院でした。

ここなら・・一番的確な検査をしてもらえるからと言われ。

でも・・最初に書いた総合病院は色々な科に御世話になっていて、
感じも良い、手際も良い、迅速、説明がきちんとしているので、私は大好きです。

でも先に書いたように「舌」=口腔外科?の気持ちを持ってしまったため・・。
このような状況になりました。

風邪、胃腸系、眼科、脳神経外科、皮膚科・・いつもとても良くしてくれて
病院を出るときは・・気持ちも楽になり・・やっぱり来て良かった!と思う病院に対し・・。
口腔外科など行かず・・いつもの総合病院で「MRI」の検査を素直にすれば良いんだ!
・・と言う気持ちで・・微妙に罪悪感を感じています。

それと同時に・・あとに訪れた「口腔外科」の医師は・・結局よくわからないから・・
(そこで検査ができないから・・当然だと思いますが・・)
あと「MRI」よりは・・細胞診!
勿論それもよくわかりますが・・・。

結論として・・今日「MRI」を素直に受けて来ようと思います。
いつもの病院を信じて!

検査後・・きちんと説明もありますからね!・・とも言われていますし。

そこで、
◎「舌のできもの」・・これは「MRI検査」できちんとわかるのでしょうか?

でも・・いつもの病院なので・・それではっきりわかる!・・と信じています。
それと同時に・・いつも良くしてくれるのに、ごめんなさい(泣)という気持ちです。

「MRI」自体が初めてなことと、「舌」を検査するのに「MRI??」という
自分勝手な、素人考えが出てしまったのだと思います。

また今日、胃腸が優れない、また、疲労がある感じです。

◎このような状態で検査しても、大丈夫な検査でしょうか

長くなりましたが・・どなたかアドバイス、ご意見を、是非いただきたく思います。

どうぞよろしくお願いいたします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

苦痛有る舌の組織採取で調べる前に、MRIで異物の状態を調べ、その結果最終確認で組織検査という手順が理想と思われます。


ご心配や迷いのお気持ちは良く理解できますが、先走っての複数受診は良くありません。
とりあえずMRI検査をお受けになり、その状態や診断によって不安があるのであれば、セカンドオピニオン的に紹介された病院に診てもらうのが良いと思います。

この回答への補足

有難うございます!
三人のの皆様への・・お伝えとして
ひとまず・・用意をして行ってきます!

のちほど改めて御礼を書かせて頂きます!
有難うございました!

補足日時:2011/04/08 11:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え下さった、3人の皆様へ!
御礼が大変遅くなり申し訳ありません!
そして、色々なアドバイス有難うございました!

結局・・MRI検査してきました・・
何せ舌なので、動かしてはいけない!・・との事で
ガーゼ状のものを噛んで、舌が動かないようにしてでの検査でした。
結果としては・・場所が場所?というより・鮮明にイマイチ写っていない感じで・・
一緒に画像を見る限りでも・・うっすら「この部分であること」はわかりました。

医師の話ですが・・この場合だと「ガン化・・悪い様子はこの状態だとあまり考えられない」

また「本当に心配であれば・・細胞診だけど、今より大きくなったり、痛みが出てきたらすぐに来てくれればよい」
・・・という感じでした。

一応・・経過・・というか、また、来てみますか?この先の変化が
触診や指診によってもわかるし・・という事で
7月くらいでよい・・と言う感じで、診察予約はしてきました。

その様な感じで終わりました。
実際、舌の場合、ガン的な(悪性的)なものは、舌の裏側の左右に異常が出て多いパターンであること。

舌を噛んだりしたり、その繰り返しなどで、舌のその部分が、その様な隆起した形になってしまった事が固定化している様子。

中に何かしこりのような物(悪性ではない)があるままでここまで普通にきてしまっていて、この先もこの状態であるということ。

以上のことを教えて頂きました。

ですので・・あまり自分でも心配せず、過ごして行こうかと思います。

あと・・耳鼻咽喉科でしたが・・よく「科の表」をみたら

「歯科・口腔外科」というのが一番端に書いてあったのを見つけて・・。
それを私が見つけられなかった・・「予約制」という言葉が一番目に入って
口腔外科自体が・・この病院には無いのかと思っていたため、他の近所の
「歯科・口腔外科クリニック」を受診してしまった・・と言う感じです。

ですので・・今度なにかあったら、いつも御世話になっていますので、
今回の病院の・・口腔外科のほうが耳鼻科より専門的かな?・・とも思い
そちらを受診してみたらどうか(そちらにまわして頂いたらどうかな?)と
素人ながらにも考えていますが・・・。

実際「舌の異常」という部分では・・口腔外科のほうが良いのでしょうか?

その辺を教えて頂きたく思うのですが・・いかがでしょうか?

いずれにせよ・・このままでひとまず何も起こらない限りでは、そんなに大したものではない・・と思う・・という結果でした。

MRIをやる直前に・・機器の調子が少しおかしくなったみたいで
(大した事はなく・・一度リセット状態にするまで待っててもらうことになっちゃいますが・・)ということも起こったので・・。

その時間を使って・・いつも行く「消化器外科」にも受診させていただき、
仕事でかなりのストレスがあって、胃が痛くなったり、気持ち悪くなったりの時が少し続いていたので・・。

そのように言ったら・・うまく流れを作っていただき、いつもの主治医に診てもらい、お話をして、触診、聴診など・・また血液検査もしてもらい、

それが終わった時、MRIの状態がちょうどOKという感じで検査を・・。

その検査が終わり・・耳鼻科診察室に行き・・すぐに先ほどのお話を・・。

そしてそのあと消化器外科の診察室に行き、先ほどの血液検査の結果を教えてもらい・・という流れで帰ってきました(余計な事かもしれませんが)

色々と有難うございました!!

当日の流れと、結果の説明を長々と書かせて頂き・・。
大変読むのにもお疲れかと思いましたが・・報告を兼ねて御礼をこの場で書かせて頂きます!

ちなみに金額は・・9700円でした。

3人の皆様に同じ文章で大変恐縮ですがお許しくださいませ!

また・・この文章を読んでいただいたとして・・何かお気づきの事など更にありましたら、またアドバイスなり、ご意見なりを教えて頂ければ幸いと思っています!

お答え下さった3人の皆様!!

本当に有難うございました!!

お礼日時:2011/04/11 09:17

MRIが必要か不要かは医療的な判断だから、此処でどうこう言うことは難しい。



舌腫瘍は結構レアケースだから、心配なら専門家にかかった方が良いね。
で、どうやって専門家を探すかといえば、手術権背数で、

舌腫瘍摘出術(その他のもの)
舌腫瘍摘出術(粘液嚢胞摘出術)
舌悪性腫瘍手術(切除)
などの件数が公表されているはずだから、それを見ると大体わかると思う。

MRIはね高い機械だから、どんどん撮らないとぐんぐん赤字になってしまうから、
少しでも心配なら撮ってしまえという風潮も無きにしも非ず。 でも、悪性の
疑いがあるかどうかは、多分わかるでしょう。


あっちの病院かかっているけど、心配だからだまってこっちにもきたというのは、
原則的に資源の無駄遣いだから、しっかり面倒を見てくれるところ一箇所にして、
必要ならそこからほかを紹介してもらう形をとったほうが、ちゃんと見てもらえる
と思います。

この回答への補足

有難うございます!
三人のの皆様への・・お伝えとして
ひとまず・・用意をして行ってきます!

のちほど改めて御礼を書かせて頂きます!
有難うございました!

補足日時:2011/04/08 11:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え下さった、3人の皆様へ!
御礼が大変遅くなり申し訳ありません!
そして、色々なアドバイス有難うございました!

結局・・MRI検査してきました・・
何せ舌なので、動かしてはいけない!・・との事で
ガーゼ状のものを噛んで、舌が動かないようにしてでの検査でした。
結果としては・・場所が場所?というより・鮮明にイマイチ写っていない感じで・・
一緒に画像を見る限りでも・・うっすら「この部分であること」はわかりました。

医師の話ですが・・この場合だと「ガン化・・悪い様子はこの状態だとあまり考えられない」

また「本当に心配であれば・・細胞診だけど、今より大きくなったり、痛みが出てきたらすぐに来てくれればよい」
・・・という感じでした。

一応・・経過・・というか、また、来てみますか?この先の変化が
触診や指診によってもわかるし・・という事で
7月くらいでよい・・と言う感じで、診察予約はしてきました。

その様な感じで終わりました。
実際、舌の場合、ガン的な(悪性的)なものは、舌の裏側の左右に異常が出て多いパターンであること。

舌を噛んだりしたり、その繰り返しなどで、舌のその部分が、その様な隆起した形になってしまった事が固定化している様子。

中に何かしこりのような物(悪性ではない)があるままでここまで普通にきてしまっていて、この先もこの状態であるということ。

以上のことを教えて頂きました。

ですので・・あまり自分でも心配せず、過ごして行こうかと思います。

あと・・耳鼻咽喉科でしたが・・よく「科の表」をみたら

「歯科・口腔外科」というのが一番端に書いてあったのを見つけて・・。
それを私が見つけられなかった・・「予約制」という言葉が一番目に入って
口腔外科自体が・・この病院には無いのかと思っていたため、他の近所の
「歯科・口腔外科クリニック」を受診してしまった・・と言う感じです。

ですので・・今度なにかあったら、いつも御世話になっていますので、
今回の病院の・・口腔外科のほうが耳鼻科より専門的かな?・・とも思い
そちらを受診してみたらどうか(そちらにまわして頂いたらどうかな?)と
素人ながらにも考えていますが・・・。

実際「舌の異常」という部分では・・口腔外科のほうが良いのでしょうか?

その辺を教えて頂きたく思うのですが・・いかがでしょうか?

いずれにせよ・・このままでひとまず何も起こらない限りでは、そんなに大したものではない・・と思う・・という結果でした。

MRIをやる直前に・・機器の調子が少しおかしくなったみたいで
(大した事はなく・・一度リセット状態にするまで待っててもらうことになっちゃいますが・・)ということも起こったので・・。

その時間を使って・・いつも行く「消化器外科」にも受診させていただき、
仕事でかなりのストレスがあって、胃が痛くなったり、気持ち悪くなったりの時が少し続いていたので・・。

そのように言ったら・・うまく流れを作っていただき、いつもの主治医に診てもらい、お話をして、触診、聴診など・・また血液検査もしてもらい、

それが終わった時、MRIの状態がちょうどOKという感じで検査を・・。

その検査が終わり・・耳鼻科診察室に行き・・すぐに先ほどのお話を・・。

そしてそのあと消化器外科の診察室に行き、先ほどの血液検査の結果を教えてもらい・・という流れで帰ってきました(余計な事かもしれませんが)

色々と有難うございました!!

当日の流れと、結果の説明を長々と書かせて頂き・・。
大変読むのにもお疲れかと思いましたが・・報告を兼ねて御礼をこの場で書かせて頂きます!

ちなみに金額は・・9700円でした。

3人の皆様に同じ文章で大変恐縮ですがお許しくださいませ!

また・・この文章を読んでいただいたとして・・何かお気づきの事など更にありましたら、またアドバイスなり、ご意見なりを教えて頂ければ幸いと思っています!

お答え下さった3人の皆様!!

本当に有難うございました!!

お礼日時:2011/04/11 09:16

きになるなら、さらにさらに違う病院にいってみれば。



下に針を刺すんですよ、細胞診断、いみわかりますか、とっても、痛いはずです。

耳鼻咽喉科は、一応耳鼻喉、口回りも、含みます。

先生は痛みが伴う可能性があるから、MRIを、選んでのでは。

ですから、気になるなら、両方とも、受診察、いわれたとおり、すればよいだけのことです。

MRIは検査費用、高いですよ。お金を十分にお持ちください。

細胞心も、していただければ、心強いのでは。

不安をかんがえたら、きりがありません。不安が強いなら、精神かも受診されると良いでしょう。

この回答への補足

有難うございます!
三人のの皆様への・・お伝えとして
ひとまず・・用意をして行ってきます!

のちほど改めて御礼を書かせて頂きます!
有難うございました!

補足日時:2011/04/08 11:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え下さった、3人の皆様へ!
御礼が大変遅くなり申し訳ありません!
そして、色々なアドバイス有難うございました!

結局・・MRI検査してきました・・
何せ舌なので、動かしてはいけない!・・との事で
ガーゼ状のものを噛んで、舌が動かないようにしてでの検査でした。
結果としては・・場所が場所?というより・鮮明にイマイチ写っていない感じで・・
一緒に画像を見る限りでも・・うっすら「この部分であること」はわかりました。

医師の話ですが・・この場合だと「ガン化・・悪い様子はこの状態だとあまり考えられない」

また「本当に心配であれば・・細胞診だけど、今より大きくなったり、痛みが出てきたらすぐに来てくれればよい」
・・・という感じでした。

一応・・経過・・というか、また、来てみますか?この先の変化が
触診や指診によってもわかるし・・という事で
7月くらいでよい・・と言う感じで、診察予約はしてきました。

その様な感じで終わりました。
実際、舌の場合、ガン的な(悪性的)なものは、舌の裏側の左右に異常が出て多いパターンであること。

舌を噛んだりしたり、その繰り返しなどで、舌のその部分が、その様な隆起した形になってしまった事が固定化している様子。

中に何かしこりのような物(悪性ではない)があるままでここまで普通にきてしまっていて、この先もこの状態であるということ。

以上のことを教えて頂きました。

ですので・・あまり自分でも心配せず、過ごして行こうかと思います。

あと・・耳鼻咽喉科でしたが・・よく「科の表」をみたら

「歯科・口腔外科」というのが一番端に書いてあったのを見つけて・・。
それを私が見つけられなかった・・「予約制」という言葉が一番目に入って
口腔外科自体が・・この病院には無いのかと思っていたため、他の近所の
「歯科・口腔外科クリニック」を受診してしまった・・と言う感じです。

ですので・・今度なにかあったら、いつも御世話になっていますので、
今回の病院の・・口腔外科のほうが耳鼻科より専門的かな?・・とも思い
そちらを受診してみたらどうか(そちらにまわして頂いたらどうかな?)と
素人ながらにも考えていますが・・・。

実際「舌の異常」という部分では・・口腔外科のほうが良いのでしょうか?

その辺を教えて頂きたく思うのですが・・いかがでしょうか?

いずれにせよ・・このままでひとまず何も起こらない限りでは、そんなに大したものではない・・と思う・・という結果でした。

MRIをやる直前に・・機器の調子が少しおかしくなったみたいで
(大した事はなく・・一度リセット状態にするまで待っててもらうことになっちゃいますが・・)ということも起こったので・・。

その時間を使って・・いつも行く「消化器外科」にも受診させていただき、
仕事でかなりのストレスがあって、胃が痛くなったり、気持ち悪くなったりの時が少し続いていたので・・。

そのように言ったら・・うまく流れを作っていただき、いつもの主治医に診てもらい、お話をして、触診、聴診など・・また血液検査もしてもらい、

それが終わった時、MRIの状態がちょうどOKという感じで検査を・・。

その検査が終わり・・耳鼻科診察室に行き・・すぐに先ほどのお話を・・。

そしてそのあと消化器外科の診察室に行き、先ほどの血液検査の結果を教えてもらい・・という流れで帰ってきました(余計な事かもしれませんが)

色々と有難うございました!!

当日の流れと、結果の説明を長々と書かせて頂き・・。
大変読むのにもお疲れかと思いましたが・・報告を兼ねて御礼をこの場で書かせて頂きます!

ちなみに金額は・・9700円でした。

3人の皆様に同じ文章で大変恐縮ですがお許しくださいませ!

また・・この文章を読んでいただいたとして・・何かお気づきの事など更にありましたら、またアドバイスなり、ご意見なりを教えて頂ければ幸いと思っています!

お答え下さった3人の皆様!!

本当に有難うございました!!

お礼日時:2011/04/11 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹部超音波検査・CT検査・MRI検査について

毎年、市の検診で腹部超音波検査を受けてます。
現状、異常はありません。

CTやMRI検査もありますが
腹部超音波・CT・MRI検査は どの検査が より有効性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

腹部にある、腫瘍の有無を見るにはCTがいいって聞いた事あります。
腹部の何を見るかによると思います。

QMRI検査(整形外科で腰痛の検査)の質は、設備や検査技師の技量等で差は発生しますか?

初診においてMRI検査結果の持ち込みが条件となっている大病院に掛かるため、一度他院でMRI検査だけをすることになったので、
MRIの質が高い病院があればそこへ行こうと思うのですが、質問タイトルのようなことはあるのでしょうか?
それともどこでやっても同じものですか?

Aベストアンサー

MRIの画質は機械・撮像方法によって大きく変わります。

まずは、機械です。
MRIは一世代前のものを中古で入れている場合から、最新式のものまで、導入費用は1億円から20億円程度まで、大きな開きがあります。
画質も当然大きく差が出ます。
一昔前のアナログテレビ画質と、ハイビジョン、4Kテレビのような感じで、そのぐらい違います。

次は撮像方法です。
同じ腰椎撮影でも、2種類の撮影方法で、しかも簡単な撮影方法だけで済ます施設もありますし、10種類くらいの撮影方法でしかも丁寧にとる施設もあります。
丁寧な方がよさそうではありますが、当然時間はかかります。
簡単撮影の施設では10分程度で検査が終わるかも知れませんが、丁寧撮影施設では1時間近くかかるかも知れません。
狭くてうるさいMRI装置の中に1時間近く入っているのは閉所恐怖症の人にはけっこうつらいかも知れません。

さらに技師さんの腕でも変わってきます。
多くの施設では、最初は全体を簡単に撮影して、病変があればそこを細かく撮るようになっていますが、技師さんのMRI読影能力、その病変が最もわかりやすく撮影できる撮像法の知識などで、得られる情報量は大きく変わってきます。

このような差は、残念ながら外から知ることは大変困難です。
HPには書いてありませんし、噂が外部に漏れてくることも滅多にありません。
また、丁寧高画質撮影でも、簡単低画質撮影でも料金は変わりませんので、料金から推測することもできません。
ただ、丁寧高画質撮影をやっている施設はMRIの予約待ち時間が結構長い施設が多いようです。
一ヶ月待ちなんて話も珍しくありません。
逆に簡単低画質撮影の施設は、すぐとってくれることが多いようです。
来院したその日にとってくれる施設もよくあります。
ただ、丁寧高画質撮影を即日やってくれる施設もあり、これだけで判断することはできません。

受診する大病院が決まっているのなら、MRI撮影お勧め病院を聞いてみてもいいかもしれません。

ただ、腰椎単純スクリーニングのMRI撮影は、比較的上記のような差が少ないところなので、あまり神経質になる必要も無いかもしれません。

MRIの画質は機械・撮像方法によって大きく変わります。

まずは、機械です。
MRIは一世代前のものを中古で入れている場合から、最新式のものまで、導入費用は1億円から20億円程度まで、大きな開きがあります。
画質も当然大きく差が出ます。
一昔前のアナログテレビ画質と、ハイビジョン、4Kテレビのような感じで、そのぐらい違います。

次は撮像方法です。
同じ腰椎撮影でも、2種類の撮影方法で、しかも簡単な撮影方法だけで済ます施設もありますし、10種類くらいの撮影方法でしかも丁寧にとる施設もあります。...続きを読む

QMRIとCTの違いについて

医療従事者(事務職)です。

かなり素朴な質問なのですが、MRI検査とCT検査とありますが、撮る方式(MRI:磁気、CT:X線)以外に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

それぞれの長短について

CT 長所:時間が短くて済む 短所:X線を使うので被爆する
MRI 長所:血管や神経が得意 短所:金属が体内にあると検査できない

といったところでしょうか。
MRIが優れているようにも見えますが、とにかく時間がかかります。
X線機器も被爆の危険はどんどん少なくなっていますし、第3世代のマルチCTは心臓など動きのある臓器でも撮影が可能です。

MRIは放射線を使用しないので、法律上、臨床検査技師も検査を行う事が可能です。CTは診療放射線技師が必要で、一般的にはこちらの方がお給料が高いというのは病院側の視点ですね。

QMRI技師の方 撮影時間が長いんですが 撮影中に画像を見ながら異常など見つけられるんですか?

MRI技師の方
撮影時間が長いんですが
撮影中に画像を見ながら異常など見つけられるんですか?

Aベストアンサー

>MRI技師の方

そう言う資格はない。診療放射線技師か臨床検査技師がやってる。
診療放射線技師の方が多いけどね。


>撮影中に画像を見ながら異常など見つけられるんですか?

CTはスキャン中にリアルタイムで画像が見られるけど、MRIは無理。
出来上がった画像を見て異常を見つけることはあるけど。

Q乳がんの検査(CTとMRIの違いについて)

乳がんのCTとMRIの検査の違いについて教えてください。
ネットで調べてみたところ、マンモグラフィの検査は乳がん等病気を発見するもので、CTやMRIはどちらもその病気の広がりを見るものだ、ということはわかりました。
しかし、乳房のCTとMRIの違いについては、細かく乗っているサイトを見つけることができませんでした。

どちらも上記のように「浸潤の広がりをみるもの」と同じ説明が書いてあるのですが、では両方の検査を行う意味はあるのでしょうか?
病気がないか調べるのに、いろんな検査をして補う感覚はなんとなくわかるんですけど、もうそこにあるとわかってる乳がんがどこまで広がってるかをみるだけなら、一つの検査でわかるのではないかな、と思ってしまうのですが…。



どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CTとMRIの原理的な違いは詳しいサイトがあるでしょうから、割愛します。
乳癌の検査としてのMRIは乳房内での癌の広がりをより詳しく見ることができます。癌が限局的なのか、乳管内進展をしているのか、周囲へ浸潤しやすいものなのか。
一方で、CTは乳房内の広がりはMRIにかないませんが、リンパ節転移や肺転移などを広く検出することが出来ます。
大雑把に言えば、乳癌患者における乳癌の広がりをみる検査のうち、虫眼鏡で乳房だけを見るのがMRI、虫眼鏡を使わず肉眼で全身を見るのがCTといった雰囲気だと思っていただければいいと思います。同じ「広がり」といっても、浸潤なのか転移なのかの違いですね。
というわけで、両方行う意義はあります。ただし、乳房温存をまったく考えないのであれば、MRIは必要無いかもしれませんね。

>最近、話題になっているPET検査は、CT検査の一種です。
ちなみにこれは間違いです。これらの専門家として、一緒にしてもらいたくないです。

QMRI検査について

MRI検査について

肩の痛みのためMRI検査を受けました。多くの写真を撮り、結果が出ると安心していましたが、主治医は
結果を読めないらしいです。そもそも、MRI検査の信頼性はどの程度のものなのでしょうか?
主治医の医療技術を問題にすべきなのでしょうか? MRI検査の限界と考えるべきなのでしょうか?
今は、通院を始めて1ヶ月を超えましたが、肩輪のような状態が続いています。率直に言って、賃金を
もらえるような仕事をできる状態にはありません。病院を変えたほうが良いのか、本当に迷っています。
アドバイスいただければ幸いです。

Aベストアンサー

一般論ではなく私の体験談からですが,私も肩を痛め両方の腕が上に全く上げられない状態で,

両方の肩先の激痛で寝返りが出来ない状態が10年,レートーゲン検査,MRI検査としましたが,
何にも判りませんでした。と言う事は,患部の異変をレントーゲン,MRIに色付きで出る訳でもなく,
金を取る為の医療のカラクリ,トリックの様なものであると私なりの独断ですが,
約10年間高い医療費を繰り返し検査しても異常ありませんだけでした。

写した写真を専門に読む担当がいて,フィルムに読んだ内容が添えられて医者は,患者に伝えられるそうです。

他の病院掛かっても同じです。

QCTスキャンとMRIの違い

CTスキャンとMRIの違いについて教えて下さい。
また、今日CTスキャンを撮ったのですが、体への影響というかあれば教えて下さい。レントゲンなどもあまり体に良くないと聞いた事があるのですが、
放射線だからでしょうか?CTスキャンも放射線なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズがいろいろな誤解を生む可能性があったため意図的に使われなくなり、現在のMRI(magnetic resonance imaging:磁気共鳴画像)という名称に変わって定着しました。

CTがX腺(放射線)を、MRIが磁気を使って断層撮影等を行うということは、みなさんがおっしゃっているとおりです。

CTの身体への悪影響という点では、例えば将来ガンが出来るとかいうようなレベルでの問題はないと考えていただいて差し支えありません。放射線治療などに使う線量と比較すると全く少ない線量ですから、放射線宿酔などもあり得ません。詳しい被曝線量などをここで述べてもあまり意味のないことですから差し控えます。
MRI室の中で、常に強力な磁場が発生していることは、
永久磁石を使った装置でも電磁石を使った装置でも同じです。従って、どちらも実際の撮影をしていなくても磁力はでています。昔の装置の方が現在の装置よりも危険ということは全くありません。ある意味ではどちらも以下のような点では危険です。
キャッシュカードなどの磁気カード、ポケットベル、電池式の時計、心臓のペースメーカーなどは壊れたり誤作動を起こします。ペースメーカーが誤作動すると命が危険です。これらを持ち込んでは(あるいはペースメーカーを埋め込まれている患者さんは入っては)いけません。また、はさみなどを胸ポケットなどに入れておくと、機械の中に吸い込まれて飛んでいきます。非常に危険です。

長くなりましたので、まだいろいろな誤解もあるようですが、いったん終了いたします。
こんな所でとりあえずよろしいでしょうか?
何かまだ疑問点がありましたら、補足して下さい。

先ず、名称に関してですが、CT(computed tomography)の本来の意味は、「コンピューターを使って画像処理した断層撮影」です。従って、本来一般にCTと呼ばれているものはX-CT(X腺を利用して作ったCT)と呼ぶのが正式であり、MRIも本来はNMR-CT(核磁気共鳴CT)と呼ぶべきものでした。しかし、いわゆるCT(X腺を利用しての)が先に臨床応用されるようになり、この名称が広く一般に定着したために、現在ではCTといえばX-CTをさすようになっています。また、NMR(核磁気共鳴)という名称は、「核」というフレイズが...続きを読む

QMRI検査は一度にできない?

総合病院で内科受診時に腎臓のMRIの検査を薦められました。他に腰のヘルニアで整形外科にも通っているのですが、そこでもMRIの検査をするように言われました。
一度にできるのかと思い聞いた所、別々に予約して欲しいと言われました。体への負担も、時間もかかるので一度にできないかと思いますが、機械の仕組みなどで、無理なのでしょうか?

Aベストアンサー

検査枠は2枠分の時間がかかります。
コイルという体につける機械を途中で変える必要があります。
検査を行う技師の手間が増えます。
その画像を診断する側は2倍の労力がかかります。
診療点数が切り下げられます。

受診者としては、長時間狭いところに寝そべって閉じ込められるので、結構しんどいです。時間、採算性を考えると病院としては別々、さらに言えば別の月に行うことを好まれますね。

Q造影CTとMRIの違い。

最近、頭痛が続いたことと、回数は少ないですが不動性のめまいがあったので念の為に、病院で脳の単純CTとMRIの検査をしました。両方とも異常はありませんでした。
しかし、今度また脳波と造影CTの検査をすることになりました。
脳波はわかるのですが、造影CTも必要でしょうか?

ペースメーカーを使用している方はMRI検査ができないので、造影CTをする・・というような使い方ではないのでしょうか。MRIで異常がなくても造影CTで異常がでることも十分にありえるのでしょうか?

私の父が今の私と同じ年齢(30代前半)で脳溢血で突然に亡くなりました。
そのことを伝えると、脳波以外に造影CTもしておこうかという流れになったのですが、
ここは素直に検査を受けておいた方がいいのかどうか悩んでいます。

余談ですが30歳の時に、突然ぜんそくのような状態になりフルタイドを吸入していたことが2年ほどあります。今は症状は治まっており、使用していません。
年の為、血液検査もして、造影CTの前にアレルギーを抑える点滴するとのことです。

こちらの副作用も心配ですが、造影CTとMRIの違いを知っっておきたいなと思ったので教えてください。よろしくお願いいたします。

最近、頭痛が続いたことと、回数は少ないですが不動性のめまいがあったので念の為に、病院で脳の単純CTとMRIの検査をしました。両方とも異常はありませんでした。
しかし、今度また脳波と造影CTの検査をすることになりました。
脳波はわかるのですが、造影CTも必要でしょうか?

ペースメーカーを使用している方はMRI検査ができないので、造影CTをする・・というような使い方ではないのでしょうか。MRIで異常がなくても造影CTで異常がでることも十分にありえるのでしょうか?

私の父が今の私...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
違っていたらすみません。

質問者様がおっしゃっている造影CTとは血管造影検査ではないでしょうか。
もし血管造影検査であれば、CTなどではわからない血管の先端の細かい部分の梗塞や状態がわかります。
私の母と祖母も40歳の時にくも膜下出血を患っており、CTやMRIの他に詳細な検査と言う意味合いで血管造影を行いました。
脳の細かい、細い部分までうつし出す事が可能な為ではないでしょうか。
ただ私は専門医ではありませんので、不明点や不安などあるようでしたらやはり担当のお医者様に聞く必要があると思います。

Q脳の造影MRI 検査をするのですが、、

脳の下垂状態(脳の隙間?を確認する必要から)や、無症候性脳梗塞ができていないか?の確認、の為に、大学病院で脳の造影MRI(ガドリウム造影MRI)  検査をするのですが、ある人から、最近は、マルチスライスCT という検査があるから、その検査をしてもらう方がいいよ、と言われました。
どうせ、脳MRI を撮るのなら、多少お金がかかったも、マルチスライスCT をした方がいいよ、と言われました。
どうすればよいのか悩んでいます。
地方の大学病院には、マルチスライスCT という機器が無いから、ガドリウム造影MRI になってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

地方の大学病院を馬鹿にしないでください(笑)@地方大学病院所属
今は一般病院でもマルチスライスCTが入っている時代ですから、必要性がない病院を除き、マルチスライスCTがない病院は時代遅れといっても過言ではありませんよ。

脳の下垂状態を見るのであれば、MRIもCTもどちらでもよいですが、無症候性脳梗塞を評価するにはMRIのほうが望ましいです。造影をする意図はおそらく他にあると思いますが(キアリ奇形とでも言われたのでしょうか?)、私も主治医の意見に賛成で、MRIを勧めます。
「ある人」の誤解だと思いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報