先日母が亡くなりました
父の生命保険の受取人は母です

その場合、父の生命保険の受取人が先に死亡したら、変更するのでしょうか??
それとも、受取人本人(父)にするのでしょうか??

私には兄がいます(2人兄弟です)

その場合、父の生命保険は兄にするべきでしょうか!?
私も兄も、特にお金に困っているわけではありませんが、
いくら下りるかもわかりませんが、平等に2等分すればいいと思っています。

その場合、受取人を2人にできるのでしょうか??

無知ですいませんが
この場合どうしたらいいのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>父の生命保険の受取人が先に死亡したら、変更するのでしょうか??


(A)はい。変更をしてください。

もしも、変更をしなかった場合……
民間の生命保険では、受取人の相続人が受け取る権利を相続します。
簡易保険では、被保険者の相続人が受け取る権利を相続します。
(簡易保険は、簡易保険法という法律で規定されているので、
このように違いが生じます)
今回の場合は、同じになると思いますが、
それでも、手続きがややこしくなるので、きちんと変更をしておくべきです。

>受取人本人(父)にするのでしょうか??
(A)いいえ。ご兄弟にしてください。

ここで重要な問題があります。
保険金は、保険契約と言う契約に基いて権利が決まっているので、
相続で受け取る権利が生じるわけではありません。

つまり、受取人をお兄様「だけ」にすると、
保険金を受け取る権利は、お兄様「だけ」にあることになります。
質問者様に分ける必要がないのです。
ここにトラブルの原因が生じます。

具体的に書けば……
保険金が1000万円
相続財産が家や貯蓄などで、2000万円
だったとします。
お兄様が保険金の1000万円受け取ったとします。
でも、相続財産の2000万円の半分を受け取る権利があるのです。
なので、相続財産を均等に分ければ……
お兄様は、保険金+相続財産の半分
質問者様は、相続財産の半分
ということになります。
これが、トラブルの原因となるのです。
なので、事前にきちんと決めておく必要があります。

例えば、弟様が保険金を全て受け取り、
その代わり、土地と家屋は、お兄様が受け取り、
預貯金は、半分ずつする……とか。
このようなことは、事前にきちんと話し合って、
お父様の遺言として遺しておくと良いです。
遺言は、最優先ですから。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 2

受取人が死亡した場合、契約者が通知して、受取人変更をしますが、しないまま被保険者が死亡した場合は受取人の相続人が受取人になります。

    • good
    • 1

受取人はお父様が生きて自分の意思を示せる限り、いつでも変更できますし、2人にすることもできます。

受取人本人にした場合、死亡後に相続財産となります。

代理店の方を呼んで、手続きしてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簡易保険死亡保険金の受取人

私の母(配偶者なし)が被保険者で受取人は姉Aでしたが、姉Aが先に亡くなり10日後に母が亡くなりました。残った近い親族は私と、姉Aの子供一人と、姉Bの3人です。
 郵便局の方によると、受取人の資格があるのは私と姉Bの2人という事でしたが、それで良いのでしょうか。また一般の生命保険も同じなのでしょうか、教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

あいついで肉親を亡くされてご心労多きことと思います。心よりお悔やみ申し上げます。

 さてご質問についてですが、結論を先に申し上げますと、「郵便局の説明は正しい」です。

 それでは、せっかく回答いただいたsato3jokyou10さんやaqupa21さんと違った回答になってしまいます。それぞれの方が基本的に間違えているわけではありません。これは、ご質問が「簡易保険」だから生じることなのです。

 郵便局の簡易保険は民間の生命保険と適用法律が違います。簡易保険は「簡易生命保険法」という法律が適用されているため民法・商法等の適用除外があります。国営なので、手続き等は「国会」で定められている(国会議員が関与している・・・国民の代表が決めている)ということで民間の生命保険とよりだいぶ簡易な取り扱いになっています(という話を聞きました)だから簡易保険というらしいです。

 前書きはともかくとして、
 masandoさんの場合で進めますと、最初「姉A」が受取人でした。残念なことに「姉A」がお亡くなりになってしまいました。民間の生命保険の場合「姉Aのお子さま」が保険金受取人の地位を相続できるそうですが、簡易保険の場合は「受取人無指定(空位)」になってしまいます。で、「受取人無指定」の場合は「被保険者」が保険金受取人とみなされます。ですから、あなたの「お母さま」が受取人の資格を得ます。ここで、保険契約者が受取人を指定すればその方が受取人になるのですが、そのまま「お母さま」がお亡くなりになってしまいましたので、「お母さまのご遺族の皆さま(姉B・あなた)」が受取人になります。

 民間の生命保険と大きく違うようですが、考えてみれば簡易保険の取り扱いも合理的です。保険金受取人がお亡くなりになったとき、すぐ保険金受取人を再指定すればよいのですが、あなたのお母さまの場合(契約者は誰?)も10日ではどうしようも無かったことでしょう。精神的に落ち着くのが精一杯ですよね。お母さまが保険金受取人をそのまま「姉Aのお子さま」か「姉B」か「あなた」か意思表示の出来ないままお亡くなってしまい、お母さまも残念に思っていることではないでしょうか。
 法律や約款といえばそれまでですが、保険金受取人を決めてないときはとりあえず「被保険者」という「簡易保険」の方が現実的な感じがします。
 (私は郵便局の回し者ではありません。簡易保険も民間の生命保険も競い合ってサービスが良くなれば良いと考えています。)

 とにかく、簡易保険と民間の生命保険では手続きが違うこともあると理解するしかありません。(これは統一して欲しいです)。肉親を亡くされて、精神的にもいろいろ大変でしょうが、暑い日が続きますが体に気をつけて頑張ってください。
 
(ちなみに関係法令を貼り付けます・リンクがうまくいきませんでした。ながくなってしまいすみません
masandoさんは「二の2」が該当します)
簡易生命保険法
(昭和二十四年五月十六日法律第六十八号)

(無指定の場合の◆保険金受取人◆)
第五十五条
 終身保険、定期保険、養老保険又は財形貯蓄保険の保険契約(特約に係る部分を除く。)においては、保険契約者が◆保険金受取人◆を指定しないとき(保険契約者の指定した◆保険金受取人◆が死亡し更に◆保険金受取人◆を指定しない場合を含む。)は、次の者を◆保険金受取人◆とする。
一 被保険者の死亡以外の事由により保険金を支払う場合にあつては、被保険者
二 被保険者の死亡により保険金を支払う場合にあつては、被保険者の遺族
2 前項第二号の遺族は、被保険者の配偶者(届出がなくても事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹並びに被保険者の死亡当時被保険者の扶助によつて生計を維持していた者及び被保険者の生計を維持していた者とする。
3 胎児たる子又は孫は、前項の規定の適用については、既に生まれたものとみなす。
4 前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは適用しない。
5 第二項に規定する遺族が数人あるときは、同項に掲げる順序により先順位にある者を◆保険金受取人◆とする。
6 遺族であつて故意に被保険者、先順位者又は同順位者たるべき者を殺したものは、◆保険金受取人◆となることができない

あいついで肉親を亡くされてご心労多きことと思います。心よりお悔やみ申し上げます。

 さてご質問についてですが、結論を先に申し上げますと、「郵便局の説明は正しい」です。

 それでは、せっかく回答いただいたsato3jokyou10さんやaqupa21さんと違った回答になってしまいます。それぞれの方が基本的に間違えているわけではありません。これは、ご質問が「簡易保険」だから生じることなのです。

 郵便局の簡易保険は民間の生命保険と適用法律が違います。簡易保険は「簡易生命保険法」という法律が...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q父が契約した保険、契約者を自分に変更したい

契約者:父親
被保険者:自分(29歳女)
受取人:父親
となっている生命保険があります。定期つき終身保険で加入して10年になります。
保険料は最初の5年は父親が払い、その後は自分が払っています。

2年前に結婚しまして、いい加減契約者と受取人を変更しようと思った矢先に
父親ががんと診断され、もう長くないだろうと言われました。

この場合、
(1)父親が生きている時に契約者を自分に変更するのと
父親が亡くなった後に相続?として契約者を自分に変更するのとでは
どちらが簡単かつ税金がかからないでしょうか?
(2)また、契約者を自分、受取人を主人に変更して自分に万が一の事があった場合、
保険金を主人が受け取る時は、保険料は父親が支払った期間と自分が支払った期間が
あるので、保険金のうち数%は贈与税、残りは相続税がかかるという解釈で
合ってますでしょうか?

色々検索したのですが、契約者死亡後に保険を相続するとその時点で
解約返戻金を評価額として相続税を支払うor支払う必要ない、契約者ではなく
実際の保険料負担者の比率で所得税や相続税を支払うorそうでない、など
さまざまな回答があってよくわからなかったので質問させていただきました。

補足として、母親は既に亡くなっており家族構成は父、姉、自分です。
父親は保険契約者を変更する事に反対はしていません。
(本人もよくわかっていないまま、とりあえず加入していたようです)

契約者:父親
被保険者:自分(29歳女)
受取人:父親
となっている生命保険があります。定期つき終身保険で加入して10年になります。
保険料は最初の5年は父親が払い、その後は自分が払っています。

2年前に結婚しまして、いい加減契約者と受取人を変更しようと思った矢先に
父親ががんと診断され、もう長くないだろうと言われました。

この場合、
(1)父親が生きている時に契約者を自分に変更するのと
父親が亡くなった後に相続?として契約者を自分に変更するのとでは
どちらが簡単かつ税金がかからないでしょ...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

この問題を考えるとき、基本的なことを理解しておいてください。
それは、保険契約という「権利」と解約払戻金や保険金
という「お金」を別々に考えることです。
税金は言うまでもなく、お金のことです。
でも、保険は、契約なので、権利の問題なのです。
解約や死亡保険金の請求という「権利を行使」して、はじめて、
「解約払戻金や保険金というお金」が生じますが、
権利を移動しただけでは、お金は生じないのです。
従って、権利を移動した時点では、課税されません。

例えば、保険契約者をAからBに移しただけでは、
契約者の権利が移動しただけで、実際にお金は動いていません。
なので、その時点では、税金はかからないのです。
税金は、解約払戻金や保険金という実際にお金を受け取る
段階で課税されます。
ただし、相続の場合だけは、死亡した時点での資産を確定する
必要があるので、その時点の価値で計算します。

では、今回のケースについて、考えましょう。

ご尊父様が生きているうちに、契約者を質問者様にすることは、
保険契約をご尊父様から質問者様に「贈与」することです。
これは、保険契約者という権利の贈与なので、
この時点では、課税されません。
課税されるのは、実際にお金を受け取るとき、
つまり、解約払戻金や保険金を受け取るときです。
ご尊父様が支払った保険料が贈与されたことになっているので、
質問者様や夫様が、解約払戻金や保険金を受け取ったとき、
支払った保険料総額のうち、ご尊父様が負担した保険料に相当する
解約払戻金、保険金に対して、贈与税が課税されます。
質問者様が支払った保険料に相当する分は、
所得税または相続税となります。

ご尊父様が亡くなられたとき、契約者を質問者様にすることは、
保険契約をご尊父様から質問者様が「相続」することです。
その時点で、相続税がかかるので(たとえ、非課税枠内としても)、
相続完了時点で、契約という権利の移動だけでなく、
ご尊父様が支払った保険料というお金も移動するので、
全てを相続する=すべてが質問者様のものとなります。
従って、質問者様が死亡したとき、夫様が受け取る保険金は
すべて、相続税の対象となります。

つまり、契約者の移動は、ご尊父様が亡くなったときにするのが
正解です。

また、権利とお金を別々に考えるので、
税金は、契約者ではなく、保険料負担者が重要であることも
ご理解いただけると思います。

再度……
税金は、権利にかかるのではなく、権利を行使した結果の
お金の移動に関して、課税されます。
ご尊父様が支払った保険料分については、相続以外では、
いつまでたっても、ご尊父様が支払ったお金という事実が
付いて回るのです。
そのお金を質問者様のものにするには、
ご尊父様がなくなったとき、保険契約の相続をして、
解約払戻金相当額を相続して、相続税の計算を終了させて、
質問者様のお金にするしかありません。

ご尊父様が生きているうちに契約者を変更することは、
贈与になります。
従って、いつまでたっても、ご尊父様が支払った保険料相当分を
贈与されたという事実がついて回るのです。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

この問題を考えるとき、基本的なことを理解しておいてください。
それは、保険契約という「権利」と解約払戻金や保険金
という「お金」を別々に考えることです。
税金は言うまでもなく、お金のことです。
でも、保険は、契約なので、権利の問題なのです。
解約や死亡保険金の請求という「権利を行使」して、はじめて、
「解約払戻金や保険金というお金」が生じますが、
権利を移動しただけでは、お金は生じないのです。
従って、権利を移動した時点では、課税されません。

例えば、保...続きを読む

Q独身兄の相続人は?

初歩的な質問ですみません。
41歳独身の兄、既婚の私(39歳)、シングルマザーの妹(36歳・姪(9歳)、甥(7歳))の3人兄弟です。

兄が亡くなった場合、法定相続人は誰でしょうか?
ちなみに母は亡くなり、父(71歳)は存命です。

Aベストアンサー

「兄」が独身のまま亡くなった場合には、まず、「兄」に本当に「子」がいないかを確認しなければなりません。
亡くなった時点で独身であっても、生涯結婚していなくても「子」がいる可能性はあります。
実子はいなくても、実際には養っていなくても、書類だけの関係でも「子」がいないかを確認しなければいけません。

さらに、「兄」が誰かの養子になっていないかも確認しなければなりません。

そして、全く「子」がいなくて、誰の養子にもなっていなくて、「兄」が「父」よりも先に亡くなれば、法定相続人は「父」1人です。
相続割合は「父」100%です。

「兄」より先に「父」が亡くなっていれば、法定相続人は、「私」と「シングルマザーの妹」の2人です。
相続割合は「私」と「シングルマザーの妹」、同等に50%ずつです。
ただし、これも「兄」と片親でも同じくする兄弟姉妹(これまた血縁の有無に限らず・書類上の問題)が、他にいないことが前提です。

なお、既婚で実家を出ているとか、シングルマザーで兄や父と実家で一緒に生活し、面倒を見ている-ということであっても、法律面では関係ありません。

もし、一旦なりとも「父」に相続させたくないのでしたら、「私」と「シングルマザーの妹」が「兄」と養子縁組をする-という手段もありますよ。
または、「私」や「シングルマザーの妹」の子たちを「兄」と養子縁組するとか。
そうすれば、法定相続の順位は変わります。

「兄」が独身のまま亡くなった場合には、まず、「兄」に本当に「子」がいないかを確認しなければなりません。
亡くなった時点で独身であっても、生涯結婚していなくても「子」がいる可能性はあります。
実子はいなくても、実際には養っていなくても、書類だけの関係でも「子」がいないかを確認しなければいけません。

さらに、「兄」が誰かの養子になっていないかも確認しなければなりません。

そして、全く「子」がいなくて、誰の養子にもなっていなくて、「兄」が「父」よりも先に亡くなれば、法定相続...続きを読む

Q母が死亡した後に母名義の口座からおろす

自分の母が亡くなってしまい、まだお金がいくらか入っている
口座を発見しました。口座を凍結したあとになかなか手間がかかる
と聞き、なんとかできないものかと考えています。
そこでお伺いしたいのですが、
1.私に母が死亡したこと銀行側に告げる義務はあるのか
2.もし、告げずにすむのであればそのまま代理人としてお金を
 おろすことは法的にまずくないのか

この2点を教えてください

Aベストアンサー

質問者様の家族構成(ご兄弟)が不明ですが、告げずにおろすことは、
あとで問題になりえます。
相続にはルールがあり、銀行はお母様の残された預金を、お母様の戸籍を生前までさかのぼり(戸籍のさかのぼりと言います)、ご遺族の方に適正な割合で受け渡す義務があります。相続放棄される相続人がいなければ法定割合(配偶者、子、、、)に則ります。告げずにおろすということは、この前提を反故にすることです。
 また、死亡後に預金を引き出し、後日正式に相続手続きするとなると、預金の引き出しも考慮の上、銀行は処理しますので余計話が難しくなります。法律に則った相続をすれば相続人全員も納得しやすいでしょうが、独り占め行為は長い目で大きなシコリを残しかねません。金額の大小に関わらず相続で不和がおこる話をよく聞きます。

 銀行の相続は決して面倒ではありません。必要な書類を揃えて提出すれば一週間もあれば終わります。
 お母様のご供養のためにも、ご心労の中で且つお忙しいと思いますが、然るべき正しい相続をされることをお勧めします。

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む

Q養老保険 満期を迎える前に契約者死亡

養老保険 満期を迎える前に契約者死亡しました。

契約者 父
満期受取人 父
被保険者 長男

相続人 母、長男 長女
満期を迎えた後に 保険金受取の手続きをしましたが、かんぽの担当者によると、このケースは被保険者である長男に支払うことになるとの説明でした。

この保険金は相続税の対象となるのでしょうか? それとも所得税の対象となるのでしょうか?

Aベストアンサー

FPです。

(Q)この保険金は相続税の対象となるのでしょうか? それとも所得税の対象となるのでしょうか?
(A)御尊父様が亡くなられた時点で、解約払戻金相当額が相続財産となります。
通常は、満期保険金の受取人が相続するので、今回の場合、
ご長男様が相続人となります。

受け取った時点で、所得税の対象となります。
(満期保険金)-(支払った保険料総額)-50万円が、
プラスになれば、一時所得として課税の対象となります。

支払った保険料総額というのは、御尊父様が支払った分も含みます。

(Q)かんぽの担当者によると、このケースは被保険者である長男に支払うことになる
(A)簡易保険は、簡易保険法によって決められています。
第55条 終身保険、定期保険、養老保険又は財形貯蓄保険の保険契約(特約に係る部分を除く。)においては、保険契約者が保険金受取人を指定しないとき(保険契約者の指定した保険金受取人が死亡し更に保険金受取人を指定しない場合を含む。)は、次の者を保険金受取人とする。
1.被保険者の死亡以外の事由により保険金を支払う場合にあつては、被保険者
2.被保険者の死亡により保険金を支払う場合にあつては、被保険者の遺族

今回の場合、御尊父様が契約者=満期保険金の受取人であり、
亡くなれたので、満期保険金の受取人を指定していないことになります。
なので「1」が適用になります。

FPです。

(Q)この保険金は相続税の対象となるのでしょうか? それとも所得税の対象となるのでしょうか?
(A)御尊父様が亡くなられた時点で、解約払戻金相当額が相続財産となります。
通常は、満期保険金の受取人が相続するので、今回の場合、
ご長男様が相続人となります。

受け取った時点で、所得税の対象となります。
(満期保険金)-(支払った保険料総額)-50万円が、
プラスになれば、一時所得として課税の対象となります。

支払った保険料総額というのは、御尊父様が支払った分も含みます。...続きを読む

Q簡易保険の保険契約者死亡時の名義変更と相続について

先日、夫が急に他界しました

かんぽ生命の担当者が来て、妻である私に夫が保険契約者の養老保険の
名義を変更するようにと言われました

現在、夫が保険契約者の養老保険が2件あります

内容は
被保険者が妻である私のものと、未成年の長男のものが各1件づつ
上記の保険金受取人は2件とも夫の名前になってます
保険契約者は2件とも夫です


最初はすぐに名義変更できると担当者は言ってましたが、
2回目に来た時に、
「保険料は2件とも一括支払いになってます
そして支払い郵便局が夫の実家のある郵便局なので
実家の両親が夫に替わって一括払いしたかもしれない
そのため、夫の両親に確認してほしい」と言われました

そして、夫の両親が保険料を支払ったならば、その保険の名義は
夫の両親になると言われました


夫の両親とは仲が悪く、付き合いがありません
もし担当者の言うとおりに聞きにいったら、間違いなく「私たちが支払った」と言われます
私は夫が支払ったはずと思うのですが、証拠が何もありません
夫の両親には出来れば聞きたくありません


このような場合は、いったいどうすればよいのでしょうか?
また、名義変更は出来ないのでしょうか?
満期保険金は受け取れないのでしょうか?
満期保険金は相続扱いになるのでしょうか?


急な話なもので混乱しています
どうかわかる範囲でも結構です
教えてください
よろしくお願いします

先日、夫が急に他界しました

かんぽ生命の担当者が来て、妻である私に夫が保険契約者の養老保険の
名義を変更するようにと言われました

現在、夫が保険契約者の養老保険が2件あります

内容は
被保険者が妻である私のものと、未成年の長男のものが各1件づつ
上記の保険金受取人は2件とも夫の名前になってます
保険契約者は2件とも夫です


最初はすぐに名義変更できると担当者は言ってましたが、
2回目に来た時に、
「保険料は2件とも一括支払いになってます
そして支払い郵便局が夫の実家のある郵便局なので
実...続きを読む

Aベストアンサー

保険契約者の相続人(妻及び子)が保険契約を相続・承継(契約の権利義務の相続、新たな保険金受取人指定の手続き)

http://www.jp-life.japanpost.jp/customer/tetuzuki/henko/ctm_tzk_hn_no203.html

保険証書はあなたが持っていますか?
契約者変更の手続きを放置していた場合、満期受取人はご主人のため→相続人(配偶者及び子)が受け取り人です。(郵便局側が契約者死亡を知ってしまった上での放置ができるかどうか不明)

>夫の両親が保険料を支払ったならば、その保険の名義は夫の両親になると言われました

契約上は契約者が支払ったことになっているはずですが(?)

夫の両親が保険料を支払った事実があれば、息子が死亡したことで「あれは自分たちが一括払った」と言うはずで、保険証書の再発行は(相続人が)可能です。

参考URL:http://www.jp-life.japanpost.jp/faq/faq_cat04.html#eid000030

Q癌の末期症状を教えてください。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している感じです)せん妄らしき意識障害もしばしばみられます。微熱も続いています。
数日前からは痰がよくからむようになってきました。息苦しい時もあるようです。目も見えにくくなっているようです。

このような病状なのですが、どういう状況にあると考えればいいのでしょうか。主治医の先生に聞いても的を得た答えを得られずにいます。
また今後はどういう状態に気をつければいいのでしょうか。
少しでも楽になるように、私たち家族は何をしてあげればよいのでしょうか。
どんな小さなことでもいいです。ご存知のことがあれば教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

義母が末期癌です。大腸から頚部のリンパ節に転移し、肺にも影がみられるそうです。

自宅で疼痛のコントロールは何とかできてきていたのですが、足がむくんで歩くことができなくなり入院しました。
入院後は足のむくみは取れたのですが、足がほとんど動かなくなり寝たきりになってしまいました。
2週間ほど前から下血が見られるようになり、たびたび輸血をおこなっています。食事はほとんど取れていません。薬を飲むために数口食べるのがやっとです。
いびきをかいて眠る時間が多くなり(昼夜逆転している...続きを読む

Aベストアンサー

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最も考えられますが他の場所への転移、浸潤、潰瘍形成などによる出血の可能性もあります。 
せん妄、抑うつ、不安等などの精神症状は癌の末期にはしばしば出現します。疼痛コントロールがうまくいっていないときは出現の頻度も当然高くなります。
熱については、一般的に感染に伴うものと癌による腫瘍熱の二つが最も考えられます。
痰や呼吸困難は、呼吸器感染症の合併もしくは心不全徴候などの可能性があります。

この状態であれば御本人の苦痛をいかに取り除くかは、ご家族ばかりでなく医療側の比重が大きくなると思います。
まずは、御本人の意識を保った状態で苦痛を取り除くことが目標ですが、それが困難になればある程度鎮静させ意識レベルを落とすことも必要になります。肺に転移しているようですが、呼吸不全が進行してくると酸素投与だけでは呼吸困難が改善されないこともあり、そのような場合は体力の消耗がはげしく悪循環に陥りますから、積極的に鎮静させます。結果的に、ご家族との直接の会話はなくなることも多いですが、話すことができなくても完全に意識をなくしているとは限りませんから、気持ちの平安のためにも御本人に話しかけてあげることが大切だと思います。
最終的な症状は、血圧が下がる、尿の出が悪くなる、呼吸が浅くなるなどです。自分で痰を出すことができなくなると、常に痰が詰まることによる窒息が心配になります。喘鳴が強くなったときは、すぐに痰の吸引をしてもらうようにして下さい。

各症状について、可能性のあることを書きます。
足のむくみについては、心機能や腎機能などの臓器機能の低下や血流障害(これには、末梢の循環障害のほかに腹腔内のリンパ節転移などの圧迫による静脈還流の低下などが含まれます)、栄養状態が不良のため血液中の蛋白濃度が低下した場合など。
足が動かなくなったことについては、廃用性の筋萎縮に伴う筋力の低下や神経障害(両側の場合は脊髄への転移などの可能性)に伴うものなど。
下血は消化管からの出血を示しますが、可能性としては原発巣からの出血が最...続きを読む

Q簡易保険の死亡保険請求書類について

簡保に加入していた人が死亡したので、生命保険金を
請求する手続きにいった。死亡診断書が必要だとの
ことでした。
死亡してから1週間もたっていないので、死亡届を提出した時に一緒に出した死亡診断書で代用できる(役所で発行できる)と言われた。提出した死亡診断書をコピーして、役所で赤い印鑑を押すらしい(?)。手数料は必要だが、、、。
小さな郵便局なので要領を得ない。葬儀屋から貰った死亡診断書のコピーはあるが、役所の印鑑がない。
そんな書類は役所で出してくれるものなのかしら?
病院で診断書を書いてもらうと料金が高いので、
役所で出してくれたらありがたい。
教えてください。

Aベストアンサー

最近同じ手続きをしましたのでアドバイスを。

役所に提出された死亡届は提出した翌月20日頃には管轄の法務局へ送られてしまいます。そうなると、その死亡届に関する証明書の類は法務局に請求しなくてはならなくなりますが、質問者さんの場合は亡くなって間もないようですので、届けを提出した役所で発行してもらえます。いろいろな手続きが重なったので、費用がいくらだったか忘れましたが・・・。

<請求できる人>
 簡易保険,遺族年金等を請求するにあたって,利害関係を有する人,またはその代理人。

※ 「利害関係を有する人」とは,死亡保険金の受取人,遺族年金の受給権者等を指し,死亡した人の親族であるというだけでは利害関係人には該当しません。

<持参するもの>
・請求者の身分証明書(運転免許証,健康保険証など)
・「死亡届の記載事項証明書」を必要とすることを確認できる書面(保険証書・年金証書など)
・請求者が死亡者の相続人であることを確認できる戸籍・除籍謄本

*代理人が請求する場合は,
  1 委任状
  2 委任者の身分証明書(運転免許証等)の写し
  3 代理人の身分証明書(運転免許証等)の写し

・印鑑(認印でも可)

上記の条件・必要なものは今ネットで調べた私とは無関係の某市のものですが、私の手続きの時もこれと同じでしたし、質問者さんの市区町村でもおそらく違いはないかと思います。

また、これは病院にもよるのかもしれませんが、病院でも死亡届の右半分(死亡診断書)の写しに原本と相違ない旨の印を押した証明書を発行してくれると思います。死亡診断書原本より安かったです(公立病院で診断書は5000円位?、写しは2500円位)。

最近同じ手続きをしましたのでアドバイスを。

役所に提出された死亡届は提出した翌月20日頃には管轄の法務局へ送られてしまいます。そうなると、その死亡届に関する証明書の類は法務局に請求しなくてはならなくなりますが、質問者さんの場合は亡くなって間もないようですので、届けを提出した役所で発行してもらえます。いろいろな手続きが重なったので、費用がいくらだったか忘れましたが・・・。

<請求できる人>
 簡易保険,遺族年金等を請求するにあたって,利害関係を有する人,またはその代理人...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報