お世話になります。
会社の中での疑問を投稿させて頂きます。

景品の不良率を求める場合、不良数/生産数*100 で
不良率を求めますが、不良率があまりにも少ないため、
不良率をppmで公開されるようなことが発生していました。

例:100000個の生産に対して、10個の不良が発生した場合、
%では、0.01%です。
ppmでは、 10ppm です。
※不良は、ぬいぐるみに穴・キズ・ほつれ等が発生している
のです。

このような不良率を示す場合、PPMを使った不良率は、おか
しいのではないかと思い投稿させて頂きました。

お忙しいとは思いますが宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

どちらでも間違いではありません。


一般には%表示の方がわかりやすいです。
ただし、不良率が0.001%を切る様なら、ppmの方が良いかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂きましてありがとうございました。

社内的には、しょうがないと思うしかないですね

お礼日時:2011/04/08 13:18

百分率も百万分率も普通に使いますよね。



ただ、この値を見る対象が、どういう人かによってはppmとか判らないって場合もあるのかもしれないですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂きましてありがとうございました。

社内的には、しょうがないと思うしかないですね

お礼日時:2011/04/08 13:18

普通に使いますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/08 13:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q製造業の不具合品率って2%くらい?

最近米国企業に転職したのですが、製品の品質に問題があって営業が困っています。製品は米国製ですが米国本社によるとせいぜいその不具合品(不良品)率は全体の2%だから問題ないといいます。こっれそうなんですか?メーカーで働くのが初めてで経験なく基準を教えてください。

Aベストアンサー

MILL-STD-105と言う検査基準が有ります。
日本で言うJISですがJISが引用しているので内容は殆ど同じです。
この検査基準は、AQLと言う判定基準が有って生産母数の確率を検査数で判定する数値が決められています。
物品の取引をする時、この検査基準に従い合否の判定をして受け入れするか否か判断します。
合理的な方法ですが、現在の品質レベルから見ると製品が何か解りませんが2%不良の混在が有ると言うことは日本の市場では大きな問題と思います。
日本人の感覚として箱に入っている商品は全て新品で良品が当たり前です。
後進国の感覚は、展示品とかモニターでも今動いている物が良品と言う見方をします。
日本の市場に添った良品率で無いと先行き思いやられますね。
2%は決して海外の市場では取引上問題では有りませんが信頼は徐々に無くなるでしょう。
関係する仕事で有る品物が中国工場で生産している不良率は0.02%ですが大きな問題です。
品物によって差異は有ると思いますがユーザーに渡る段階で2%は現状に有っていないと思います。

Q工場内の、全体の不良率を計算したいです。

ある3つの製品を製造している工場があります。

製品1は、一日に5パーセントの不良がでる。
製品2は、一日に10パーセントの不良がでる。
製品3は、一日に2パーセントの不良がでる。

この工場全体を見たときに、一日の合計不良率はどのくらいか??

単純に17パーセントかなと思いましたが、違うと思い投稿しました。

上記の情報しかなく、返答に困ると思いますが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

←A No.2 補足
そのデータは、必須です。
1:1:1 で代用することはできません。

それが分かれば、各製品の不良品数が計算できて、
全製品の生産数の合計と、不良品数の合計が判ります。
割り算すれば、全体の不良率が出ますね。

Qppmから%の計算方法

現在会社でグリーン調達の仕事をしておりますが、回答書を作成するため、含有量を自分で計算して、(例:350ppm=なんパッセント)回答します。計算方法が解らないです。教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1ppmは0.0001%です。
逆に1%=10000ppmです。

そのため,
350ppm=350*0.0001
      =0.0350% ←小数点を4つ分移動
      =0.035%
となります。
1ppmなら,0.0001%
12ppmなら,0.0012%
123ppmなら,0.0123%
1234ppmなら,0.1234%
12345ppmなら,1.2345%
です。

Q【至急】加工不良率の目標達成率計算方法を教え

目標達成率について質問です。
加工不良率2700ppmに対して、達成率100%= 2 700pp
ですが、達成率120%だと2671ppmとでています。
どんな計算方法で2671ppmがでるのか教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 度々申し訳ないのですが、どうして達成率100%の2700に145を足して
> 当初の加工不良率がでるのでしょうか?
> お手数おかけします教えていただけると助かります。
では、最初の回答に至った思考経緯から書いていきます。
1 与えられた条件である『加工不良率2700ppmに対して、達成率100%= 2 700ppですが、達成率120%だと2671ppmとでています。』から、「達成後の加工不良率」を固定値で割っているわけではないということが判る。
2 そこで達成率と加工不良率の増減関係を見ると、『達成率20%の向上に対して、不良率29PPMの減少』となっているから、「不良率がどの程度減ったか?」を問うているのが達成率であることが判明。
3 「不良率がどの程度減ったか?」ということは、目標設定時点での不良率である『当初の不良率』が存在しないと、導けない。
4 そこで、当初の回答文に書いた『達成率=(達成時点での不良率-当初の不良率)÷(目標不良率-当初の不良率)』を想定。
6 で、今回の疑問となっている『2700に145を足す』というのは、当初の回答文では次のように書きました
>> 次にそれぞれの項目に当てはまる数値を求める
>> ・「目標不良率」は達成率100%の時の値なので2700ppm
>> ・達成率が100%⇒120%に向上した場合に不良率が29ppm減少しています
>>  すると、達成率1%向上は不良率が1.45ppm減少なので、100%は△145ppm
>> ・この2つのことから
>>   ⇒「目標不良率-当初の不良率」は△145ppm
>>   ⇒「当初の不良率」は145ppm+2700ppm=2845ppm
△145ppmが導かれるまでの過程は理解されているとして、2845ppmが導かれるのは単純な算数です。
 目標不良率2700PPM-当初の不良率=△145ppm
  ↓ 「当初の不良率」を右辺へ移項。
  ↓  移項すると符号は逆になる
 目標不良率2700PPM=△145ppm+当初の不良率 
  ↓  式を見やすくするために順番を変更
 目標不良率2700PPM=当初の不良率-145ppm
  ↓ 「145PPM」を左辺へ移項。
  ↓  移項すると符号は逆になる
 目標不良率2700PPM+145ppm=当初の不良率


※この問題は、こんな例えをすればよいのかもしれません。
彼方は品質管理の責任者レベルに要求される「QC検定1級」に合格(合格基準は概ね70%の正解)しないと、今の仕事が出来なくなる。
そこで勉強を始めたが、過去問集に載っている全420問に対して231問の誤答[誤答率55%]
合格ラインから考えて、誤答率は30%以下に抑えたい。安全をみて誤答率25%を目標値に定めた。
努力の結果、誤答した問題の数は63問なので、誤答率は63/420=15%
この時の目標に対する達成率は
『達成率133%=(達成時点での誤答率15%-当初の誤答率55%)÷(目標誤答率25%-当初の誤答率55%)』
若しくは
『達成率133%=(達成時点での誤答した問題数63問-当初の誤答していた問題数231問)÷(目標誤答問題数105問-当初の誤答していた問題数231問)』

> 度々申し訳ないのですが、どうして達成率100%の2700に145を足して
> 当初の加工不良率がでるのでしょうか?
> お手数おかけします教えていただけると助かります。
では、最初の回答に至った思考経緯から書いていきます。
1 与えられた条件である『加工不良率2700ppmに対して、達成率100%= 2 700ppですが、達成率120%だと2671ppmとでています。』から、「達成後の加工不良率」を固定値で割っているわけではないということが判る。
2 そこで達成率と加工不良率の増減関係を見ると、『達成率20%の向上に対して...続きを読む

Qppmの算出方法

化学関連にド素人の私にご教授下さい。
ある物質(例として物質量800gとします)に鉛が40%含有していたとしますとその鉛の含有量(mg)と含有率(ppm)の計算式を教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

800gの40%なら800 x 0.4 = 320g
ということで、鉛320gです。mgはgの1/1000の単位なので、
1g = 1000mgだから、無理にあらわせば320g = 320000mg
です。
ppmは「百万分の1」で、%(百分の1)の1万分の1ということ
ですから、同様に無理に表せば、40%=400000ppmとなります。
というように、鉛が多すぎて例としては分かりにくいですね。

分かり易い例で行きましょう。
ある物質800g中に鉛が3.2mg含有していました。3.2÷1000÷800
=4/1000000ですから、4ppmとなります。

以上


人気Q&Aランキング

おすすめ情報