危険物甲種 計算問題について教えてください

非常に困っています。途中計算式がまったくわからず、どうすればよいのか。
例題集から勉強してるのですが、解答が一言なので、途中計算式がわかりません。

以下に問題を写すので、途中式も入れて教えていただけたらうれしいです。

「比熱が2.5J/(g・K)である液体100gの温度を10℃から30℃まで上昇させるのに要する
熱量はどれか。」という問題です。

(1)2.5KJ (2)5KJ (3)7.5KJ (4)8.4KJ (5)10.1KJ  


お願いします教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

比熱が2.5J/(g・K)の液体。


これは、子の液体が1gを、1K(ケルビン:すなわち温度を1度)上昇させるために必要なエネルギーが2.5J必要ということですから、
液体の量:100g
温度上昇量:30-10=20K
したがって、100g×20K=2000g・K
これを、2.5J/(g・K)に代入すると、2.5J/(g・K)×2000g・K=5000J=5kJ
単位(次元)計算では、J/(g・K)×g・K=J とJだけが残るので問いに合致します。
    • good
    • 0

すでに回答が出ていますが、このような質問をする時は、どこまでわかっているのか、どこからわからないのか、を明示して質問すべきです。

そうでないと、何でも答えを得るためのサイトになってしまいます。
これはマナー違反です。回答者も、いきなり答えを書くのではなく、軽いヒントを出す程度にし、質問者が考えて答えを出せるようにしていくべきと考えます。
    • good
    • 0

公式はこれ


熱量(J)=比熱×質量(g)×温度変化(℃)

ですが、
こういった物理定量を計算する場合、
実は単位に計算式が隠れています。

今回の場合、比熱の[J/(g・K)]この部分です
要するに、1gの物体を1K(1℃)上げるのに○J必要ですって書いてあるわけ


これ、速度[m/s]や加速度[m/s2]とかも同じように考えることが出来るので
知っておくと便利だよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になります。今後こういうことに気をつけて試験を受けていきます。

お礼日時:2011/04/09 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q危険物甲種の難易度は?

中堅4年生大学の4年です。今度危険物甲種を取ろうと思っているのですが、甲種とはどのくらいの難易度なのでしょうか?化学を専攻しているので単位15以上に該当します。一番早い試験試験まで1ヶ月で今日が締め切りとなっています。なんとかなりますか?

Aベストアンサー

私は昨年、化学系修士課程を修了して化学系企業に入社し、入社半年目くらいに危険物甲種を受験し、合格しました。

化学を専攻していたら、物理・化学の科目はほとんど問題ないと思いますが、危険物の性質と法令については、ほぼゼロからの勉強になると思います。
2か月あれば余裕を持って準備できると思います。
1か月だと、個人的にはちょっと不安です。

「実況ゼミナール!甲種危険物取扱者試験(弘文社)」
を教科書として使い、
「絶対決める!甲種危険物取扱者完全攻略問題集(新星出版社 )」
を問題集に使いました。
けっこうおすすめできる組み合わせです!

Q「危険物に関する法令」問題で「危険物は、類の数が増すに従って、危険度が大きくなる。」

「危険物に関する法令」の問題で
 「危険物は、類の数が増すに従って、危険度が大きくなる。」
 間違いだそうです。
 私的には正解のような気がしたのですが!
  1類~6類分けた根拠的な事柄がございましたら教えていただけないでしょうか!?
 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

分類の基準は消防法の規定によりますが
消防法の別表第一で性質によって分けられています。

第一類 酸化性固体
第二類 可燃性固体
第三類 自然発火性物質及び禁水物質
第四類 引火性液体
第五類 自己反応性物質
第六類 酸化性液体

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO186.html#1000000000003000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

Q2級ボイラー技士の難易度はどの程度ですか?危険物乙種4類より難しいですか?

タイトルの通りなんですが、
2級ボイラー技士の難易度ってどのくらいのものなのでしょうか?
内容が違うので比較は難しいと思いますが、
危険物乙種4類と比べてどちらが難しいですか?
毎日何時間何日勉強すれば合格できそうでしょうか?
ちなみにボイラーや機械の知識は全くありません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は、お薦め出来ると思います。

受験のアドバイスとしては、書き込み等は鉛筆を用い、消しゴムで消せないような物は使わない事です。
覚えてから消そうとしても消せません。

参考書をざっと流して一度読み、問題集を解きます。
分からないところを徹底的に調べます。
これの繰り返しです。
何度も解いていると出る箇所がわかってきます。
とにかく、問題集がボロボロになるまで解く事です。
毎日2時間の勉強で、1~2ヶ月もあれば合格できるレベルになるでしょう。
2級ボイラーは実務経験が無ければ、講習を受けなければなりませんが、分かってますよね_?

そうですね~。
レベルは大差ないと思います。
私は両方持ってますが、機械の構造的なものがあったためか幾分、ボイラーの方が取り易かったです。
勉強していて面白く、飽きないのはボイラーの方だと思いますよ。
危険物の方は、似た様な内容が多く、変化に乏しく勉強し難い感じを憶えました。

試験勉強は問題集中心で効率よく覚える事が重要ですが、教本の良し悪しで合格を左右される場合もありますので、しっかり選んだほうがいいですよ。
私は弘文社の本で数種類の資格を合格しています。
ここの本は...続きを読む

Q危険物甲種の問題が解けません

危険物甲種を勉強中なのですが、私の問題集には解説がついていないため、別にテキストを買って調べながら勉強しているのですが、2問どうしてもわからない問題があります。
どなたか解説付きで教えてくれると助かります。
よろしくお願いします。

問1
0.5mol/lの硫酸水溶液200mlを、濃度98wt%の濃硫酸から作ろうとする場合、必要な濃硫酸の量として次のうち正しいものはどれか。ただし、H2SO4の分子量は98、濃硫酸の密度は2.0g/cm3とする。
(1)1.0ml
(2)2.0ml
(3)3.0ml
(4)4.0ml
(5)5.0ml

問2
次の熱化学方程式の反応熱Aを下表の結合エネルギー値から求めると、何kJになるか。
C2H4+H2=C2H6+A

結合の種類:結合エネルギー(kJ/mol)
C-C    :347.8
C=C    :607.6
C-H    :414.8
H-H    :435.8

(1) 402kJ
(2) 268kJ
(3) 134kJ
(4)-134kJ
(5)-268kJ

危険物甲種を勉強中なのですが、私の問題集には解説がついていないため、別にテキストを買って調べながら勉強しているのですが、2問どうしてもわからない問題があります。
どなたか解説付きで教えてくれると助かります。
よろしくお願いします。

問1
0.5mol/lの硫酸水溶液200mlを、濃度98wt%の濃硫酸から作ろうとする場合、必要な濃硫酸の量として次のうち正しいものはどれか。ただし、H2SO4の分子量は98、濃硫酸の密度は2.0g/cm3とする。
(1)1.0ml
(2)2.0ml
(3)3.0ml
(4)4.0ml
(5)5.0ml

...続きを読む

Aベストアンサー

Ano.1です。
どなたも回答をつけないので、問1も考えてみました。
物理・化学なんて高校生の時に勉強したのが最後ですし、モル質量や重量パーセントは不得意でしたから、合っていないかもしれませんが・・

分子量が98⇒モル質量と同語(??)⇒98g/モル
 濃度98wet%と言う事は、100gの濃硫酸=1モル

0.5mol/Lを200ml⇒0.5mol/L×0.2L=0.1モル必要

100g中に1モルだから、0.1モルを得るには10gの濃硫酸
⇒2.0g/cm3から5.0cm3

1cm3は1mlのことだから、5.0ml

Q危険物の燃焼の難易度について

 乙4の受験対策テキストに密度が小さいものほど燃えやすいとありますが、どういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

おそらく密度が小さいものほど揮発性が高い傾向があるということだと思います。

Q危険物甲種の受験資格について教えて下さい。

【受験資格】-(消防試験センターから引用)

◆乙種危険物取扱者免状の交付を受けた後、危険物製造所等における危険物取扱いの実務経験が2年以上の者
◆(乙種の免状交付を受けた後、2年以上の危険物取扱いの実務経験を有する方は甲種危険物取扱者の受験資格があります。)
◆なお、実務経験とは、消防法令で定められた製造所等での危険物取扱いに係る経験を言います。


私は4年ぐらい前に乙4の資格を取り、
それから、ある工場でアセトンや油などを扱う仕事をしていました。
この事は、消防法令で定められた製造所等での危険物取扱いに係る経験に入るのでしょうか?

危険物製造所、消防法令で定められた製造所が
いまいちどのような会社、職種のことを言っているのかが分かりません。

分かる方いたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

答えが三者三様になってしまいますが、私の理解の範囲でお答えします。

製造所等は例として
製造所:危険物を製造し出荷するところ:石油精製所、化学工場など
屋内危険物貯蔵所:いわゆる危険物倉庫
移動タンク貯蔵所:いわゆるタンクローリー
給油取扱所:ガソリンスタンド、バスの車庫、空港、漁港などにもある。
販売取扱所:小分けされている危険物を販売する所、灯油を扱うお米屋さん、塗料店など
一般取扱所:危険物をつり扱う工場など、塗装や印刷、油だきボイラー室など

質問者様の工場が、一般取扱所に合致するか、それとも工場施設内に、貯蔵所があるか、だと思います。

取り扱い経験は、指定数量と関係りません。その名のとおり、4類の危険物を取り扱った経験があればいいです。

受験申請の際、危険物取扱等実務経験証明書に、その工場の社印と工場長印等を押してもらってください。
http://www.shoubo-shiken.or.jp/denshi/pdf/template_kikenbutsu.pdf

Q危険物は、それぞれ類ごとに、甲種、乙種、及び丙種の3つに分類されている。

危険物の講習会場で「危険物の資格の模擬試験を受けました。」
 「危険物に関する法令」の出題で
 「危険物は、それぞれ類ごとに、甲種、乙種、及び丙種の3つに分類されている。」
 甲種、乙種、丙種の3つあるとはわかるのですが!他に何かあるのでしょうか!?
  「危険物は、それぞれ”種”ごとに、甲種、乙種、及び丙種の3つに分類されている。」
  だと正解なのでしょうか!?
 まーそんな問題が本番に出たら”誤り”とのバカ覚えでもいいのですが!
  少し気になるところです。
  宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

種・類ごとに甲乙丙には区分されてません。その区分は取扱者の免状の種類です。なので答えは誤り。

これから試験受ける人なら、危険物は1〜6類の区分があることは知っているでしょうが、類の中では4類だと第一石油類みたいな細目はあっても、甲乙丙と言う区分はないです。4類はすごくいろいろ細目があるけど、他の類ではありません。

やや余談ですけど、都市ガスやプロパンガスは危険物ではありません。燃えるし漏れたら爆発するから危険じゃないか!と思うでしょうけど、ここで言う危険物とは「消防法で定義され分類された物質」のことであって、世間一般に危ないとか危なくないとかは関係ありません。ガスなどは消防法とは別の法律で規制されます。これも、ガスは危険物である、みたいな引っ掛け問題で出てくる可能性があるかも?

Q甲種危険物取扱者と消防設備士甲種4類が使える仕事

はじめまして、fightermitsuと申します。質問タイトルにあるように、
甲種危険物取扱者と消防設備士甲種4類を取得した場合、どのような職種で生かせますか。また、所得することでどのようなメリットがありますか。

Aベストアンサー

すでに回答が出ていますが、危険物取扱者と消防設備士はお互い方向性の違う資格です。

危険物取扱者の活躍の場は非常に多いです。甲種なら危険物を使うところならどこでも使えるので、化学工場やガソリンスタンド、燃料の貯蔵タンクのあるところや、危険物の取扱倉庫など、とにかく多いです。ただ、現場作業の仕事が中心になるというところでしょうか。
甲種であれば、資格として使う以外に、理系の他の資格の科目免除の道具に使用されることもしばしばあります。

一方で、消防設備士は基本的に活躍の場は消防設備会社です。一部は点検を扱う設備業者なども視野に入ってきますが、たいてい専門会社に再委託していることが多いので、活動は少ないと思います。消防設備士は1つの資格につき扱える範囲が狭いので、本当に仕事に活かそうと思えば、ある程度いくつかの類を固めて取らないと活動しにくいと思います。
また4類は火災報知器ですから、実地で作業をしようと思えば電気工事士の免許が必要になってきます。

Q危険物の甲種試験レベルについて

危険物の甲種の試験レベルについて、教えてください。

危険物の試験科目としては、3科目あります。
<危険物の試験科目>
(1)危険物に関する法令
(2)物理学及び化学
(3)危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法

この内、法令と物理、化学は甲種でも、乙類でも試験問題数が同じです。
ということは、問題のレベルも同じなのでしょうか?

最初、乙4を受験するつもりで参考書を買ったのですが、
どうせなら甲種を受けようかと考えはじめています。
消火方法があるため、甲種の参考書は購入する必要があると思いますが、
問題レベルが変わらないのであれば、先に乙4の参考書を十分に勉強してから
甲種の参考書を購入しようかと考えています。
甲種受験に、乙4の参考書は、役に立つものでしょうか?


以上、お手数をお掛けしますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

よく受験要綱をご覧ください。物理化学は乙種は「基礎的な物理学・化学」となっていますが、
甲種は「物理・化学」となっています。つまり、甲種は「基礎的な問題」に限られない、とい
うことです。実際、応用的・横断的(複合的な知識を回答に要するもの)が多く出ますので、
それなりの対策が必要です。他の法令、性消も、より深い部分や、乙種でいう全類を絡ませた
複合問題を尋ねてきますので、乙種と同じやり方では合格は厳しいです。参考書も、そういう
面があるため(乙4は甲種の出題範囲の一部にすぎません)甲種と乙種とは別になっています。

Q危険物甲種 1級ボイラー技士

50台の男性です。2年後に定年を迎えるにあたり再就職の準備で役立ちそうな資格を取得しようと勉強中です。
1 危険物乙種四類を持ち十数年前に保安監督者の実務経験があります。
2 2級ボイラー技士試験に最近合格しましたが、実務経験はありません。
3 第2種電気工事士持っています。

今後の再就職準備で現在ある資格のレベルアップを考えています。
まずは危険物甲種、1級ボイラーへのどちらかを受験しようと考えていますが、どちらが役立つかご教授願います。
現在最就職の職種は限定した話ではなく一般的なことです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現実的に行けばおそらく1級ボイラーでしょう。主任者格の資格になってきますので。ただ、試験もそれなりに難しいでしょうし、この資格を活かすならやはり実務経験が必要です。

甲種危険物は、今の免許が乙4だけなら、職場の実務経験証明がないと受験出来ません。もし、実務経験の証明を会社がしてもらえないなら、学歴(化学系科目の単位取得)か、乙の4種類取得しか方法がありません。そうなると別の乙類の勉強も必要になってきます。(但し科目免除が使えます。)

あるいは、この辺りの資格を持っているなら、取得資格の範囲を広げたら、幅が広がるでしょう。手っ取り早いのは第3種(あるいは第2種)冷凍製造責任者。冷蔵冷凍施設や大型クーラーの操作には欠かせません。
既存の資格と組み合わせたら、それでビル管理の仕事への幅が広がります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報