ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

SEとして働く30代前半の会社員です。
ここ数年間、客先常駐で、主にシステムインフラの構築や運用をして来ました。
大抵は、自分が勤める会社から、一人で現場に出向し、他の会社の方々と一緒に作業をこなしてきました。

この仕事の将来に不安を感じております。
客先常駐の場合、40代、50代になった時に、仕事は減少していくのでしょうか?
もしも、40代、50代になっても、この仕事を続ける場合は、非常に高いスキルが必要になるのでしょうか?

できれば、IT業界の営業の方や、ベテランエンジニアの方にお答えいただきたいです。
もちろん、それ以外の方でも、ぜひご回答を頂きたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.2のかたの回答は見当違いですね。


実際50代でも客先常駐されている方はいますよ。
当然それなりの業務知識を持っている方でしたが、煙たがられるなんてことありませんでした。
No.1さんが書かれているように質問者さんが在籍している会社の形態がどうなっているかによります。
社員数が100名以上でも社内で働いている人が数人で人事や経理をまかなっている会社は実在しますから。

自発的にコツコツと勉強すれば良いんじゃないですかね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。
自分が在籍している会社に関しては、50代の方を見たことがありません。
かつて40代後半の方がいましたが、現在は居なくなっていましたので、こんな質問をさせていただいました。
会社の形態による様ですね、転職を考えてみたいと思います。

お礼日時:2011/04/09 13:08

40才も超えれば現場に常駐と言うのは少なくなると思いますが・・・。


(社内でもそれなりのポジションに就くため、現場は若手に引き継ぐことが多いと思います)
50才になっても現場に常駐している人は煙たがられます。
(常駐先でも社内でも戦力にならず、何となくいる人みたいな感じがします)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、こういった現実もあるという事ですね。
ご回答ありがとう御座います。

お礼日時:2011/04/09 12:51

会社や業務内容で一概には言えないけど、自分の会社に、その年代の人はいないの?


それ見りゃ、想像できんじゃ無い?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。
基本的に一人で客先に出されているので、自社の他の人に関しては、詳しくはわからないのですが、
高齢になるにしたがって、会社から消えてゆく人が多い様です。

お礼日時:2011/04/09 12:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q客先常駐という勤務形態で悩んでいます。

 客先常駐という勤務形態で悩んでいます。
 私は、新卒・未経験でプログラマーとしてソフトウェア開発会社に入社して1年目の者です。
ソフトウェア開発会社といっても、ほとんどの社員が技術者派遣で客先に常駐しているというのが実態です。
なので、私も入社してすぐ客先に派遣され、今に至っています。
 悩みというのは、私の考え過ぎかもしれませんが、どうも客先で肩身が狭い気がして、毎日苦痛でたまりません。
全くのプログラム未経験でいきなり派遣されたので、自分がお荷物のような感じがしてとてもつらいです。
客先では、自社から派遣されている先輩に面倒を見てもらっていますが、もし、その先輩が他のプロジェクトや現場に
移ったらと思うと、とても不安です。また、普通の派遣会社から派遣されるのと違って、自社の面子などを考えなければ
いけないので、気を遣うことが多く疲れてしまいました。
せっかく正社員として働くのであれば、他人の会社ではなく自分の会社で働きたい思い、転職しようか
どうか悩んでいます。

こんな理由で、転職を希望するのっておかしいことでしょうか?
自社より客先で働くほうが気楽でいいという話を聞きますが、どうしてそう思われるのでしょうか?

なお、転職は他の業種も考えております。
まだこの業界1年目の私にアドバイス、意見を頂けたらと思います。よろしくお願いします。

 客先常駐という勤務形態で悩んでいます。
 私は、新卒・未経験でプログラマーとしてソフトウェア開発会社に入社して1年目の者です。
ソフトウェア開発会社といっても、ほとんどの社員が技術者派遣で客先に常駐しているというのが実態です。
なので、私も入社してすぐ客先に派遣され、今に至っています。
 悩みというのは、私の考え過ぎかもしれませんが、どうも客先で肩身が狭い気がして、毎日苦痛でたまりません。
全くのプログラム未経験でいきなり派遣されたので、自分がお荷物のような感じがしてとて...続きを読む

Aベストアンサー

40代男です。
自社業務と客先常駐の両方を経験しました。
私個人はやはり客先常駐は合わず、自社の業務の方が合っています。
(ただし、たまには出張とかで外に出たいとは思いますが。)

あなたの場合、悩みが2つあるような気がします。
すなわち、自社か常駐か、
プログラマとして生きるか、否か。
ただし、あなたの仕事ぶりが文面からはわかりません。
「客先で肩身が狭い気がして」
「自分がお荷物のような感じがして」
つまりあなたがそう思っているだけかもしれません。
顧客も先輩も何とも思っていないかもしれません。
まずは先輩にその辺のことは確認してみてください。
何も問題がなければ、そのまま続けたらいいでしょう。

次にプログラマとしてのスキルですが、先輩には何て言われていますか?
お前の作ったプログラムはミスが多い、とか指摘されていますか?
自分の作ったプログラムで顧客の業務に支障が出ていますか?

私なんて就職して最初の2,3年はわけもわからずに言われたことだけをやっていました。
別に入社1年めで結論を出す必要もないと思いますが。
もう少し、おおらかな気持ちで行ってはどうでしょうか?

もう1回言いますが、自分だけで思い込むのではなく、必ず周りの人に相談してみてください。

40代男です。
自社業務と客先常駐の両方を経験しました。
私個人はやはり客先常駐は合わず、自社の業務の方が合っています。
(ただし、たまには出張とかで外に出たいとは思いますが。)

あなたの場合、悩みが2つあるような気がします。
すなわち、自社か常駐か、
プログラマとして生きるか、否か。
ただし、あなたの仕事ぶりが文面からはわかりません。
「客先で肩身が狭い気がして」
「自分がお荷物のような感じがして」
つまりあなたがそう思っているだけかもしれません。
顧客も先輩も何とも思...続きを読む

Q客先常駐のIT系会社に就職しようか悩んでいます。

私は大学四年です。
今年内定を頂き、来年の4月より、とあるIT系会社に就職することになりました。

IT系とはいえ、自社で開発はせず、客先常駐がメインなため、開発案件ごとに勤務先が変わったり、仕事内容が変わったりします。

仕事内容としましては制御系、組み込み系システム、通信系、業務系アプリケーション、スマートフォンアプリ、など様々です。

私自身、制御系、組み込み系システムに興味があり、就職活動をしていた結果この会社になりました。人事の方曰く、君のやりたい領域になるべくそった案件を選ぶが、必ず保証はできないとのことでした。

通信系、業務系アプリケーション、スマートフォンアプリなどが興味ないわけではありませんが、もし仮に案件ごとにいろんな仕事を任されると、私自身のキャリアを振り返った際、何がしたいのかよくわからないようになりそうで怖いです。『制御系、組み込み系システムに通じたエンジニアになる』というのが私自身の目標であるため、その点が心配です。

人事の方はそのような要望に答えるとおっしゃってますが、実際問題、この発言を信用していいのでしょうか?

内定先の会社は100名程度の会社です。あくまで受注先の要望あっての案件なので、近年だとスマホアプリの制作とかに派遣されそうで怖いです。


実際にこのような会社で働いたことがある方がおられましたらぜひ経験談を教えて頂きたいです。

もう一度就職活動をすべきという考え方もあるとは思いますが、まず、この会社でも自分のしたいこと(制御系、組み込み系システムに通じたエンジニアになる)が実現できるようであればこの会社に就職したいと考えております。


なお、私の周りで「プログラマー、客先常駐」という話だけでブラック企業やからやめたほうがいい、体を壊すというアドバイスをうけます。確かに私自身もその点は自覚しておりますが、それ以上に制御系、組み込み系システムに通じたエンジニアになりたいという思いがあるため、その点は何とかしようと思っております。無茶かもしれませんが、そのような回答(ブラック企業だからやめたほうがいい、体を壊す)は抜きでお願いします。



それではご回答よろしくお願いします。

私は大学四年です。
今年内定を頂き、来年の4月より、とあるIT系会社に就職することになりました。

IT系とはいえ、自社で開発はせず、客先常駐がメインなため、開発案件ごとに勤務先が変わったり、仕事内容が変わったりします。

仕事内容としましては制御系、組み込み系システム、通信系、業務系アプリケーション、スマートフォンアプリ、など様々です。

私自身、制御系、組み込み系システムに興味があり、就職活動をしていた結果この会社になりました。人事の方曰く、君のやりたい領域になるべくそった案件を...続きを読む

Aベストアンサー

 私個人としては、IT系と言う言葉は曖昧すぎて嫌いです。
 私の中では、IT系はネットを利用した自社サービスを展開している企業であり、あなたが記載されているのはソフト企業と分けてみております。
 業界10数年で、派遣型企業にも在籍していた事があります。
 この業界の構造はわかってますよね?。
 ソフト業界の多くは、下請であり、客先常駐型の企業が大半と言っても過言ではありません。自社に持ち帰って開発をしている企業でも客先常駐をしている部隊を持っている企業も普通にありますし、社員全員が客先常駐の企業もあります。
 
 あなたの場合は、後者の企業と存じます。所謂、請負とは名ばかりの協力会社という位置づけであり、実質派遣会社からの派遣さんと同じ就労環境です。
 会社にはまともな開発環境が無い企業がほとんどですし、誰が社員としているのかもわからないです。
 営業は、人売りです。受注先が決まらなければ、待機という事もあります。その間は自習と称するものであり、当然にプロジェクト経験がカウントされません。
 まして、企業がそういう経営姿勢ですので、SEにすらなれない人も多く、PGとしての作業も出来ない人も中にはいます。PMにはまずなれないと思ってください。
 
 今は、IT系企業が多く存在するようにもなり、元請けのメーカでは、エンジニアの囲い込みを図る為に、発注下請企業の選別も10年位前から始まっており、この手の常駐派遣型企業は衰退もしてきてます。
 就労先も業界としては、ホテル暮らしやウイークリー暮らしをさせられる事がありますが、派遣型の最たる事は、通勤距離が遠方の場合もあるという事です。また、途中で参加終了ということもありますので、ころころ場所が変わることがあります。
 営業が、送り込むエンジニアの経歴を嘘をついて客先に売り込む会社もあります。

 自分がやりたい分野に100%入れる確証は無いと思ってください。
 制御をやりたいなら、最初から制御を扱っている企業にはいれば済む事です。確かに、10数年前の一時期、制御系の経験者募集が非常に多かったです。その時は携帯電話ですね。でも、一段落した今、募集ないですよね?。確かに色々経験はできるでしょうが、扱われるだけの商売ですよ、客先派遣型は。しかも若いうちだけです、年取ったら単価の件で売り込みできません。
 
 業界自体がブラック扱いなので、客先派遣型だけがブラックとは言い切れませんし、残業もさほどなく、家からたまたま近い場所に何年もと言う人もおります。要は、どのようなプロジェクトに参加できるか?になり、受け取り方は人それぞれです。客先常駐でもメーカ直ならば、ありでしょうが、間に別会社が入るとなると、そのうち不満は出てくるかもしれません。

 確認しますが、制御系、組み込み系をしたいとの事ですが、詳細な分野は何ですか?。理系卒でないと採用してくれない企業も存在する分野です。ちなみに私は文系卒ですが、元々インフラ制御のエンジニアです。通信系もやりました。文系の場合、結構勉強量多くなります。

 私個人としては、IT系と言う言葉は曖昧すぎて嫌いです。
 私の中では、IT系はネットを利用した自社サービスを展開している企業であり、あなたが記載されているのはソフト企業と分けてみております。
 業界10数年で、派遣型企業にも在籍していた事があります。
 この業界の構造はわかってますよね?。
 ソフト業界の多くは、下請であり、客先常駐型の企業が大半と言っても過言ではありません。自社に持ち帰って開発をしている企業でも客先常駐をしている部隊を持っている企業も普通にありますし、社員...続きを読む

QSEの方は将来どのような人生設計をお考えですか?

SEの方は将来どのような人生設計をお考えですか?

私は33歳で、客先に出向いて開発等行う派遣型SEです。
それなりにスキルもあるので派遣先では重宝されるのですが、
やはり歳をとるごとに雇われにくくなるのではと不安になります。
50代でもSEをされている方もいますが、絶対数は
少ないと思います。
これからはマネージャクラスか営業に転身していかなければ
厳しいと思いますが、やはり絶対数は少ないと思います。

自社開発のSEなら派遣ほど不安は無いと思いますが、
派遣型のSEの方は40、50になるにつれて、どのような
人生設計(仕事について)お考えでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ
私もその不安はわかります。お望みの40代や50代では在りませんが、同年代なので、以前はその手の
不安もありました。(今は独立してますので・・・)
一応、6・2のCNETにIT白書の考察があるのでそちらの一読をお勧めしますが、
個人の見解で恐縮ですが、正直な話、SE一本は厳しいかと。
私の場合、色々やって来たので、SE以外も一応やれますし、それらも出来る様に勉強は現在もしてますが、SEの定義も正直曖昧のですから、逆にその年だと少なくとも人は使えないと・・・となると思います。無論、我々より上の世代でもSEとしてやられている方はいますし、技術力はすごいと思う方もいらっしゃいますが、我々や下の世代は厳しいと思います。
というのも、会社の上の方は、SEで送るよりもマネージャーの方が金を取れますし、
この不況で、後輩にもSEでやりたいんだけど、会社がマネージャーややったことの無い事象を要求する
んですが、という相談も良く受けるので、油断していると思わぬ所で足を掬われかねません。
ですので、改めて、自分のキャリアに関しては考えるべきかと思います。
個人意見ですが、SEにこだわるなら、国内ではなく、海外が外資に移られる方が良いかも知れません。
独立したので余計にかも知れませんが、来る案件も先を感じさせない物が多いです。
なので、よほど気を付けないと使い捨てにされる可能性は高いかと。
長文失礼いたしました。 お気を悪くされたら申し訳ありません。
が、IT白書の考察をキチンと読まれると言いたい事がご理解頂けるかも知れません。
ともあれ、お互い頑張りましょう。うまい道が見つかると良いですね。応援してます。

こんばんわ
私もその不安はわかります。お望みの40代や50代では在りませんが、同年代なので、以前はその手の
不安もありました。(今は独立してますので・・・)
一応、6・2のCNETにIT白書の考察があるのでそちらの一読をお勧めしますが、
個人の見解で恐縮ですが、正直な話、SE一本は厳しいかと。
私の場合、色々やって来たので、SE以外も一応やれますし、それらも出来る様に勉強は現在もしてますが、SEの定義も正直曖昧のですから、逆にその年だと少なくとも人は使えないと・・・となると思います。無論、...続きを読む

Q今の会社で客先常駐SEを続けるべきか

社会人3年目、新卒入社した会社でSEとして働いています。
客先常駐がメインの会社で、私もほぼ客先にいます。

最近、客先常駐SEとして働くことが苦痛になってきました。
入社直後は自社の先輩社員と客先常駐していたため、相談もしやすく、それほど苦痛には思っていませんでした。
しかし最近は1人での客先常駐が増え、つらいと感じるようになりました。
特に今参画しているプロジェクトは私1人で運用(設計・コーディングを含む)を行わなければならず、レビューもしてもらえません。
(担当者にレビューのお願いはしましたが、断られました。)
品質の担保に困っていることを上司にも相談しましたが「もうちょっと我慢して」で終わりです。
責任が重いわりにプロジェクトを良くするための提案も通らず、客先常駐という働き方が嫌になってきました。

客先常駐をする以上、どこの会社も同じようなものなのでしょうか。
自社で開発を行っている会社に転職すべきでしょうか。
是非アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

お気持ち、お察しします。

お話伺うに、常駐先もあなたの会社も、今まで製品の「品質」について深く考えた機会がないのでは?と。
例えば、ベテランさんが安定した仕事してた分、「品質」など考える余地もなかったのでは?と。

あなたの会社の上司はさておき、少なくともエンドユーザーの担当者にはレビューしてもらうべきです。
どういった理由で断られたかは不明ですが、
「製品の品質が担保できない⇒システム全体の品質が保証できない⇒結果、あなた(エンドユーザー担当者)の責任になる⇒場合によっては・・・」
という、当事者では気づいてて当然の事柄を、改めて明確に相手に伝えるべきです。

一人でエンドユーザーさんと対してると、プレッシャーetc.ですごく大変なのは存じ上げてます。
ただ、その分自分のがんばりやアイデアをダイレクトに受け入れてもらえるんで、工夫次第ではめっちゃ「やりがいのある職場」に大化けすることだってあります。

どうぞ悲観的にならず、周りの人も巻き込みながら、プロジェクト全体で「ええ物作ろう!」という雰囲気に持って行ってください。

Q常駐先にスカウトされましたが・・・・

はじめまして。
私は現在ある会社へ業務委託として常駐勤務しております。
先日そこの常駐先のお客様から、うちの会社で働く気があれば是非直接うちの社員として働いてほしいといわれました。
そこまで思ってお話を頂けたことは大変うれしいことなのですが、その会社は当然引き抜きをするので、いま私が働いている会社からそこへの転職がわかれば当然気まずい思いをするのだろうとおもいます。
こういったことはよくある話なのでしょうか?

またこういった話を受ける場合、元の会社となにか法律的なトラブルに巻き込まれたり可能性はあるのでしょうか?
転職後も今の会社とはビジネス上の付き合いは続くと思います。
(もちろん今度は使う側として元の会社と付き合うことになります。)

そういったこともあり今は円滑に転職できるかどうかの不安でいっぱいです。

転職にお詳しい方、是非ご教授ください。
よろしくお願いいたします。


ちなみに今いる会社は派遣ではありません。
また入社時になにかそういった特別な契約書にサインした等のことはありません。

Aベストアンサー

この質問を投げられてから結構時間が経っているので、既に解決済みかもしれませんが・・・。

>常駐先がフォロー

場合によっては常駐先から自社に対して移籍金を払ってくれたり、常駐先から自社の上司に対して調整してくれたり、といったフォローが考えられると思います。
常駐先と自社の力関係によって、常駐先がどの程度のフォローをしてくれるか変わってくるでしょうが・・・。
#常駐先が大手またはバックが大きい会社⇔自社が中小で独立系(またはバックが小さい)会社であれば、自社は常駐先に頭が上がらずにすんなり移行の話をのんでくれるかも・・。

>こういったことはよくある話なのでしょうか?

派遣でも業務委託でも、常駐先へのシフトの話というのはよくあるみたいです。知人でも何人もいますし、自分も過去に常駐先から話をされたことはありました。
(が、今より安くいいようにこき使おうという常駐先の意図がみえみえだったので丁重にお断りしました)

>またこういった話を受ける場合、元の会社となにか法律的なトラブルに巻き込まれたり可能性はあるのでしょうか?

あります。過去にいた会社で常駐先に移籍した同僚の話ですが、元の会社が(その同僚が常駐先にシフト後)、常駐先の会社にその同僚についての根も葉もない悪い噂を吹き込んだり、「(その人間を)うちの会社は今でも訴えることも可能で、もし訴えたらその人間は裁判で負ける。そんな人間を今後も使い続けるのか?」と騒いだり・・。
結局、その同僚は移籍数ヶ月で「前の会社から裁判を起こされる可能性のあるような人間を使い続けるのは難しい」と常駐先からいわれ、せっかくシフトできた常駐先で自己都合退職に追い込まれてしまいました。

元の会社が移籍金とか面子とかに拘る会社だと、厄介なことになるケースが高そうですね。

>そういったこともあり今は円滑に転職できるかどうかの不安でいっぱいです。

常駐先がどこまであなたをシフトさせたいかの本気度によるのではないでしょうか。
色々面倒なことをしてまで移籍させたいとは思っていなければ、移籍は難しいでしょうしね。
一度常駐先で信頼できる上司に祖談してみては?

上記と話は異なりますが、常駐先に移籍してうまくいくケースもあるとは思いますが、移籍後、常駐先のプロパーとの待遇が著しく異なっていたり、移籍のことを常駐先から恩に着せられるようなこともあるかもしれません。
移籍については慎重に考えられた方がよいですよ!

この質問を投げられてから結構時間が経っているので、既に解決済みかもしれませんが・・・。

>常駐先がフォロー

場合によっては常駐先から自社に対して移籍金を払ってくれたり、常駐先から自社の上司に対して調整してくれたり、といったフォローが考えられると思います。
常駐先と自社の力関係によって、常駐先がどの程度のフォローをしてくれるか変わってくるでしょうが・・・。
#常駐先が大手またはバックが大きい会社⇔自社が中小で独立系(またはバックが小さい)会社であれば、自社は常駐先に頭が上...続きを読む

Q「特定派遣」をしているかの見分け方

昨日、「内定返事を引き延したい 正社員なのに勤務地が客先は
派遣?」という質問をしたものです。
現在内定が決まった会社(IT関係)で、勤務地が都内23区客先
や本社の場合もあります。
もしかしたら「特定派遣」なのでは?と思ったのですが、
それを見分ける方法はありますか?
IT関係は客先常駐が多いとのことですが、
HPなどを見てもよくわからないのです…
参考までに特定派遣のデメリットなどもありましたら
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

内定した企業が「特定派遣」かどうかですが、以下を目安にされてはどうでしょうか?
1.人材派遣許認可番号を取得しているかどうか。
2.経済産業省のSIer(システムインテグレータ)登録をしているかどうか。
3.会社の規模や創設年数。
4.自社でパッケージ開発などしているかどうか含め、自社独自の技術を持っているかどうか。
5.プライバシーマーク(Pマーク)を取得しているかどうか。
6.帝国データバンク等の企業情報に主業務:派遣と書いてあるかどうか。
7.人の入れ替わりが激しい会社かどうか。
8.その会社の組織図
9.他社との面接の話がされなかったかどうか
10.上司にあたる人が技術部の課長や部長など、技術系の人かどうか

1.の番号を持っていれば、その企業は他社と「請負契約」ではなく「業務委託契約」や「派遣契約」を締結し、自社の人間を実質派遣状態で客先常駐させている可能性が高いです。

※ちなみに、「客先常駐」は「請負」「業務委託」「派遣」どの場合にもあてはまります。派遣はそもそも客先常駐が前提ですが、請負や業務委託は客先常駐だったり、自社だったりする場合もあります。「客先常駐」=「適正な請負」を指すというものではありません。

2.については、他社と「請負契約」を締結できないようなIT系人材派遣会社は取得していないことが多いです。

3.は、規模がそこそこ大きかったり、社歴が古ければ、適正な請負をしている会社が多いので、ある程度は参考になるのではと思います。規模が100名以下で社歴も浅いIT企業は、特定派遣(=正社員派遣)に頼らざるを得ないことが多いのが実情です。
そもそも、小さい会社で他社と請負契約できない会社は、PMやPLのようなロールをこなせる人材がいませんし、請負契約は通常はシステムを納品するまでお金が入らないため、規模の小さな会社はある程度の規模のシステム開発を請負うだけの資金面の体力を持っていません。

4.自社独自の技術やパッケージを持たない企業は派遣でやっていくより他ありません。

5.Pマーク取得には費用がかかります。昨今、Pマークを有していない企業は、その費用すらかけることができない、またはIT会社として意識が低い、ということになります。

6.1200円くらいかかりますが、帝国データバンク等の情報を検索して確認しましょう。主業務の箇所以外にも、社員数や売上げ、決算書の有無、取引先、株主などの情報もある程度確認できます。

7.特定派遣の場合、人の入れ替わりは非常に激しいです。頻繁に採用を行っている会社であれば、特定派遣の可能性は極めて高いです。(サーチエンジンで、社名と「求人」という単語でかなり検索できます)
また、求人募集の箇所に「未経験者歓迎」という単語や、「平均年齢2X 才」と若さを売りにしている場合も、要注意です。
若くて単価の安い人間を特定派遣で他社に派遣したい会社が、求人広告に良く使う言葉であることが多いためです(特定派遣メインにやっている会社は未経験者に教育してくれる余力はありません。現場に放り込んで後は自分で頑張ってね、といわれるのがオチです)。

8.その会社の組織図に、「技術部」という部はありますか?そのような部がなければ、派遣だけでやりくりしている可能性が濃厚です。

9.会社間で「請負契約」を締結している場合で「適正な請負」の場合、複数名で客先常駐することが多いため、事前面接はありません。「請負契約」の場合には、そのメンバを誰にするかは自社側で自由に決められるためです。実質派遣の場合は、客との面接が予定されます。

10.特定派遣メインでやっている会社の場合は、上司が派遣営業や派遣コーディネータであることが多いです。

また、特定派遣のデメリットですが、色々あります。
1.案件(派遣されるプロジェクト)が決まらない場合は自宅待機となることが多い:自宅待機の場合は、休業手当として給与の6割支給となります。このようなやり方は違法ではないようですが、この休業手当すら払わない会社もあるようです。
自宅待機でなくとも、自社待機という場合もあります。この場合は給料は支払われても自社社内の人間から白い目で見られます(本当は、仕事をとってこれない派遣営業が悪いのですが、自社側ではさばけない技術者を売れ残り商品のような目で見ます)。

2.偽装請負という違法なケースが多い:「特定派遣」自体は、その会社が人材派遣許認可番号を持っていれば違法ではありません。ただ、その場合は自社とクライアントの会社間の契約が派遣契約でなければならないはずですが、どちらの会社としても労働者派遣法の規制を逃れたいため、「業務委託契約」であることが多いです。
この「業務委託契約」が曲者なのですが、労働法上では「業務委託契約」の場合も指揮命令権は自社になければならないのですが、実質は派遣状態であり、派遣先の他社に指揮命令権があります。
IT系人材派遣会社は、このような違法な偽装請負や多重派遣を行っていることが殆どです。

3.はじめにいわれた勤務地と全く別の勤務地になることも多い:多重派遣の場合によくみられます。もちろん、多重派遣も違法ですので、会社間では常に業務委託契約となっているケースが殆どです。

4.指揮命令権が複数社にあるため、休暇もなかなか取れない:派遣先、自社と両方から休暇許可をもらわなければならなかったり、どちらにも報告書を書かなければならなかったり、手間が多いです。

5.普通の派遣(一般派遣)よりも時給換算で安い場合が多い:内定通知が労働条件通知も兼ねていませんか?労働条件通知に給与について記載があると思うのですが、給与が「各種手当」と「基本給」にわかれており、「各種手当」には残業代・法定休日手当含むとか記載があれば、その通知を根拠に残業代が一切支払われない可能性が高いです。
(本当は、労働基準法上、手当を省いた額面を160時間などで割って時給換算してみて、実際の残業代や法定休日出勤時間X時給の方がそれらの手当をうわまっている場合には、その分、会社は従業員に支払わなければ違法なのですが・・・)

6.一般の派遣よりも責任や業務範疇が多い:会社間の契約が「業務委託」であるためです。派遣先企業から指揮命令はされる上、業務や責任も押し付けられる羽目に至ります。

特定派遣のメリットとしては、小さな会社の社内SEよりは、大きな会社が主体のプロジェクトに派遣された方が色々勉強にはなります。また、自分の単価についてシビアに考えることができる、等のメリットがあります。
よく「特定派遣」のメリットとして、「一般派遣よりも給料が毎月入るので安定性がある」といわれますが、個人的にはそれはどうかと思っています。一般派遣よりも業務範疇も広く責任も重いため会社間で支払われている金額は高いはずなので、毎月の安月給もらって安定性とかいわれても、割に合わない気がします。
プロジェクトの変わり目でなかなか次のプロジェクトが決まらない場合もありますしね。

また、自社からも他社からも指揮命令されるのは相当なストレスが生じますし、会社間で本当の意味の請負(請負契約)を締結していれば客先にも自社のPMなどの上司や同僚がいるわけですが、業務委託の場合は現実には派遣状態なのでそんな人はいませんし・・・。

私個人としては、正社員と派遣の悪いところをあわせたのが特定派遣だと思っているので、はっきりいって、お勧めしません。

内定した企業が「特定派遣」かどうかですが、以下を目安にされてはどうでしょうか?
1.人材派遣許認可番号を取得しているかどうか。
2.経済産業省のSIer(システムインテグレータ)登録をしているかどうか。
3.会社の規模や創設年数。
4.自社でパッケージ開発などしているかどうか含め、自社独自の技術を持っているかどうか。
5.プライバシーマーク(Pマーク)を取得しているかどうか。
6.帝国データバンク等の企業情報に主業務:派遣と書いてあるかどうか。
7.人の入れ替わりが激しい会社か...続きを読む

Q客先常駐

SEの客先常駐についてどう思いますか?

次はどこに常駐させられるんだろう、6ヶ月契約で派遣社員の3ヶ月よりちょっと長いだけじゃん、次の常駐先が見つからなかったらやめさせられるし・・・個人的には派遣社員とどう違うだろうと正社員の実感が湧きません。

年配の方はわりと「世の中こんなもん」と納得して働いてますが。

みなさんの意見をお聞かせください。お願いいたします。

Aベストアンサー

客先常駐SEだらけの時点で消耗品の歯車でしかないといわれてる気がして、
個人的にはノーサンキュー。そういう会社には行きません。

SEとか呼ばれる人間を使ったビジネスモデルって大きく二つあって、

1.薄利多売で人間を売る
基本は客先常駐。人月単価と賃金の差分で利ざやを稼ぐ「規模のビジネス」。
多少SEの質が悪かろうが数を突っ込めば目先の利益になるのである意味計算しやすいが、
結果どうしてもSEの"平均"能力は低くなりがち。更に価値が下がる負のスパイラル。
利益を増すには、少しでも受注ピラミッドの頂点に近づき単価を上げるか、数を増やす。

2.少数精鋭でシステムを売る
基本は自社。できるだけ少ない労力でいいシステムを作って何ぼの「質のビジネス」
SEは顧客を開拓してシステムを売らなければならず、
売れれば当たるが売れないと即赤を出す。SEの能力によるところも大きい。
SEをむやみに増やすとリスクも高く、勢い少数精鋭主義になることが多い。
# 大手SIerのようにブランド力である程度カバーできることもあるが、そもそも大手SIer自体が少ない。
利益を増すには、より大きなシステムを、数をこなして受注する。

どちらのSEもそれぞれの苦労があると思いますが、
いずれにせよ「できるSE」は引く手数多で(できないSEは淘汰気味ですが)、
まだまだ職にあぶれることはないと思います。
1の人海戦術で質の高い人(いわゆるリーダクラス以上)、
2の水物商売で「売れるSE」なら、希少なので大事にされるでしょう。

個人的には、[他人が設計したものを作る]より[自分で設計する]方がやりがいを感じるので、
(反面、責任が重くなるとも感じますが)後者を選んでいます。

現状の私に「客先常駐するか?」と聞かれたら、
プロジェクトが回らなくなりますので「ありえない」と答えることになります。

客先常駐SEだらけの時点で消耗品の歯車でしかないといわれてる気がして、
個人的にはノーサンキュー。そういう会社には行きません。

SEとか呼ばれる人間を使ったビジネスモデルって大きく二つあって、

1.薄利多売で人間を売る
基本は客先常駐。人月単価と賃金の差分で利ざやを稼ぐ「規模のビジネス」。
多少SEの質が悪かろうが数を突っ込めば目先の利益になるのである意味計算しやすいが、
結果どうしてもSEの"平均"能力は低くなりがち。更に価値が下がる負のスパイラル。
利益を増すには、少しでも受...続きを読む

Q30歳SE,技術がありません・・・

30歳になった8年目のSEです。独身女です。
技術がありません。
これからの仕事についてどうしたらいいかわからず、途方に暮れています。

私の会社は二次請けの仕事がほとんどです。
文系大学卒業後入社して以来、長期間のプロジェクトに関わる事が多くずっと客先にいたのですが、最近自社に戻りました。
主に現行仕様調査、詳細設計~結合テストの経験しかなく、ほとんどがバッチでプログラミングスキルは新人に毛がはえたレベルだと思います。(PL/SQL,COBOL,少しJava)
仕様を固める為にユーザ企業のシステム課の方と打ち合わせをしたような経験はありますが、リーダー経験もありません。
マスタ管理のようなチームがほとんどだった為、業界のどの企業でも通用するような業務知識もありません。
資格は情報処理試験(基本情報、ソフトウェア開発技術者)だけです
SEというと激務な方が多いですが、私はぬるい環境で仕事をしてきました(残業は多くても月70hくらい)


自社に戻り、上司は新たな職場に派遣しようとしていますが、
年をとり、おまけに主任になった為単価が高く、技術がない私はなかなか仕事が決まりません。
会社で他部署の手伝いなどをしています。

社外にいる間は一次請けベンダーのリーダーさんを目標としていたのですが、
自分の会社では無理な事をいまさら思い知りました。
昔から自分の技術がしょぼい事を感じつつ、現状に甘えてきた結果です。
努力しなければいけない事がたくさんありすぎて、まず何から始めたらいいかわからなくなってしまっています。
年齢が年齢なので、あせるばかりです。

自分ではこんな事を考えているのですが・・・

(1)プログラミング言語の勉強をし、たくさん資格でもとるか?
 今の会社ではこれを求められている気がしますが、実務経験がなく資格だけとって、役に立つのかは不明です。
 ベンダー系資格は受験料が高いので、それに見合う効果があるのかも・・・

(2)管理するポジションを目指す為、転職するか?
 今の技術力まま転職活動をしても望みが薄い気もしますが、勉強してから・・・というのでは年ばかりとってしまいそうで怖いです。
 反面、リクナビNEXTに登録しており、いくつかプライベートオファーも頂いたのですが、面接でアピールできる事が思いつかず、応募を躊躇してしまいます。

(3)他業界をめざすか?
 絶対SEがいいという希望はありませんが、この年齢で他業種で通用するのか?
 ぬるま湯育ちの私が通用するのか?

一番の目標は、ユーザ企業にしばられない業務知識を持ち、管理できる人間になることなのですが、夢のまた夢のまた夢のような気がして・・・

学生時代は定年まで仕事人間でいたいと思っていたのに、今の自分が情けないです。
これからの人生、食べていけるのかも不安になってきました。


あいまいな質問で申し訳ないのですが、私はまずどんな努力をすべきでしょうか・・・
お恥ずかしながら給料が安く、貯金も少ない為お金がかかる事は不可能です。

30歳になった8年目のSEです。独身女です。
技術がありません。
これからの仕事についてどうしたらいいかわからず、途方に暮れています。

私の会社は二次請けの仕事がほとんどです。
文系大学卒業後入社して以来、長期間のプロジェクトに関わる事が多くずっと客先にいたのですが、最近自社に戻りました。
主に現行仕様調査、詳細設計~結合テストの経験しかなく、ほとんどがバッチでプログラミングスキルは新人に毛がはえたレベルだと思います。(PL/SQL,COBOL,少しJava)
仕様を固める為にユーザ企業のシステ...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、人生において正解の行動というのは無いわけですが、私だったら転職を志しますね。実際、携帯電話のSEから別業種に転職したことがあります。その後もう1回転職していますが、少しづつ他業種にチャレンジしていたら、今ではSEとは全く違う職種(アプリケーションエンジニア)で生きるようになってしまいました。

色々言いたい事はありますが、とりあえず3つだけ。

>反面、リクナビNEXTに登録しており、いくつかプライベートオファーも
>頂いたのですが、

できれば転職エージェントが対応してくれるサービスを利用した方が良いと思います。紹介される企業の質がそもそも違いますからね。亜リクルートNEXTだけでなく、ありとあらゆる転職サービスに応募するんです。時には門前払いを食う事も有るでしょうが、そんな事を恐れていたら前には進めません。

>面接でアピールできる事が思いつかず

アピール出来る事が無いなんて甘いですよ。それは死ぬ程考えて捻り出す者です。とりあえず、いままであなたがやってきた仕事/期間/使用ツール/開発人数を細かい所まで全部書き出してみましょう。職務経歴書を書いたかもしれませんが、それをもっと細かく書く様なイメージです。その中で、少しでも他者よりも誇れそうな者を抜き出し、10倍程度膨らましてアピール出来る様に文章を作ってみましょう。まずはそれからです。

>絶対SEがいいという希望はありませんが、この年齢で他業種で通用するのか?

通用するのか? じゃなくて通用する様に死ぬ程努力するんです。転職は、そのくらいの気合いが無いと絶対に成功しませんよ。

情けないと思う暇があったら、まずは出来る限りの行動をするべきです。それでも効果がなかったらそのとき初めて嘆きましょう。やるべきことをやっていたら、嘆く暇なんてないはずですよ。

まあ、人生において正解の行動というのは無いわけですが、私だったら転職を志しますね。実際、携帯電話のSEから別業種に転職したことがあります。その後もう1回転職していますが、少しづつ他業種にチャレンジしていたら、今ではSEとは全く違う職種(アプリケーションエンジニア)で生きるようになってしまいました。

色々言いたい事はありますが、とりあえず3つだけ。

>反面、リクナビNEXTに登録しており、いくつかプライベートオファーも
>頂いたのですが、

できれば転職エージェントが対応してくれるサービ...続きを読む

Q50歳のSE

IT業界の働き方として、運用にしろ開発にしろ、
客先常駐という働き方が多いと思います。
(準委任契約とか)

私は元請のSI会社の大規模PJの、
とあるチームの1メンバーという立場が多いです。
(指示を受けて動くスタイルです)

50歳を過ぎて、その働き方ができるのか・・、
最近不安に感じています。

仮に管理職や独立などの芽も無い場合、
早めに上記とは違う職種を考えたほうが良いのでしょうか?。

Aベストアンサー

お疲れさまです。
私は定年までSEとして現場で働きました。
リーダーも同僚もひとまわり以上若いメンバーに囲まれての仕事です。
年長者としての変なプライドみたいなものがあって、たまに傷つけられることもありますね。
でもお昼とか、若い人たちと一緒に食事に行って、いろんな話題を聞けるのが楽しかったですね。
もちろん現役として生き残るため、自分の強みを伸ばす努力も必要です。
私は、ある業種に特化した専門SEとして、自己啓発を継続し、周りからも認められていました。

QIT業界にメンタル的にやられてしまう人が多いのは何故?

IT業界ではうつ病や精神的な病気にかかる人が多いと言いわれますが、これはなぜですか?
経験者の方、専門家の方からご回答いただければと思います(すみませんが、憶測のみによる回答はご遠慮下さい)。
また、その考え方が間違えているようでしたらご指摘ください。

自分自身もIT業界で勤めていますが、今年に入って自律神経失調症で2ヶ月ほど休職しました。
現在復帰しましたが、100%は回復しておらず、このままやっていくのはつらいので近々退職するつもりです。
転職する場合、IT業界は選ばないつもりです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ITエンジニアとして働いており、不眠症となり、心療内科へ2年程通院している人間からの回答です。以前「ITエンジニアの「心の病」」という本を読んだ上での回答です。個人的体験も入っていますが...回答になっていないかもしれませんが...ちなみに私の知人にも鬱病の人は多いです。

まず、企業の経費削減の影響を受け、必然的にIT部分にかけることの出来るコストが減らされます。かといって実装内容が減るかというとそうでもなく、限られたリソースで、営業・SE・開発・サポートといった部隊が、企業からの執拗とも言える要求に応えざるを得ません。そういう仕事でも取ってこないと、お金をもらえないのです。すると、必然的に労働時間も増え、そのストレスも加速度的に増えていきます。相次ぐ残業や休日出勤のためにリラックスする時間を取ることも出来ず、メンタルをやられてしまう場合が多いです。

また、IT企業の経営者、特にベンチャーと言われるところが、従業員のメンタルヘルスに関して全く無知である場合が多いです。ITという業界自体、比較的新しい業界ですので、そういったメンタルな部分の事例にどのように対応していったらよいか、というノウハウを全く持っていません。そこまで頭やリソースが回らないのです。会社を大きくすることがまず第一なので、メンタルヘルスなどというよく分からない概念の言葉はおざなりにされる場合が多いのです。また、人材の流動化が激しい業界ですので、人が辞めたらまた雇えばよい的な風潮もそれに拍車をかけています。

また、日本式の成果主義というのも問題です。これは、頑張った人を表彰する制度などではなく、コストを抑えるために普通の従業員のコストを減らすための制度です。成果主義によってコストを抑えられた人達は、ますます追い詰められていき、メンタルがおかしくなってしまいます。

ITエンジニアとして働いており、不眠症となり、心療内科へ2年程通院している人間からの回答です。以前「ITエンジニアの「心の病」」という本を読んだ上での回答です。個人的体験も入っていますが...回答になっていないかもしれませんが...ちなみに私の知人にも鬱病の人は多いです。

まず、企業の経費削減の影響を受け、必然的にIT部分にかけることの出来るコストが減らされます。かといって実装内容が減るかというとそうでもなく、限られたリソースで、営業・SE・開発・サポートといった部隊が、企業からの執拗...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報