糸状菌を、フスマを主成分とした固体培地で培養したいと考えています。フスマを購入したいのですが、試薬として販売されているのでしょうか?(試薬メーカーのカタログを検索しても見つけることはできませんでした。)
知っておられる方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小麦粉ふすまならスーパーなどでも買えるようです


通販サイトなどでもクッキーやパンの材料として販売していますね

実験用だからといって試薬でなければならないというわけではないと思います
実際に大学の研究室で沈殿用に使っていた硫安は工業用でしたし
細菌培養にPSA培地を作るためにジャガイモを準備することが面倒だったため
マッシュポテトの元をスーパーで購入して使っていましたが
培養していた細菌では問題なく増殖していました
食品扱いであれば殺菌剤などはほぼ入っていませんから
普通に使えると思いますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/04/23 10:36

おそらく取り扱いがないと思います。



ふすまに関しては培地材料としてはあまり一般的なものではないこと、
小麦を製粉するときに除かれる皮の部分(外皮部と胚芽)であり、
基本生ものであるため試薬としての一定品質を保つことが難しいこと、
等が理由として挙げられます。

そのため、飼料を扱うところや製粉を行うところなどで分けてもらうか、
自分たちで調製を行うべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/04/23 10:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qグランドカバーは何がお勧めでしょうか?

グランドカバーは何がお勧めでしょうか?
写真中央の土の部分に植えたいのですが(柵で囲む予定です)
ここは 4×8メートル
敷地内中央にメインツリーのケヤキを植える予定です

植木屋さんに聞くと イワダレソウ(姫イワダレソウ)は 
成長するまでに雑草が勝ってしまうので
雑草抜きが大変だから お勧めではないと言われました
常緑のグランドカバーなら竜のひげくらいしかないでしょうか?
左側砂利の部分はウッドデッキ
右側砂利の部分は駐車場です

Aベストアンサー

「クリーピング・タイム」や「クローバー ティントヴェール」が、常緑で高さも低く、おしゃれで管理が楽で踏んでも強くていいと思いますよ。
他にもお好み次第では、「イブキジャコウソウ」「斑入りヤブラン」「バーベナ・タピアン」など。

上記を中心に植えて、縁取りをエレガントに見せたいなら、「ペチュニア・ブリエッタ(ペチュニア)」、「ロベリア」を回りに植えるのもいいと思います。

◆クリーピング・タイム 草丈10cm
http://flower365.web.infoseek.co.jp/06/207.html
http://morinoseikatutuusin.seesaa.net/archives/200810-1.html
http://holidaze.blog.eonet.jp/photos/uncategorized/2008/08/29/tapian520.jpg
◆イブキジャコウソウ 草丈5~10cm
http://flower365.web.infoseek.co.jp/01/506.html

◆クローバー ティントヴェール (常緑多年草)
http://www.jsjardin.co.jp/products/leaf/241003.html
http://www.irone.jp/trifoliumrepens_tintveil.htm

◆バーベナ タピアン
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=38824
http://flower365.web.infoseek.co.jp/16/659.html

◆斑入りヤブランhttp://www.hanahiroba.com/kusabana-yaburan.htm

◆ペチュニア・ブリエッタ 地植えの方が育てやすいです。
http://www.bluette.jp/howto/upbringing02.html
http://www.komiyasyouji.co.jp/hp/bluette/bluette.htm
http://www.bluette.jp/howto/img/img_enjoy_04.jpg
http://www.bluette.jp/howto/index.html
◆ペチュニア
http://www.engei.net/guide/guide.asp?ID=707
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/flower/h/petyunia.htm

◆ロベリア 10~20cm と低くグランドカバーにもよく合います。
http://clematisgarden.blog118.fc2.com/blog-category-47.html
http://www.vivahome.co.jp/green_life/hanatomidori/3gatu/03roberia/default.htm

「クリーピング・タイム」や「クローバー ティントヴェール」が、常緑で高さも低く、おしゃれで管理が楽で踏んでも強くていいと思いますよ。
他にもお好み次第では、「イブキジャコウソウ」「斑入りヤブラン」「バーベナ・タピアン」など。

上記を中心に植えて、縁取りをエレガントに見せたいなら、「ペチュニア・ブリエッタ(ペチュニア)」、「ロベリア」を回りに植えるのもいいと思います。

◆クリーピング・タイム 草丈10cm
http://flower365.web.infoseek.co.jp/06/207.html
http://morinoseikatutuusin....続きを読む

Q大腸菌培養の液体培地

大腸菌で目的タンパク質を発現させる時の液体培地ですが、LB培地のほかに何がありますか?プロトコルに選択培地と書いてあるのですが、やっぱり培地はベクターやコンピテントセルの種類などで変えたほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

以前に大腸菌に作らせた組み替え蛋白の可溶化効率が悪くて困ったことがあります。そのときは、培養温度を25℃に下げたところ少々改善されました。蛋白質の生産が緩やかな方が可溶化効率はよいようです。
可溶化の際にバッファーに界面活性剤を入れておられますでしょうか。TritonやNP-40も試しましたが、オクチルグルコシドが比較的良好でした。

Qグランドカバーのやり方

初めてガーデニングをはじめたのですが、粘土質の土の庭に手を焼いています。一部分はレンガとテラコッタタイル張りにしたのですが残りの土の部分をグランドカバーにしたいと思っています。
手入れの関係上、芝生以外でお勧めの品種またやり方を教えてほしいです。
関東北部で雪はほとんど降りませんが南側に隣家が迫っているので冬場は昼ごろまで日陰状態です。
グランドカバーしたい土部分は15坪ほどです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>粘土質の土の庭に手を焼いています
>残りの土の部分をグランドカバーにしたいと・・
 次のようなものが良いでしょう。 他にも和風好みの玉竜がありますが繁殖力は劣りますので全面被服するにはコストがかかります。
  
*アジュガ
 5月頃満開、半日陰のほうが繁殖力旺盛
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=11866
*リシマキア ヌムラリア
 黄金色葉(冬は橙)
http://www.shokaen.co.jp/page.cgi?xNum=56
*蔓姫蕎麦
 晩秋から初冬にかえてピンク色の金平糖のような花を咲かせます。
意外と丈夫で増えます。
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-tsuruhimesoba_large.html

Q放線菌と糸状菌

こんな文章が載っていました。↓

『有害な微生物の増殖を抑制』
 キトサンを土壌に散布すると、キトサンを餌とする菌類(放線菌や糸状菌)が増殖する可能性があります。しかし、放線菌はキトサンに出会うとキトサン分解酵素を出す為、キトサンを細胞壁に持つ糸状菌は増殖できなくなります。その結果として有用菌である放線菌は増殖し、有害菌である糸状菌の増殖はおさえられる事になります。

放線菌と糸状菌の違いなんて、胞子をつくるとか
節があるとか、菌糸の太さが違うくらいしか思いつきません。

ならば何故、糸状菌が悪者で、放線菌は増殖してもいいことになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん、放線菌の全てがイイモノで糸状菌の全てがワルモノだと言っているわけでは無いと思います。

糸状菌の中には、植物に感染する、植物病原菌としての性質を持ったものがいます。(イネいもち病菌などが代表的な例です)

このようなものが増えるのを防ぎたいということでしょう。もちろん、ワルモノの糸状菌だけを選択的に退治することは、この技術では不可能でしょうから、ワルモノもそうでないのも、一緒に退治してしまうという考え方だと思います。

Qグランドカバー、小低木の名前を教えてください

このたび生垣としてレッドロビンを植えました。
でも我が家は道路に面しているので出入りのときの
視界を確保するため止む無く1m程度離しました。
この間にこれから雑草が生えてきますし外観面からも
何かグランドカバー的に植えようと思います。

そこで質問ですが、道路分離帯や公園の斜面でよく見
かける1年中きれいな黄緑色をしたあの小低木の木の
名前を教えて下さい。

花は咲かないようなのでつつじではないと思います。
クサツゲかと思いましたが冬場は茶色になるので違う
ようです。

Aベストアンサー

No.1の方紹介された、デジタル植物図鑑の「常緑低木樹」を選択してその中にないですか?
4ページに別れ33種掲載されています。

参考URL:http://www.shokaen.co.jp/index.cgi

Q液体培地で培養すると大腸菌が生えてこないんです。

当方、実験初心者です。初歩的な質問になりますが、よろしくお願いします。

目的遺伝子をインビトロジェンのTOPOベクターに組み込み、自作のコンピテントセル(XL10)にトランスフォームし、アンピシリン(Amp)入り寒天培地にまきました。
そこで生えたコロニーをピックアップしてLB+Ampに植菌しましたが、全く増えてきません。液体培地をTBに変更してみましたが、効果はありませんでした。
Amp濃度は100μg/mlです。
この問題を解決する方法がございましたら、お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初心者、を前提に回答させていただきます。

まずは以下の点を、再確認してみてください。
1)プレートを作製するときに、培地が熱いうちにAmpを入れませんでしたか?またはプレートが古すぎはしませんか?
→Ampは結構不安定なので、AmpRで選抜するならCb(50ug/ml)を使ったほうがいいかもしれません。またTOPOならKmRもあったとおもうので、Cb, Km両方入れてはいかがでしょう?プレートに入れたAmpが死んでいて、プラスミドを持たないのに生えてきたコロニーを拾ったのかもしれません。

2)液体培養する前にプレートのコロニーに対しダイレクトPCRなどをして、目的配列・プラスミドの導入を確認しましたか?
→目的配列が入っているようなら1)の心配もたぶんないと思います。

3)プレートでの培養、あるいはその後の保存は適切でしたか?
→死滅期近くになるほどに培養するとプラスミドをリリ-スしてしまったりします。

Q畑にグランドカバー

畑の一部を、市の工事のヤードとして協力をしたのですが、舗装のローラーが入って土が硬くなってしまったり、工事の砂利が混ざってしまったり、すぐには畑に戻せない状況になっています。
風が強い日には砂埃が立って、風下に迷惑をかけているので、グランドカバー植物で覆ってしまおうかと考えています。

・手に入りやすい
・種で手っ取り早くまける
・事後には小型の耕耘機でかき回すことができる

という様なグランドカバー植物でおすすめはありませんか?

Aベストアンサー

 こんにちは。
 種子で蒔くことができて、お好みの時期が来たら耕運機で耕すことが可能な植物ですか・・・。
 シロツメクサならば、キロ当たり\700~\1,000位で販売してあります。グランドカバー向けの植物ならば、そのほかの植物でも、簡単に種から育つものが多いと思います。

 「イワダレソウ」などは、マットに織り込んだ形のものや、種子だけのものが販売されていて、とても丈夫で花も可愛らしいです。

 グランドカバー向きの植物が沢山種類掲載されているサイトの、アドレスを貼っておきますので、お好みや用途に合うものお選びになるご参考に、どうぞ。

参考URL:http://www.yasashi.info/gurandcaver.htm

Q豆乳培地とデンプン培地に酵母と納豆菌をいれる

豆乳培地とデンプン培地に酵母液(酵母菌)、納豆(納豆菌)をそれぞれ入れるとどうなるのか(増殖するかしないかなどのことを具体的に)がよくわからないので教えていただきたいです。お願いします!

Aベストアンサー

よくわからないから実験するのえはないですか?
豆乳というのは糖質、タンパク質、脂質などからできています。
デンプンは糖質だけです。
これらは事前にわかっています。
あとは、酵母菌と納豆菌がどのような栄養素を必要とするかです。

Q目隠し用コニファーの間隔とグランドカバー

北海道に住んでいます。
家の前(南側)に6.5m×5mの庭があります。
最初オープン外構が良いと思い、道路との境界に20cmほどの
ブロックを縦したものを建てました。
しかし住んでみて人通りが多いため目隠しになるものを植えたいと思います。
1.5mのコニファー(エレガンテシマ)で考えているのですが
前面の道路からどのくらい離して植えたらいいでしょうか?
またその下にグランドカバーとして何か植えたいのですが
手がかからなくあまり成長しないおすすめのものを教えてください。
できれば6.5mに最適なコニファーとグランドカバーの
本数も教えていただければありがたいです!

Aベストアンサー

場所があれば大きくなりますね。
幅ですけどコニファーは全般に通気性がいいほうがいいとされています。
しかしこれは刈り込みに耐えられる品種なので多少細かめに配置すればよろしいのではないでしょうか。
状態によりますが15本程度はあっても良いと思います。

グランドカバーは手間がかからないならアイビーやツタ。
芝桜もきれいでしょう。成長してもきればよいので。

Q螺状糸(螺糸)・螺状肋(螺肋)は何処のことですか

螺状糸(螺糸)ラシ・螺状肋(螺肋)ラロクとは,貝の何処のことなのですか。ご教示下さい。

Aベストアンサー

螺状糸(螺糸)、螺状肋(螺肋)は巻貝の用語です。

巻貝の巻きに沿って発達する肋(突起や畝)を螺状肋(螺肋)といいます。
螺状肋の細いものを螺状糸(螺糸)といいます。

螺状肋と螺状糸の区別は、大きさ(太さ)で何mm以上は螺状肋、それ未満は螺状糸という決まりがあるわけではありません。
螺層(巻貝のまいている部分の一巻き)や体層(巻貝の一番外側の一巻き:巻貝の軟体部のほとんどが入る部分)の幅や、ほかの螺状肋の太さとのバランス等で決められます。
人によって、あるいは文献によって、中間的な太さのものが螺状肋と呼ばれるか螺状糸と呼ばれるかは微妙に変わったりします。

ちなみに英語では太い順に、spiral rib(螺状肋)、spiral riblet(螺状細肋)、spiral thread(螺状糸)といいます。
また、spiral cordと言う場合もあるようです。

さらに、巻きに交わるように発達する肋を縦肋(じゅうろく)、縦肋の細いものを縦糸(じゅうし)といいます。
たくさんの縦糸と螺状糸が交わると布目(ぬのめ)となります。

螺状肋は一般に螺肋と呼ばれることのほうが多いと思います。

凹んだものは溝(groove)と呼ばれます。

貝の用語については、貝類図鑑の巻頭・巻末などに図解や用語集がある場合がおおいです。
図鑑は入手しやすくて良いのですが、比較的簡便なものが多く一冊では不十分かもしれません。
複数の図鑑を見比べて参考にされると良いと思います。

螺状糸(螺糸)、螺状肋(螺肋)は巻貝の用語です。

巻貝の巻きに沿って発達する肋(突起や畝)を螺状肋(螺肋)といいます。
螺状肋の細いものを螺状糸(螺糸)といいます。

螺状肋と螺状糸の区別は、大きさ(太さ)で何mm以上は螺状肋、それ未満は螺状糸という決まりがあるわけではありません。
螺層(巻貝のまいている部分の一巻き)や体層(巻貝の一番外側の一巻き:巻貝の軟体部のほとんどが入る部分)の幅や、ほかの螺状肋の太さとのバランス等で決められます。
人によって、あるいは文献によって、中間的な太さの...続きを読む


人気Q&Aランキング