私の会社が月末に手形の不渡を出しそうです。
そのまま2回目の不渡りとなり倒産は間違いないと思います。

もし、社長が夜逃げした場合、会社には債権者が押し掛け、
資産を回収したりするのでしょうけれど、私たち従業員はその間
どうすればいいのでしょうか? 
ほとぼりが冷めるまでは会社には行かないほうがいいですですか?

もう一点、
債権者が押し掛けてくるにあたり、従業員の個人情報の書類やデータなどは
事前に持ち出しておくべきですか?
債権者が調べて、従業員に電話したり自宅に来たりするのではないかと不安です。
サラ金などの危ないところからの借入れはありません。 
債権者は銀行と商社等の仕入先のみです。


弁護士に相談するお金は準備出来そうにありません。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

心配ですね~・・。

良い解決になることを祈念してます。

>債権者は銀行と商社等の仕入先のみです。

これは、大間違いです。安心して下さい。倒産したら、質問者さんも
債権者さんなんです。悪い人が来たら弁護士が無理なら警察を呼び
ましょう。質問文がすべてなら、銀行がちゃんとやりますよ。
仕入れ先が、債権者集会を経ずに勝手に書類一枚でも持ちだしたら
違法です。社長が夜逃げしたら会社は法的には倒産が簡単にできません
から・・・雇用契約も継続するわけで、労働債権を持っている債権者
つまり被害者で、しかも債券の優先順位は普通の債権者より強いのです。
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/kijunhou/roud …

もしかしたら、映画みたいに「お前らもグルなんだろう!社長を出せ!」
と叫ぶ人もいるかも・・・でもそれは法律を知らない小口の人だと
思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。確かに私たちも債権者でした。
とりあえず大切な書類は全て鍵をかけて保管します。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 08:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空売りをした株の会社が倒産した場合、お金はどうなるのですか?

信用取引をし、もらった株を空売りした場合、株価が下がるだけなら分かりやすいのですが、その会社が予想以上に景気が悪くなって倒産してしまった場合、お金の計算はどのようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 もらった株、というのが良く判らないのですが‥‥。

 通常の信用売りのことでしたら、会社が倒産した場合整理銘柄に移管され、確か3か月で上場が廃止されます。
 それまでは通常に取引は行なわれ、普通1~3円位(もちろんこれより騰がることもあり)で取引されています。
 ですからこの間に返済買い注文を入れれば、売った時の建値との差額分が儲け、ということになります。
 但し、ネット証券ではおそらくどこでも整理銘柄になるとネット上での売買は出来なくなりますので電話での取引になると思います。
 ちなみに松井の取引ルール・規定を見ても上場廃止の場合について書いていないので不明確ながら、おそらく上場廃止時点直前には最終決済が強制的に行われるものと思われます。

Q手形の不渡り倒産後について

主人の実家は自宅兼個人商店となっています。その商店は祖母と叔母が始めたもので、祖母の死亡後、主人が商店の代表となりました。商店と自宅の建物の所有者義父になります。

商店とは別に義父が経営する株式会社があります。
主人は商店の代表というのは名前だけで実際は義父の会社の社員として働いています。
商店は叔母が運営していました。しかし叔母も亡くなり商店経営がうまくいってないことが発覚。主人名義で手形も振り出しています。
さらに義父の会社も経営がうまくいっておらず一度不渡りをだしています。毎月手形の支払いに追われ知人などから借金してなんとか乗り切ってるという感じです。
商店、株式会社どちらも主人には給料払っていると申告しているようですが、商店の方は一円も貰っておらず、株式会社の方は給料以上の申告をされていたり、もらえなかったり。ちなみに今年に入ってからは、ほとんど貰えていません。

そこで質問です。
このままでは、いつかうまくいかなくなると思うのですが、給料貰えないのであれば転職も考えています。しかし辞めさせてもらえません。
法的に辞める方法はありますか?

株式会社の方は不渡り出すと二回目なので現金取引ができないようであれば実質倒産になると思います。倒産後の流れが知りたいです。
主人が転職したとしても、実家が倒産となると家族なので主人も動かないといけなくなるのなら転職先にも迷惑かかりますし。

あと、商店の方ですが、建物が株式会社の借金の抵当になってるので、不渡り一度目でも株式会社と共倒れになると思います。
その場合の手形の支払いは主人にかかってくると思いますが、許可なく叔母が勝手に振り出したものでも支払い義務はあるのでしょうか?
 
あと、市民税ですが、実際貰ってない給料以上の申告のせいで毎年高いお金を払っています。
手渡し、明細なし、貰ったお金を手帳にひかえてるだけなんですが、貰った額の納税だけですむ方法はありませんか?

長くなりましたが回答よろしくお願いします。

主人の実家は自宅兼個人商店となっています。その商店は祖母と叔母が始めたもので、祖母の死亡後、主人が商店の代表となりました。商店と自宅の建物の所有者義父になります。

商店とは別に義父が経営する株式会社があります。
主人は商店の代表というのは名前だけで実際は義父の会社の社員として働いています。
商店は叔母が運営していました。しかし叔母も亡くなり商店経営がうまくいってないことが発覚。主人名義で手形も振り出しています。
さらに義父の会社も経営がうまくいっておらず一度不渡りをだしていま...続きを読む

Aベストアンサー

 2番回答者です。

> この前まで主人の実印を持っていましたので

 まずいと言えばマズいです。

 「筆跡が違えば」ということですが、ふつうの人間には筆跡鑑定は出来ませんし、筆跡鑑定を生業としている人さえ、比べられる(間違いなく本人が書いた)文書が手元に無ければ鑑定はできません。

 つまり取引の相手は、筆跡を頼りにして、本人が作った文書・手形かどうか判別することはできないのです。

 他方、本人(旦那さん側)は、実印という重要なものを真剣に管理していなかったという落ち度が認められます。

 ということは、通常の取引では相手方が保護され、実印が押されていて、印鑑証明書が添付されたら「本人が書いた」と見なされなければならない、ということです。

 「いちいち鑑定しろ」なんて言っていたら、取引なんてできなくなりますからね。

 お気の毒ですが、何かの契約書で、旦那さんの名前が書かれ、実印が押され、印鑑証明書が添付されていたら、「有効」となると言って間違いないでしょう。


> 倒産後未払い給料を八割国が助けてくれる

 残念ながら、その制度は知りませんが、援助を受けられるのはおそらく一般の労働者の場合だと思います。

 生活保護だって、申請したからと言って100%の人が保護してもらえるわけではないのはご存じだと思います。というか、援助をもらえないで餓死するようなケースもあります。

 会社でも、例えば「同族会社」は、ふつうの会社よりも厳しい取り扱いを受けます。私の会社も同族会社ですので、いつも実感しています。

 これは、「株主社長一族と会社が、なあなあ・ズブズブの関係になりやすい」からです。もっとわかりやすく言えば、会社と株主一族が結託して、いろんな制度を悪用しそうだからです。税務署というか、財務省はそういう疑いの目で同族会社を見て法律を作るのです。

 旦那さんの場合、商店はご自分の商店ですし、勤めている会社も実の親の会社です。親が経営する同族会社です。会社と旦那さんは、ふつうの会社とふつうの従業員の関係ではありません。

 旦那さんはもらおうとすればもらえる立場です。「自分の判断でもらわないのですから、ご自由に」ということで、おそらく、そういう場合にまで援助の手はさしのべてくれないと思います。

 くどいですが、借主が失業などで払ってくれない家賃でも、「建築資金の借金返済が大変でしょう」とかいって国はその分を大家に援助してくれるどころか、払ってもらえない家賃分の税金"も"盗るのです。

 裁判をやって負けるか、勝って執行をかけてもムダだったということを証明したら、払った税金を返してくれます。が、別な言い方をすれば、訴訟で負けるか財産が無いことを確認しないと税金は盗ったまま返さないのが、日本です。援助なんてとんでもない。

 旦那さんも「好きで請求しなかったのでしょ」とか言われないように、親御さんを給料不払いで労基署に告訴するとか、会社に対して未払い給料の請求訴訟を起こすとかしないとダメだと思います。

 そこまでやれないとなれば、さっさと辞表を出して別な仕事をなさるべきですね。

 財産も、こまめに贈与したりして、旦那さん名義ではなく、質問者さん名義になさることをお勧めします。贈与税は高いですが、旦那さん名義にしておいて全部差し押さえられたりするよりマシでしょうから。
 

 2番回答者です。

> この前まで主人の実印を持っていましたので

 まずいと言えばマズいです。

 「筆跡が違えば」ということですが、ふつうの人間には筆跡鑑定は出来ませんし、筆跡鑑定を生業としている人さえ、比べられる(間違いなく本人が書いた)文書が手元に無ければ鑑定はできません。

 つまり取引の相手は、筆跡を頼りにして、本人が作った文書・手形かどうか判別することはできないのです。

 他方、本人(旦那さん側)は、実印という重要なものを真剣に管理していなかったという落ち度が認めら...続きを読む

Q株価が上がるとどうなるのですか?

企業は株を発行した後は、株価が上がっても下がっても、お金をもらえるわけではないので、発行後は自社の株価が上がろうと下がろうと、どうでもいいような気がするのですが、なぜ企業は自社の株価を上げようとするのでしょうか?

Aベストアンサー

いやいや、もっと本質的な部分ですよ。

会社は株主のものです。
株主は株主総会で色んなことを決めます。
株主は経営者(取締役以上)を選任して、「俺達が儲かるように株価を上げろ」と指示しているわけです。経営者は株主に委託されており、株価が上がれば役員報酬は上がるし、株価が下がれば解任されます。だから経営者は株価を上げるよう頑張ります。

経営者は社員を雇います。「会社が儲かるように頑張れ」といわれた社員は頑張ります。成績が悪いとクビになりますが、社員は経営者よりも組合等に守られているのですぐにクビにはなりません。

だから経営者も社員も株価を上げようとするのは当然のことです。ただこれまで日本企業では株主総会でのチェックが効かず、株価が上がらなくても経営者が厳しく責められることもありませんでした。最近はファンドの登場など「物言う株主」が増えてきてますよね。

ちなみにベンチャー上がりの会社は創業者兼社長兼大株主ということで合法的なワンマン体制ができてしまいます。代表例はホリ・・・。

Q不渡りの約束手形で倒産・・・

長年お付き合いしていた会社が5月の半ば頃、倒産しました。さかのぼる事半年以上前、それまでは小切手で売掛金を回収していたのですが、約手を渡されるようになり、心配はしていたのですが、案の定銀行から連絡が入り「手形が割れず、あの会社は倒産しました。」との連絡が入りました。急いでその会社に駆けつけた所、倒産を知らせる告知書が事務所(借家)に貼り付けてあり、とうの本人達はもういません。持ち家が別のところにあるのですが、後で調べたところ倒産する3ヶ月前から売りに出されているようでした。風の便りに聞くと本人達はまだ、地元から出ていないようです。そりゃそうですよね。破産宣告を出せば弁護士さんが守ってくれるし、別の名義で預貯金(資産)を溜め込んでいる可能性もある訳ですから。「早くに差し押さえの承諾書に判子を押してもらえば」と今でも後悔していますが、長年の付き合いもあるし、信じたいと言う気持ちも有りました。ですが、よくよく考えてみると計画的だったと言うことが分かります。「弁護士が入ったら何も出来ないよ」と皆、口を揃えて言いますが、何か少しでも現金及び資産が回収出来る方法はないでしょうか? 債権者集会でそれぞれにその会社が残した資産で割り振られるようですが、そこまでの事をする会社ですから、資産なんて無いに等しいです。結局は泣き寝入りするしかないのでしょうか? 得意分野、専門分野の方、何か良いアドバイスが有りましたらお教え下さい。

長年お付き合いしていた会社が5月の半ば頃、倒産しました。さかのぼる事半年以上前、それまでは小切手で売掛金を回収していたのですが、約手を渡されるようになり、心配はしていたのですが、案の定銀行から連絡が入り「手形が割れず、あの会社は倒産しました。」との連絡が入りました。急いでその会社に駆けつけた所、倒産を知らせる告知書が事務所(借家)に貼り付けてあり、とうの本人達はもういません。持ち家が別のところにあるのですが、後で調べたところ倒産する3ヶ月前から売りに出されているようでした...続きを読む

Aベストアンサー

倒産ですが、不渡りによる銀行取引停止処分、破産申立受理、民事再生法申立受理等いろいろな経営破綻の総称です。具体的に法的措置がされるまでは債権者の取立ても可能です。支払督促等の法的請求を簡易裁判所に申し立てし、債務名義を取得することを考えられたらどうでしょう。行方不明でも公示送達の方法もあります。手続きは最高裁判所のHPに書式記入例まであります。また、住所地の簡易裁判所でも本人申請の指導をしてくれます。費用も数万円とそれほどかかりません。

参考URL:http://www.courts.go.jp/img/tetuduki_red.gif

Q極低株価の会社はどうなるのですか?

株の事については詳しいものではありませんが、新聞の株式欄を見ると、株価が数円しかない会社がずーっと存続しているようですが、株価自体は1円までありえるのでしょうか?また、極低株価の会社は一般的に社会からはどのような評価を受けるものでしょうか?例えば一般の消費者がこの会社の商品を購入する前に、会社情報を見て株価があまりにも低いから心配になって購入を控えたりするものでしょうか?数円の株価で会社は存続が出来るものなのでしょうか?色々と教えてくださればありがたいです。

Aベストアンサー

ものすごい基礎の基礎 ”株式・会社とは?”から始めねば 鳴りません。 とても書ききれるモノじゃ無いです。
 で、”株価とは?!”=この値段なら 売っても/買っても良い と言う人が居るから”値が付く”のですよ?!
 日本人、全員が『あの会社なら要らない』と思って居れば 0円です。
 ですが 会社としてキチンと活動し 社員に給料が出ていれば ドウでしょうか!?
 それと 上場してなくとも株式会社とイウのは存在します。(ウチの実家もそう)
 店頭株 と言う言葉も覚えなさい。
新谷かおる著 = クレオパトラDC 小学館 
オフィス北極星 = 講談社 等から 始めなさい。

Q不渡手形

H17年7月20日に期日の手形をもらい、期日前に銀行に預けました。しかし 期日から3日して銀行より連絡があり手形が落ちないと言われ理由を聞いた所 口座が無いという事でした。私の前の裏書人が現金の返済が出来ないからとの理由で渡されたものです。満額かえって来る事は
考えていませんが、どういう手段があるでしょうか?
ちなみに相手は借金はたくさんあるようですが自己破産は
していません。

Aベストアンサー

不渡り遡及の原則により、あなたに裏書手形を渡してくれた者に手形の買い戻し請求をして下さい。

くれぐれも不渡り手形を破り捨てないように。

Q外国の銀行が倒産したら、預金はどうなるのでしょう?

宜しくお願い致します。
数年前までアメリカに住んでいたためBank of Americaに
少しですが預金があります。
再度渡米することもあるかと思い、預金を残してあったのですが
最近のアメリカの不況で、銀行の倒産に不安を覚えるようになりました。
そこでご質問なのですが

1、アメリカの銀行が倒産した場合、外国人である私のような者の預金は
保護されるのでしょうか?
(ちなみに、登録の住所は日本に移してあります)
預金の種類はCecking とSavingです

2、そもそもBank of Americaの倒産を心配するのは気にし過ぎでしょうか?
銀行が倒産しそうかどうかは、どういう情報に気を付けておけばわかるでしょう?

現在は円高なので、米ドルの預金を解約するのも悔しいのですが
みすみす倒産されて全額失うのもくやしいです
どうぞ宜しくお願い致します

Aベストアンサー

アメリカは、この金融危機対策として、預金の全額保護をやっているはずです。

2.文字どおり、「万が一」のことです。政府が見放せば、バンカメでも倒産しますが、影響が大きいので単純な倒産にはならないと思います。情報としては決算発表、損失がどのくらいになっているか、また、資本注入のニュースがあれば、一応経営は成り立ちます。それから、部門の売却、経営統合、日経新聞かサイトを見ていればわかると思います。

Q不渡手形による2重請求の支払い義務。

不渡手形による2重請求の支払い義務について教えてください。
※体系図 発注者→元請(質問者私)→下請負人→再下請負人
私社は、下請負人に支払を完了して、4ヶ月後に、再下請負人より
不渡手形になり、請求がきました、私社は支払いに応じなければいけ
ないのですか。またどういう法律、しばりがありますか、教えてください。

Aベストアンサー

ご質問でよくわからない点があるのですが、そもそも手形は誰が発行したのですか。
発注者の手形を順々に裏書きして、再下請け人まで回したのですか。
それとも、下請け人が再下請け人に発行した手形が不渡りになったのですか。

いずれにしても、不渡りを出した者は、再支払いに応じる義務があるのは当然です。
この場合は、
発注者→元請(質問者私)→下請負人→再下請負人
の逆ルートで請求することになります。
あなたが発行したか、発注者の手形を裏書きとしたかのどちらかであったとして、あなたは下請け人に支払い義務はあっても、再下請け人とは何の関係もありません。

手形は、裏書きした者にも責任がありますので、下請け人が免責で、再下請け人は元請け人へ請求するなどということはありません。

Q会社が倒産したときの社債はどうなるのでしょうか?

倒産した会社の社債を持ってるとして、これは投資した金額を回収できるものなのでしょうか?
社債の持ち主は他の債権者と同じように、倒産したときの会社の資産から回収することができるのだと思いますが、倒産するぐらいなので資産が十分にないということが考えられると思います。こういったときに、会社の資本から債権を回収することも可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

倒産した会社の社債を持ってるとして、これは投資した金額を回収できるものなのでしょうか?
種類によりますね


担保付社債信託法(担信法)に基づき担保の付いた社債。社債には担保の付いた「担保付社債」と、担保のない「無担保社債」がありますが、担保付社債には、担保付社債信託法に基づき不動産や抵当権などの特定資産を担保とした「物上担保付社債」と、電力債などのように特別法により特定の担保をつけなくても社債権者が会社の全財産に対して優先弁済を受けることのできる権利がある「一般担保付社債」とがあります。また、物上担保付社債には、1銘柄の社債に一つの担保が付された「一回発行式社債」と、複数の社債に亘って担保が付された「分割発行式社債」があります

 すわち担保がついてない普通の社債は一般債権者と同じになります
担保付ならは、優先的に回収をできるってことですね

Q不渡手形にならない

売掛金を農協の手形で集金し、期日取立てをしたところ、契約不履行で手形が戻ってきました。
農協の口座には手形の金額は残高としてあり、
農協や取立てを依頼した銀行は両者の同意がない限り
そのお金を引き出すことが出来ないと言われていたので先方と話し合いをしようと思っていました。
ところが翌日、農協から連絡がありこちらにはこのお金を管理する義務がありませんとの事。相手先が引き出しに来ているのでお金を引き出します。といわれました。銀行もこういう事例がないので大変驚きましたが、農協自身も契約不履行の場合そのお金を管理する権限がないということを知らなかったようです。
また戻ってきた手形は不渡にもならないそうです。
来月また期日のくる手形があります。銀行が言うには同じ事をまたするだろうとの事。こういう場合どのような対処をすればいいのでしょうか?手形は融通手形でもなく売掛金回収の手形です。

Aベストアンサー

農協の手続の件は初めて聞きました。不勉強の点お詫びします。理屈の上では明らかに農協の対応に問題があるように考えますが、その点は確認済とのことですのでそれ以上は触れません。さて現実の対応を考えて見ましたが、下記の2策とも実際上は問題がありそうです。小細工抜きで本格的に訴訟へ移すしかないのかも知れません。

(1)期日未到来手形を第三者へ譲渡して第三者から手形交換に回して、本件の形で返却されれば第三者と振出人間の手形訴訟に切り替える。
(2)返却手形金か契約金額全額を債権額として農協の預金口座へ仮差押をかける。仮差押のタイミングが、次回の手形期日に向けて先方が資金を用意するタイミングを極力狙う。(裁判所の事務手続・郵便の送付日数より完全な狙い撃ちは無理か)
<問題点>
(1)については、第三者の善意性(手形取得に際して当事者間の事情を知らなかった)が条件になる点と第三者を巻き込むこと、手形訴訟上勝訴しても資金回収手段として別途執行方法を考える必要があること
(2)については、仮差押到達時の先方の口座残高、先方が農協に融資取引ある場合の農協の優先権(別質問の回答を参照して下さい)
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1767920

農協の手続の件は初めて聞きました。不勉強の点お詫びします。理屈の上では明らかに農協の対応に問題があるように考えますが、その点は確認済とのことですのでそれ以上は触れません。さて現実の対応を考えて見ましたが、下記の2策とも実際上は問題がありそうです。小細工抜きで本格的に訴訟へ移すしかないのかも知れません。

(1)期日未到来手形を第三者へ譲渡して第三者から手形交換に回して、本件の形で返却されれば第三者と振出人間の手形訴訟に切り替える。
(2)返却手形金か契約金額全額を債権額として農...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報