お世話になります。
常光線と異常光線についてうかがいます。
異常光線は常光線と異なった性質を示しますが、その異常光線は、たとえ界面に垂直に入射した場合でも屈折して(折れ曲がって)進んでいくのでしょうか。
さらに可能であればこの場合の入射角と屈折角の関係式も示していただけますか。
詳しい方ご教示願います。

A 回答 (2件)

垂直入射でも屈折します。



屈折角は入射角のみならず結晶の方位にも依存するので一意的にはかけません。

ホイヘンスの原理で球面を使う代わりに光線速度面をあらわす回転楕円体面を使うことで作図により求めることはできます。解析的に式で求めることもできるかもしれませんが、やったことがないので、出来るかどうかはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hitokotonusi様
早速のご回答ありがとうございます。
よく見かける図で、垂直入射の場合でも曲がっていくように描かれているのが何かの誤りかと思っていましたが、やはり本当なのですね。

お礼日時:2011/04/09 10:06

面倒なので手元にあった本を紹介します。



石黒浩三 光学 (1977年) (共立全書〈56〉P104あたり
小川智哉 結晶物理光学(裳華房 応用物理学選書1)P64あたり

両方とも絶版のようですが、大学の図書室にはあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

bibendumbibendum様
早速のご回答ありがとうございます。
詳しくはご紹介いただいた書籍にて確認します。

お礼日時:2011/04/09 10:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1軸性結晶の屈折率楕円体について

はじめまして。大学生のszkrと申します。

タイトルの件で質問させてください。

(x/no)^2+(y/no)^2+(z/ne)^2=1 (no:常光屈折率, ne:異常光屈折率)
で表される1軸性結晶の屈折率楕円体について、原点Oを通ってs方向に伝搬する光を考えたとき、そのs方向に垂直な平面で屈折率楕円体を切ると、その断面が楕円になります。

ここで、方向sとz軸とのなす角を θ とすると、楕円の長軸成分n'(θ)は
n'(θ)=ne*no/√(((ne*cosθ)^2+(no*sinθ)^2)    --- (1)
で表されるのですが、この式がどのようにして導出されたのかがわかりませんでした。

楕円の公式から考えると
n'(θ)=√(((ne*cosθ)^2+(no*sinθ)^2)  --- (2)
になると思われ、どうしても式(1)には結びつきません。

いくつかの参考書を見ても、その導出過程までは説明されていなかったので、この場を借りて質問させて頂きました。


ご回答のほう、どうかよろしくお願いします。

はじめまして。大学生のszkrと申します。

タイトルの件で質問させてください。

(x/no)^2+(y/no)^2+(z/ne)^2=1 (no:常光屈折率, ne:異常光屈折率)
で表される1軸性結晶の屈折率楕円体について、原点Oを通ってs方向に伝搬する光を考えたとき、そのs方向に垂直な平面で屈折率楕円体を切ると、その断面が楕円になります。

ここで、方向sとz軸とのなす角を θ とすると、楕円の長軸成分n'(θ)は
n'(θ)=ne*no/√(((ne*cosθ)^2+(no*sinθ)^2)    --- (1)
で表されるのですが、この式がどのようにし...続きを読む

Aベストアンサー

・楕円(x^2/a^2+y^2/b^2=1)上の点(acosθ,bsinθ)とx軸の正の方向のなす角(偏角)は、一般にはθではありません
・(x,y)=(rcosθ,rsinθ)を楕円の式に代入すればrが求まります。

という事だけ書けば十分ですかね。

Q複屈折材の異常光線について質問です

複屈折材の異常光線について質問です

書きのように複屈折材の光学軸がφ傾いた素子に面内方向の直線偏光を入れると
異常屈折して異常光線になりますが、
添付画像の赤の光線のように素子に垂直に入射する場合は
書籍などにも載っており、光線の軌跡を計算できるのですが、
素子に角度θをもって入射する場合の軌跡
(図中では緑の光線)を計算したのですが、
考え方からしてわかりません。
この場合もスネルの法則には従わないのでしょうか?

どのようにこの問題を考えればよいのか
ご教授願えませんでしょうか?

Aベストアンサー

スマートに式で出す方法は知りませんが、以下のように求めることができます。(添付図参照)

1. 界面に中心を持つ光線速度面を描く。動径の長さはvt。(vは媒質中の光速で方向によって変わる。)

2. 外側の光速をcとして、光線速度面の中心からct/sin(a)だけ離れた位置から光線速度面に接線を引く。

3. 接線の法線方向が光線の進む向きになる。

これはホイヘンスの原理を利用して作図で求めています。光線速度面は、異常光なら太い線の楕円、常光線なら細い線の円になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報