3年前に土地・建物を売却しました。
しかし買主が所有権移転登記を行わないので今も固定資産税を納入しています。
市に納税義務者の変更を申し出ると、移転登記してないので変更は不可とのこと
変更に関して良い方法を教示下さい 。



買主は意図的に所有権移転登記を行いません。
3年分の固定資産税は支払督促を行っていますが、まだ決着がついていません。

たとえ今回の支払督促で決着しても、移転登記が行わなければ、時効の関係から
3年毎に支払督促を行わなければならないので、何とか納税義務者の変更が出来ないか
と考えています。

しかし、固定資産税の課税は台帳に記載される必要があり、むやみに納税義務者の変更が出来ないとのことでした。(地方税法)

譲渡の申告も行っており、市県民税側は売買の申告を受付しているが、同じ課税庁の
なかで固定資産税が納税義務者の変更が出来ないことにも矛盾を感じています。

何か納税義務者を変更するための良い方法がないでしょうか?

あくまで納税義務者の変更が出来なければ、売買した不動産を担保に借金して返済を
せずにおこうか!などと考えることもあります。

*所有権移転登記を行うような訴訟を検討し弁護士に相談しましたが、勝訴したところで相手が移転登記を行わなければ、こちら側で移転登記を行いその費用を再度支払い督促を行わなければならないので、一応 移転登記を行わないことが起因となって支払っている固定資産税を支払い督促し、相手が不服申し立てを行い裁判になれば一回の手間が省けるということを聞いたので支払い督促を行いました。
ただ、裁判官からは「固定資産税を立て替えているから、その分の支払額を被告に請求する根拠法を示すよう言われました。 あくまで契約不履行の支払い督促ではないため、地方税法に規定されている納税義務者は売主となっている。今回の「立替」ということであれば支払い督促になじまないことを言われました。(判決は出ていません)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「譲渡の申告も行っており、市県民税側は売買の申告を受付している」とは?


不動産譲渡にかかる所得の確定申告書を税務署に申告してるのは理解できます。
税務署側は「譲渡にかかる所得が発生してる」という計数だけを市に住民税課税をする資料として渡してますが、内容としてどの不動産を誰に譲渡したということは市当局で把握できるものではありません。
しかし、譲渡所得に県市民税を課税してるとなると、譲渡されてることを知ってるのに、旧所有者に課税をするという「背信的悪意者」になりえます。
民法第177条で、不動産所有権は登記がないと第三者に対抗できないとしてますが、登記に公信力を与えてるわけではありません。第三者の中に背信的悪意者は含めません。
背信的悪意者排除説は現在有力な説です。
市が背信的悪意者だとしたら、固定資産税の課税は「無効」です。
ただ、今回の事例にそのまま当てはまるかというと疑問ですが、知識として知ってるとなめられなくてすみますよ。

登記が変更されて無いという理由で、登記上の所有権者に課税をするのは違法ではありませんが、課税庁が「所有権の移転を知ってる」状態で、旧所有者に課税をするのは、法的にも問題があると私は思います。
「私が提出した確定申告書の内容を知ってて、課税するのだから、課税される不動産の所有権が移転されてることを知りうる状態である」
「一方では、不動産譲渡にかかる租税を支払えといい、一方では譲渡された不動産の所有権変更登記がされてないので、固定資産税を払えというのはおかしい」
とキチンと市に抗議しましょう。

市が「譲渡の内容を知りうべき状態にない」というなら、譲渡所得にかかる住民税の課税を取消してもらうべきです。
だって、市は「その譲渡がされてることは認めない(不動産の所有権移転登記がされてない)」というのですから、譲渡所得にかかる住民税を課税することは矛盾してます。
譲渡所得に市は課税しない、なぜなら所有権登記が移動してないからというなら、筋は通ります。

整理します。
市が住民税課税の課税標準に「譲渡所得」を入れてるなら、譲渡された不動産の固定資産税課税は取消すべき。
不動産の所有権移転がされてないので、固定資産税を支払えというなら、譲渡した年に課税された住民税の計算上「不動産の譲渡にかかる分」は除外して還付すべきです。

なお、税務署は国の所得税を扱いますが、固定資産税は市です。ご存知だと思いますが、まぜこぜにしないようになさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。

国税と地方税の表現があいまいで申し訳ありませんでした。
当該の市は僻地に位置しており、所得税の申告の70%程度は市の税務課徴税吏員が行い、所轄税務署に逓送しています。また譲渡所得についても課税の資料として「譲渡所得の計算明細書」の写しを市が管理するもので、「譲渡の申告も行っており、市県民税側は売買の申告を受付している」という記載をしてしまいました。
このようなことから、市には計算明細書の写しがあり、売買のある程度の詳細まで把握できるため、一層所有権移転登記の有無だけが納税義務者を決める唯一の材料ということに反論したくなっています。
また、書き込みが不適切かもしれませんが、当該の市の国保税は四方式を採用しており、仮に買主が国保の場合、買主に国保税固定資産税割が課税されないことになるので、脱税行為に加担していることにも取られるような気がしています。

お礼日時:2011/04/10 14:10

移転登記がなされていないのであれば滞納して現物納税すると言ってみては


登記されていない以上法的にはあなたの物だから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答 ありがとうございました。

まさに回答されている通りなのですが、何か他の手がないか?思案しています。

お礼日時:2011/04/10 18:08

違う切り口から。



これからの固定資産税を滞納する作戦があります。
一切払わないで、担当者に「不動産を差押して公売して徴収してくれ」といいます。
差押がされると、買主は所有権移転登記そのものはできますが、無意味ですので、困ります。
貴方が固定資産税を払わない限り差し押さえ解除がされませんので、相手との交渉は俄然有利になります。
変に立て替えて納税するからいけないのです。
滞納しましょう。
何年間も滞納して、延滞金も沢山ついても一切払わないでおくのです。
大体200万円ぐらいの金額になれば、市も公売を考え出すでしょう。

「もう立て替えて払いません。滞納します。差押されます。
名義変更はできませんので、了解ください。
差押解除には滞納額を延滞金とともに支払う必要がありますが、その際には、私が立て替えた額も払ってください。
時効など援用しないでくださいね。」
とでも通知しておきましょう。

通知後、相手が急いで名義変更すればよし、しないようなら、市に「差押してくれ」と同意書を出してしまいましょう。
滞納があれば差押しなくてはならないという規定があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答 ありがとうございました。

何とか相手を困らせる手を打ちたいのですが、あくまで税務課の差し押さえが頼りで、他力本願のことでしか対応できないみたいです。

お礼日時:2011/04/10 18:06

解決法は判りませんので申し訳ないのですが、



すごい話ですね。

何だか、税務課職員の怠慢のように思いますが、違うのでしょうか?
所有者でもない人に、納税させる税務課がおかしい
お金を支払う義務の無い人に支払わせるのは、恐喝や詐欺と何が違いのでしょう?

台帳だって、法律云々言ってもその税務課で作成しているものでしょ?
空欄がダメなら、そこに市役所税務課って書けばいい
本当にひどい話ですね

といっても、根本は、買主ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

税務課は地方税法に法って納税義務者を決定しているので、大きな問題は地方税法と思います。

もともと土地や建物を購入した買主が登記をしないことがイレギュラーなことだから、
それを想定していない地方税法になじまないと思います。

ご指摘の通り、それ以前に買主の問題なんですが・・・。

お礼日時:2011/04/10 18:04

普通、取得した方は早急に登記手続きをするものなんですが・・・・何か問題があるんですか



売買契約はされたんですか? 譲渡申請ってどこに提出されたんですか?
権利書は相手に渡しているんですか。

んーーン、こんなのはどうでしょう、固定資産税課に行って相手の名前で納付書を発行してもらう

(私の経験談:名義替わらない先祖の土地を小作人名義か又は私名義であっても市に発行してもらい
相手に出してと・・)
小作人には20年間支払ってその納付領収書は保管、後、時効取得が出来ると・・・で15名が取得
無料で差し上げました。(この間、親族が異議しますと無効になる)

これとは逆のケースですもんねぇー、

それとも、横着に構えて資産税を払わないで放置、延滞税・加算税等が加わり・・・後はその地を差し押さえ
してもらう。この間も貴方に資産税、住民税(資産割)が掛かって来ますけど、、、

こじれてしまってるようですね、相手が横着なのか、いずれにしても仲に人を立てて話し合うか
直接、訪問して話し合うかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

普通、取得した方は早急に登記手続きをするものなんですが・・・・何か問題があるんですか
→物件には何も問題はありませn。

売買契約はされたんですか? 譲渡申請ってどこに提出されたんですか?
→もちろん締結済みです。

権利書は相手に渡しているんですか。
→渡していません。


こじれてしまってるようですね、相手が横着なのか、いずれにしても仲に人を立てて話し合うか
直接、訪問して話し合うかですね。
→何回も話しているのですがこのような状況です。

お礼日時:2011/04/10 18:00

所有権移転登記を行わなければ、買主には権利が無いのだから、適切な額の抵当権を設定したらいかがですか、その上で、競売してもらう・・・

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
そうしたいと思っていますが、もう少し時間がかかるようです。

お礼日時:2011/04/10 17:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定資産税の滞納行き着く際は? 所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税 年税額=360万円 家賃収

固定資産税の滞納行き着く際は?
所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税
年税額=360万円
家賃収入全額銀行返済
固定資産税支払不能の状態になるのは必定。
滞納し始めるとどうなりますか?
銀行の返済分の一部を固定資産税へと思いますが
法的には優先順位あるのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産税は、市町村の財源で重要になるため、支払いが滞ると不動産の差押えられ、強制競売されます。
そして、競売代金から優先的に回収されます。
その時の分配方法は、「滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律」に基づいて行われます。

固定資産税の支払いが無理なら、銀行と相談の上、任意売却に切り替えて
少しでも高く買い取ってもらうようにしてください。

なお、銀行と相談しないと、今度は、銀行が抵当権に基づく強制執行がまっていますので・・・。

Q所有権一部移転登記について質問です。 昨年、Aの所有している土地をBに3分の1贈与しました。 よって

所有権一部移転登記について質問です。
昨年、Aの所有している土地をBに3分の1贈与しました。
よって現状の持分は
A 3分の2
B 3分の1 です。
今回、Aの持分3分の2のうち半分である3分の1を贈与して、持分を
A 3分の1
B 3分の2
としたいのですが、登記の際に
Aの持分の2分の1をBに贈与する。
といった文面でいいのでしょうか?
また、権利者のところには3分の2と書くべきなのか2分の1と書くべきなのかがよくわからない状態です。
何卒、ご教授願います。

Aベストアンサー

「Aの持分3分の2のうち、2分の1をBに贈与」でしょうね。

権利者のところにはAの氏名を記載するだけです。

Q固定資産税について詳しく教えて下さい。

固定資産税について詳しく教えて下さい。

マイホーム建築の為、11月に100坪の土地を1000万で購入しました。
現在は建物は建て上がり来週引渡しになる状況です。

今日、固定資産税課から土地の納税通知書が届きました。
評価額は1120万で固定資産税は9万7千と記載されており旦那と驚きました。

第一期の納付は4月30日まで。

それで質問ですが、まだ建物と合わせた固定資産税ではないし、何も軽減措置?されていないこの金額を払わないといけないのでしょうか?

確か新築だと3年間は固定資産税が半分に軽減されると聞いたのですがそれはこれからでしょうか?

あと、今回は土地の固定資産税のみの金額ですが、土地だけ所有していれば固定資産税も高く建物が建てば固定資産税も少し安くなると聞きましたがそれは間違った知識でしょうか?

軽減されるなら手続きなどのやりかたも全く分からないし、不動産会社からは宅地に変わったら(売り出し時は農地だったので)固定資産税は5万位だと聞いていたのでこの金額にとても驚き建物とあわせたら一体いくらになってしまうのか不安で仕方ありません。

どうか、知識のあるかた詳しく教えて頂きたいので宜しくお願い致します。

固定資産税について詳しく教えて下さい。

マイホーム建築の為、11月に100坪の土地を1000万で購入しました。
現在は建物は建て上がり来週引渡しになる状況です。

今日、固定資産税課から土地の納税通知書が届きました。
評価額は1120万で固定資産税は9万7千と記載されており旦那と驚きました。

第一期の納付は4月30日まで。

それで質問ですが、まだ建物と合わせた固定資産税ではないし、何も軽減措置?されていないこの金額を払わないといけないのでしょうか?

確か新築だと3年間は固定資...続きを読む

Aベストアンサー

固定資産税の課税はその年の1月1日の状況がどうなっているか?です。
その時点ではまだ完成していないのですから、今回は更地としての課税となります。
しかし、新築後土地が減税されても建物の固定資産税も別途かかりますから、記載された評価額程度の場合、更地での固定資産税と住宅建築後の土地+建物の固定資産税とそう大きな開きはないと思います(あくまで経験値です。今年は建物分は課税されないため)
今年はそのまま支払うしかありませんし、何か手続きの必要性はありません。
都市計画税の課税地域か否か?建物面積や構造、仕様などわかりませんので、仮の計算も出来かねます。

Q不動産(マンション)所有者移転登記で抵当権者(銀行)の承諾が要る?

離婚協議の際に財産分与として嫁にマンションの所有権移転登記をしたいのですが、
ローンを一括で完済する力もなく抵当権も外せないため、嫁が弁護士に聞いたようで、
銀行とのローン契約条項の中に、例えば”契約の時に条件が変わった場合云々”の項目が
書かれていないかどうか、(銀行で住宅ローン契約内容を見せてもらって)確認したほうが
よい、とアドバイスを受けた模様なんです。
経験者にお伺いする訳にも行かず、困ってまして、そのような話をご存知の方がいらっしゃれば、
大抵はどこの銀行でもそのような契約条項はあって当然ではないかと思ってますので、
そのようなことがあっても銀行に断りなしに所有権移転登記を行っても問題がないのか
どうか、アドバイスを頂ければ非常に助かります。
よろしくお願い致します。

個人的気持ちとしては、(想像なんですが)そんなことを(嫁が)言い出したら財産分与なんか
借金を一括で返せる人しか出来ないじゃないか~、
と思ってまして、そのような境遇の方々はわざわさ銀行に断ってしまうとマークされてしまうので、
所有権移転登記自体はやられていらっしゃるのではないかと、思ってしまうのですが・・・。
(全然思ってることが間違いなのでしょうか・・・)

離婚協議の際に財産分与として嫁にマンションの所有権移転登記をしたいのですが、
ローンを一括で完済する力もなく抵当権も外せないため、嫁が弁護士に聞いたようで、
銀行とのローン契約条項の中に、例えば”契約の時に条件が変わった場合云々”の項目が
書かれていないかどうか、(銀行で住宅ローン契約内容を見せてもらって)確認したほうが
よい、とアドバイスを受けた模様なんです。
経験者にお伺いする訳にも行かず、困ってまして、そのような話をご存知の方がいらっしゃれば、
大抵はどこの銀行でもそ...続きを読む

Aベストアンサー

 お困りでしょう。

 まず、抵当権設定契約書には銀行の承諾なく名義を変えてはならないとの契約条項が入っているはずです。契約違反の場合は期限の利益を喪失する、という条項も入っているはずです。つまり、無断で名義変更すれば、一括弁済を求められることがあるということです。

 一方、抵当権がついたまま名義変更を行うことは可能です。この登記自体に抵当権者の承諾が必要というわけではありません。誰の名義になろうとも抵当権の実行ができるからです。


 さて、仮に銀行に相談し承諾を求めた場合、妻がローンを引き受け、かつ、借入資格がある場合(妻にそれなりの収入がある場合)は、銀行も承諾しますので、財産分与による所有権移転と抵当権設定登記をすることになります。

 しかし、今回はローンを夫がそのまま支払うというものです。全ての銀行がそうなのかは分かりませんが、基本的に所有者=債務者でなければならないようです。あくまで住宅ローンですので。

 しかし、当事者に財産分与の合意が成立しているのですから、当然それを実行したいでしょう。離婚した妻の生活の基盤となる住居の財産分与を受ける権利まで銀行が制限していいのかとも思います。悩ましいところです。


 契約書どおり銀行に相談に行って「黙ってしてくれたら・・・」と窓口で言われたということを聞いたこともあります。

 正攻法で行くかどうかを判断するのは、デメリットを踏まえた自己責任ということになってしまいます。

 尚、仮に、銀行の承諾を得ず名義変更して、ローン返済が遅れるような事態になれば、名義を変えたことが知られますので、そういったことのないように注意してください。

 

 お困りでしょう。

 まず、抵当権設定契約書には銀行の承諾なく名義を変えてはならないとの契約条項が入っているはずです。契約違反の場合は期限の利益を喪失する、という条項も入っているはずです。つまり、無断で名義変更すれば、一括弁済を求められることがあるということです。

 一方、抵当権がついたまま名義変更を行うことは可能です。この登記自体に抵当権者の承諾が必要というわけではありません。誰の名義になろうとも抵当権の実行ができるからです。


 さて、仮に銀行に相談し承諾を求め...続きを読む

Q雑種地に家を建ててその後壊して更地にした場合 固定資産税はどうなる?

雑種地に家を建築し、古くなったので家を壊した場合の固定資産税。その間は宅地並みの固定資産税が掛かりましたが、壊して更地にした場合は前の雑種地の固定資産税に変わりますか?
以前、雑種地は固定資産税は0円でした。
どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

家屋を解体し更地にすると宅地(住宅用地ではなく非住宅用地とみなされる)になり、かなり税金(翌年から固定資産税・都市計画税が大幅に増額される)がかかるようになります(例:家屋があるときの固定資産税の4倍~6倍)
http://kaitai-takumi.com/qa/118/
雑種地→宅地(家屋を建て、権利書取得のため所有権登記した時に地目は宅地に変更されたはず)→家屋を解体したらそのまま「宅地」

Q国外居住者の納税義務

日本の国内の会社から給与を頂いていても海外に半年以上居住し、その居住国で所得税、住民税を納めている場合日本での納税義務はないのでしょうか?

Aベストアンサー

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40HO033.html#1001000000002000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

Q固定資産税は建物に対してだけかかるのですか?土地に

固定資産税は建物に対してだけかかるのですか?土地にもかかるのですか?

建物にも土地にも固定資産税がかかるとしたら、
分譲マンショに住んでる人は建物だけの固定資産税を払い、
一軒家に住んでる人は建物と土地の二つの固定資産税を払わなければいけないと言う事に
なるのでしょうか?

Aベストアンサー

マンションも戸建ても税金を払った事がある者です。

どちらも建物・土地の税金を払います。
但し、どちらも土地を所有している場合です。
マンションも戸建ても借地の場合は、建物のみの固定資産税となります。

マンションの場合は土地の所有分が少ないので、税金が少ないように思いがちですが、建物は鉄筋などで丈夫とみなされる為、結構税金取られます(^_^;)
戸建ては木造の場合、建物の資産価値は低いため税金安いです。
土地の狭い都会の戸建ての場合は、マンションより固定資産税がかなり安かったりします。

借地権付きの戸建て木造住宅なら、余程の豪邸でないかぎり激安の税金だと思いますよ。

Q中古マンション購入時の持分全部移転登記とは?

1000万円程度の中古マンションを現金で購入しようと検討中です。
購入時の諸費用の見積もりを仲介業者さんが送ってくれたのですが、登記費用の明細のなかに、「持分全部移転登記」という項目があり、ネットでいろいろ調べてもいまいちわからなかったので質問してみることにしました。
私の場合、私個人が所有するし、ローンも組まないので所有権移転登記くらいしか必要ないのかと思っていたのですが、中古マンション購入時には「持分全部移転登記」も必要なのものなのでしょうか?
いただいた明細の内訳は以下です。
 所有権移転登記 費用・・・・・・37,000円
 所有権移転登記手数料・・・・・・35,000円
 持分全部移転登記 費用・・・・・58,000円
 持分全部移転登記手数料・・・・・29,000円
 全部事項証明書取得 費用・・・・ 2,000円
 全部事項証明書取得手数料・・・・ 1,900円
 交通費・郵送費・・・・・・・・・ 4,000円
 立会・本人確認業務・・・・・・・30,000円

お返事お待ちしております。

Aベストアンサー

今のマンションはたいてい、敷地権付き区分建物となっていて、土地部分も、専有部分の一体となった登記がされていることが多いです。
この場合は、土地の登記簿には個々の所有権は記載されずに(敷地権になった旨の登記がされ、以降、権利の変動などは登記されない)
建物の登記簿に土地の所在地や所有権の割合が記載されます。登記簿も建物について1通になります。
例えば50戸のマンションだと、所有者が50人いるわけですが、土地にそれぞれの所有権を登記すると、1つの土地の登記簿に
50人分の所有権や抵当権の登記を
しなくてはいけないので、その煩雑さを解消するための措置です。

しかし、小規模マンションだったり、古いマンション(「建物の区分所有等に関する法律」施行前に建ったマンション)だと、
建物と土地の登記が別々にされているものがあります。
建物については個々の専有部分の所有権、土地については共有持ち分の登記がされ、登記簿も建物専有部分と土地の2通になります。

Q固定資産税について教えて下さい

固定資産税について教えて下さい

こんにちあ、いつもお世話になっております
中古物件を購入予定です
この場合の固定資産税ですが・・・

土地を父、建物を私所有にした場合にくる合計の固定資産税と、土地・建物とも私所有(もしくは父)
にした場合の固定資産税というのは同じ金額なのでしょうか?

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

所有者が違うからと言って固定資産税の算定基準は変わらない。
従って、土地・父+建物・息子=土地建物・息子(or父)の場合は、双方とも同じ税額。

これから父と息子で買うつもりなら、固定資産税額を気にするよりも、生前贈与を上手く使って節税を考えた方が良いと思う。

税理士か税務署(できれば税理士)へ相談してみると詳しく教えてくれるはず。

Q過去の相続にて所有権移転未登記の家屋の相続について

過去の相続にて所有権移転未登記の家屋の相続について

先般、祖母がなくなりました。相続人は養子にあたる父、養女にあたる伯母になります。
不動産は父が相続することで、相続人間では合意がなされています。
不動産の所有権移転登記をする際に必要になるということで、遺産分割協議書を作成している過程で判明したのですが、教えて下さい。

祖母が居住していた家屋は、40年ほど前に死亡した祖父の名義のままとなっている。
家屋の所在する土地については、祖母に名義変更していたが、家屋については祖父名義のままである。
固定資産税の通知書は祖母名義で送付されてきているため、祖母名義と考えていた。
祖父の相続手続の際に、家屋の名義変更をしていなかった模様(当時の資料(分割協議書や申告書等)が無く、詳細は不明)。
祖父死亡時の相続人は、配偶者である祖母及び養子・養女である父・伯母の3人。
今回の祖母の相続人は、養子・養女である父・伯母の2人。

以上のような状況下、祖父の名義となっている家屋を父名義にするにはどうしたらよいか。
祖母の相続に係る遺産分割協議書上、祖父名義となっている家屋について記載できるか。記載できる場合、どのように記載したらよいか。

過去の相続にて所有権移転未登記の家屋の相続について

先般、祖母がなくなりました。相続人は養子にあたる父、養女にあたる伯母になります。
不動産は父が相続することで、相続人間では合意がなされています。
不動産の所有権移転登記をする際に必要になるということで、遺産分割協議書を作成している過程で判明したのですが、教えて下さい。

祖母が居住していた家屋は、40年ほど前に死亡した祖父の名義のままとなっている。
家屋の所在する土地については、祖母に名義変更していたが、家屋については祖父名義の...続きを読む

Aベストアンサー

家屋について、遺産分割協議書がつくられているでしょうか?
まずは、それを確認してください。
想像するに、おじい様が亡くなられた時に土地の名義変更をされているということで、その名義変更は遺産分割協議書を法務局に写しを提出しているはずですが、そこに一緒に記載されていると思われます。
その記載された遺産分割協議書があれば、それをもとに、まずはおばあさまの名義に変更してから、今回の相続の遺産分割協議書を作成して、お父様の名義に変更してください。
そのために、全力で遺産分割協議書を探し出してください。
問題は、その遺産分割協議書がどうしても見つからない場合、又はそれに記載がない場合です。
その場合は、家屋について、おじい様が亡くなられた時の遺産分割協議書を作り直す必要があります。
その時に署名捺印するのは、おじい様の相続人全員です。もし、その中に亡くなられている方がいたら、その方の相続人すべてにも署名捺印をしてもらわなければいけません。
どちらにしても、遺産分割協議書が必要です。+おじい様の戸籍が(おじい様の法定相続人を証明するため、だから、なくなっている方がみえたら、その方の戸籍の)必要です。こうして、一度、おばあ様の名義に変更してから、お父様に変更するのが、一番素直です。
なお、相続には、固定資産税は、不動産登記とは関係なく、実質の所有者を判断して、送付してきます。ですので、関係ありません。(建物の固定資産税評価額がそのまま相続価格になりますが)

家屋について、遺産分割協議書がつくられているでしょうか?
まずは、それを確認してください。
想像するに、おじい様が亡くなられた時に土地の名義変更をされているということで、その名義変更は遺産分割協議書を法務局に写しを提出しているはずですが、そこに一緒に記載されていると思われます。
その記載された遺産分割協議書があれば、それをもとに、まずはおばあさまの名義に変更してから、今回の相続の遺産分割協議書を作成して、お父様の名義に変更してください。
そのために、全力で遺産分割協議書を探し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報