東日本大震災の被災者・犠牲者の方にはお見舞い申し上げます。

震災より早1ヶ月になろうとしています。震災直後の混乱を最小限に抑えた被災者の皆さんの秩序ある行動には敬意を表するとともに、皆さんの行動は世界から評価されています。さて、この災害の中でも、公務員の皆さんは私を捨て公務を実施されたことは、被災者の方と同様に頭を深く下げ敬服の念を抱かずにはいられません。自衛隊、警察、消防、海上保安庁、役所、その他の公務員、準公務員の方は、自身の被害を差し置いての救済活動は評価されるべきです。

特に、陸自の方をはじめとして、海自、空自の自衛隊の皆さんの活動の様子が報道されにくいこともあり、正当な評価と報道が少ない様子です。これは、与党および与党の協力政党の一部に自衛隊を違憲としていることも起因していると推定します。しかし、自衛隊の設立以降60年に渡り国内外の災害や平和維持の活動の任務に当たり、しかも正当な評価が少ないことは残念に思います。

この不当とも思われる自衛隊の方の「活躍の事実」の報道の少なさの原因は何なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自衛隊の宣誓文の一節に「自衛隊の使命を自覚し」とか、「国民の負託に


答える」とかがありますが、自衛隊は日本の平和と独立を守るだけでなく
国民の安全を守ると言う使命があるため、要請があれば全国どこでも掛け
つけます。国防と言うのが主な任務ですが、国民の安全を確保すると言う
事も任務の一つとされています。
自衛隊の活動に対しての報道が少ないとか、正当な評価が少ないとか言わ
れますが、自衛官達はそのような事は全く気にしていません。国民の安全
を守る義務があるから頑張っているわけで、災害派遣に出動して被災者達
を出来るだけ早く救出する事が与えられた任務だと自覚しています。

被災地の各地で自衛官が活動してしますが、活動している光景を見られた
ら一言で構いませんから「ありがとう」って言ってやって下さい。
ありがとうを言って欲しくて作業をしている自衛官は一人もいませんが、
そのような言葉を言って貰えると、今後の作業も頑張ろうとする力が湧い
て来ます。

ちなみに僕は陸自OBです。現役の頃は災害派遣には出動した事は一度も
ありませんが、退職してからは何度か災害派遣に出ています。被災地でも
自衛官と出くわす事もありますが、何か一言でも声を掛けるようにしてい
ます。後輩達に何らかの激励の言葉を言う事が、先輩としての役目ではな
いかと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 20:20

活躍の事実を伝えてほしいと思って活動している自衛隊員はいないのではないですか?


いまは、適切な物資の供給。見えてない困窮の状態。日一日と緊張の抜けない放射能関連と先に必要な重要事項が報道されるべきだからでしょう。

知っている人は自衛隊の活躍を知っていますし、そういうことはもっとみなさんの生活が安定してからあとで特集組んでやってもらってもいいことだと思います。彼らが不当だと思ってるとは私には思えません。はたして評価を今すべきなのか。私は報道の枠を考えればそれは今まだ時期でないと思います。

まだ何もおわっってないのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 00:02

自衛隊の活躍が報道されないと感じているかたも何人かいらっしゃるようではありますが、私としては、大きな災害が起きると、自衛隊の活躍が表に出てきて、やっとありがたさを感じる、という印象があります。

正直、メディアで自衛隊の素晴らしさを感じるのは災害時のみといっても過言ではないほどですし(雪まつりなど、各種お祭りでの自衛隊の活躍はあまり報道されませんし)、日頃は自衛隊の存在に反対している人も、災害時の活躍は評価している場合が大半ではないかと思います。

ただ、訓練を受けた自衛隊や消防士といった方々は、ほかの人たちが簡単に行けないところに行くわけなので、報道陣ですら、いわゆる密着取材みたいなことがしにくいのだろうと思います。足手まといにもなりましょう。また、自民が政権をとっていた時の災害と、自民以外が政権をとっていた、あるいはとっている時の災害とのあいだで、自衛隊の報道のされ方に違いは感じません。ちなみに、消防士や海上保安庁の活躍こそ、めったに報道されませんよね。

具体的に、「あの災害ではこう報道されたのに今回はない」とか「今回、こんなことをしているのに報道されない」といったことを補足していただければ、より的確なアドバイスがつくかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 00:02

瓦礫の中からご遺体を探し出す活動は、映像にも残しにくいでしょう。


亡くなった方の尊厳とか遺族感情の面でも、そう言った映像を流すことも無理だし。

そうなると、残された遺族の悲しみとか避難生活の困難さなどが報道の主体と成らざるを得ない。

そうなると、特に映像として目に触れる機会が少ない。

でも、そんなに報道での扱いが悪い低いかな?
以前なら考えられなかった、(広報担当ではない)現場の生の自衛官の声が時々だけど映像に乗っている。
その率直な話を聞いて、『ご苦労様、大変な状況だがこれからもよろしく頼みます』って素直に感謝している。

今まで、活動中のコメントって幹部や広報担当ばかりで、優等生かつ建前のコメントばかりだった。
そう言う意味では、少しは変化があったと感じている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/10 00:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報