現在海外在住なのですが結婚式の為に一時帰国します。
その分の金額をオーストラリアの銀行で貯めてきました。
ただ、今までに海外送金の経験がないので、どのような方法が一番良いのかわかりません。
日本の口座はそのままにしてあって新生銀行と郵便貯金の口座があります。
どの部分で手数料がいくらくらいかかるのかも検討がつきかねるのですが、
一番良い方法ですとかおすすめの方法をご存じでしたら教えてください。
(今はcurrency onlineをチェックしていますがいまいち把握できておりません。)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

わたしオーストラリアの銀行や郵便局での海外送金手数料がわかりません。

(20-30豪ドル程度でしょう。)また、オーストラリアの郵便局からの海外送金についてもわかりません。(たぶん日本の郵便局に豪ドルが届いてから円に両替すると思います。)
ですから、日本での両替や受け取る際の手数料からの推測でお話します。

海外送金が初めてなら新生銀行のパワーフレックス口座へ送金することをすすめます。
というのは、現在の円豪ドルレート(約90円)に対し、郵便局は2円の上乗せレートで両替します。
一方新生銀行は0.5円だけです。
〔具体例〕
円豪ドルレートが90円として1万豪ドルをゆうちょ銀行、新生銀行での受取と両替を考えます。
  ・郵便局 1豪ドル88円で計算するので、88万円の受取
  ・新生銀行 89.50円で計算するので、89.5万円の受取
どちらが得かすぐわかりますね。
そのほか郵便局を利用すると海外送金手数料以外の手数料もかかるでしょう。

オーストラリアのどこの銀行から送金するかわかりせんが、新生銀行へ豪ドルのままパワーフレックス口座へ送金してください。あとはネット上で円に両替できます。中継銀行手数料がかかるかもしれませんがオーストラリアの銀行で払う海外送金手数料以外の余分な手数料はかからないでしょう。

あとセントラル短資FXに口座があるなら、上の例で行くと90万円そのままが受け取れます。

幸せなご結婚を願っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここの質問の後にkazuboyさんのサイトを発見してそちらでも、ご丁寧に回答いただきましてありがとうございました。
本当にこちらのサイトは頼りになるサイトだな~と感心するばかりです。
またお世話になるかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーストラリアの入国カードの書き方

両親がオーストラリアに旅行するのですが、入国カードの書き方がよく分かりません。
恐れ入りますが、ご存知の方、教えてください。

(1)オーストラリア国内での滞在予定先(住所)
これは、オーストラリアに入国して一番初めに宿泊するホテルの住所でよいのでしょうか?

(2)オーストラリアに持ち込もうとしているものの質問中、「伝統的な医薬品」とあるのですが、これは、どういったものを指しているのでしょうか?
市販の風邪薬や胃腸薬などは、これに含まれるのでしょうか?

(3)署名や質問の項目以外は、旅行者本人以外が代筆してもいいのでしょうか?

以上3点なのですが、ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.最初に滞在するホテル名で大丈夫ですよ。あと、有名なホテル名であれば…ホテル名と都市の場所だけ書けば大抵は大丈夫です。なんせ書く欄小さすぎますから。

2.伝統的な医薬品とは…言い方が変かもしれませんが…*日常的に飲んでいるもの*医師から処方されたものではなく西洋薬では無い物*インドネシアのジャムーや中国の漢方薬(これは…病院で処方されるツムラの漢方薬などは当てはまらないと思います。)それ以外にも日本で言えば…風邪の時に飲む玉子酒やねぎ、香辛料、蜂蜜などの食料品や植物、動物の一部は伝統的な薬とみなされると思います。市販のパブロンSとかバファリンとか正露丸等は大丈夫だと思います。

3.旅行者以外が書く事も可能ですよ。旅行会社によっては旅行前に出国カードに便名や名前の欄やパスポート番号などはあらかじめパソコンで印刷してから渡してくれるところもあります。しかし、署名だけはきちんと自分で書きましょう。また、署名だけする場合でも…オーストラリアのきびしい入管・税関・検閲で何か引っかかった場合、例:食料持ち込んじゃったりしてカードには持って無いと記入した場合は…なが~ぃお説教と罰金がまってるので記入内容が正しい事だけは確認してください。(抜け道ですが…同じ色の同じペンで書けば…字体が物凄く違わない限り他人が書いたとは思われないと思います。

私も小さい時(幼稚園のころ)に親に書いてもらった事はありますが…小学校のころには書く欄少ないので自分で書いてました。ちなみに書くのを失敗しても飛行機内でも空港内でも何枚でも入国カードはもらうことができます。

1.最初に滞在するホテル名で大丈夫ですよ。あと、有名なホテル名であれば…ホテル名と都市の場所だけ書けば大抵は大丈夫です。なんせ書く欄小さすぎますから。

2.伝統的な医薬品とは…言い方が変かもしれませんが…*日常的に飲んでいるもの*医師から処方されたものではなく西洋薬では無い物*インドネシアのジャムーや中国の漢方薬(これは…病院で処方されるツムラの漢方薬などは当てはまらないと思います。)それ以外にも日本で言えば…風邪の時に飲む玉子酒やねぎ、香辛料、蜂蜜などの食料品や植物、動物の一部...続きを読む

Q海外からの送金受け取りと海外への送金を割安で

海外送金受け取りと、海外送金を予定しています。
オンラインで処理できて、なるべく手数料を抑えるには、
どのサービスを利用するのが良いか、皆様のお知恵を
拝借できないでしょうか?

受け取りは、米国、シンガポール、またはインドからUSDで入ってきます。
送金は、主に台湾か中国へUSDで出て行きます。
送金1回の取引額は5,000USDから25,000USD程度です。

なるべく1つの口座で手続きを済ませたいですが、送金受け取り用と
送金用で口座が2つに分かれて構いません。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

米ドルで入金、そして米ドルのまま出金するようですね。

個人では、金額も考えるとシティバンクだと思います。(ネットバンキング送金限度額300万円)
受取った米ドルを一度円にするなら、ソニー銀行で0.1円程度の両替コストでお得でしょう。
しかし個人口座で事業性資金を送金することを断る銀行があるので注意してください。

個人事業主でネットバンキングができるのは、楽天銀行程度です。(海外向けのみ)

法人の場合、ネットバンキングが無料なのは、楽天銀行http:(海外向けのみ)、住信sbiネット銀行(両方ok)などがあります。しかし送金限度額の問題で一つに絞ることはできません。

海外送金に関するブログを運営しているので、よかったらプロフィールからのぞいて下さい。

Q入国カード(オーストラリア)の滞在目的欄

今月オーストラリアに短期留学をします(2ヶ月)。ただ期間が短いので、観光ビザを取りました。
そこで入国カードについて質問なんですが、観光ビザなのに「オーストラリアに訪れる主な理由」を教育とかにしてしまうと、検査官に怪しまれたりしてしまうのでしょうか?
あるサイトに観光ビザなら留学目的でも観光目的にしておいて、期間も短く書いておいた方がいいと載っていたので不安になってしまいました。

Aベストアンサー

観光でよいと思います。
短期留学といえば響きは良いですが実際は正式な留学ではありません。

Q日本円を海外に送金する一番いい方法、又はcitibankをうまく使う方法を教えて下さい。(現在海外に住んでいます)

教えて下さい。今、台湾に住んでいます。円高になるのを待って、3週間ほど前に日本から持っていった日本円をすべて両替してしまいました。まさか今、こんなにさらに円高になるとは思ってもいませんでした。シティバンクのe-savingにお金を預金してあるのですが、前に一度台湾のATM(シティバンクの支店の)でお金をおろしてみたところ、すごく手数料を取られて、たしか@3.4円ちょっとのレートだったのに、@3.55円で換算されてしまいました。どうやったら、あまり手数料を取られずに、自分の預金の日本円を手にして、沙汰にうまく両替できるでしょうか、さらに宜しければ、台北はどこの銀行の換金が最もよいでしょうか?どうぞ教えて下さい。
台湾には現在郵便局の口座しか持っておりません。 シティバンクの他にも日本の銀行口座を持っています。まだしばらく台湾に居るつもりなので、100万円くらい換金したいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 台湾在住経験はないのですが過去に十回と少し台湾に旅行に行っており、両替についても興味を持ちいろいろと調べました。旅行ですので送金は利用していませんが、それも含めて検討いたします。

 送金や両替の有利不利を考える上では為替用語を抜きに論じられないので、まずその説明におつき合い下さい。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=97円40銭でした」と報じているレートは断りのない限りこの「銀行間レート」です。一般の顧客はこのレートでの取引きはできず、必ずいくらかの手数料を上乗せして支払います。
・公示仲値 銀行間レートは常に変動しているため、両替や送金の基準レートとして使うと処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートとして用います。
 公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、為替取引の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため金融機関間で若干ばらつきがありますが、その差は0.1%か大きくても0.2%以内です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに外貨を買う取引きで適用されるレートです。具体的には外貨建てトラベラーズチェックの購入、外貨預金、外貨建て国際送金などが該当します。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に計算されます。TTSと反対に顧客が外貨を売る=銀行が買う取引きで適用されるレートがTTBです。
・外貨現金売りレート 外貨現金の取扱いでは発行国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが必然的に発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きには「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスク対策をしています。実際の両替ではTTSに外貨現金取扱手数料を加算したレートが「現金売りレート」として発表されます。繰り返しになりますが送金(数字上での取引き)と外貨両替(現金のやり取りを伴う取引き)ではレートが異なるということです。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も海外での利用分を決済する関係で通貨間の換算レートを毎日設定します。これも前出の公示仲値と同様に銀行間レートを参照して決定されます。このレートのことを本回答では「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」と呼ぶことにします。
 銀行間レート、公示仲値、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三者は厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。私の過去のデータでは、クレジットカード会社が定める通貨間換算レートと銀行間レートの乖離は通常時で±0.4%以内、為替市場が大きく動いている局面で±1.0%以内です。
 長くなりましたが要約すると(1)各金融機関、クレジットカード会社には基準レートが存在する (2)基準レートは各金融機関および各クレジットカード会社間で横並び (3)基準レートからの上乗せ分の違いが最終的な両替/送金レートの違いとして反映される ということです。

1. 為替レート表の読み取り方
 台湾のいくつかの銀行はインターネット上で為替レートを公開しています。私が今までに見つけられているのは台湾銀行[1]、上海商業儲蓄銀行[2]、兆豐國際商業銀行[3]などです。台湾銀行の10月31日のレートを解読してみます。
日本円Cash: Buying 0.3294, Selling 0.3425
日本円Spot: Buying 0.3376, Selling 0.3416
(いずれも日本円1円あたりの台湾元の額)
 SpotというのはCashの対義語でないので紛らわしいのですが(Spotの対義語はForward, *1)、送金で適用されるレートとお考えください。冒頭の為替用語の説明のTTS/TTBに当たります。Cashは文字通り店頭に現金を持ち込んで両替する場合のレートです。なおBuyingとSellingの主語は常に銀行側です。
 SpotレートのBuyingとSellingを足して2で割ると0.3396で、これが公示仲値であると見当をつけられます。つまり1万円をSpotレートで換算した場合、10,000×(0.3396-0.3376)=20元分が手数料(為替手数料)として銀行に差し引かれると分かります。参考までに日本円現金1万円の両替ならば10,000×(0.3396-0.3294)=102元で約3.0%が差し引き分ということです。
 上海商業儲蓄銀行についても同様に計算できます。日幣現金とあるのが文字通り現金両替レート、日圓とあるのがTTS/TTBに当たります。日圓の売りと買いの平均は0.3387で、売りはそこから0.0020上乗せ、買いは0.0020差し引きと分かります。差し引きと上乗せの幅は台湾銀行と同じです。公示仲値は台湾銀行より0.0009だけ不利ですが、これはこの日の設定がたまたまそちらに振れたというだけで、常に円安に設定しているわけではありません(*2)。

2. 日本から海外送金
 日本の銀行から海外に送金する場合、送金の手数料は1回4,000円が標準的な設定です。送金は円建て、米ドル建てなどが選べますが、円建てを選択した場合は「リフティングチャージ」(*3)という特有の手数料がかかります。リフティングチャージは送金額の0.05%ですが最低額の設定があり、送金額が少なくても2,500円徴収されるのが日本の銀行の一般的な設定です。台湾の銀行に着金した後は1.で述べたTTBレートで台湾元に換算されます。また海外送金では中継銀行や受取銀行が手数料を差し引くことがあります。中継銀行/受取銀行の手数料がかかるのか、かかる場合その金額がいくらなのかは送金してみないと分からないことが大半ですが、かかる場合の典型的な金額は千円~5千円程度です。これらの手数料は「コルレスチャージ」「仲介手数料」「口座登記料」などと呼ばれることもあります。
 100万円を日本の銀行から円建てで送金した場合で考えてみます。送金手数料が4,000円、リフティングチャージが2,500円かかります。台湾の銀行では上述のように1万円あたり20元の為替手数料が差し引かれたレートで台湾元に交換されます。公示仲値が1台湾元=0.34円とするなら目減りの合計は4,000+2,500+0.34×20×100=7,180円程度と見積もられます。割合にすれば0.72%なので悪くない話です。中継銀行や受取銀行の手数料がかかったとしても目減りは1.5%程度までで収まるでしょう。問題は現地での銀行口座の開設が必要なことです。台湾の郵便局の口座で外貨送金を受け取れるかは未確認で、恐縮ながらご自身で問合せ頂ければと思います。
 日本の郵便局から「住所あて送金」を利用することもできます[4]。これなら口座開設は不要で送金手数料も2,500円と安上がりです。ただし円建て送金はできず米ドル建てでの送金になります(*4)。同じく100万円を送金したとして手数料を見積もると送金手数料が2,500円、円→米ドルの交換の際の為替手数料が約1万円(1米ドルあたり1円)、リフティングチャージ不要、米ドル→台湾元交換の際の目減りが1ドルあたり0.05元で合計約1万4千円です。中継銀行/受取銀行手数料がかかると目減りはもう少し大きくなります。また当然ながら質問者さん自身では手続きができないので、日本にいるどなたかにお願いして送金してもらうことになります。為替証書が送られてくるのでこれを適宜の金融機関で換金します。
 シティバンク銀行は個人の送金ならリフティングチャージ不要で、送金手数料も月間平均取引残高に応じ割引きがありますが、円建て送金はシティバンクの海外支店の口座宛てでないとできません。米ドル建てで送金した場合の目減りの計算は郵便局の場合とほぼ同じですが、送金手数料が郵便局の2,500円に対しシティバンク銀行は4,000円(シティバンク オンライン利用なら3,500円)なので少し高くなります。

3. 現地の現金自動預払機での引き出し
 現金自動預払機(ATM)で台湾元を引き出すのも有利な方法の一つです。ただしシティバンク銀行の国際キャッシュカード(同行での呼称は「バンキングカード」)は明らかに不利です。実は私も、台湾に旅行するようになった初めの頃はシティバンク銀行のバンキングカードで引き出していましたが、その後この方法が不利であると気付きやめました。
 シティバンク銀行のバンキングカードを使いATMで台湾元を引き出した場合、引き出した台湾元の額を銀行間レートに準じたレートで米ドルに換算、手数料3%を加算した上で米ドルのTTSで日本円に再度換算した額が引き落とされます。日本円-米ドルのレート変動に多少影響されますが、だいたい公示仲値に4%が上乗せされた額が引き落とされる計算になります。銀行間レートが1元=3.40円ですと4%上乗せしたレートは1元→3.54円ですので、計算自体は合っています。新生銀行も同様の国際キャッシュカードを出していますが、クレジットカード会社(VISA)が定める通貨間換算レートに4%加算なのでやはり不利です。

 これより有利なレートでATMを利用する方法としては、クレジットカードでのキャッシングと、デビットカードの2つの方法を挙げておきます。
 クレジットカードでキャッシングした場合、適用されるレートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」で、これに利用日から口座引落し日までの利息が加算されます。クレジットカード会社が定める通貨間換算レートが公示仲値や銀行間レートと同一視できることは冒頭の用語説明で述べました。利息ですが、利率が年利で15~20%、利用日から口座引落し日までは25~55日くらいですから、利用額の1.0~3.0%程度を上乗せして支払うことになります。口座引落し日までの日数にもよりますがシティバンク銀行のバンキングカードよりは有利です。
 キャッシングは繰り上げ返済すればその分利息が少なくて済み有利です。私は専らセゾンカードを用い、セゾンのATM(手数料不要)で帰国後すぐに繰り上げ返済しています。ただ長期滞在となるとこの方法は使えませんので、繰り上げ返済するならインターネットバンキングを使い指定口座に振り込むことになるでしょう。利用金額が1万円程度までなら振込手数料を払って無理に繰り上げ返済するより、通常の引落し日にそのまま引き落としてもらった方が有利です。
 デビットカードは国際キャッシュカードとほぼ同様の機能を持っています。海外のATMから現地通貨を引き出すことができ、引き出した額は銀行口座から即時に引き落とされます(残高不足の場合は当然引き出せません)。
 現時点で手数料が最も安いのはイーバンク銀行の「イーバンクマネーカード」[5]でしょう。引落し額は、クレジットカード会社(VISA)が定める通貨間換算レートで日本円に換算した額に手数料1.63%を加算した額です[6]。国際キャッシュカードと同じ使い方ができ、手数料は安いので今はこちらがお勧めです。ただし台湾在住となると今からイーバンク銀行の口座を作るのは難しそうです。一時帰国の機会がある、身内の誰かが代わって手続きしてくれるなどの手があればご検討ください。デビットカードは他にスルガ銀行も出しています[7]。利用額の1.63%の手数料がかかるのは同じですが、このほかに利用の都度の手数料210円がかかるのでイーバンク銀行より少し不利です。

【まとめ】
(1)両替や送金の有利不利は、基準となるレート(公示仲値)からの上乗せの大小で比較できます。目減りの大小とも言い換えられます。
(2)海外送金は手数料が数千円以上になるので小額の場合は不利ですが、100万円を一度に送金するなら悪くありません。目減りの目安は0.7~1.5%です。現地の銀行口座を開設できないなら、日本の郵便局の「住所あて送金」を利用する方法もあります。
(3)現金自動預払機を利用するなら、クレジットカード(キャッシング)やデビットカードが有利です。上乗せ分は前者が1.0~3.0%、後者が1.63%です。シティバンク銀行や新生銀行の国際キャッシュカードは上乗せ分が約4.0%と大きいので勧めません。

参考ページ
[1] http://rate.bot.com.tw/Pages/Static/UIP003.en-US.htm
[2] https://ibank.scsb.com.tw/netbank.portal?_nfpb=true&_pageLabel=page_other12&_nfls=false
[3] http://www.megabank.com.tw/bulletin02_02.asp
[4] http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/kaigai/sokin/kj_tk_kg_sk_taiwan.html
[5] http://www.ebank.co.jp/kojin/debit/index.html
[6] http://www.ebank.co.jp/kojin/debit/what.html#cc
[7] http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/benri/visa_debit/

*1 取引から2営業日以内に決済する(代金を支払う)方式をSpot取引、2営業日を超えて決済する方式をForward取引と言います。Forwardでのレートは交換した2つの通貨の金利差分を織り込んだ数字になります。
*2 もし常に他行より円安側の設定にしている銀行があったとします。すると台湾元を日本円に両替しようとする人は皆その銀行を利用します。その結果台湾元の残高がどんどん増える一方、日本円の在庫はなくなります。こうなると他の銀行から逆ザヤ承知で日本円を調達するか、自分の銀行のレートを円高側に設定して保有外貨の持ち分を調整するかしかありません。特定の一日で見れば平均より円高側だったり円安側だったりしますが、常に円高側/円安側の銀行というのはあり得ません。
*3 通貨間の交換を伴わない為替取引に対し課される手数料です。例えば「日本円で資金を持ち込んで円建てで送金」「米ドル外貨預金口座の資金を米ドル建てトラベラーズチェックで払い出し」などが該当します。「日本円で資金を持ち込んでユーロ建てで送金」といった場合にはかかりません。
*4 「いったん米ドルに変換したら今の円高台湾元安を活かせないのではないか」というご心配もあるかと思いますがその心配は無用です。公示仲値で日本円がA米ドル、1米ドルがB台湾ドルに当たるなら、日本円→台湾元と直接交換する際の公示仲値は自動的にA×Bだからです。

 台湾在住経験はないのですが過去に十回と少し台湾に旅行に行っており、両替についても興味を持ちいろいろと調べました。旅行ですので送金は利用していませんが、それも含めて検討いたします。

 送金や両替の有利不利を考える上では為替用語を抜きに論じられないので、まずその説明におつき合い下さい。
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=97円40銭でした」と報じているレートは断りのない限りこの「...続きを読む

Qオーストラリアへのお土産&入国カードの書き方

オーストラリアに住んでいる(8~9年在住)日本の方へのお土産は
どんなものが喜ばれますか?
年齢は30~40歳くらいです。

それと、入国カードの「職業」欄に「主婦」と書いてもいいのでしょうか?
それとも職業なしと書くのでしょうか?

主婦の場合は「housewife」でOKですか?別の単語がありましたら
教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 もしもその方がタバコを吸われるんでしたら、お土産にすると喜ばれると思いますよ。向こうで買うととても高いらしいので...

Qアメリカ留学費用の為のドル預金と送金について(長文です)

実は子供が米国の大学に留学しています。大学院なども考えるとまだ3-4年はアメリカにいる事になると思われます。日本で普通に教育費として日本の銀行に預金していたお金を、どうせなら円高の時にドルに換金してドルで預金しておいた方がいいように思われます。今までは毎月、生活費として奨学金を10万ほど郵便局から子供のアメリカンバンクに送金し、授業料はカ-ド(ビザカ-ド)で決済していましたが、レ-トが頻繁に変わり、手数料もかかるので、いっそのこと200-300万円位を、ドルに換えて預金して必要な時にドルで送金、もしくはアメリカで引き出すのが無駄が無いように思われます。ただ全てを息子のアメリカの銀行に振り込むのも、心配ですし(お金の管理という点と銀行の倒産の点からも・・・)何か良い方法が無いかと考えています。ドル預金ですと円からドルに換えたお金はまた円に換えてしか引き出せないようで無駄なんです。いっそドルを貸し金庫に預けるのがいいのかとも思うのですが。その場合ドルをそのままアメリカに送金できるのでしょうか?どなたか良い方法を教えてください。

Aベストアンサー

>>アメリカに口座を開けるのでしょうか?

 息子さんに聞けばよくわかると思います。

>>ドルをそのまま日本からアメリカに送金

 数万ドルのキャッシュを郵送することは、現実的には無理です。

 $のキャッシュを日本国内で手に入れることは考えないほうが良いと思います。日本で流通していない外貨のキャッシュは、取り扱いに高い手数料を取られるうえ、使うときに不便です。

 現在の為替で確定させたいのであれば外貨預金が手軽でしょう。現金よりは手数料・利便性でましです。
 宣伝したくはありませんが、CITIであれば$の取り扱いで多少有利です。外貨キャッシュカードというのもあります。キーワードは挙げたので、後はご自身でお調べください。

 現在の為替で$に換えるという前提であれば、私ならばアメリカに送金し、当座必要な分はcheckingで、残りはsaving accountまたはCDs、短期アメリカ国債のような元本保証のものにしておきます(授業料なので元本保証が重要です)。2万ドルであれば、年間10万円弱の利子が付くので1か月分の生活費になりますね。

>>アメリカに口座を開けるのでしょうか?

 息子さんに聞けばよくわかると思います。

>>ドルをそのまま日本からアメリカに送金

 数万ドルのキャッシュを郵送することは、現実的には無理です。

 $のキャッシュを日本国内で手に入れることは考えないほうが良いと思います。日本で流通していない外貨のキャッシュは、取り扱いに高い手数料を取られるうえ、使うときに不便です。

 現在の為替で確定させたいのであれば外貨預金が手軽でしょう。現金よりは手数料・利便性でましです。
 宣伝したくは...続きを読む

Q入国カードと税関申告書について

韓国に入国する際に書く入国カードと税関申告書について教えて下さい。

私の場合、函館空港から羽田空港まで行って羽田空港から韓国の空港まで行きます。

その際、入国カードと税関申告書は日本語で書いても大丈夫でしょうか?

入国カードと税関申告書の記入例を見ると英語で書いているので気になりました。

入国カードの記入欄に、便名・船名 (入国時の搭乗便名)と出発地を記載するところがあるのですが、私の場合だと便名は一番最初に乗った函館空港の便名を書いたらいいのですか?

また、出発地はどうなりますか?


初めての海外なのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

入国カード記入例は
http://visitkorea.or.kr/jpn/AK/AK_JA_1_2_1_2.jsp
を参照してください。
税関申告書の記入例もありますよ。

入国時の搭乗便名は羽田空港から韓国の空港までの便名で,出発地は羽田

Q海外先で、グアムですが、細かい1ドル、5ドルが欲しいですが、日本の両替は、100ドルパックですよね。

海外先で、グアムですが、細かい1ドル、5ドルが欲しいですが、日本の両替は、100ドルパックですよね。何かいい両替はないでしょうか?

Aベストアンサー

追伸
とられません。

Q韓国入国カードについて

2週間後に韓国へ行きます。
韓国に入国する時に必要な入国カードは機内でもらえますよね。
その入国カードに、韓国滞在中の連絡先を書く欄があると思うのですが・・・。
そこを空白で提出するとさすがにアウトですよね?入国を認められないですよね。

Aベストアンサー

入国カードは機内でもらえますよね
→ もらえます。
連絡先を書く欄があると思うのですが・
→ あります。
入国を認められないですよね。
→ 5分5分ですね。
  何もいわずに受け取ってくれる場合もあるでしょう。
  (迎えにくる友達の家に泊めてもらうが、住所は聞いていないとかいう場合もあって)
  何かどうしても書きたくない理由があるのでなければ書いても別に追跡されることは先ずありません。
もうひとつの方法は宿泊してもよいと思うホテルの名前を書いておくことです。
(あくまでもあなたが、通関の時はそのホテルに宿泊する意思を持っていることが前提で、その後気変わりして宿泊をやめたとしても、あるいは満室でそのホテルに宿泊できなかったとしてもそれは誰も責めることができません)

Qオーストラリアドルとニュージーランドドル

オーストラリアドルとニュージーランドドルは高いなあと思っています。以前はもっと安かったのに、このまま両者はこの強さを保っていくのでしょうか?御存知の方教えてください。また何でそんなに高いのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しいわけではありませんが。豪ドルを持っているので回答します。
FXやMMFを始めるのですか?

2・3年前100円台から55円くらいまで一機に暴落しました。その時58円で豪ドルMMFを買いました。
いいお買い物だったので上昇するたびに買い増しをしながら今は貯金として大事にしています。
私は80円まで買い増ししました。100円くらいまで高騰したら手放すつもりですが、
金利がわりといいので今はそのまま長期で持っていたいな~と思っています。

過去のデータをチラ見しましたが、ずいぶん前、某国の経済危機の頃もぐーん下がっていて、60円前後
までいったはずです。豪ドルは投資目的で買う人が多いそうなので、
外因で釣られ安の時は買いのチャンス、豪州内の内因の場合は様子見だと思います。
最近、金利がちょっと下がりましたが、他国の経済よりも私は健全だと思っています。
健全であることと、資源国通貨であること、あとは金利が高いから買い増ししたい、長期で持っていたい!
そう思う私のような人間が豪ドルを高くしているのかもしれません。私の周りでも外貨預金を豪ドルにしている人は
多いです。

個人的には豪ドルのMMFはとってもお勧めです。

詳しいわけではありませんが。豪ドルを持っているので回答します。
FXやMMFを始めるのですか?

2・3年前100円台から55円くらいまで一機に暴落しました。その時58円で豪ドルMMFを買いました。
いいお買い物だったので上昇するたびに買い増しをしながら今は貯金として大事にしています。
私は80円まで買い増ししました。100円くらいまで高騰したら手放すつもりですが、
金利がわりといいので今はそのまま長期で持っていたいな~と思っています。

過去のデータをチラ見しましたが、ずいぶん前、某国の経済危機の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報