私は、10年程前から従業員多数を(雇用契約・源泉徴収はしています)社員として雇い一般建設業をしています。
安心出来る職場つくりの為と会社拡大、成長の為に、今年には株式会社にしたいと思うのですが、初心者の為出来るだけ分かりやすく下記質問にお答えして頂けますでしょうか??

★自己資金がある場合は全て資本金にあてるべきですか?
★会社自体をやめる際は、資本金にあてた自己資金はどうなるのですか?
★株を発行すると思うのですが、従業員は一部所有できるのですか?その際は、例え10分の1の所   有でも、取締役と言うことでしょうか?
★資本金は自己資金の何割くらいが良いのでしょうか?
★資本金額を上げる為に借入までしたほうが良いのでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

携帯からなので簡単に説明します。


一応会計事務所勤務していた過去がありますが、ヘタレですので参考程度でお願いします。
今は設立初期相談を無料で行っている税理士もいますのでそちらで詳しくご相談される事をお薦めします。


資本金とは会社設立の元手、言わば体力、ゲームで言うHPです。
小売業の場合、お金がなければ商品が買えず商売出来ません。
また、道路で商売をするわけではないので事務所賃貸や備品の購入にも使います。
お金ではなく土地、動産でも資本金に含まれます。


自己資金については多いに越したことはありません。
元手が多ければそれだけ将来の収益獲得に繋がると予想されます。
また、資本金が多ければ会社としての安全度もあがりますので借入の際審査が通りやすいです。


株式を持っているからと言って役員になるわけではありません。
あくまでも株主は出資者、役員は出資者から資金を出してもらいそれを運営し利益を上げ、配当金として株主に還元する仕組みになっています。
株式を役員または従業員が持つことに基本的には制約はありません。
ただし、51%保有すると社長になれたりします。
従業員Aさん30%保有、Bさん21%保有の場合株主総会でAB両者がどちらかを社長にするとなった場合、2人の株式保有割合が過半数以上なのでグルになる場合も可能…だったはず…


資本金の自己資本率ですが、そもそも自己資本とはどの事をさしているのでしょうか。
ちょっと意味が解りません(私が無知な可能性もあります)


借入に関してですが、会社名義での借入金=資本金にはなれません。
会社名義での借入金は負債となり、会社の体力にはなりませんよね。
よくあるのが社長個人名義での借入をし、会社の資本金とします。
もちろん個人の借入ですので利息も自己負担です。
ですが、ある程度資本金がある場合会社が社長から借入をするという事はよくあります。


資本金にこだわっているとお見受けしましたが、確かに多いほうが社会的信用も得る事が出来いいですがなにがなんでも多くする必要はありません。
会社の規模に応じて増やしていくのが堅実だと思います。


補足ですが、経営者様ならまず日本商工会議所簿記検定3級、出来れば2級まで独学でも取れるので取られたほうが絶対にいいです。
資本金や負債の意味、会社内での金銭の流れを把握するには必須です。


間違い等ありましたら申し訳ありません。
参考程度でお読みいただけたらと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しい中、誠に御親切に有難うございました。
本当に助かります。
簿記検定なんとか検討してみます。

続きのような感じで又、いくつか質問覧に出させて頂くと思いますが、どうぞ宜しくお願いします。

お礼日時:2011/04/09 03:50

会社設立時から経営を手伝っている者です。

経営の専門家では無いので知りえた範囲の助言と受け取ってください。
・株式会社の資本金は最低で1000万円以上が必要(設立条件の一つ)。
・会社組織の場合は会社の存立を定義する定款という書類の作成と登録(法務局)が必要。
・株券の額面と発行数、持ち株の配分、などは定款の中できめておく。
・社員が10名以上なら地区の労働基準監督署へ就業規則の提示・提出が必要。
・法律的に会計報告(決算)が必要になります(経理事務所などへ委託)。
・資本金は経理上の借り入れではなく会社設立株主個人の預金として預金残高証明が必要なようで す。
・資本金は設立に必要な金額(1000万円)で良い、余分にあれば資金として別途保留しておく。
・株数は30%以上の所有で会社経営への決定権が発生(記憶している)するから出資者、または株  主の決定には注意する必要あり。(設立者への対立や悪意の妨害を防止)
・経理的な基本を知識として理解しておく必要あり。
などなどですがまだ詳細にはあります。
自己資金が無限か資金融通してくれるバックを持っていなければ金融機関との繋がりも必要になる。これが一番大きな要点ではないでしょうか。
事業の規模によりますが、年間の売上高とそこから生まれる利益額と利益率で経営判断して、その後に増資して規模を拡大していくのが普通の経営と事業のあり方です。
ちなみに私の経験談の実情は次の次第、私は経営者3方の助言と助力する立場(若干の給与)。
10年前は社員6名(株主3名含む)でスタートして売上は6000万円から雌伏10年で5倍に。
現在社員30名で売上高3億です、僅かながら賞与も出し、税金も払い、一応健全な会社として経営をしております。無理、無駄、のない経営と仕事の品質(手抜き無い)で信用を得るというモットーで助言と営業支援をしてきました。
人(M)金(M)物(M)を大切にする心で誠意ある商業活動する経営にロマンを持つ経営者になってください。どうぞ頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
これからもっと勉強したいと思います。

やはり経営には、人望は大事だと思います。

お礼日時:2011/04/09 13:16

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資本金の減額(減資)について

資本金の減額(減資)について

利益剰余金の合計(=利益準備金や別途積立金や繰越利益剰余金の合計)
がマイナスでは無い場合、
欠損は無いといってよいのでしょうか?

欠損がない場合でも、
資本金の減額(減資)は出来るのでしょうか?


欠損が無く、
以下の2つ(不等号)の場合、減資可能というか、
関係ないでしょうか?
・利益剰余金の合計>資本金
・利益剰余金の合計<資本金

Aベストアンサー

>(利益剰余金合計はプラスであっても)
繰り越し利益剰余金がマイナスの場合は、そちらへ組み入れる事も可能なのですか?

利益剰余金合計はプラスということは、別途積立金とか配当平均積立金とかの残があるということでしょうね。

この場合はまず積立金を取り崩し、繰越利益を相殺します。それでも繰越欠損金が消えない場合は、まず普通は資本剰余金を取り崩し、次に減資という順序でしょう。これが無難な方法ですが、会社法では株主総会で決議すればいきなり減資もできますという話です。

Q会社を作って金持ちになろうとすると雇う従業員も多いほうがいいのですか?

会社を作って金持ちになろうとすると雇う従業員も多いほうがいいのですか?

Aベストアンサー

会社を作ると、どうして金持ちになれる
のか。

それは、株式市場に上場できるからです。
上場することによって、オーナーは巨万の
富を手にすることが出来ます。

上場出来るためには、従業員が多い方が
有利です。

従業員の多寡だけで上場は決まりませんが、
有利なのは確かです。

Q株式会社の資本金の減資について

株式会社の資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

Aベストアンサー

>資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

<メリットの一例>
 ○欠損金の補填のために資本金を取り崩す場合
   減資をおこなうと、資本の欠損の填補によって余剰金の配当が可能となります
   (会社に対する新たな出資の誘因となり、資金調達がしやすくなります)
 ご質問のような、名目上の減資(無償減資)の場合は欠損金を補填する(赤字が
 見えなくなる)メリットが一番大きいと思われます。
 もしも欠損金が無いのであれば、特段のメリットは思いつきません。

このほかに、減資により資本金が1億円以下となると、交際費の一部が損金と
して認容されます。

http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/sy200430/200430l.htm

例 資本金1億円以下の会社が、400万円の交際費を使用した場合は、
    400万円×90%=360万円 が損金となります。
   税率を仮に40%とするならば、144万円税金が少なくなります。
   (資本金1億円以上の会社との比較)

>資本金を減資して、減資額を資本剰余金に振替えることは会社にとってなにがメリットになりますか 

<メリットの一例>
 ○欠損金の補填のために資本金を取り崩す場合
   減資をおこなうと、資本の欠損の填補によって余剰金の配当が可能となります
   (会社に対する新たな出資の誘因となり、資金調達がしやすくなります)
 ご質問のような、名目上の減資(無償減資)の場合は欠損金を補填する(赤字が
 見えなくなる)メリットが一番大きいと思われます。
 もしも欠損金が無いのであれば、特...続きを読む

Q家族経営の場合でも、雇う時は、雇用契約書に記入をしてもらい、雇用契約を結ばないと駄目なのでしょうか?

家族経営の場合でも、雇う時は、雇用契約書に記入をしてもらい、雇用契約を結ばないと駄目なのでしょうか?

Aベストアンサー

同居の親族のみで経営している場合は、労働契約法22条2項に
「この法律は、使用者が同居の親族のみを使用する場合の労働契約については、適用しない。」
とされています。
労働基準法においても、同居の親族は適用外となります。
この場合、同居親族も経営側と判断されますので雇用されている訳ではなく、雇用契約は必要ないかと思います。

Q資本金の無償減資の科目

現在の資本金1億2千万円から1億円に減資することを検討しています(外形標準課税が非課税になるように)。
仕訳ですが、例えば今回、2千万円を減資すると、借方は資本金ですが、貸方はどんな科目を使えばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

仕訳は次のとおりの資本取引となります。
(借方)
資本金 20,000,000

(貸方)
減資差益 20,000,000

この減資差益は純資産の資本剰余金として決算書に表示されます。

Qアルバイトを雇いたいのですが、雇用保険や何らかの手続き等はありますか?

アルバイトを雇いたいのですが、雇用保険や何らかの手続き等はありますか?
今まで一人でのんきに自営業をしていましたが、雇用が必要となりました。
最低必要なことを教えてください。

Aベストアンサー

建設業や林業といった業態でなければ、一元適用ですので、事業場所在地をうけもつ労働基準監督署に行って、事業開始の届出をして、保険番号をもらいます。その番号をもってハローワークに行き、被保険者(労働者)の資格取得の手続きをします。当人に雇用保険の加入歴があれば、被保険者番号があるはずですので被保険者証をもっていきます。今は週20時間以上かつ31日以上雇用見込みがあれば、雇用保険の加入義務があります。労災は1日でも雇えば対象です。

保険料は労働基準監督署に行ったときにもらう納付書に1年間の賃金支払い見込み(今なら3月末までの見込み総額)から計算した保険料(労災と雇用保険料あわせたもの)を一括納付します。

で、年度明け(来年の7月頃)に実際払った賃金総額から保険料額を確定清算し、あわせて来年度分の見込み保険料をあわせて納付する、という流れになります。

このほかにも、源泉徴収義務が生じますから、税務署に行って関係書類をもらってください。扶養控除申告書を当人に書いてもらわないと、少ない賃金でも所得税を源泉せねばなりません。賃金から雇用保険料等本人負担分をさしひいたものから、所得税額を求め、毎翌月10日までに納付となります。

週30時間以上働いてもらうなら、社会保険(健保と厚生年金)にも加入となり、別途加入手続きが必要です。

個人事業ですので、法人成りしないかぎりは、事業主とその家族はこれらの手続きは対象外です。

建設業や林業といった業態でなければ、一元適用ですので、事業場所在地をうけもつ労働基準監督署に行って、事業開始の届出をして、保険番号をもらいます。その番号をもってハローワークに行き、被保険者(労働者)の資格取得の手続きをします。当人に雇用保険の加入歴があれば、被保険者番号があるはずですので被保険者証をもっていきます。今は週20時間以上かつ31日以上雇用見込みがあれば、雇用保険の加入義務があります。労災は1日でも雇えば対象です。

保険料は労働基準監督署に行ったときにもらう納付...続きを読む

Q資本金3500万円の会社です。減資出来ますか?

資本金3500万円の会社です。1000万円の資本金に減資したいのですが
できるのでしょうか?
ちなみに、会社は少しの利益は出しています。
又、株主は理解しております。

Aベストアンサー

4月に商法が改正されています。今までより減資しやすくなっています。
最新の情報は司法書士が持っていますので1度ご相談に
なった方がよいでしょう。
減資には株主総会の決議だけでなく債権者にたいする催告、公告(官報で)が必要です。

Q経営者が人を雇うこと=搾取以外何があるのでしょう? 経営者は収入を増やすために人を雇う。 ということ

経営者が人を雇うこと=搾取以外何があるのでしょう?

経営者は収入を増やすために人を雇う。

ということは雇われた人が稼いだ分から搾取することによって収入を増やすということですよね。

1人の稼ぎだとタカが知れているのでもっと稼ごうと思ったら人を雇わないといけないが、雇った賃金以上に雇われた人が働かないと収入は増えないわけで、経営者が人を雇う=搾取に他ならない気がします。

経営者は自分の力だけで稼いで金持ちになってるわけではなくただ搾取して金持ちになってるだけですよね。

個人1人で独立して稼いでいる経営者は尊敬出来ますが、人を雇って会社を大きくしている経営者は搾取の量が多いだけに見えて尊敬が出来ないんですけどこれは変わった感覚でしょうか?

例えば、UNIQLOの社長とか、経営哲学で、日本人に安く良い服を提供したいからユニクロを始めたと言ってますが、完全に後付けの嘘ですよね?

UNIQLOが出来る前から、日本には安い服は流通してましたよ。だからUNIQLOの社長は日本に安くて良い服を提供したいって思って起業したのではなく、安くて良い服を提供したら売れて金持ちになれるビジネスになると思って起業したと思います。

ニトリの社長も良いものを安く提供したいって言ってたけどこれもあとづけですよね。

人を雇って会社の規模を大きくすること=雇われた人から搾取する以外に何があるのでしょうか?

綺麗事は後付けですよね。不景気になるとすぐにクビにして人員整理やらリストラをする。実力主義、成果主義だと言う。

企業理念が日本人に安くて良いものを提供するために起業したのに不景気ならリストラするっておかしいですよね。会社が倒産しても日本人の幸せのために起業したのなら潰れるならみんな一緒に潰れたら良いと思うはず。

要するに日本人に良いものを安く提供したいっていう企業理念は表向きの表面でしかない。

だから経営者は嫌いだし、大きい会社の社長も従業員が稼いだお金を搾取しているだけにしか見えないので尊敬が出来ない。

個人の病院や個人で営んでいるバイク屋や個人経営の八百屋とか自分の実力で勝負して自分の実力の範囲で生きている経営者は尊敬出来る。

これって変わった感覚でしょうか?

経営者が人を雇うこと=搾取以外何があるのでしょう?

経営者は収入を増やすために人を雇う。

ということは雇われた人が稼いだ分から搾取することによって収入を増やすということですよね。

1人の稼ぎだとタカが知れているのでもっと稼ごうと思ったら人を雇わないといけないが、雇った賃金以上に雇われた人が働かないと収入は増えないわけで、経営者が人を雇う=搾取に他ならない気がします。

経営者は自分の力だけで稼いで金持ちになってるわけではなくただ搾取して金持ちになってるだけですよね。

個人1人で...続きを読む

Aベストアンサー

そう思うならば、個人事業主として働きましょう

Qシャープ資本金大幅減資

シャープが資本金を、現在の約1200億円から1億円に減資するという。
シャープは経営不振に陥り経営再建中だが、”経営破綻倒産”したわけではない。
これだけの大幅な減資をすれば、株式の価値がなくなり株主は経営陣に対し、株主代表訴訟を起こすのではないのか?
なぜシャープは、これだけの大幅減資をするのだろうか?

Aベストアンサー

多くの損失を抱えている企業の資本金が、1218億円のままで良いのかと言う考えだと思います。
資本金を1億円に減資し、この資金を損失の穴埋めにあてて財務を強化する。これによりシャープは資本金1億円の中小企業となり、税金面で優遇を受けられるようにもなり、再建への第1歩にしたいのではないでしょうか。
99%の減資と言うと、99%の損をするように思われがちですが、帳簿上のことだけなので特に影響は無いとされています。100%の減資は問題ですが、それ以外の減資ならば特に問題は無いとされているのです。
確かに1株当たりの価値は何ら変わり有りません。しかしこれも帳簿上の事だけです。イメージが悪くなりますよね。普通は減資と増資がセットで行われることが多いので、減資をした後に増資を行うと、ここで初めて1株当たりの価値が下がります。
これを嫌う投資家がいても不思議ではありません。そうなれば売りに出るでしょうから、株価は下がると言うことになります。
反対にこの再建法を評価する投資家がいれば買うでしょうから、株価は上がっていくことになります。
どちらになるかは、週明けの市場が判断すると思います。

多くの損失を抱えている企業の資本金が、1218億円のままで良いのかと言う考えだと思います。
資本金を1億円に減資し、この資金を損失の穴埋めにあてて財務を強化する。これによりシャープは資本金1億円の中小企業となり、税金面で優遇を受けられるようにもなり、再建への第1歩にしたいのではないでしょうか。
99%の減資と言うと、99%の損をするように思われがちですが、帳簿上のことだけなので特に影響は無いとされています。100%の減資は問題ですが、それ以外の減資ならば特に問題は無いとさ...続きを読む

Q企業法務に詳しい方に、従業員持株会の議決権についての質問です

従業員持株会が、会社の株の20%を保有している会社についての質問です。

昨年、社員の2/3がリストラによって会社を辞め、辞めた社員は株を換価し、株券を持株会に返しました。
その株を、残った社員が購入することは可能ですが、買う人はいませんでした。

会社は、持株会の議決権を利用したくて、その株を残留株だと言い張り、今も持株会の株は、全体の20%とカウントしています。

規約はありますが、このあたりについては記載されていません。

以前は、辞めた人の株は、会社の自己所有株式として、議決権のない株にしていましたが、
最近会社にゴタゴタがあって、会社側は、取締役の言いなりである持株会の議決権を確保したいようです。

質問は、
1、誰も所有していない株を、残留株として、議決権にカウントすることは、法的に問題ないのでしょうか?
2、会社は持株会に貸付をして、人ではなく、会が株を保有し、会が会社に株の購入代金を返済することになる、と言っていますがそれは問題ないのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

適法なシナリオと、違法なシナリオが想定でき、
詳細がわからないと、確言できないです。
従業員持ち株会規約だけでなく、会社と持ち株会との契約、
信託銀行などが関与してれば、そことの関係もあるし。

リストラ退職した従業員の株を、会社からの資金援助で、
持ち株会が買ったなら、持ち株会構成員の共有財産で、
自己株式ではない。持ち株会は会社でないから、
持ち株会が議決権行使しうる。適法なシナリオ。

実態は会社の自己株式取得であり、持ち株会保有など
傀儡にすぎない。役員が持ち株会理事長に指示できる
なら、脱法違法なシナリオ。

まっとうな会社なら、適法なシナリオを、慎重に作成実行してると思いますが、
持ち株会関係、アバウトにしてる会社も多いはずで、違法シナリオといえるかもしれない。

持ち株会トラブルは結構あるので、弁護士に相談が、確実です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報