よくホームページなどで参考文献と書いてありますが、
1.その著者等に知らせて参考文献としているのか
2.無断転載等記しているときは参考文献と無断にしてもよいのか
3.どこまでが「参考」なのか
をお教えいただきたいと思い書き込みました。どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 卒業論文を書いたときの考え方として・・・



1、著者には知らせていません。ただし、出典を明らかにすることで後々問題が起きるのを防いでいます。著者側にしても1ページごとにいちいち報告されては大変ですし、憲法が保障している学問の自由で学術の発展を妨げてはいけませんから、あえて参考文献とだけ書いて著作権を保護しています。

2、無断転載というよりも1、の続きで「引用文献」としていますが、その際に論文中に「~」(~には文章)という感じで「」を付けた上、論文の最後に○ページ「」を○氏著(参考文献の名前)より引用、などと詳しく出典を明らかにする。詳しければ詳しいほど問題も起きにくくなります。

3、参考はあくまで参考です。論文を書く際に読んだ全ての著書を書きます。どこかで文面が似ていると問題が起きる恐れがありますので、読んだ本はできるだけ全部書くようにします。

 これをホームページに換えると、論文調のHPでは上記を守る必要がありますし、趣味でもそんなに堅く守る必要はありませんが、本を読んだりした場合はやはり著作権を守るという意味で軽くても書く必要が出てきます。他の人のHPを参考にした場合もURLを書くのが普通です。
 しかし、著作権を軽く見ている人が非常に多いのであまり守られていないのが現実でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答ありがとうございます。よく理解できました。
なお、2.無断転載等→禁無断転載等の間違いでした・・・。

お礼日時:2003/09/27 18:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレポートの書き方 参考文献

レポートの最後に書く参考文献の書き方を教えてください。

参考文献は最後のページの余りに書いてもいいのですか?
それとも新しく一枚作ったほうが良いのですか?

そして、参考文献の著者名などの書き方を教えてください。
発行年数は「初版第1刷発行」と「初版第10刷発行」があるのすでがどちらを書くのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なんだか叱られているみたいですね。

その本そのものが発行された年を書くということです。
「初版第1刷発行」と「初版第10刷発行」では、後者です。

Q無断転載の許可転載

無断転載のファイルを、許可を得て転載した場合著作権違反になりますか?
また某サイトのウェブログでは他のサイトの画像や
デザインを丸っとコピペできる機能があるのですが、
これは直リンであって著作権侵害ではないんですよね?

Aベストアンサー

著作権者から転載許可を得た時点で著作権問題はクリアされたと見ていいでしょう。ただし、その際条件が付されればそれに従うのは言うまでもないでしょう。

某サイトがどこだか分からないので、後半の質問に明言はできませんが、それがリンクした結果と普通見て分かれば問題はありません。自分がフレームだけ作って、リンク先を自分のサイトのように見せるのは著作権法違反です。

Q参考文献の書き方(論文)

大学花子2005「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、大学出版、pp.5
大学花子2005『論文の書き方』、大学出版、pp.50

と言う具合にかいています。
以下のような場合はどうすればいいですか?

・記事を書いた人が明記されていない雑誌の記事
「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、大学出版、pp.5 でいいですか?

・その雑誌全体を参考にした場合
」『月刊論文』5号、大学出版  でいいですか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。というか、おはようございます。

論文は、基本的にはお師匠さんである教官からの指導になります。何故か。それは細かい点(年月日まで入れるかどうか等)にブレがあるからで、「これ」というのは無いのが実状です。一般的なことでお応えします。

・大学花子「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、pp5(2006.5)[★→雑誌名が陳腐な場合、識別するために出版者も記述]
・大学花子『論文の書き方』pp50(電電公社刊 2005)

と、書くことが多いですね。それでも、文・史・法・経・人文、などなどによって大分違ってきます。

ご質問の2行ですが、1つ目はOK。
2つ目は雑誌の該当号全部を表現したい場合、特集名とか小特集とかになっていませんか?なっていれば、それを冠した方が良いです。無ければ、「・・・・参照」でよいと思います。

もう一度くりかえしますが、論文の注のつけかたは結構マチマチです。指導教官の指示に従いましょう。(と書いていて思ったのですが、質問者さんご自信が“結構いろいろあっていい加減”という感想をお持ちではないですか?)

ご参考まで。

こんばんは。というか、おはようございます。

論文は、基本的にはお師匠さんである教官からの指導になります。何故か。それは細かい点(年月日まで入れるかどうか等)にブレがあるからで、「これ」というのは無いのが実状です。一般的なことでお応えします。

・大学花子「参考文献の書き方」『月刊論文』5号、pp5(2006.5)[★→雑誌名が陳腐な場合、識別するために出版者も記述]
・大学花子『論文の書き方』pp50(電電公社刊 2005)

と、書くことが多いですね。それでも、文・史・法・経・人文、などなど...続きを読む

Q無断転載禁と書かれたインターネット上のニュース等を

出典を示しつつも無断で全文を引用し、その可否を問うのは違法行為でしょうか。

Aベストアンサー

勝手に全文引用は基本的に違法行為です。
リンク可能であればリンクすれば良いと思います。

Qレポートの参考文献の書き方

例えば「たくさんの植物の育て方」っていうレポートを書くのに
Aの本からは「薔薇の育て方」
Bの本からは「ドングリの樹の育て方」
Cの本からは「サボテンの育て方」

みたいにいくつかの本から例を抜き出して書きたいんですが、参考文献の書き方ってどうすればいいんでしょうか?
2~3ページの物を4行くらいに要約するので引用ではないですし・・・

-----------------

2.1 薔薇の育て方
 ~~~~である。(1


参考文献
(1 「美味しいバラの育て方」 ○○著
(2 「目指せ森林!~立派な木を育てるために」 ○○著

-------------------
みたいな書き方をしていけばいいんでしょうか?
すごく困っています!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

「補足コメント」を拝見しました。

>聞きたかったのは本文中の番号の示し方についてなんです。
⇒次のようにします。

2.1 薔薇の育て方
 「~~~である。」1)

2.2 ドングリの育て方
 「~~~である。」2)

のように引用の印「 」をつけた文の最後に、(1 のような片カッコ(=開きカッコ)ではなく、1)のような、「閉じカッコ」を使って番号を振るほうがいいと思います。

なお、ここでは示しにくいですが、フォントは「上付き」にするとよいでしょう。

Qブログ記事の無断転載について

ブログの記事について質問させていただきます。

インターネットで検索をしていたところ、まったく知らないサイトに
自分の書いた留学に関するブログの記事が無断で載せられていました…。
こちらです。↓
http://www.burgarine.com/
問い合わせをしたかったのですが、お問い合わせフォームが存在せず
ブログの転載に関する説明も一切載っていませんでした。
どうやらいろんな場所から記事を持ってきてサイトにしているようです。

もちろんこれから留学したいと考えている方に情報が伝わるのはいいことだと思うけど、
無断で載せられるのはあまり気持ちのよいことではありません。

私自身、「無断転載」に関する注意をブログに載せていなかったことも悪いのですが
このようなブログ記事の無断転載は許されるものなのでしょうか…?
このようなケースはよくあることなのでしょうか。

教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

このサイトは、どうやら、ロボットを用いて
構築されているようですね。

また、全内容を表示しておらず、かつ、
そのリンク先も示されていない所から
場合によっては、侵害にあたるかもしれませんね。

ただし、#1のおっしゃった、google等は
取得したキャッシュも、本来は検索の
目的でのみ使用するもので、
リンク先もきちんと明記されていることから
無断転載にあたりません。

#ただ、おまけで、そのキャッシュ内容を
表示する機能がある程度です。

もし、そのような無断転載をされたくなければ、
ご自身でCGIかPHPのきちんと使える
レンタルサーバーを借りて、
ブログのスクリプトを、そのレンタルサーバー上に上げて
かつ、そのブログスクリプトのHTML出力の部分に
ロボット制御のHTMLタグを適時設定する必要があります。

<meta name="robots" content="NOINDEX,NOFOLLOW,NOARCHIVE" />
<meta name="googlebot" content="NOINDEX,NOFOLLOW,NOARCHIVE" />

#ちなみに、よく探せば、広告つきでもあれば、
未だに、CGIが使える無料レンタルサーバーが
あります。

もし、これでも無断転載をされるのであれば、
アクセスログを解析して、しかるべき所に
訴えるしかないです。

このサイトは、どうやら、ロボットを用いて
構築されているようですね。

また、全内容を表示しておらず、かつ、
そのリンク先も示されていない所から
場合によっては、侵害にあたるかもしれませんね。

ただし、#1のおっしゃった、google等は
取得したキャッシュも、本来は検索の
目的でのみ使用するもので、
リンク先もきちんと明記されていることから
無断転載にあたりません。

#ただ、おまけで、そのキャッシュ内容を
表示する機能がある程度です。

もし、そのような無断転載をされたくなければ、
ご自身...続きを読む

Q卒業論文の参考文献の書き方で3つ質問があります

参考文献の書き方に迷っています。
3つ質問があります。
(1)外国の論文を、日本の出版社が翻訳したものを載せる場合、どのように書けばいいのでしょうか。
(2)わたしの研究では、大学の教授などにインタビューをすることが多かったのですが、インタビューした人の名前は参考文献の中に載せますか?
(3)インタビューした方からもらった資料(プリント)が何枚かあるのですが、5枚程度のプリントで発行年などがあいまいです。そのようなものを載せる場合どうしたらいいですか?

よろしくお願いします><

Aベストアンサー

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: 勁草書房. (Original work published 1999)
===

のいずれかです。「Cambridge, MA」は出版社のある「マサチューセッツ州」のケンブリジという意味です(アメリカ合衆国の場合は州をそれ以外の場合は国名などを書きます)。本文中の引用では、上のそれぞれの参考文献の書き方について、

===
……である(Tomasello, 1999 大堀壽夫他訳, 2006, p. 11)。
===
……である(トマセロ, 2006, p. 123)。
==

となります。ただ、できれば該当箇所の前後だけでも英語で読んで、訳書ではなく原典を引用したほうが好まれます。その場合、訳書を参考文献に挙げる必要はありまsねん。

(2) インタヴュー。

公的に活字となって出版されているのであるなら、それを引用します。そうではなく質問者さま自身のインタヴューであれば、参考文献リストではなく、脚注で示します。たとえば上のトマセロさんにインタヴューしたのであれば、脚注を用いて、

===
Tomasello, M., personal communication, 2007, January.
===

と書くか、直接本文に、

===
……である(Tomasello, pers. comm. 2007, January)。
===

と書きます。インタヴューなら、「personal interview」、「pers. interview」でもよいと思います。

(3) プリント

たとえば、猿山県犬川市にある高校に勤める山田明先生が出した「中世トンブクトゥの歴史」というプリントがあるとします。

===
山田 明. (n.d.). 近代トンブクトゥの歴史. 猿山県犬川市: Author.
===

「n.d.」はno dateつまり日付不明ということです。日付がわかるのでれば、「n.d.」のところに「2007, January」のように記入します(日がわからなければ年だけでも)。プリントをいただいた相手に問い合わせてわかるのであれば問い合わせましょう。その人が忘れていないかぎり埋まります。

本来出版社が来るところに「Author」があるのは、出版したのが著者と一緒という意味です。先生や会社員として学校や会社で印刷したのなら、学校や会社の名前を書いたほうがよいのかもしれませんが、軽いプリントならAuthorでよさそうな気がしました。いつも見ているスタイルマニュアルが手元にないので、この出版社欄は、どう書いたらよいのかよくわかりませんでした。

●追加質問について。

(1) 参考文献のページ。

参考文献のページはページ数にカウントするのですか? 先生に問い合わせてみたほうがよいと思います。逆に提出が3枚だというなら(A4で規定の行数なのだと思いますが)、参考文献で1枚使うのは多すぎませんか? 文献的な研究ならともかく、自分でデータを出したり論理を組み立てていくタイプの論文なら、引用が多すぎるのかもしれません。文献的の考証のような研究をしようとして参考文献数が多くなるのであれば、先生に相談すればよいと思います。いずれにしろそれは学校が出した課題の規定なので、先生に相談するのがいちばんでしょう。

(2) 関連文献。

関連文献は参考文献に載せません。参考文献は、referencesなので、ただ論文を書くのに参考にしたというものではなく、論文のなかで実際に参照したというものです。どうしても書きたいのなら、そのような総説は「……についての研究は1970年代に始まった(Tomasello & Call, 1997)」のように短く引用するのが、ひとつの手です(たぶん導入の辺りになるはずです)。また、研究書の総説は引用するとよいと思いますが、新書程度の入門書であればとくに引用することもないと思います。

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: ...続きを読む

Qメルマガの無断転載

法律というカテゴリーで質問するお話でないかもしれませんが、相談に乗って下さい。

私が個人で発行しておりますメールマガジン(まぐまぐ利用)を某企業がホームページで4年に渡りその企業の社員が発しているという切り口で無断転載をしている事がたまたま分かりました。

すぐ抗議の電話を!
と思ったのですが、良く考えれば、当方のメルマガ上で無断転載を禁じますという断りを入れていなかったのです。

著作権侵害だとか、賠償請求とかそういう話はもちろんするつもりもないし、できるとは思っていません。
(感情論ではしたいところですが)

ただ、このままというワケにはいかないので、その企業にアプローチしたいのですが、なにぶん一個人なので無断転載の記載がなかったから。。。とか、反対にそちらが転載したんじゃないですか?って展開になる事もないとは言えませんよね。

単純に、止めてください、わかりました
で済む話なのかもしれませんが、初めての事なのでアドバイスをいただけると幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

無断転載を禁ずと書いてあろうとなかろうと、著作権者の許可を得ずに転載し、しかも著作権者が別人であるように偽るのは、はっきりと著作権法違反です。

行為の差し止めはもちろん、著作物利用料の請求もできますよ。弁護士さんに相談されてはどうでしょう。

金銭的な請求をするつもりがないのなら、まずはメールで通告するというのもありだと思います。先方が無視するようなら、やはり弁護士に相談しましょう。

とりあえずは、Web110のようなサイトでも、相談に乗ってくれるとおもいます。

参考URL:http://www.web110.com/

Q参考文献一覧の書き方

卒論があと少しで終わるのですが、参考文献一覧の書き方について質問させてください。

通常、和書も洋書も著者名をアルファベット順に書きますが、辞書を用いた場合は、どうすればよいのでしょうか。

例えば、
Beethoven: ○○○・・・
Debussy:○○○・・・
Mozart:○○○・・・

の中に『数学大事典』より引用した「魔方陣」の項目を含めたいとき、どのように組み入れればよいのでしょうか。
辞書はたくさんの人によって書かれているので、どのようにしたらいいのかわかりません。

Beethoven: ○○○・・・
Debussy:○○○・・・
魔方陣の項目:『数学大事典』・・・
Mozart:○○○・・・

というふうにすればいいのでしょうか?
どなたかお願いします。

つまりは、『広辞苑』などの辞書を引用したときの、参考文献一覧表の書き方についてです。

Aベストアンサー

辞書・辞典類を参考文献に含めることは少ないのではないでしょうか? 英文で論文を書いた人が、使った英語の辞書を参考文献に入れたりはしないでしょう? せいぜい本文で括弧書きするくらいでしょう。

日本語と英語の並べ方については日本語・英語をそれぞれまとめてどちらかを先にするといいと思いますが、書式は大学の指示に従いましょう。

Q無断転載禁止

良サイトがあり、そのサイトの記述の一部を記載したのですが、後日、そのサイトに無断転載禁止の記述がある事に気付きました。気付いた時点で即内容の削除を行ったのですが、その後の対応はどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

「無断転載禁止」というのは、よくある記載ですが、法的には何の意味もありません。法律上ダメなら「禁止」と書いていなくてもダメだし、法律上OKならそもそもダメだと言われる筋合いはないからです。

では、法律上どうかということですが、「サイトの記述の一部を記載した」とのことですので、一定の条件を満たせば、著作権法上の「引用」にあたる可能性もあると思います。「引用」は、著作権者の許可がなくてもできることになっています。
しかし「引用」に該当しなければ「複製」にあたり、著作権法上の問題を生じる可能性が高いと思われます。

「引用」について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

それから、No.1の方の説明は誤解を招くと思います。法律には民事的側面と刑事的側面があります。「親告罪」は単に被害者からの告訴がなければ刑事面の手続が進まないだけのことであり、ネット上に著作権侵害の状況があったということは著作権者も容易に知り得たわけですから、著作権者からの刑事告訴や民事面での損害賠償請求などの法的リスクを依然負っていることには、何ら変わりはないでしょう。

しかし通常は、趣味のものであればクレームが来てもゴメンナサイして修正・削除すれば済み、ビジネスのものであれば刑事告訴や訴訟提起の前にしかるべきお金を支払うような契約交渉をすることがほとんどだと思いますので、上の書き方は脅かしすぎかもしれませんが。

「無断転載禁止」というのは、よくある記載ですが、法的には何の意味もありません。法律上ダメなら「禁止」と書いていなくてもダメだし、法律上OKならそもそもダメだと言われる筋合いはないからです。

では、法律上どうかということですが、「サイトの記述の一部を記載した」とのことですので、一定の条件を満たせば、著作権法上の「引用」にあたる可能性もあると思います。「引用」は、著作権者の許可がなくてもできることになっています。
しかし「引用」に該当しなければ「複製」にあたり、著作権法上の問...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報