私は結婚してから、とても神経質になっています。

軽い潔癖症のような状態かもしれません。
自分が汚いと思う物を触った後は、すぐに手を洗います。手を洗うまでは何も触れないです。
汚いと思う物は主に、洗濯の粉末洗剤、台所洗剤、ゴミ袋、犬・猫などペット、他人の尿・便・血液、自分の尿・便・血液(経血も含む)などです。


特に最近、自分の血液について過剰になりすぎてしまいます。
擦り傷を作って血が出たら、液体絆創膏を貼り、バンドエイドをその上から貼ります。
料理の時は、さらに指サックもはめます。

それでも、バンドエイドを貼り替えるとき、内側が血でにじんで赤くなっていると、しみ出た血が食材や食器、家中の家具、洗濯物などに付いてしまったのではと不安でたまりません。
そして、主人がその食材を食べたり、家具に触ったりして感染症にかかってしまったらどうしようとも考えてしまいます。

私が病気でなければ、主人が私の血と接触しても重大な病気にかかることはないのでしょうか?



私の親がC型肝炎患者だったので最近検査してもらったところ、私は陰性でした。
B型肝炎はずっと前にワクチンを打って抗体ができています。
HIVは主人しか男性経験がないので、私が感染していることはほぼ無いと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

かなり気にしているご様子ですね。


ご自身が感染症でなければ、血液を介して他人に感染する可能性はゼロです。
それでも心配なら、
一度病院に行って血液を介してうつる病気にかかってないか検査してみるとよいと思いますよ。
結果が陰性なら、ゼロです。
陽性なら、お医者さんのアドバイスを守って前向きな生活を心がけましょう。
どちらにころんでも、日常生活を堅実に送ることで幸せで充実した人生は送れるもんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え頂き、ありがとうございます。


私が何も感染していなければ平気なんですね。
少し安心しました。

私の親は肝炎患者だったので、日常でも私に感染しないように気を遣う生活をしていました。
それを見ていたため、同じように主人への感染が不安になっているんです。

今のところ、私は何も感染してないようなので、もう少し気楽に考えられるようにします。

お礼日時:2011/04/09 20:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 各種感染症について<お年寄りの病気>の症状や原因・診断と治療方法

    高齢者での特殊事情  高齢者にみられる感染症の大半は、口腔、気道や腸管内の常在菌(じょうざいきん)が宿主(しゅくしゅ)条件の悪化とともに感染症の原因となって起こるもので、内因性感染症(ないいんせいかんせんしょう)と総称されています。ここでは、これらのうち代表的な感染症について概説します。  高齢者では、加齢による身体諸機能の低下や、特定臓器の慢性障害をもっている頻度が高くなります(表15)。これらを背景...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌の生命力について。

大腸菌って、大腸から離れた場合、
どのくらいの時間生存しているのでしょうか?

よくお金は大腸菌がいっぱいついてて汚いと言いますが、
大腸菌が生きて付着しているのですか?

またネコを飼っているのですが、お尻を舐めたあと、
体も舐めています。その場合、ネコの体は「大腸菌だらけ」に
なっているのでしょうか・・・^^;)

こちらで質問するとキチンとした回答が得られると思って、
投稿させていただきました。

Aベストアンサー

O-157のような病原性大腸菌や大腸菌感染症という病気も存在しますが、一般的には大腸菌は人に悪さをする菌ではありません。

腸内細菌として糞便に含まれる事から、飲料水からは大腸菌が検出されてはいけないという決まりはあります。

ちなみに健康な人間の皮膚上から大腸菌が検出される事もあります。

お札にどの程度付着しているか、私は調べた事はありませんがお札には人間の汗、老廃物など細菌にとって栄養素となるタンパク質やアミノ酸が付着しています。

また、水分ですが人間がいう「乾いている」状態でも細菌にとっては十分生育できる湿度がある場合もあります。(カビなんかも良い例だと思います)

後は細菌が生育可能な20℃~37℃くらいの温度が有れば言い訳ですから生育は可能でしょう。

結構細菌ってあっちこっちに居ますよ。
誰もいない部屋に培地を30分くらいおいて、テストしてみるとたくさんの落下細菌が検出されたりしますから。

もし質問者さんが学生さんなら生物系の先生に頼んで実験させてもらうと良いかもしれません。

Q通販で買ったマットに血液が。感染症とか怖くて・・・。

先日、通販で洗えるラグマット(素材:綿/中国製)を購入しました。使う前に一度、洗濯機で洗い、ベランダに干すとき、マットのふちに血液のシミのようなものを発見しました。
マット自体は白で色落ちの心配がなく、一緒に洗ったものも染みになるようなものはありません。
最初、機械の油かと思いましたが、色やシミの形からして違うようで、よくシャツなどに付くと洗っても落ちにくい、あの血液独特の色に見えたので、血痕と判断しました。数は4箇所で、一箇所目が大きく、その隣が少し小さく、さらに隣は小さく、というように続いていました。
おそらく、製作担当者がミシンで縫っているとき、留めてあったマチ針などで怪我をしてしまい、そのまま縫い続けてしまったからこういう列状になってシミが出来てしまったようです。

洗う前によく確認すればよかったのですが、一度洗ってしまったので、返品は出来ません。
少々高かったので、感染の危険がなければ捨てなくても良いかなと思っていたのですが、乾いたり、洗ったシーツなどに残っている血も病気だったら危険ということを知りました。
この血液が必ずしも病気の人とは限らないのですが、もしウィルスが含まれているような病気だったら、一度洗濯するだけでは危険でしょうか。
洗濯した後は2時間ほど天日に干したのですが・・・。
うちでは塩素系の漂白剤は使わないものの、大量の水で薄まったり、日光消毒になったかなぁと思ったのですが、色々ネットで調べていたら、HIVなどは大丈夫だけど、普通の洗濯や消毒では不十分な病気もあるという説もあり、だんだん心配になってしまいました。
でもそれがどういった病名なのかよく分かりません。知らない人の血液がついたものを洗濯してしまった場合、どんな感染症の危険があるでしょうか。
他にも一緒に洗濯したものがあるのですが、それにも感染の危険が残るのでしょうか。(そうなると、洗濯機自体も中を消毒しないと危険なのでしょうか。)
知っている方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

先日、通販で洗えるラグマット(素材:綿/中国製)を購入しました。使う前に一度、洗濯機で洗い、ベランダに干すとき、マットのふちに血液のシミのようなものを発見しました。
マット自体は白で色落ちの心配がなく、一緒に洗ったものも染みになるようなものはありません。
最初、機械の油かと思いましたが、色やシミの形からして違うようで、よくシャツなどに付くと洗っても落ちにくい、あの血液独特の色に見えたので、血痕と判断しました。数は4箇所で、一箇所目が大きく、その隣が少し小さく、さらに隣は小さく...続きを読む

Aベストアンサー

たとえ製造時に血液が付着したのだとしても、その後乾燥しているわけですし、洗濯により希釈されていますから、感染力の強いとされるB型肝炎ウイルスとしても感染の恐れはありません。一般にB型肝炎ウイルスは希釈で100万倍くらいで感染力がなくなるそうですが、乾燥したシミに対して洗濯時につかう水の量は100万倍は楽に越していることでしょう。

洗濯機も一緒に洗った衣類も何も問題ありません。本来、ウイルスっていうのは弱いものなので、生きた細胞の中でしか生きられません。体外にでた段階で増殖はできません。細菌なら栄養などの条件が揃えば増えたり行き続けることができますが、基本的に血液の中は無菌状態です。

そもそもシミの原因となった人が、B型肝炎やHIVなどの確率はとても低いものですし、そのシミが血液と断定できるわけでもありませんから。まあ先方が交換に応じるようなら何も問題ありませんし、そうでなくても気にする必要もありません。

Q血液感染

デパートのトイレのペーパーに血液が付いていました。
表面ではなくて巻いてある部分が見える所に飛んだ感じで2滴ついていました。
たぶん私より前の方が生理で血が手に付いたのを気づかずに触って付いた感じでした。怖かったので血液の付いたペーパーは使用せず新しいペーパーで拭きました。しかし、用を足してから気づいたので、便座を拭くときに使用して、少し肌にふれました。

誰の血液かわからないので、もしその血液がB型肝炎、C型肝炎などの感染症の血液だったと思うと怖いです。。。とくにB型肝炎は感染率が高いと聞いたのでとても不安です。
(1)触ってしまったのですが感染しますか???
(2)その場合B型肝炎の感染率は低いですか?
(3)触ったあとトイレを出るとき服やかばんなど触りますが、ウィルスは付いていませんか?
ナーバスになっています。

Aベストアンサー

こんにちは。薬剤師をしている者です。

まず、質問させて頂きたいのですが、B型肝炎の予防接種は受けていらっしゃいますか?
されていらっしゃるのでしたら恐らく問題はないかと思います。されていらっしゃらない場合は医師の診断を受けられては如何でしょうか。
C型肝炎にしましても外来の血液が「自身の血液内」に入り込んだ場合の感染率は高いですが、そうでない場合は恐らく手もその場で洗っていらっしゃると思いますし、その日のうちにお風呂にも入られたでしょうからね、念のために医師に検査をしてもらえばそれで問題はないと思いますよ。
年齢にも依りますが、B型肝炎は「垂直感染(母子感染)」と言いまして、殆どが出産時の母親の血液によって感染します。
昔は出産時の予防接種が殆ど行われておりませんでしたのでB型肝炎に罹患する方が比較的多かったようです。実際私の義理の叔父も生後40年以上も経ってから発病致しました。

参考URLにWikipediaの関連項目を掲載させて頂きましたが、確かに「血液感染」という語句は出てくるものの、「接触感染」という考えでの感染率は低いかと思います(全くないとは言えませんが...)。

以上をふまえまして
(1)触ってしまったのですが感染しますか???
健常人の場合、可能性は低いかと思いますが、感染しないとは言い切れません。

(2)その場合B型肝炎の感染率は低いですか?
なんとも言えません。
ただし、予防接種をされていた場合、感染率は低いと思います。
出生時に予防接種した可能性もありますので母子手帳などでチェックされた方がよろしいかと思います。
検査を受ければより確実かと思います。

(3)触ったあとトイレを出るとき服やかばんなど触りますが、ウィルスは付いていませんか?
肝炎ウィルスが確実に血液に含有されていた場合、ほぼ確実についているかと思います。
消毒(不活化)方法についてはいろいろと方法がある様ですが、一般的には次亜塩素酸ナトリウムを使用しているそうです。漂白剤に使用されている成分ですね。
薬局ですと「ピューラックス」という名前で販売しております。ただし、本剤は金属を腐食させますので金属には80%エタノールが有効かと思います。
これで肝炎ウィルスの場合、殆ど不活化すると思います。

とにかく、良く手を洗い、その時身につけていたものを可能な限り上記薬剤などで処理すれば良いかと考えます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/B%E5%9E%8B%E8%82%9D%E7%82%8E

こんにちは。薬剤師をしている者です。

まず、質問させて頂きたいのですが、B型肝炎の予防接種は受けていらっしゃいますか?
されていらっしゃるのでしたら恐らく問題はないかと思います。されていらっしゃらない場合は医師の診断を受けられては如何でしょうか。
C型肝炎にしましても外来の血液が「自身の血液内」に入り込んだ場合の感染率は高いですが、そうでない場合は恐らく手もその場で洗っていらっしゃると思いますし、その日のうちにお風呂にも入られたでしょうからね、念のために医師に検査をしても...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報