平成11年式のトヨタ車(タウンエース・ノア。ターボとかは付いてないフツーのエンジンです。)に乗っています。

カー用品店などに行くとオイルのグレードはSMがメインで新規格のSNもチラホラ見るようになりました。

ただ私のクルマは平成11年式でボンネットを開けて裏に貼ってあるシールには当然のように昔の規格のSJもしくはSLが推奨されています。

今主流の規格であるSMやSNを使用しても全く問題無いことは分かるのですが、
SJやSLを推奨されている古い年式のクルマにわざわざ高いお金を出してSMやSNを交換する価値があるのか?と疑問に思っています。

年間走行距離は約1万キロで(用途は通勤とたまの高速道路で100キロを出すドライブくらいです。)
(オドメーターは約11万キロ)

現在まではカー用品店でSM規格(5W-30もしくは10W-30、鉱物油)のオイルで、
春(エレメントも交換)と秋に交換するようなサイクルでやっています。

オイルは全て鉱物油を使用すると言うことでお答えを頂ければと思います。

そろそろ春のオイル交換時期ですのでこのような質問をさせて頂きましたm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

特にSM以降はロングドレン性能重視です。


耐久性が上がっていますのであえて過去のSJ、SMを選ぶ意味がありません。
更に昭和の旧車ではSDを指定しているものでは現在では存在せず車を使用できないことになってしまいます。
推奨エンジンオイルのグレードは普通はその当時の最高グレードです。
ただしエンジンオイルの場合に限り、ギヤオイルには当てはまりませんので注意してください。
最近の低粘度指数0W-20、5W-20のオイルは指定以外のエンジンに使用する場合は焼き付くと言う方もいらっしゃいますが全くの嘘で根拠がありません。
壊れるような不具合は出ませんがそのエンジンの各部のクリアランス、粘度の違いでエンジンノイズ、オイル消費が多少増える程度です。
私の経験では逆に低粘度指数のエンジンオイル指定のエンジンに過度に粘度指数の大きいオイルを使用するほうが多くのトラブルが出やすい傾向です。
エンジン設計時にエンジンの性格でエンジン各部のクリアランス、使用オイルを決めます。
使用するエンジンオイルの粘度の目安は通常の使用環境での最大トルクです。
ターボ用の指定がなくても十分にその性能がありますので心配ありません。
現在の市場を考えるとどんなに安いオイルを選んでも十二分に高性能です。
タウンエースノアは5W-30、10W-30を選べば何も問題ありません。
交換時期は10000km毎でも十分です。
因みにガソリンエンジンに比べてオイル性能に非常に依存の高いハイエースディーゼルターボ付きでは純正オイルで20000km毎交換です。
    • good
    • 0

今発売されているオイルなら、規格なんて気にする必要ありません。


ただ、ガソリン用とディーゼル用は気をつけらければなりませんが。
それより、昔の車に最近の車用の省燃費オイルを使用すると焼付いたり不具合が起こる可能性があるようなので、その点だけは店頭で確かめるか確認しましょう。
価格については、実際に店頭で比べてみてください。
規格と価格は必ずしも対応している訳ではありません。
    • good
    • 0

> SJやSLを推奨されている古い年式のクルマに


> わざわざ高いお金を出してSMやSNを交換する価値があるのか?

新規格のオイルが高価と仰せですが「?」ですね。
通常ランクのオイルは価格据え置きでSJーSL-SMーSNと規格が更新されてます。
規格更新のたびに便乗値上げしてるなんてことはありません。
店頭価格を長期にわたって観察していれば容易にわかることです。
SJ、SL規格のオイルが廉価ランクとして販売されているならば
質問者様がご自身の判断でそちらを使えば良いだけに思います。
    • good
    • 0

>昔の規格のSJもしくはSLが推奨されています。


そのシールを作ったときにはSM規格なんて存在していなかったんだからしょうがないじゃん。
あったら迷わずSMを推奨していたと思いますよ。

SJ・SLでも問題なく動きますよ。
粘度さえ気をつけておけば良いだけです。

安ければ切り換えても良いんじゃないの?ぐらいです。
1円でもと言うのならその必要はないと思います。
    • good
    • 0

質問は



>SJやSLを推奨されている古い年式のクルマにわざわざ高いお金を出してSMやSNを交換する価値があるのか?

と言う事でしょうか。

それなら特別に価値は見出せないでしょう。

潤滑特性に関してはSJ規格付近で完成されている感があり、後は省エネや環境対策で規格が変更になってきています。

最新型の車でオイル指定にSMを指定されている車に、前の規格のオイルを使用すると問題が生じる恐れがありますが、前の規格を指定されているエンジンに最新規格のオイルをいれても「価値がある」とは言えないでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオリーブオイルと茹でたお湯を乳化することに関して

ペペロンチーニをよく作るのですが、仕上げでオリーブオイルとパスタを茹でたお湯を乳化させますよね?
一般にオリーブオイルは100℃以上に温度をあげるとその風味が失われるそうですが、一定以上の温度に上げないと乳化できませんよね?

少しずつ茹でたお湯を入れてかき混ぜることで乳化しやすくなるそうですが、温度もある程度高くないとうまい具合に乳化しないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

後、乳化させた後、オリーブオイルを少量垂らすのは何故ですか?

Aベストアンサー

よくパスタを作ります。乳化はおいしく作るポイントではありますが、そんなに神経を使う必要はないと思います。プロでも乳化させないでパスタを混ぜる人もいるぐらいですから(料理本にも乳化に言及していないものが多々あります)。

その上で申し上げますと、温度はあまり関係ないです。うまく乳化させるコツは、適度に混ぜ(攪拌)、振る(振動)こと。乳化の目的は、茹で汁とオイルを合わせて「ソースを作る」ことですから、簡単に言えば、十分に混ざり合えばいいわけです。正確に何度とということは気にせずに、茹で汁を加えたらスプーンでよく混ぜ、パスタを加えたら中火で熱しながら、フライパンを揺する。これでうまくいくと思います。茹で汁をあまり加えすぎると、水っぽくなってとろみがでませんから気をつけてください。

オリーブオイルを垂らすのは、香りづけです。中華で言う化粧油と一緒ですね。良質なオイルほど香りがたちますので、できればエクストラバージン・オイルを使いたいところです。

Qタウンエース・ノアの荷室長

タウンエース・ノア 荷室長を教えてくださいm--m

オフロードバイクを載せて遊びたいと思っています。
バイクはKX80で1.7mですが、将来はKX125を考えていまして2mほしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

サードシートを跳ね上げてもバイクは乗らんと思いますね~。
究極は4ナンバー2シーター・トランスポーター化ですね。

1年車検にはなりますけど・・・。

自動車税8000円(割り増しになっても8800円)
重量税8800円
自賠責12250円 

維持費が格段に安くなりますよ。
(自動車保険はちと高くなるかもしれない)

うちにそうやってバン化したSR40Gがいます。

Qペペロンチーノのオイル乳化

先日、初めてペペロンチーノを作りました。
オリーブオイルにニンニクを入れ熱し、鷹の爪を入れ、オリーブオイルと同量位のパスタの茹で汁を入れました。
このやりかたで1回目、2回目はオイルがちゃんと乳化しましたが、3回目は乳化せず、4回目はオイルと茹で汁がバチバチと跳ね、フライパンにコンロの火が入る寸前でした。

作り方は全く変えていないつもりです。
何故うまく乳化しないのでしょうか?
コツがあれば教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

手際が良くなったんじゃないですか?

乳化させるには茹で汁を使います。
つまり、乳化には塩分の他に、パスタから溶け出たでんぷんが必要なんです。
手際が良くなると、パスタ投入からの時間が不十分になり、
するとでんぷんの濃度が薄く、単なる熱湯を使うのと大差なくなりますから、
乳化しにくかったり、必要以上にはねたりします。

それと、オイルの温度が高いかな・・・
焦げないことがわかってくると、火加減がほんのり強めになったり
加熱している時間が延びたりします。
これも慣れてくればこそ。
しかし、熱しすぎたオイルでは乳化のキメが粗くなるので
良い仕上がりではなくなります。
端的に言うと、乳化したとは言い難い状態です。

必要そうならフライパンの底を濡れ布巾でじゅっと冷まして、
それからちゃんと茹で汁になった茹で汁を使ってみてください。
きっとまたうまくいくと思いますよ。
そしてもっと慣れれば、茹で汁とオイルの見た目から
「あ、これ失敗しそう」って直感的にわかるようになります。
楽しんで続けてくださいね。

Qターボ車(中古車)の、エンジンオイルとターボが壊れた場合について

ターボ車(中古車)の、エンジンオイルとターボが壊れた場合について

タイトル通りなのですが、
以下2点についてよろしくお願い致します。

【1】
ターボ車を、
数十分間アイドリングしてエンジンを停止後、
ボンネットを開けてエンジンオイルを入れるキャップを開けたら
湯気が出ていました。

ターボ車なので、NA車よりエンジンオイルが高温になるのはわかりますが、
数十分間のアイドリング後だけで、
湯気は出るものなのでしょうか?

【2】
ターボ車で、
ターボが壊れた場合、馬力等が落ちるのはわかりますが、
普通に走れるものなのでしょか?
それとも、修理が必ず必要なのでしょうか?


以上2点です。
何卒、よろしくお願い致します。



P・S
2.5LのT社のターボ車です。

Aベストアンサー

1)エンジンオイル中の水分が蒸発した水蒸気でしょう。エンジンオイルが煙になるのは、油温140℃以上です。ここまでくるとオイル交換です。

2)必ず修理が必要です。ターボが破損することで、正常な過給圧がかからなくなるので、エンジン警告ランプが点灯し、フェイルセーフモードになります。大幅にパワーダウンするのですぐにわかります。エンジンオイルが多量に燃焼すれば白煙がでますし触媒警告灯もつくはずです。エンジンオイルが完全になくなれば油圧警告灯も点灯します。
不具合に気づいた時点で車を安全なところに停車してエンジンを停止し、JAFとか呼びましょう。
無理に走行すれば、2次被害で修理費用がかさんだり、修理できなくなります。

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ 平成23年式 25000kmの中古に乗り始めて1年くらいです。
以前よりエンジンオイルは自分で交換しますが、この度フィラーキャップの内側に
乳化したオイルが結構付着していました。


お尋ねしたいのは「鉱物油と部分合成油などの違いで乳化しやすい、しにくいなどの違いが
あるかどうか」です。(鉱物油10W-30)を使用したいたサンバーでは同じ走行方法で
乳化したことは皆無だったので)現在は5W-30(モービルスーパー1000)

Aベストアンサー

こんにちは。
エンジンオイルの乳化は、エンジン内部(クランクケースやロッカーカバー内)の「結露」でしょうから、オイルの組成の違いには関係無いと考えます。
それも、「1年くらい」ということは、昨年(昨シーズン)は無くて、今年(今シーズン)初めてなのですよね。
同じ走行方法でも、FF車(ボンネットタイプ3気筒)とFR車(サンバーはキャブオーバーエンジンの4気筒ですよね)の違い、ギヤ比の違い(=常用エンジン回転数の違い)、今年の外気温(湿度)と昨年の外気温(湿度)の違いなどから、エンジンの温度上昇時間の差や最終のエンジン温度の差、エンジン冷却に掛かる時間の違い(キャブオーバーよりボンネット1枚のほうが冷えやすいでしょう)などが発生し乳化に至ったと考えます。
もう少し発生状況(環境)などを見極めてから、来シーズンは試しに鉱物油の5W-30を使ってみてはいかがでしょうかね。

Q平成11年式プレマシーにトヨタ純正ETC(デンソー製)を取り付けたいのですが

知人がエスティマから外したデンソー製トヨタ純正ETC(型式01CYBE・多分DIU-3400)
をいただきました。
私の乗っている平成11年式プレマシーに取り付けたいのですが、
「赤・黄・黒」の3本で良いはずの線が、「青・緑」が余分にあり、
合計5本の線がコネクターにつなぐハーネス内にあります。
赤(ACC)黄(+B)黒(アース)は分かるのですが、
残りの2本は何用でしょうか。絶縁してそのままつないでしまっても
良いのかどうか悩んでいます。
ちなみに電源はヒューズから取る予定です。

お分かりになる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

青と緑は、ナビ連動の線です。
http://www.geocities.jp/qtfo49/hdxoption.html
トヨタ純正ナビを搭載してなければ、必要ないのですが、
接続なしで、ETCが正常に機能するかどうかは、分かりません。

Qスパゲティをつくるときに使うオリーブオイル

オリーブオイルについておしえてください。スパゲティをつくるのに向いているオリーブオイルってありますか?オリーブオイルならなんでも大丈夫とか、こういう種類がいいよなどあれば教えて下さい。わたしはおもに、スパゲティか、サラダに使っているのですが、詳しくないので、スーパーでみかけたものをそのまま買って使っています。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

エクストラバージンオイルだったらどれでも大丈夫dすよ。もちろん味の好みはあるでしょうが。

オリーブオイルの種類は

バージンオリーブオイル(酸度によってエクストラ・バージン[酸度は1.0%以下]、バージン、オーディナリー・バージンに分かれます)

精製オリーブオイル 癖などを取り除いた物です。

オリーブオイル  バージンオイルと精製オリーブオイルをブレンドした物です。

があります。

さっぱりと作りたかったら精製オリーブオイルがいいですね。

サラダなどでオリーブの風味を感じさせるのにはエクストラバージンオイルなんかがいいです。

どちらにせよ味には好みがあるのこ雨氷な物を見つけるまでいろいろ試すしかないです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/YMTI/kindofoliveoil.htm

Qディーゼルターボ(乗用車)のオイル交換頻度は?

ディーゼルターボ(乗用車)のオイル交換頻度は、どれくらいでみなさんされていますか教えて下さい。
CX-5(ディーゼルターボ)の購入を考えていますが、どれくらいの走行距離でかえればいいのでしょうか?
ディーラーでは5千キロごとでかえてくれと言われましたが、3千キロごとがいいのでしょうか?
今、乗っている車は1.3Lの小型車で自分で5千キロことにオイル交換をしています。
年間走行距離は1万キロほどです。
もし、CX-5をかっても自分でオイル交換をするつもりです。
あと、たぶん15万キロほどまで乗りつぶします。」

Aベストアンサー

長く快調を 維持したいのなら 5千キロを 超えない様な管理です
予算に余裕が有れば 3千キロ超えたら交換する感じが お薦めです。

ご自身で交換となると オイル選び 純正は、安く購入出来なければ 社外オイルを選ぶと思いますが
エンジンとの マッチングが重要です 
ディーゼルターボエンジン用オイルなら 取りあえず エンジン回り 走りますが
最良コンディションで 走るかです?

レスポンスが落ちる(軽く回らない)力が感じない 燃費が落ちる様な オイルは 早めに交換で
エンジンを長く 良好を維持出来るオイルに交換しましょう。
同車オーナーさんなどの 情報を収集し 信頼できそうな情報で 試す 自身で 判断して
マッチング良好な オイルを 捜し当てて下さい。

ガソリンターボ車でも 交換頻度は 3千キロ~5千キロでやってました。
純正オイルらな 3千キロ
マッチングが良い社外オイルでも 5千キロは こさない様に 管理していました。
ディーゼルには 詳しく無いんですが カチャカチャタペット音が出出すと 厄介です 早めの交換サイクルの方が 延命につながると 考えます。

長く快調を 維持したいのなら 5千キロを 超えない様な管理です
予算に余裕が有れば 3千キロ超えたら交換する感じが お薦めです。

ご自身で交換となると オイル選び 純正は、安く購入出来なければ 社外オイルを選ぶと思いますが
エンジンとの マッチングが重要です 
ディーゼルターボエンジン用オイルなら 取りあえず エンジン回り 走りますが
最良コンディションで 走るかです?

レスポンスが落ちる(軽く回らない)力が感じない 燃費が落ちる様な オイルは 早めに交換で
エンジンを長く 良...続きを読む

Qエンジンオイルの乳化について

H42V 三菱ミニカ でエンジンオイルの乳化についてですが
4ヶ月4000kmで交換した際には給油キャップの裏に乳化したものが結構付着していました。
以前に乗っていたH32Vでは一度も起きたことがありませんでした。

取扱説明書には白いものが付着しますが心配ありませんと記述があります。
念のために自分でエンジンオイルを交換しましたが、3日目にまた少量付着しています。
ディーラーなどで専用のオイルを使用してのフラッシングがあるようですが、それをしないで
このまま乗り続けてもいいものでしょうか?

片道6~8kmの走行が多くて購入直後の昨年の夏前後には見られなかった症状です。
冬場に結露したものがオイルに混ざるという現象だということは分かるのですが、他の軽自動車でもよくあるものなのでしょうか?
冷却水のリザーバータンクにはオイル混入などは無く、フィラーキャップもしっかりと締まっています。(レベルゲージには付着しない)
このような状態で十分な潤滑がされるものかどうか・・・

Aベストアンサー

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが、エンジン形式が異なりますので単純には比較出来ないとは考えます。
*H32Vは4気筒のたしかキャブレター車、H42Vは3気筒のインジェクション車、新車当時の排気ガス規制基準も異なっていると思われます。

現在は、フィラーキャップ裏側だけでレベルゲージに付着したオイルには乳化が見られないのでしたら、乳化の初期段階でオイル全体は白濁した訳ではないでしょうから、オイル交換やフラッシングまでは必要ないと考えます。
また、フラッシングやオイル交換をしても、同じ条件下(外気温や湿度によりますが・・)では、また発生してしまう可能性も大でしょう。

私の車のときの乳化、息子の車の乳化も、フィラーキャップに付着した程度でしたのでオイル交換などはせず、そのかわりに一週間に一度程度は乳化が見られなくなるまで、ちょっと長めの走行(仕事帰りに回り道やちょっとしたドライブ:15~20km程度)をして完全暖機(エンジン全体の温度を十分に上げて結露で発生した水分やオイル内の水分を完全に飛ばしてしまう)をしていました。
私はこれが一番効果的ではないかと考えています。(短距離走行繰り返し時のバッテリー消耗の充電にも効果的ですよね)

そういう具合で7~8年は使っていましたが、エンジンには何ら問題はなかったですね。
今も息子には、週一はちょっと長めに走行するように勧めています。
ちなみにオイル交換は約1万キロまたは年1度程度の間隔で実施していました。

こんな具合で良いと思うのですが・・・・ご参考になれば幸いです。

こんにちは、現役引退の元整備士です。
片道6~8kmの走行ですと、特に冬場には軽に限らず普通車でも乳化発生が懸念される距離ではありますね。
私も現役時代に普通車(1800cc)ではありますが、片道5~6kmの距離の通勤でオイルフィラーキャップ裏側が乳化、息子は現在1600cc車で片道4~5km通勤で乳化発生しています。
ただし、寒冷地在住ですので外気温はかなり低いですが・・・今頃の通勤時間帯は氷点下5℃程度です。

以前のH32Vでは発生がなく、H42Vになってから発生とのことですが...続きを読む

Q平成11年トヨタのウインダムの純正ステレオがはずれません。どうやっては

平成11年トヨタのウインダムの純正ステレオがはずれません。どうやってはずせばよいか、ご存知な方、教えてください。できれば、図があると助かります。

Aベストアンサー

参考URLにてご確認ください。

参考URL:http://www.alpine-fit.jp/index.cgi


人気Q&Aランキング

おすすめ情報