西岡選手が骨折したあのプレーなんですが、
客観的に見たら、当然守備妨害になるようなプレーだと思うのですが、
ああいった危険なプレーが守備妨害にならない、容認されている理由って何なんですか?

あと、ああいう走塁がありなら、スライディングを避けるつもりでジャンプして、
着地でランナーの手や足をスパイクで思いっきり踏みつけるとかもありなんですか?
さらに、向かってきたランナーの顔面をこれまたスパイクで蹴りつけるとか。
自然な流れに見えるプレーなら、何でもありなんですよね?

こういった殺人野球を見ていて面白いんですかね?
日本では滅多にこういったプレーは見ませんが、これが野球とベースボール、
日本とアメリカの違いなんでしょうか?アメリカのお客さんはこういった野球を望んでいるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

日本人の選手は「メジャー、メジャー」と騒いでいますが我が国の野球の方がレベルは上ですよ。


西岡も日本球界に残るべきでしたよね、私も守備妨害だと思うような悪質なプレーだと思います。
私はイチローの日米の成績を調べたんですが日本での成績は打てていないんですよ、試合数は違いますが10年間で2000本安打を記録したのはおそらく最速の出来事ではないかと思われます。
それだけアメリカのベースボールはレベルが低いんですよ、これは驚きでした、どこの世界によそから来た選手に10年間の間に2000本の安打数を献上します。
彼が落ちぶれないのは下手な野球に救われている結果がもたらした記録だったのです、西岡選手も間抜けですよ、あんなプレーをたたえるんではなく記者会見で批判ぐらいして欲しかったと思うような危険なプレーですよね。
あれでは野球ではなくラグビー、審判も日本人の方が厳しい判断を下す人が多いからけが人が出ないような走塁をするしかないのです。
    • good
    • 0

>着地でランナーの手や足をスパイクで思いっきり踏みつけるとかもありなんですか?


さらに、向かってきたランナーの顔面をこれまたスパイクで蹴りつけるとか。


どこが自然な流れなんでしょうか?

自然な流れじゃないから当然守備妨害取られると思います。

ま。今回の件は西岡が日本の野球と同じ感覚で守備していたのが原因です。
    • good
    • 0

野球に限った話じゃないけど


「反則スレスレ」ってのは非常に有効な方法な訳ですよ

それを悪質なプレーと批判するか、有効なプレーと賞賛するか
しばしば意見が分かれる所ですけどね

まあ、言ってみればあのようなラフプレーは全力プレーの象徴ですよ
プロやメジャーは怪我を恐れず全力でプレーしてるって事ですね

日本の高校野球などは遠慮して、極力相手に怪我をさせないような野球をしますけどね


まあ、今回の件は、明らかに西岡の落ち度ですけどね
西岡も、西岡の所属するツインズの監督もスウィッシャーの走塁には何の問題もなかった旨のコメントを残しています

明らかにベースからかけ離れた野手に突進するなら批判するのも分かるが、
今回の接触はほぼベース上でのプレイじゃないですか


あの程度のプレイを殺人野球とか言うと笑われますよ。
併殺を崩す意図は合っても怪我をさせる気はさらさらないプレーです。

西岡が怪我をしたのは上で書いたとおり西岡の落ち度です
西岡がメジャーで「極当たり前」の守備ができていればこんな怪我は起こらなかった


一応ルールにも触れておきます
公認野球規則読めば分かるけど、
「明らかな妨害」じゃなければ接触しても守備妨害になりません

塁を結ぶ線上、およびベースに手が届くような範囲での接触は
「明らかな妨害」とはならず、成り行き扱いなので守備妨害にはならないと判断されます
野手も走者も同じベースを共有するんだから接触自体は往々に起こり得る訳ですね


それと、
>自然な流れに見えるプレーなら、何でもありなんですよね?

それは野球に限らずほぼ全てのスポーツで言えることです
自然な流れに見えるなら怪我させてもお咎めなしです。


どうせ私の回答は質問者さんの意にそぐわない回答でしょうからはっきり言いましょう
あんたは自分の考えが正しいとお考えでしょうが、生ぬるい考え方です

相手に怪我をさせるなというような生ぬるい考え方は、
怪我を恐れず全力でプレーしている選手を侮辱していると知りなさい


まあ、今の発言もかなりの極論で、私の意見が正しいわけではありませんけど
少なくとも私は相手を怪我させないよう遠慮したプレーよりも、
怪我を恐れず全力でぶつかるプレーの方が好きです

その結果怪我人がでてもそれはしょうがない。
その時はその時で、怪我によって欠けた穴を埋める別の選手の活躍を期待します


なお、こういう風に書くと怪我させても良いという風に解釈する人が出そうですが、それは違います
相手に怪我をさせる事が目的のプレーは当然批判されるべきです

全力プレーをすれば相手を怪我させてしまうようなプレーも起こり得るんだから、
怪我をしたら自分が悪いという心構えでプレーするべきだということです
    • good
    • 0

私も前々から不快に感じていました。



何も野球に格闘技的要素なんか求めていませんし
いくらエキサイティングなシーンを演出するためとは云え
相手に怪我をさせたらプロとして恥ずべき行為だと思います。

ルール上では、明らかに守備妨害ですから
即、退場にすべきだと思います。
.
    • good
    • 0

こんにちは、西岡選手は早く復帰できると良いですね!


今朝の報道だと4週間から5週間で復帰かと書いてありましたから5月中には元気な姿を見れそうで、楽しみです。
さて、件のスライディングですが、ダブルプレーを防ぐ為の極普通のスライディングだと思いました。
日本のプロ野球でも普通に観られますし、当然練習もしています、また野手もかわす練習をしていますよ。 危険なスライディングと取られるのは、スパイクの爪を向けてのスライディングや送球が済んで
ベースから離れている野手へのスライディングだと思います。つまりは、危害を加える事が目的のスライディングです。
プレイしている選手に怪我が無いのがファンにとっても1番ですが、プロスポーツですから、怪我を恐れて余りにもルールで縛ると魅力の無い見世物になってしまうと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング