何日か前から部屋の中でてんとう虫みたいな虫がでました。
真っ黒い真ん丸な2~3ミリぐらいな感じの虫と、黒に白い点々がいっぱいある虫がでました。
ゴキブリとは全く違うのはわかるのですが、ここ三日間で数匹見つけました。

いったい何の虫なんでしょうか?

気になってしかたがないんです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

白い点々の虫もカツオブシムシでは?ヒメマルカツオブシムシという斑模様の種類がいます。


羊毛等の衣類をはじめ、乾物やら穀類やら羽毛やらを食害してしまうので注意が必要です。うちにもいます…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えていただきありがとうございました。

掃除したりなどこまめに退治してみます

お礼日時:2011/04/10 01:46

白い点々の方はわかりませんが、



カツオブシムシではないでしょうか?

写真がないのでわかりませんが、

昔、小学校の床とかにも異常繁殖していた記憶があります。

肉付きの標本にカツオブシムシを投入すると
キレイに肉だけを食べてくれて、キレイな骨標本ができあがると聞きました。

害はないですけど、気持ち悪いですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございました。

てんとう虫でもよくにた虫でもいろいろいるんですね

勉強になりました

ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/10 01:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみい子(てんとう虫コミック)の販売について

前に質問した時に答えてくれた方の言ったとうりにやってみたら、
もう販売はしていないと言われました。
ネットのアマゾンはすごく高値なので、もう少し安く売っている所は
ありますか?

Aベストアンサー

直接の回答でないことを最初にお断りしておきます。

てんとう虫コミックス版「みい子で~す!」(以下『てんとう虫みい子』と表記)は、何せ初出が15年~20年近く前の絶版品のため、新刊として普通の本屋に並ぶことは絶対にないです。
そのため、てんとう虫みい子を入手するには、基本的に以下の3つの方法しかありません。
(1)アマゾンで購入:
   ある程度お金を出してもいいなら、最も確実で早いです。
(2)古本屋で購入:
   見つかれば安く買えますが、年月が経ちすぎている上に元々の流通量が多いとはいえないので、見つかるのは奇跡に近いと断言できます。期待しないほうがいいです。
(3)オークションで競り落とす:
   正直言うとおすすめできません。一気に全巻揃えられる可能性はありますが、値段が無駄に跳ね上がる傾向があります。


現在店頭で新刊として入手可能な、フラワーコミックス版「みい子で~す!」(以下『フラワーみい子』と表記)も、基本的な内容はてんとう虫みい子と同一です。
てんとう虫みい子(全6巻)→フラワーみい子(全4巻)+フラワーみい子大江戸編(てんとう虫みい子から大江戸編のみを1巻でまとめたもの)という流れになりますね。1巻足りないのは、てんとう虫時代の時事ネタや、後にリメイクしたネタ等が何本か除外されたことによります。


なので、最も安価で現実的なのは「アマゾンでてんとう虫みい子を買う」か「書店でフラワーみい子を買う」でしょう。
アマゾンも見てみましたけど、15年以上前の絶版本で今なお地味に人気があることを踏まえたら、中古でも1冊500円前後なら妥当な値段じゃないかなと個人的には思いました。
無事に入手できることを願っております。

直接の回答でないことを最初にお断りしておきます。

てんとう虫コミックス版「みい子で~す!」(以下『てんとう虫みい子』と表記)は、何せ初出が15年~20年近く前の絶版品のため、新刊として普通の本屋に並ぶことは絶対にないです。
そのため、てんとう虫みい子を入手するには、基本的に以下の3つの方法しかありません。
(1)アマゾンで購入:
   ある程度お金を出してもいいなら、最も確実で早いです。
(2)古本屋で購入:
   見つかれば安く買えますが、年月が経ちすぎている上に元々の流通量が多...続きを読む

Qこの写真の虫(体長2ミリ・直径1ミリ)は何ですか?

最近ダニのような物に噛まれて痒く困っています。
この虫ではない可能性もかなり高いのですが、
とりあえず、こちらの虫を服の上に見つけましたので、
レンズとデジカメで無理矢理撮影してみました。
ぼやけた写真で申し訳ないのですが正体が分かれば教えて下さい。
宜しくお願い致します。

なお、こちらの画像アップサイズにはサイズ限界がありましたのでDropBoxでも公開しています。なお、最下段の画像が多分最も見やすいと思います。
https://www.dropbox.com/sh/pmit0599dcm1rm0/AABPAhxBY703n3w4ts23dkCOa

Aベストアンサー

平べったいし、後脚の付け根が太いし、それは日本中の、誰がどこからどう見ても 【ネコノミ】 以外には見えないはずです。
てゆうか、ダニとかトコジラミとか、シラミに見える人はいないと思います。

ノミの場合はひざ下を多く刺咬します。刺咬されやすい部位は一番下のURLを参照してください。

ネコノミ
http://blager.exblog.jp/11417129/
http://naslabo.jp/public/_upload/business_info/image/image1_13470916673.jpg

刺咬されやすい部位(ダニ・トコジラミ・ネコノミ)
http://bite.dismech.com/miwakekata/
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/report/t202/201306/530991_2.html

Qてんとう虫の名前

飼っている腹黒大テントウムシの隣に小さいてんとう虫が?この小さいてんとう虫の名前を教えてください

Aベストアンサー

色の感じから「キイロテントウ」っぽいけど、写真(対象物)が小さ過ぎて判別出来ません…。

Q何の虫か教えて下さい。梨に付いていた虫。1ミリ程

どなたかお詳しい方、何の虫か教えて下さい。

冷蔵庫のビニール袋の中に1ヶ月程置いていた梨に、今まで見たことがない虫が付いていました。
1ミリくらいで平たく、褐色。ごく細い触覚があり、羽はなさそうです。
平行に5センチくらいぴょんと跳ねました。

思わず潰してしまいましたが、今思うと何の虫なのか気になり・・・・
(低温で一ヶ月生き永らえていたのか、孵化したのか??)

因みに梨は新潟県三条市産『秋月』だったと記憶しています。

ご存知の方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。
内容を最初読んだ時、キジラミ(幼虫)の類いかなと思いました。
しかし褐色で5センチぐらい“跳ねた”という表現、そして絵と体長1mmから想像するに
【トビムシ】の一種かもしれません。
http://www.bekkoame.ne.jp/~w.naoko/naoko_055.htm
http://www.ikari.jp/gaicyu/52010d.html
体色は乳白色・紫・褐色など様々で、体高も低く平たく見えるものが多いです。

基本的に土壌や腐朽物に付いて、菌糸や腐朽物や藻などを摂食しています。
梨に付くというのは少し疑問ですが、収穫時に混入した可能性は充分ありますね。
収穫地が新潟県と比較的寒い地域ということで、そこを生息域としている限り耐寒性もあると思います。
最近、偶然にも無代謝に関連する質問が多くて何度か触れてるのですが、クリプトビオシスと呼ばれる状態があります。
それは乾燥や高・低温時など、過酷な状況下において無代謝状態になることにより、休眠し続ける事ができるというものです。
クマムシやユスリカ等が有名で、数十年・数百年前の乾燥物を加水したところ、それに付着していた虫が再活動を始めたという話もあります。

ウチでは昆虫飼育のエサとして広葉樹オガに菌糸を植菌したものを使用していて、普段は専用冷蔵庫で低温保管しています。
長い時で数ヶ月は入れたままですが、20~25℃付近で管理しているとトビムシが発生してきますよ。
庫内では発生してないので庫内温度だと活動はしてないと思いますが、温度上昇によって再活動を始めます。
冬眠と言った方が分り易いかもしれません。
だから梨と一緒に混入して庫内で休眠、出した時に再活動を始めた可能性もありますね。
世界で6000種、日本でも360種ほど確認されている様ですから、中には極端に耐寒性のある種もいるかもしれません。
新潟よりもと寒い地域にも普通に生息していますから、何ら不思議はないですね。

ただ、トビムシの触覚まで確認できたという点は少し疑問です。
中~大型種なら可能かもしれませんが…

特定には至りませんでしたがご参考程度にお考え下さい。

おはようございます。
内容を最初読んだ時、キジラミ(幼虫)の類いかなと思いました。
しかし褐色で5センチぐらい“跳ねた”という表現、そして絵と体長1mmから想像するに
【トビムシ】の一種かもしれません。
http://www.bekkoame.ne.jp/~w.naoko/naoko_055.htm
http://www.ikari.jp/gaicyu/52010d.html
体色は乳白色・紫・褐色など様々で、体高も低く平たく見えるものが多いです。

基本的に土壌や腐朽物に付いて、菌糸や腐朽物や藻などを摂食しています。
梨に付くというのは少し疑問ですが、収穫時に混入し...続きを読む

Qザクロの葉にてんとう虫の幼虫と・・・多量の白い粒?

ザクロの葉っぱに砂をまいたような極小のツブツブが沢山つくようになりました。

実際には砂粒より小さく、何かの卵か糞なのかとも思いましたが、どうも違うように思います。

ただ、写真の右のほうに写っているようにテントウムシの幼虫が沢山発生していました。

地面から2M以上の所の葉にもこびりつくようについており、周囲の樹木には何も起きていません。

水を掛けると流れましたが、一体何だったのか判らず不安です。

同じようなご経験のある方、是非アドバイスを。

Aベストアンサー

おはようございます。
アリマキがいるため、その捕食者であるナナホシテントウムシの幼虫がいるのですね。
べたべたしたものはアリマキの分泌物です。
現在あまりアリマキが見当たらないのはナナホシテントウの幼虫が食べてくれたからです。

なお、ナナホシテントウの幼虫は植物は食べませんのでそのままにしておいてあげてください。

数あるテントウムシの中でナナホシテントウは益虫として有名です。
国によると生物農薬として園芸店で販売しているところもありますよ。

Q部屋の中に虫が大発生しました。なんという虫でしょうか?

最近よく部屋の中で座ってテレビを見ていると、目の前に変な虫が飛んでいるな。とあまり気にせずに数日過ごしていたのですが、
部屋中の壁などをよく見てみたら15匹ほどの同じ虫ががいました。
気味が悪いので新聞紙で片っ端から仕留めている状態なのですが、見たことない虫で、もし人体に悪影響のある虫だったら嫌なので、この虫の詳細を知りたいです。
なんとかこの虫の特徴を細かく書いてみますので、わかるかたは是非教えてください。
バナナの皮を捨てずに1週間ほどテーブルの上に放置してから発生しました。
羽が付いていて直径は2~3ミリで幅は1ミリ程。蚊より小さいです。
飛び方はジグザグではなく安定した飛び方で空中で静止しそうな飛び方です。
体の模様はハチみたいで、黄色いシマ模様に似ています。
頭が赤く、潰すと血が出るので、自分の血が吸われてるんではないかと怖くなってきます。
説明が下手で申し訳ありません。
上記が主な虫の特徴です。
どなたかご存知の方は教えてください。
どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ショウジョウバエ、それも外見の描写と家の中で見つかったという生態とから、キイロショウジョウバエで間違いないでしょう。

ショウジョウバエは眼が赤いのが特徴です。複眼は頭部のの大部分を占めますので、頭が赤いというふうに見えておかしくないです。ちなみに、「猩々 しょうじょう」というのは酒好きの空想上の妖怪で髪の毛が真っ赤、酒に酔って顔も赤く、酒樽の回りを舞い踊るというものです(能の題材にもなっています)。それから連想して、頭が赤くて酒に寄ってくるこのハエが、ショウジョウバエと名付けられたのです。

つぶしたときに出る赤い液は血ではありません。眼を赤くしている色素です。

今の暑い時期だと、卵から幼虫、蛹を経て親バエになるまで10日弱です。バナナの皮を一週間くらい放置していたとなると、そこで一世代繁殖した可能性が高いです。

Q庭に木についたてんとう虫

百日紅やりんごの木にてんとう虫が集まって葉っぱを食したせいか、葉っぱがスジだらけになってしまいました。
昨年もてんとう虫が飛来したことを思い出しました。3軒となりの百日紅にはてんとう虫がきた気配がなく立派な葉っぱが茂っています。
てんとう虫が飛来するのはなぜでしょうか?またその対策を教えてください。

Aベストアンサー

てんとう虫は葉っぱを食しません
>葉っぱがスジだらけになってしまいました
おそらく別の草食性昆虫がいると思います
よく調べてみてください。

以下昆虫図鑑より

農民はテントウムシを別の理由で利用している。アブラムシなどの草食性昆虫を大量に捕食し、それが農作物の保護にも役立つのだ。テントウムシは、草食性害虫の巣に数百の卵を産む。幼虫は孵化すると、すぐにエサを食べ始める。3〜6週間の一生の間に5,000匹ものアブラムシを捕食することがある。

Q虫を食う虫、虫に食われる虫を教えてください

虫を食う虫としては蜘蛛が有名ですが、他にはどんな虫がいるでしょうか?
また、ある虫にだけ食われてしまう特別な虫とかはいるのでしょうか?
マイナーな虫でも結構ですので色々教えていただけるとありがたく存じます。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

世界には300万種以上の昆虫がおり、続々と新種も発見されている由ですので、ほんのさわりだけですが・・・

○鱗翅目(チョウ、ガのなかま)
肉食のものは少ないのですが、ゴイシシジミという小さなチョウの幼虫は、アリの巣に居候し、アリの幼虫を食べてしまいます。

○双翅目(カ、ハエのなかま)
サシアブのなかまは他の昆虫を捕らえて体液を吸います。

○膜翅目(ハチ、アリのなかま)
・ジガバチなど「狩人バチ」と呼ばれるハチは他の昆虫(イモムシ、コオロギ、キリギリス、ゾウムシなど)を捕らえて幼虫の餌にします。
・アリは雑食性で生きた他の昆虫を餌にします(夏の終わりには力尽きたセミなどが生きたまま餌食になっています)

○脈翅目(カゲロウのなかま)
・ウスバカゲロウの幼虫はアリジゴクとよばれ、砂にすりばち状の落とし穴を作ってアリなどの小昆虫を捕らえて体液を吸います。
・クサカゲロウは緑色の体をした、成虫としては数時間しか生きない儚い運命の虫ですが、幼虫は親に似ないいかついご面相で、アブラムシ(ゴキブリではなく園芸家の天敵のアリマキの方です)を食べます。

○半翅目(セミ、カメムシのなかま)
タガメ、タイコウチ、ミズカマキリなど水棲の半翅目にはおたまじゃくしや小魚などの小動物を捕らえ体液を吸うものが多くいます。

○鞘翅目(カブトムシのなかま)
・オサムシ(手塚治虫氏のペンネームの由来となった虫)、マイマイカブリ・・・カタツムリなどを食べる。
・ハンミョウ・・・別名「道教え」。成虫、幼虫とも狩をする。
・ゲンゴロウ・・・水中の小動物を食べる。
・ホタル・・・幼虫がカワニナなどの水棲巻貝を食べる。

○直翅目(バッタのなかま)
ヤブキリ、カヤキリなどのなかまはセミなどを捕らえて食べます。また、キリギリスやコオロギのなかまも肉食をすることがあります。

以上、既出のものは除いてあります。

また、昆虫の中には共食いをするものも少なからずあります。カマキリのメスが交尾のあとオスを食べてしまうには有名ですが、コオロギやカブトムシなども共食いをします。

「ある虫にだけ食われてしまう特別な虫」については、寄生バエ、寄生バチの場合寄生の対象は限定されますが、寄生されたほうが他の虫にも食べられることがありますので、厳密に1対1の対応になっているわけではありません(たとえば、アオムシコマユバチという寄生バチはモンシロチョウの幼虫であるアオムシに卵を産み付けますが、アオムシはアリなど他の昆虫の餌にもなりうる、ということです)

以上、ご参考になれば幸いです。

世界には300万種以上の昆虫がおり、続々と新種も発見されている由ですので、ほんのさわりだけですが・・・

○鱗翅目(チョウ、ガのなかま)
肉食のものは少ないのですが、ゴイシシジミという小さなチョウの幼虫は、アリの巣に居候し、アリの幼虫を食べてしまいます。

○双翅目(カ、ハエのなかま)
サシアブのなかまは他の昆虫を捕らえて体液を吸います。

○膜翅目(ハチ、アリのなかま)
・ジガバチなど「狩人バチ」と呼ばれるハチは他の昆虫(イモムシ、コオロギ、キリギリス、ゾウムシなど)を捕らえ...続きを読む

Q黄色いてんとう虫? さっき掃除をしていたら黒いてんとう虫のような虫が息絶えていました。 ただ黒い背

黄色いてんとう虫?

さっき掃除をしていたら黒いてんとう虫のような虫が息絶えていました。
ただ黒い背中に黄色い点でした。

これはてんとう虫のただの色違いなのでしょうか?それともてんとう虫に似た害虫なのでしょうか?

虫が苦手なのである程度しか調べられず
もしわかる方がいれば教えてください。

Aベストアンサー

テントウムシで間違いないです。

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/09kochu/tento/

Q数ミリの黒い虫 (長文です、すみません)

数年前洗濯物に黒くて小さな芋虫のような虫、足もなく、くねくねした虫(動きはしゃくとり虫みたい)が沢山付いてたことがありました。気が付かなくて取り込んだあとタオルを使用して初めて気が付きました。
その後は大騒ぎで洗濯物をまとめて水につけておいたんですが、一日おいてもその虫はまだ生きてました。結局その洗濯物は捨てた記憶があります。
またタオルを使ったときに噛まれた?のか顔の一部がしばらく赤くなって痛かったです。
虫が大の苦手なので植物は一切おいていないのに、そんな虫がベランダに干しておいた洗濯物にどうやって付いたのか不思議に思っていました。

で、その虫がまた出たんです。
今日、仕事帰りにコンビニに寄ったんです。
なんとなく腕がこそばい、と思ってふと腕を見ると、その虫が腕で動いてたんです。1匹なんですけど、ビックリしてすぐに払いのけました。
仕事場(オフィスワーク)から電車に乗って、コンビニへ。いったいどこでそんな虫がくっついたのかわかりません。ただでさえ気持ち悪いのに虫の正体も出所も分らないので不気味です。

まとまりの無い文で申し訳ないですが、
虫の正体ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。お願いします。
どんな情報でもいいですお願いします。

数年前洗濯物に黒くて小さな芋虫のような虫、足もなく、くねくねした虫(動きはしゃくとり虫みたい)が沢山付いてたことがありました。気が付かなくて取り込んだあとタオルを使用して初めて気が付きました。
その後は大騒ぎで洗濯物をまとめて水につけておいたんですが、一日おいてもその虫はまだ生きてました。結局その洗濯物は捨てた記憶があります。
またタオルを使ったときに噛まれた?のか顔の一部がしばらく赤くなって痛かったです。
虫が大の苦手なので植物は一切おいていないのに、そんな虫がベランダ...続きを読む

Aベストアンサー

これだけの情報でははっきりとはわかりませんが、チョウバエの幼虫のような気がします。
この虫は排水管の中などで繁殖していますが、ときどき排水口から外に出て来ることがあります。
洗濯機を置いてあるところには排水口もあると思いますから、そこから出て来た虫が衣服まで這っていったものと思います。
もともと水中にいる虫ですから水につけても無駄です。

気持ち悪い以外には害はないのですが、顏が赤くなったのは気にしすぎて御自分で擦りすぎたためではないでしょうか。


人気Q&Aランキング