海外ではウオッシュレットが無く日本独自のものだと聞いたのですが、
それって本当なの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

違いますよ~


もともとはアメリカです。但し、家庭用じゃなくて、医療とか福祉用だったのですが。
それを家庭用として開発して売れたのがウォッシュレットです。
今はアメリカのセレブの間ではウォッシュレットを取り付けるのがステータスだそうで、前にTVでも取材して放送していました。
確かマドンナの家にもありましたねぇ。
そういう意味では、アメリカは逆輸入というか里帰りした感じですね。
韓国も結構売られていて、ある程度のホテルでも装備しています。

ちなみにウォッシュレットというのはTOTOの商品名で、他のメーカーでは違う名前がついています。でもTOTOが先行して売れたので、みんなウォッシュレットと言ってますね。
ちょうどウォークマンとかバンドエイドと一緒ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウォッシュレットというのはTOTOの商品名なんですね!
そう言えば“シャワートイレ ”とも聞いたことあるなぁー
有難うございます。

お礼日時:2011/04/09 07:33

もともと、欧米にビデの文化があって、トイレと併設して、便器状で蛇口をひねると下から水が出る女性用衛生機があったのですが、溜まり水を下から吹き上げる構造(湯船の中からシャワーを上に吹き出すような構造)で不衛生として廃れたのです。



それでTOTOが、便器と一体化して、お尻も洗えるようなシャワー便座をつくったのがウォシュレット。
で、性器の位置はとても個人差があって、ピンポイントにシャワーを当てる位置データ収集が不可欠なのです。
人種と体格が比較的均一な日本人だから作れて、多民族国家だと体格差が大きいため難しく、
水道施設が安定している必要があり、その点で水道施設が古いヨーロッパでは普及が難しい。
不浄観もあって衛生用品を本気で開発できたのが、バブル期に入浴設備が異常に進化した、上下水道が安定している日本だけなのです。
未だに海外メーカーは開発できていません。
同様のものに、洗面所の横に備え付ける風で跳ね飛ばし式のハンドドライヤーも日本が海外でも独占しています。欧米製は熱と風で乾かすことしかできません。

もっとも、欧米人って、個室である便器は盗まれるものって意識があって、便座って定期的に壊れる物で便座だけ消耗品として売っていたりするので、日本と違う賃貸事情もあって、据え付け家具にお金を払わないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどよく分かりました。
有難うございます。

お礼日時:2011/04/09 07:38

COPY天国のkoreaにもあるざんす。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ⁈
そうなんですか!
有難うございます。

お礼日時:2011/04/09 07:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング