時給で更新型で働いてますが、いつもいい加減仕事にいやけがさし、やめたいと思っていると、同じタイミングで会社側から契約を打ち切られます。しかもやめたいと思う理由の一つに同僚が次々とやめていなくなっていくからもありますが、なぜ、このタイミングで解雇なのかなと不思議に思います。やめどきなんでしょうか?

A 回答 (5件)

もともとは、長くいられるような職場でないからこそ、補充要員として、アナタも採用されやすいということです。


やめさせて、会社が職場がなくなるのでなければ、補充はいつでもされているわけで、
誰かが座る。
あなたも、また、他のやめた人の後に採用されたから・・の今でしょう?
比較的、「後が簡単にきまる」職場だから、ありえることです。

その職場にアナタより長い人がいますか?

おそらくは、それが「正解」です。

今までもそうだったから、これからもそうだ・・・というだけのこと。
あまり長くいてもらっても困る(理由はいろいろ、やる気がない人というのは一番の理由になりますが)だから、
長続きしないし、
最後の一人として「生き残って」もその、能力に特別に惜しむことがなければ、やる気もなければ
ながくいてもらっては困る・・・だから、おやめいただく。
お局化する人もいるし。

そのような職場(入れ替わることが前提で維持される)というのがあって、
そこをアナタが渡り歩く、だから、いつも、嫌気が差してそろそろとおもうし、
同期はみなやめている「あなたもやめてください」と言われる。

その繰り返しです。
何の不思議も、タイミングの妙もないです。
人が入れ替わるだけで簡単にリフレッシュします。
だからこそ、正社員も転勤、移動がある。

正社員の場合はジョブローテはステップアップの一つで、「ステップをあがる」移動が普通ですが、
時給のようなお仕事だと、えてして、職を変わって、年をとると、
年月とともに、意識してないといつの間にか同じステップにウロウロしていることが難しくなる。
体力とか、容色とか時給としての賞味期限がありますから。
時給を下げるか、今の年齢、体力、能力、もろもろで間に合う仕事しかなくなる、これはステップを下げることになる。

つまりもとの職場にとっては、やめた人が同じような職場に移れるぐらいでないと、ソコにいてもらうには
高い時給を出し続けることの意味する。
やめた人が、安い時給、ステップの下がった人で十分な職場に移動するということは、「そんなひと」を
雇用していたことになるから、会社としては損なわけです。
だから、よそへ移りにくい人ほど、やめていただくことが多いのです。

正社員のほとんどはこれになりますが、その位置にすわるまでに、会社に先に貢献しているという前提で、
「今の保障」です。
これも、今後はどうなるかわかりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

納得です!

お礼日時:2011/04/19 18:33

辞められない立場なら、辞めたいとは思わないでしょう。


辞めても問題ない業務で、辞めるだろうという態度の従業員から切りますから。
    • good
    • 0

確かに気持ちが態度に反映しているのが


自分でも知らずのうちに出ているのかもしれないですね。
人間は興味のないことには素直に反応しますからね^^;

でも、もしかしたら会社側の意図もあって
あえて人員削減をしなければいけないこともあって
各々になにかしら影響をあたえているのかもしれないです。
バイトならばシフトを減らすとか、
仕事の内容に給料があってないとか。

私の職場にもそういう人がいますけれど
周りは見ていてあまり良い気持ちをしていません^^;
どちらかというと悪い反応です。

多分止めどきなのか、仕事に対しての満足感がないこと
不満が多いからだと思いますよ。
色々な理由がありますから、本当に納得できない場合は
職場の方に直接聞かれるか、労働基準監督署へ聞いてもらうか
でわかるとおもいます。
そこまでするとちょっと大変ですけどね^^;
    • good
    • 0

同僚とかに少しでも不満や愚痴言うとそんな情報あっという間に広がりますから


自分なんか辞めた会社の他の人の情報すら入りますから1,2年くらいは
    • good
    • 0

態度にてでるし役に立たないから

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング