こんにちは。
ピリミジン骨格を持つアミンとケトン体でイミンを生成させたいのですが、想像以上にピリミジン環がアミンの電子を吸っているようで、なかなか反応してくれません。
対処法として、温度を上げて反応させることくらいしか思いつかないのですが・・・何か良い触媒・溶媒などありましたら、是非参考にさせていただきたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どの位経験がおありか分からないので失礼なことを申し上げるかもしれませんが、アミンとケトンから脱水でイミンを作ることは通常「無理」です。


沈殿が生ずるような反応を考えて下さい。
あるいはケトンの代わりにケタールを使いアルコールを飛ばしながら加熱するようなことを考えて下さい。
イミンの生成は「熱力学的に不利」ですので、幾ら加熱しても出来ません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ 移民

アメリカは移民の国みたいですが今いるアメリカの白人は移民ヨーロッパ人とアメリカ先住民(インディアン)の子孫なのか移民のヨーロッパ人同士からなる子孫なのでしょうか?例えば移民のイギリス人とポルトガル人の子孫ならアメリカ人というよりヨーロッパ人って感じが個人的にします。

Aベストアンサー

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

今まであった日本での「民族意識」はあと10年もすればかなり違ってくると思いますよ。 日本人の中でいわゆる大和民族だけ後を持った人が何パーセントいると思いますか? 限りなくゼロに近いはずです。 いわゆる混血はもう既に江戸時代にはかなりの数になっていたわけですが、近年、明治以降、そして平成以降で更なる混血がなされていています。 ただ、それを普通に見なかっただけなのです。

「外国人」と結婚した人で子供が生まれている日本人の数はもう無視できないほどになっているのは感じますよね。 そして、今では、「混血児」と言う馬鹿じみた考え方は少なくなってきていますね。 

これがアメリカの100年前なのです。

いわゆる生粋のヨーロッパ諸国人のちだけを持っている日はまず1世2世を除いてまず見つけることは出来ないでしょう。 移民はヨーロッパからだけではありません。 アジア(日本、中国、ベトナム、そして韓国とインド・フィリピン)と時代の流れで移民を目的にしてきた人以上にいろいろな理由で統計的「移民」がなされてきています。

メキシコ人や中南米人、数え切れないほどのインディアン民族、黒人、そしてアジア人とヨーロッパ、中近東、オセアニアとすべての国の人たちがここには入り混じって生活を営んでいます。 1世2世がそれらのグループとして固まるのは高校生までです。 大学に行けばすべての民俗の人とそれらの「混血」されてきた人に接触し、恋愛し、子孫を作ってきたのがこの100年なのですね。

つまり、2世以上はまず混血と言っていいわけですし、それを意識している人は若い人の中にはまず少数と言えるでしょう。

つまり、ヨーロッパ人の混血がアジア人と結婚しその子供が黒人なり他の民俗の人たちと結婚しているのですね。

黒人ですら100%アフリカ人と言う人はまずいないのをご存知ですか? 確かに、見た目からすると各民族の特徴を持っているように見える人たちが多いわけですが、その人たちのほとんどが何らかの違った民族のちを受け継いでいるのです。

それが今日本でも起きようとして20年ほどになりましたね。 あと20年ほどすれば、日本人に見える(ハーフに見える人も)また他の民族の血を受け継いでいく事に違和感を感じなくなるでしょう。 そして、人によってはもうそれが起きている人もたくさんいると思います。

つまり、昔あった、お前は朝鮮人の子供だ!!と言えなくなった訳です。 なぜなら自分だって平安時代の頃の抽選半島や中国からの人たちの血を受け継いでいるのかもしれないし、今その「混血」が多く起きている事を考えれば、自分もその混血であったことを知らなかったと言うことすらありえるわけです。

差別があった頃のアメリカでも実は差別されていたインディアンや黒人の間でも彼らなりの混血差別があったのはご存知ですか?

20年前までは公表しなかった自分の「混血度」を今ではほとんど問題なく、黒人でも白人でもまたアジア人でも「差別されてきた」血を持っていっていることを恥じることなく公表します。 自分はアメリカ人だという誇りであり、民族としての誇りはその後なのですね。 つまり、自分は12.5%ドイツ人、25%日本人、12.5%黒人、12.5%ギリシャ人、、12.5%分からない、と言う風に自分の背景を言うわけです。

今日本で注目を浴びている、まったくの黒人に見えるジェロ君だって25%日本人ですね。 そして、後の75%はなんなのか分からなくたって良いわけです。 おばあちゃんが生粋の日本人だったと言う理由からそれが分かるからですね。 そして、ジェロ君はアフリカ人にはまったく見えないのはお分かりですね。 なぜなら彼らももう既に1世2世の世代ではないからなのですね。

そして、ヨーロッパからの各国からの人たちは私から見ると、今のアメリカ人ではないな、と言うことをすぐ分かります。 混血が始まれば当然混血は始まる前のその国のDNAは変わっていくわけですから、5世代目が既に始まっている今ではアメリカ人のほとんどがアメリカ人と言う人種を作ってきていると言うことなのです。

ここの変わりつつある日本での「人種」と「国籍」との意識が薄れているのがアメリカと言う事なのですね。

国境の境目だけに起きた混血はヨーロッパでは既に国内で起こっていますね。 国境を感じさせない世界になりもう既に「アメリカだけが移民の国」と言うことにはならなくなってきたわけです。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

今まであった日本での「民族意識」はあと10年もすればかなり違ってくると思いますよ。 日本人の中でいわゆる大和民族だけ後を持った人が何パーセントいると思いますか? 限りなくゼロに近いはずです。 いわゆる混血はもう既に江戸時代にはかなりの数になっていたわけですが、近年、明治以降、そして平成以降で更なる混血がなされていています。 ただ、それを普通に見なかっただけなのです。

「外国人」と結婚した人で子供が生まれてい...続きを読む

Qアミンとケトンの反応

アセチルアセトンとO-フェニレンジアミンが反応するとなにができるのでしょうか?インターネットでしらべたり,教科書を見てみたのですが,どういう反応が起こるかわからないんです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 実際に何ができるかは反応条件にもよりますので何とも言えませんが,可能性が高いのは2つのアミノ基と2つのカルボニル基の間でイミンの形成が起こった環状化合物(↓)です。

      N=C-CH3
    /\/   \
   |○|   CH2
    \/\  /
      N=C-CH3


 起こっている反応については,有機化学のイミンが出てくるところを御覧下さい。簡単には,参考 URL にもあります。

参考URL:http://www.chem.ucalgary.ca/courses/351/Carey/Ch17/ch17-3-3-1.html

Qアメリカ国籍を持つ彼と、日本で結婚して移民ビザを請願して欲しいのですが・・・

ポーランド生まれで、現在アメリカ国籍を持つ(パスポートもアメリカのもの)彼と、日本で結婚して私の分の移民ビザを請願して欲しいと思っているのですが、
この方法について詳しく英語で書かれたサイトを探しています。(以前某サイトで発見をしたんですが、ログを取っておくのを忘れてました・・・確か海外のご夫婦が運営しているサイトだったと思います)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そちらの事例に100%合致するかはわかりませんが
お勧めのページを紹介しておきます。

参考URL:http://www.usvisa-service.com/

Q1ーメチルー1、4シクロヘキサジエンに臭化水素1モルを反応をさせると4種類の異性体が生成する可能性が

1ーメチルー1、4シクロヘキサジエンに臭化水素1モルを反応をさせると4種類の異性体が生成する可能性がある。
最も優勢に生成が予想できる化合物の名称を答えよ。

全然わからないので理由なども一緒にお願いします!

Aベストアンサー

質問者さんは、1ーメチルー1、4シクロヘキサジエンの構造を
理解していますよね。
不飽和結合(2重結合)を2つ持っていますよ。
そこにHBrが1mol つまり、構造的には1つ付加するのです。
付加した際に、どちらかの炭素原子にH が、もういっぽうにBrが付きます。
2重結合が2つということは、Brが付く可能性がある炭素原子が4つある訳ですよね。
つまり、1、2、4、5の位置です。
この4箇所の内、どこか1箇所にBrが付くのですから、
1についた場合、2についた場合、4についた場合、5についた場合の
4種類の異性体が生成する可能性があります。

もっとも優勢に生成する化合物は、HBrを付加反応させる時の
条件によって変化します。
よって、お示しの内容だけでは、特定することができません。

イオン反応で付加させることが、一般的だとすれば、まずH+が付加して
次にBr-が付加して反応が完成します。
H+が付加した状態の中間体の安定性が問題になります。
メチル基の超共役効果により、メチル基のついている炭素上の
カチオン(+)は、安定しますので、1の位置に臭素が
付くのがもっとも優先されます。
名前は、1-ブロモ-1-メチルシクロヘキサ-3-エン かと思います。

一方、紫外線照射などで、ラジカル反応によって付加させると
先ほどとは逆にBr・が先に付加します。
やはりメチル基で安定化されますが、Brが先に2の位置に
付加するのですから、優先的に生成するのは2の位置に付加したものになります。

どちらの反応機構でも、4または5の位置にBrが付加した
生成物がもっと優先されることはありません。

質問者さんは、1ーメチルー1、4シクロヘキサジエンの構造を
理解していますよね。
不飽和結合(2重結合)を2つ持っていますよ。
そこにHBrが1mol つまり、構造的には1つ付加するのです。
付加した際に、どちらかの炭素原子にH が、もういっぽうにBrが付きます。
2重結合が2つということは、Brが付く可能性がある炭素原子が4つある訳ですよね。
つまり、1、2、4、5の位置です。
この4箇所の内、どこか1箇所にBrが付くのですから、
1についた場合、2についた場合、4についた場合、5についた場合の
4種類の異...続きを読む

Qフランスは移民をなぜ受け入れる?

フランスで移民の暴動が最近報じられていますが、
なぜフランス政府は移民をそこまで受け入れるので
しょうか?

労働不足ですか?それとも植民地時代の償いでしょうか?

人口6000万人の内、500万人が移民であると聞いて、
驚きました。

またフランスに限らず、イギリスも移民が多いと思いますが、同様にスペインやイタリアをはじめ、デンマークや
スウェーデンなども移民を積極的に受け入れているので
しょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

戦後労働者の不足でアフリカ、アラブ系移民を積極的に受け入れましたが、今はフランス経済も停滞しているので受け入れには非積極的です。

彼らは子供の数が多いので移民2世、3世も大勢います。2世、3世はもうフランス国籍を所有しているので、追い出すことが出来ません。

フランスが移民受け入れに積極的でなくなった今も、移民希望者は増える一方で、取り締まりが難しいのです。不法入国者、観光客VISAで入国してそのまま、等。

イタリアやスペインもアフリカ大陸に近いので、移民も多いです。フランスは生活保護、社会保障がかなり充実しているので、移民にとってはフランスに住むことはかなり魅力的です。

ドイツでもトルコ系移民の問題はありますし、オランダで、移民反対派のヴァンゴッホの息子がイスラム系移民によって殺害されたり、と西欧各国で移民問題に悩んでいます。移民を募集しているわけではなく、アフリカ等の国との経済格差により、積極的に移民が来てしまうのです。

これらの移民はイスラム宗教を信仰していることもあり、西欧文化とのずれが問題を起こしています。フランスには以前、イタリアやスペインからの移民も多く受け入れていましたが、特に問題はなかったようです。

戦後労働者の不足でアフリカ、アラブ系移民を積極的に受け入れましたが、今はフランス経済も停滞しているので受け入れには非積極的です。

彼らは子供の数が多いので移民2世、3世も大勢います。2世、3世はもうフランス国籍を所有しているので、追い出すことが出来ません。

フランスが移民受け入れに積極的でなくなった今も、移民希望者は増える一方で、取り締まりが難しいのです。不法入国者、観光客VISAで入国してそのまま、等。

イタリアやスペインもアフリカ大陸に近いので、移民も多いです。フランス...続きを読む

Qケトン体

ケトン体は肝臓から血液中に放出されたとき、他の組織での利用を上回ったときに、血液中や尿中に増加されますよね?

飢餓や糖尿病でもケトン体が増えますか?

Aベストアンサー

ケトン体が増える典型的なケースが飢餓や糖尿病です。

しかし、
>ケトン体は肝臓から血液中に放出されたとき、他の組織での利用を上回ったときに、
 血液中や尿中に増加されますよね
この表現は好ましくありません・
血液への放出量が使用量を超えると濃度が上がるのは当然のことで、何も言っていない
に等しいのです。また、体組織が利用できるケトン体はそれほど多くはないのです。
大事なことはどうしてケトン体が増えるのかということです。

血液中のエネルギー源であるグルコースを現金だと思ってください。
財布の中にはある程度の現金が無いと生活できません。これがグルコースの血中濃度です。
グルコースは食事の後などに急激に増加しますが、これが給料日です。
多額の現金を持つのは危ないので銀行に預金しますが、この銀行預金が肝臓のグリコーゲン
にあたるもので、換金しやすいのが特徴です。

普段は現金が増えれば預金し、現金が減れば預金を下ろして、とういう生活ですが、
預金が溜まれば一部は趣味の骨董品などの変換されます。これが脂肪です。
普段の生活では脂肪が使われることは少ないのです。しかし、飢餓状態が長く続く
(給与が無くなる)と現金が無くなり、それが続くと預金も無くなります。
そうなれば骨董品が売り払われることになります。そのときに残るのが鑑定書であり、
これがケトン体です。いわば、やむなく発生した物です。

ケトン対の量を調べるとどれだけ飢餓状態にあったのが有る程度わかります。

ケトン体が増える典型的なケースが飢餓や糖尿病です。

しかし、
>ケトン体は肝臓から血液中に放出されたとき、他の組織での利用を上回ったときに、
 血液中や尿中に増加されますよね
この表現は好ましくありません・
血液への放出量が使用量を超えると濃度が上がるのは当然のことで、何も言っていない
に等しいのです。また、体組織が利用できるケトン体はそれほど多くはないのです。
大事なことはどうしてケトン体が増えるのかということです。

血液中のエネルギー源であるグルコースを現金だと思ってくださ...続きを読む

Q日本における移民の問題について

日本国内での移民の歴史や、彼ら移民がかかえる問題についてお教えください。(できれば、経済目的で来た移民と、自国が危険にさらされてきた移民とに分けて論じてくれるとありがたいです。)

Aベストアンサー

 日本は70年代から80年代半ばまで、年間2―3万人の移民を受け入れています。バブルの80年代後半から90年代初頭では、労働力不足を補う必要性から年間7万ー9万人まで増加しました。現在日本に定住した移民は150万人、全人口の1.2%を占めていますが、97年度時点でこれ以外の不法移民が50万人、合わせて200万人の移民がいるとみられています。

Q有機化学に詳しい人助けてください!ジャスミンの生成とアルデヒドとケトンの反応についてです。

今日中に有機化学の得意な方宜しくお願いします!困っています。
アルデヒドとケトンの合成とジャスミンの機構についてです。

まず、アルデヒドとケトンの反応についてですが
p-ブロモベンズアルデヒドがつぎの試薬と反応するときはその反応式を書き、生成物の有機化合物に命名せよという問題ですが、試薬は過剰のメタノールと乾燥HClです。

p-ブロモベンズアルデヒドとメタノール、HClの構造式はわかるのですが、どういう風に反応するかわからないので、わかる方に教えて頂きたいです。

次にジャスミンについてですが不飽和ジケトンをエタノール中水酸化ナトリウム処理をすると、香料として使用されているジャスミンの花の香気成分ジャスミンが生成する。この反応経路について説明せよという問題です。

この問題もジケトンとジャスミンの構造式はわかるのですが説明がわかりません。

お手数ですが、どなたか助けて頂けますと嬉しいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

日が変わったけど・・・
はじめのは、アルデヒドとアルコールが酸触媒の存在下で縮合してアセタールを生じる反応です。有機化学の教科書を見れば書いてあるはずです。

あとの化合物名は、ジャスミンではなくてジャスモンじゃないですか。
反応は分子内でのアルドール型の反応で、片方のカルボニルからエノラートが発生し、それが他方のカルボニル炭素を求核攻撃することによって進む反応です。環のサイズは違いますがロビンソン環化の後半の反応と同じです。これも有機化学教科書に詳しく書いてあるはずです。

Qブラジル移民問題どう感じますか?。

 戦後に日本から政府の国策募集に応募してブラジルに移民した人たちがいますよね。しかし、政府が説明したような土地は無く散々な苦労をさせられたとして、移民した方が国に対して訴訟を起こし、いまだに公判中ですよね。
 みなさんはどう思いますか?。
 政府が慰謝すべきでしょうか?。
 それとも慰謝の必要なしでしょうか?。

Aベストアンサー

日本が棄民すべき状況だったのはほんの一瞬です。
いつでも過ちを認め、状況を改善する機会はあったのに、出世のためか、過ちを明るみに出さないためか、見殺しにし続けてきたところが大きな問題です。
今でも、移民たちを内部分裂させて、外務省の息がかかったグループが、告訴しているグループを激しく攻撃しているようですね。

人間はろくな生き物じゃないですけど、間違ったことをしたときは、謝ったり、事態を回復させたりすることはできるはずです。

努力した結果の過ちは許す。しかし、過ちを隠し、事態を悪化させることは許さないというルールが日本には必要だと思います。

Q脂肪酸やアミノ酸からのケトン体について

脂肪酸やアミノ酸からのケトン体について

グルコースが不足している時、脂肪酸からアセチルCoAを作り出してクエン酸回路から
ATPを取り出しているようですが教科書のフローチャートのながれが一度ケトン体という物質に変わっています。それから筋組織に移送して再びアセチルCoAになってクエン酸回路で処理されています。

なんのためにケトン体という物質を作っているのでしょうか?

また脂肪酸が直接筋組織に移動してアセチルCoAを作り出してクエン酸回路から
ATPを取り出している異化もあるようですが、この2つはどのような違いがあるのでしょうか?なんのために2通りあるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考書によるとケトン体は主に肝臓で作られて筋肉だけでなく脳などの全身の臓器組織で利用されるようです。脂肪酸を利用できるのは筋肉などのどちらかというと特殊な組織なのではないでしょうか。脳は普段グルコースだけをエネルギー源としていますが、ケトン体は利用できるので長期の飢餓状態でも精神活動が可能だということのようです。赤血球は解糖しかできませんがけケトン体を利用しているのかと想像します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報