ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

以前、脅迫電話について質問させていただきました。

まだ、録音されていませんが、脅迫電話の通話内容を録音し、証拠として持ったと過程します。

その後、証拠を元にどのように動けば良いのでしょうか?
これが脅迫の証拠ですって警察に届ければ解決に向かいますか?

脅迫の内容は、「私の家を潰す。娘に危害を加える(直接的な言い方ではないですが、そう言い含んでいます)。お前の実家がどこにあるかも知っている。」といった内容です。

一刻も早く、犯人の特定と、然るべき処罰を与えたいと思います。

しかし、幸せに生き過ぎたせいか、こういうトラブル時にどのように動けば良いか手順を知りません。
脅迫電話があれば警察に相談と思い込んでいたのですが、警察は腰が鈍いようで、先に証拠を確保するという策をとるようにしました。

証拠があるばあい、弁護士に頼むのが解決早いですか?
(明確な証拠を持って法的な根拠を元に警察に相談し、解決させる手順)。

それとも証拠を警察に持って行ってこういう被害にあってますと相談するほうが解決早いですか?

申し訳ありませんが、教えて下さりますよう、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

とにかく警察へ届け出です。


最初は警察は何もしてくれないかもしれませんが、届け出は受理されるので、回数を重ねるごとに警察も動きやすくなります。
証拠をたくさんためて、警察に行くよりも、その都度警察に相談に行くことが肝要です。

この段階で弁護士は役に立たないでしょう。

何度もストカー被害の相談に行ったのに、警察が動かずにとうとう殺人事件に発展し、警察が大バッシングを受けたということもありますので、何度も行けば警察は動き出すと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脅迫罪で訴えるにはなにが必要でしょうか。。。

電話で兎に角上から大声を上げてどなられ
精神的にも肉体的にも参っています。
電話の録音があれば相手を脅迫罪で訴える事はできるのでしょうか?
他にどんな材料を集めれば脅迫罪および、プライバシーの侵害として
訴えられるのでしょうか・・・。
教えて下さい・・・。

Aベストアンサー

脅迫罪は、
本人またはその親族の生命・身体・自由・名誉または財産に対し、害を加えることを告知することによって成立する罪。
です。

声の大きい小さいは関係ないです。
怒鳴られる事は直接プライバシーの侵害にもならないし。


まず、何が問題なのか、明確にする事からです。
電話の問題だけなのであれば、着信拒否すれば問題解決なのでは?

--
> 他にどんな材料を集めれば脅迫罪および、プライバシーの侵害として
> 訴えられるのでしょうか・・・。

少なくとも、上記の着信拒否など、個人で簡単に出来る問題解決のための努力は必要です。

差し当たり、トラブルの内容は録音と同時にメモを取るなどして記録に残してください。

Q相手の承諾のない録音等について

相手方の違法性等の証拠書類として、相手方の了解なし(知らない)で、録音ないし録画を行うことは、何か法律に引っかかるものはあるのでしょうか。電話での盗聴などと混同しているのかもしれませんが、確認の意味でお教えください。

Aベストアンサー

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しました。

これらの判例を鑑みると、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限ったうえ、通信の秘密の侵害などの反社会的手段でなければ、証拠能力があります。

これらの判例を熟知した悪者は、裁判官に、録音前に「芝居をするよう求められた」とか、録音後に「これまでの話しはなかったことにします」という話しがありましたと、陳述するかもしれませんね。
もしかして、録音前後の遣取りをでっち上げられて、録音の証拠能力が失う可能性も少なくないかも......。

http://www1.odn.ne.jp/tops/01/0102.htm#061
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kaiwarokuonnsaikousaihannketu.htm
http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/tokusimanijikai.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tumaran/99hanrei/furansu.htm

最高裁(H12.7.12判決)でも、相手方の同意を得ないで会話を録音することが違法でないとされました。
但し、不審を抱いて証拠とするために録音した場合に限っています。
したがって、最高裁は、不審を抱いていないときの録音をあとになって証拠として利用しても、証拠能力を認めていません。

東京地裁(H16.6.3.判決)は、盗聴器にて電話録音したことを電気通信事業法違反(通信の秘密の侵害)としました。

東京高裁(S52.7.15.判決)は、著しい反社会的手段により採集された無断録音テープの証拠能力を否定しま...続きを読む

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q電話の録音は裁判での証拠になりますか

この度はよろしくお願いいたします。

システム開発の仕事をしておりまして、クライアント様と認識の違いなどについて揉め事になりそうな状況です。

電話の会話を録音してある場合、裁判で証拠として使えるのでしょうか。

私が調べた限りですと、事前に録音するという合意が無いと厳しいという話を聞いたのですが、もし秘密録音した場合は証拠として全く認められないのでしょうか。

合意がある場合と無い場合でそれぞれ証拠能力があるか、ご教示願います。

具体的な実例や参考サイトなどあれば教えて頂けると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO2です

私は、今現在ある医療裁判を行っています。

当初の関係者(病院側)との話し合いを、録音していました。

相手には、全く承諾を得てはいませんが、誰との話し合いかがきちんと特定できれば問題はなく、前回の公判で証拠採用されました。

当然、相手側は異議を申立てしましたが、その内容が訴訟に関係すると裁判官が判断すれば証拠採用され、有効な材料となります。

ただ、面倒な作業があり、その録音をテープに焼き直しして更には「文字起し」という作業が必要となります。

これは、会話内容を一言一句間違わないように文章にして、録音と一緒に提出しないとなりません。

その作業がやっかいですが、頑張れば証拠となります。

Q通話を録音するのは違法?

プライバシーについて勉強中です。

1.自宅、または事業所で、録音機器によって通話を無断で録音することは、違法なのでしょうか?

例えば、了解を得ずに、法律事務所やピザ屋さんなどで顧客とのやりとりの証拠として残したり、こっそり好きな人との会話を録音したりなどする場合です。

2.違法だとすれば、法的根拠(条文など)がどこにあるかを教えてください。また、事前に録音の了解を得るなど違法でなくなる方法があれば教えてください。

3.違法でないとすれば、何かトラブルが発生した場合、録音した内容に証拠能力はあるのでしょうか?

4.また事業所などで、録音機器の活用方法などがあれば、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 他人の会話を勝手に録音したことによって犯してしまう可能性のある罪といえば、典型的なものとしては名誉毀損罪があります。また、録音して聞いたことを暗にほのめかして本人を精神的に追い詰めると、場合によっては暴行罪になってしまうこともありえないわけではありません。

 つまり、ただ録音しただけでは罪にはならず、それを使って人に迷惑をかけると、そこで初めて罪になるわけです。
 なので、「○○法の何条に違反する」という言い方はできないのです。

 録音したテープは、「偽造の可能性がある」との理由から一般的な裁判では証拠能力がないとされているようですが、「捜査の一助となる」といった程度の証拠能力ならあります。

Q脅迫的な電話に困ってます

 似たようなケースの質問がなかったのでご質問させていただきます。

 以前からセールス電話を「興味がありません」で一蹴してきたのですが、そのうちのどこからか、「あんな切り方はあまりに失礼だ。明日にでもそちらに行きますから。テープにもとっているのでじっくり話し合おう。」みたいなことを言ってきました。

 とりあえず今は留守電にしっぱなしにしているのですが、もしこれでも電話がかかってき続けたり、あるいは本当に自宅に乗り込んできたらどうすればいいのでしょう。なにか対象方法を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全然大丈夫でしょう。

もし同じような電話があったらテープにとりましょう。
その際、相手に社名と本名を乗らせるのと、「今日の何月何日
でしたっけ?」と聞いて相手に日付をいわせましょう。

それで、「○○しろ。さもないと○○する」といった内容を
録音できれば、脅迫罪の動かぬ証拠としてつかえるでしょう。

その先はご自由にできるかと。(警察や検察などを使ったり、
監督官庁に行政処分を申し立てる等)

また、直接家にきた場合は(住所をしられていた場合ですが)
入れなければ問題ないでしょう。それでも帰らないようだと
警察を呼びましょう。

その後の逆怨みが恐いというのであれば、専門家を通すのも
ありかもしれません。

ただ、やみくもに心配するだけではいくらでも漬け込まれてしまい
ますが、タイミングをはかって毅然とした態度をとれば意外に
うまく解決するのではないかと思います。

普通はもっと臆病で従順な人にターゲットを替えるでしょうから。

長文失礼致しました。

Q会話を無断で録音して、証拠として使う事は出来ますか?

他人との会話を当人に断らずに録音(ポケットレコーダーを隠し持つなど)した場合、後になってそれを証拠として使う(口約束を守らせるなど)事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

 裁判所で証拠として使うというのは、2つのポイント
があります。ひとつは証拠能力という点と、もう一つは
証明力という点です。

 証拠能力と証明力。
 非常に似ている言葉ですが、証拠能力というのは、証
拠としての資格のようなもので、まず前提として証拠と
して用いることができるか否かを意味します。

 これに対して証明力というのは、証拠としての価値を
意味し、証拠として重要な価値を有するものかというこ
とを意味します。

 たとえば、拷問などをして自白をとった場合。この場
合は、そもそも証拠としての価値があろうとなかろうと、
拷問ということだけで、証拠として認められません。こ
れが証拠能力の問題です。

 他方で、幼い子供の目撃証言など、証拠能力はあるの
ですが、証拠としての価値が低いということがあり、こ
ちらが証明力です。信用力といいかえてもよいかもしれ
ません。

 お話しの会話の無断録音というのは、証拠能力はある
のですが、証明力の問題として、低いものである、とい
うことになります。たとえば、判例では、飲み屋さんで
の「契約する」という会話を録音し、それをたてに契約
の成立をせまったところ、証明力が低いとして退けられ
たものがあります。

 裁判所で証拠として使うというのは、2つのポイント
があります。ひとつは証拠能力という点と、もう一つは
証明力という点です。

 証拠能力と証明力。
 非常に似ている言葉ですが、証拠能力というのは、証
拠としての資格のようなもので、まず前提として証拠と
して用いることができるか否かを意味します。

 これに対して証明力というのは、証拠としての価値を
意味し、証拠として重要な価値を有するものかというこ
とを意味します。

 たとえば、拷問などをして自白をとった場合。この場
...続きを読む

Q脅迫被害証拠として録音する際に日付の証拠を入れる方法。

脅迫被害の証拠として脅迫セリフを録音するという方法がありますが
いろいろ検索した結果、「会話内容に名前や日付も入るようにしておくと良い」ということを知りました。
でも名前は自然に会話中に入れられそうですが
日付を会話中に入れるというのは難しいというか、不自然ですよね。
「テレビ(ニュースなど)の音声をバックに流しておく」という手もあるらしく
テレビやラジオがある場所で脅迫されるのなら使える手ですが
そんな都合良くいかない時のほうが多いでしょう。
ですので、やはり会話の中に自分の声か相手の声で
日付をさりげなく入れるという方法が良いと思うのですが
さりげない方法が自分では思いつきません。
会話で、さりげなく日付を入れるお知恵を貸して頂きたく思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

金品の要求じゃないから、約束するというのも難しそうだね。
いつごろから脅迫されているのかな?

たとえば、
「今日は2月12日ですよね。最初に言われた(脅迫された)のがいつだったか憶えてませんけど、
かれこれもう1ヶ月ぐらいやられてこっちも参ってるんです。もう勘弁していただけませんか」
とかね。

脅迫された期間もさりげなく言えればいいし、会話に「参ってる」とか「怖い」などと入れておけば、
相手はそれを認識しながらやってるということで、後で言い逃れがしにくくなるよ。

Q脅迫罪と証拠

脅迫罪で相手方を訴えたい場合に証拠は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

あるに越した事はありませんが、
なくても出来ます。
但し、先の回答のように受理されなかったりします。

絶対受理するのは、警察ではなく検察です。
警察なら、警察の中の警察、「監察」経由でないと
先ず、受け付けません。

検察でも受理はしますが、証拠不十分で不起訴、
検察審査会に不服申し立てても、不起訴相当です。

何しろ、証拠がないのですから。
これからは、ICレコーダーを持ち歩きましょう。

尚、先の回答の最後は、誣告罪、今なら虚偽告訴罪だったかな?

Q暴力・傷害事件で相手を告訴するには何が必要ですか?

暴力・傷害事件で相手を告訴するには、
目撃証人、病院の治療領収書など、何か
必要ですか?

------------------------
相手に殴られるという暴行を受けました。
体に見えるほどの傷は受けませんでしたが、
法的に相手に訴えたいと考えています。

警察に「暴行を受けた」のみで、逮捕等などに進展しますか?何か他に必要なものがありますか?

Aベストアンサー

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜査が義務づけられません。よって、ついでの時に調べてくれる程度となってしまうことにもなりかねません。
告訴状を受理した場合は、刑事訴訟法上正式に捜査が義務づけられますので、事も大きくなりますが確実です。
しかし、警察も捜査が義務づけられるので、なかなか告訴を受け付けようとはしてくれませんので、強行に告訴を主張して、写しに受理印を押してもらう必要があります。
出来れば弁護士、司法書士、行政書士等に告訴状を作成してもらって提出すると尚良いと思われます。
(Net上にも行政書士のHP等で書式がたくさんあるので、自分で作成してもかまいません)
相手を厳罰に処罰して欲しいのであれば、被害者調書に必ずその旨を記入してもらってください。
相手が警察に呼ばれたら、おそらく相手から示談交渉の申し入れがありますので、あなたの考えを主張すれば良いと思います。
相手に厳罰を望んでいるのであれば。示談しないことです。金銭で解決してあげるのであれば、示談に応じてあげれば、多少罪も軽くなり、状況によっては不起訴になります。

怪我をしたのであれば、傷害罪となりますので診断書をもって証人とともに出頭します。
怪我が無い場合は、暴行罪として立件してもらいます。
できれば、その事実に至った経過を上申書として住所、氏名入りで文書にまとめたものも添付した方が、警察も対応しやすくなります。
警察に処罰を求める方法としては、告訴と被害届の2種類がありますが、徹底的に処罰を願いたいのであれば、告訴状を提出した方が良いと思います。
警察としては被害届で十分と行ってくると思いますが、被害届の単に届けなので警察には捜...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報