選挙で特別票を入れたい候補者がなく、この人だけは嫌だという候補者にマイナス1票投票出来れば、投票率も上がると思うのですが、どうしてマイナス1票の投票出来ないのかな?

A 回答 (6件)

それだと民主主義にならないからです。



マイナス票は人気がある候補者を落とすために使わないと意味がないので
ほとんどが1番人気の候補者に投票され、1番人気の候補者は確実に落ちます。

結果、見向きもされなかった2番人気や3番人気の候補者が当選します。
    • good
    • 0

間接民主制だからです。

自分たちの代弁者を選んで出しているのです。複数の考えがあれば他の考えの人は代弁者ではありません。他の代弁者が出れないようにしたのでは間接民主制が成り立ちません。大まかに3つの考えがあれば3つの考えの代弁者が出て議論するのが間接民主制の議会です。議会には定数を設けなければなりませんし、極めて少数の考えもあるのでそれの代弁者は議会に入れないことになります。そこで定数を考慮して妥協し合っていきます。
落としたい候補者がいるなら対立候補を出せばいいのです。かなり露骨に大々的にやった人もいます。
    • good
    • 1

まずそうなると候補者が自分のライバルに対するマイナス投票を呼びかけるようになり、選挙戦が政策を競うものではなく単なる足の引っ張り合い、泥仕合になりかねません。


また仮にそのマイナス投票を全国で行うとすると、政党側は有権者の多い都市部で支持層に地方の激戦地の候補者へのマイナス投票を呼びかけるようになり、地域や都市部と地方との不毛な対立も招きかねません。
そんなわけでそのような制度が採用されることはないでしょう。
    • good
    • 1

他人に質問する時は、最低でも丁寧語を使いなさい。



回答:人権面で以下の問題があるからです。

人権
選挙権とは、文字通り権利ですが、権利とは、それを放棄する自由も認められています。
なので個人がその自由において、投票しないのも自由です。
しかし、マイナス票は、他者が行使した権利に対する干渉です。
これは、自由な選挙の前提である、権個人の思想・信条の自由という人権を侵しています。

他にも、嫌いという感情を持つのは自由ですが、それに拠って公的な扱いを決定することを認めることは、国家が法的に「差別」を容認することにもなります。

選挙とは、理想を求める為の儀式ではなく、嫌われ者を晒し上げる遊びでもありません。
選挙とはバカの中から最もマシなバカを選ぶという作業です。
バカしかいないとしても、そんな候補者しか出せなかった有権者の責任です。
国家は、国民のレベル以下の政府しかもつことが出来ません。
マイナス票とは、人の足を引っ張る行為に過ぎません。
そんなもので投票率が上がるとしたら、私はその国と国民に絶望すると思います。
    • good
    • 0

 この人だけは嫌だという人が複数人いたら、誰かを選ばなければ行けないと言うことになりますよね。


 選挙の制度としてはこの人がいいという人が多くいる方が議員になる というせいどなので、マイナス票は考えないと言うことなのでしょう。
 しかし、全国を1つの選挙区にすることで、他の地方の人に投票っすることはできると思います。
    • good
    • 0

私もこの制度、欲しいです。

そして、国会議員で他選挙区の当選者でも取り消すような制度があると面白いですね。地元に利益を還元してくれるような議員は当選しやすいですから。

でも、これを提案する議員はいないと思います。議員の立場からすれば、その結果を想像すると非常に怖いでしょうね。自分にマイナス票が多数集まる、なんて想像するととても提案できないでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報