InDesignについて質問です。
テキストフレームの内容を、確かダブルクリックでレイアウトグリッドに合わせる方法があったと思うのですが、上手くいきません。忘れてしまったようです。
何卒、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

テキストフレームの左上コーナーのすぐ下にあるアンカーポイントみたいなのをクリックすると、テキストが吸い上げられ、その状態でレイアウ

トグリッド上でクリックすると流し込めますが、このことでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワーポイントで、オブジェクトの位置を移動させたときに、グリッドに合いません。

パワーポイント2007で、オブジェクトの位置を移動させたときに、グリッドに合いません。

通常は、オブジェクトを移動すると、グリッド (グリッド : オブジェクトの配置に使用する格子のことです。)に合わせてオブジェクトが配置されると思います。

グリッドの設定は間隔が0.2cmで、[描画オブジェクトをグリッド線に合わせる]にチェックが付いています。

OSはVISTAです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同様の確認だけで、回答になっていませんのであしからず・・・

グリッドの設定は同じ条件で、オートシェイプの四角を、グリッドに合わせて配置を行って見ました。
何となくグリッドに合わせて移動やサイズ変更がされているようですが、スライド内の位置によって微小なばらつきが出るようです。
きれいにグリッドの点列に乗らないで、少しずつズレが出るようです。
Word等のように、グリッドにうまく合いません。
[Alt]キーを押しながら操作すると、グリッドの点列上には乗りますが、これではグリッド線に合わせるの設定の意味が無いですね。
Vista SP2+Office 2007で、22"ディスプレイ(解像度 1680×1050)の環境で確認をした結果だけ示します。
 

QInDesignでテキストフレームを作ると回りに黒い罫が…

作業中のあるファイルに限った話なのですが、文章を入力するためにテキストフレームを作ると、フレームの回りが0.353ミリの黒い罫線付でできてしまいます。
その後に連結フレームを作成するときは、そのような症状は現れません。ポインタでパレット「T」を選んだときは、そのような設定にはなっていません。
また、別のファイルを作業しているときには、そうした症状はありません。
特定の1ファイルだけ、この症状が起きています。
いちいちウザイので、何とかする方法をご教示願えませんでしょうか?
ちなみに、環境設定を見てみましたが、該当するようなコマンドはありませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと確認したいのですが、
ツールパレットにある□(四角に×がはいっていないほう)で
ボックスを作ると、ふちがついてしまうということでしょうか?

QInDesignでグリッドが表示されない

環境は、OSがWinXPでソフトはInDesignCS2を使っています。
現在、他のデザイナーさんが作った枠組みをもとに、文字と画像を配置する作業をしています。
文字の流しこみ箇所は「フレームグリッド」で行っているのですが、グリッド線が表示されません。
「テキストフレーム」のように、背景が真っ白なままです。

「環境設定」から「グリッド」の「ズーム限界度」を確認し、「背景にグリッドを表示」にチェックも入れてあります。
また、グリッド線を表示させたいフレームの枠の種類も
「フレームグリッド」のほうにチェックが入っています。
参考書やネットで私なりに調べてみたのですが、
同じような質問で出会えず、投稿させていただきました。

上記以外で、グリッドの表示に関して確認するべき箇所、または表示されない原因がおわかりの方がいらっしゃいましたら、ご指導お願いします。

Aベストアンサー

「表示」→「グリッドとガイド」で
「レイアウトグリッドの表示」となっていませんか
「レイアウトグリッドの表示」を選択すると表示されませんか?
グリッドが表示されると、メニューは「レイアウトグリッドを隠す」になります。

Qindesign|フレームの自動改行?について

印刷関係の仕事の都合で、先方からいただいたエクセルデータをインデザイン(CS5)を使って図(写真)のような感じで作成して入れています。

先方からいただいたエクセルデータが完成品であるのでしたら特に問題ないのですが
たとえば
[1]「タイトル1の2行目に○○さんを追加してください」
[2]「タイトル3の10行目と13行目と15行目の△△さん、××さん、□□さんを削除してください」
といった内容で、データがいろいろ変わってきます。


[1]の場合でしたら、
(1)タイトル1のテキストフレームを1人分長くして、追加の人を2行目に入れる
(2)その分タイトル2との距離が縮まるので、間隔が10mmになるようにタイトル2の位置を再調整
(3)タイトル2の最後の人がはみ出てしまうのでタイトル3の位置にテキストフレームをつくりタイトル2の最後の人を入れる
(4)10mmの間隔になるようにタイトル3を下へ移動
(5)タイトル4の最後の人を次のページの最初にテキストフレームをつくって入れる
という感じの修正が必要になってきます。

これが数ページならいいのですが、数十ページ単位となると
とてもたいへんです。


[2]でもおなじような感じです。

理想的なのは

タイトル1のテキストフレームの最後の箇所でエンターを押すと
テキストフレームが1行分自動的に広がって、1行広がった分、タイトル2以降が自動的に下がって
タイトル2のテキストフレームの最後が自動的にタイトル3の位置に来て
タイトル3以降が自動的に1行分下がって常におなじ間隔をキープ――です。

インデザイン(CS5)でそのような方法ってあるのでしょうか?

また、なくても、ほかの皆さまはどのような感じで
対処されているのでしょうか?

印刷関係の仕事の都合で、先方からいただいたエクセルデータをインデザイン(CS5)を使って図(写真)のような感じで作成して入れています。

先方からいただいたエクセルデータが完成品であるのでしたら特に問題ないのですが
たとえば
[1]「タイトル1の2行目に○○さんを追加してください」
[2]「タイトル3の10行目と13行目と15行目の△△さん、××さん、□□さんを削除してください」
といった内容で、データがいろいろ変わってきます。


[1]の場合でしたら、
(1)タイトル1のテキストフレームを1人分長くして、追...続きを読む

Aベストアンサー

テキストボックスを細かく分けないで、1ページを1つのテキストボックスで作ればできると思います。
タイトルは「行取り」設定とか段落前後空き設定などを使って空きを調整します。
※タイトルも独立ボックスで作るのではなく、表組みと同じボックス内に入れます。
表組みはタブ区切りで扱うことになります。

このように設定した上で、ページごとのテキストボックスを連結すれば、
あふれた分が順次ページ送りするようにできます。

Qグリッド線から○(円)が逃げる

グリッド線から○(円)が逃げる

WORD2007

グリッド線の上に○(円)を持って行こうとすると
○(円)が逃げてグリッド線とグリッド線の間に○(円)がいってしまいます。

○(円)は挿入→図から出した円です。


微妙な円の移動ができなくて困っています。

WORD2003ではグリッド線画面のオブジェクトをグリッド線にあわせるをはずしたように思います。
WORD2007でのやり方を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ページレイアウト」タブ→配置の「配置」、または図を選択→描画ツールの「書式」タブ→配置の「配置」に、グリッド線の表示とグリッドの設定があります。

グリッド線の設定を選択して、グリッドの表示の
グリッド線が非表示のときに描画オブジェクトをグリッド線に合わせる
チェック項目があります。
この項目のチェックは、グリッド線を表示していない場合に意味を持ちます。

グリッド線を表示している場合
図をドラッグすると、上記のチェックとは関係なく、図の左上角の部分がグリッド位置に合わせて配置されます。
[Alt]キーを押しながらドラッグすると、自由な位置に配置できます。

グリッド線を表示していない場合
上記のチェックがあると、図の左上角がグリッド点の位置に合わせて配置されます。
[Alt]キーを押しながらドラッグすると、自由な位置に配置できます。
上記のチェックがない場合は、ドラッグのみで自由な位置に配置できます。

なお、図をドラッグして移動するには、文字列の折り返しの設定が「行内」以外になっている必要があります。
「行内」の場合は、段落行に固定され自由な位置に移動ができません。

図(画像)の場合は、右クリック→文字列の折り返し、または「書式」タブ→配置の「文字列の折り返し」で選択できます。
オートシェイプ図形の場合は、右クリック→オートシェイプの書式設定→「レイアウト」タブ、または「書式」タブ→配置の「文字列の折り返し」で選択できます。
 
 

「ページレイアウト」タブ→配置の「配置」、または図を選択→描画ツールの「書式」タブ→配置の「配置」に、グリッド線の表示とグリッドの設定があります。

グリッド線の設定を選択して、グリッドの表示の
グリッド線が非表示のときに描画オブジェクトをグリッド線に合わせる
チェック項目があります。
この項目のチェックは、グリッド線を表示していない場合に意味を持ちます。

グリッド線を表示している場合
図をドラッグすると、上記のチェックとは関係なく、図の左上角の部分がグリッド位置に合わせて...続きを読む

QIndesignのペーストでテキストの配置が変わる

MacOS10.4.11でIndesignCS3を使用しています。
PCはPowerMacG5です。

Newマークなどの簡単なテキストフレームで作られたオブジェクトを
別のドキュメントにコピー&ペーストする際、
「テキストフレーム設定」の「テキストの配置」が
「中央」から「上/右」に自動で変わってしまいます。

適当に新規ドキュメントを作成し、
同様にペーストすると「中央」のままなので
ペースト先のなんらかの設定が原因だと思うのですが
どういった可能性が考えられるでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「オブジェクトスタイル」も、設定されていませんか?

Qワード2000のグリッド線の行間を変える方法について

オフィス2007を使っていたのですが、別のPCでオフィス2000のワードで、文章を作成することになりました。グリッド線をどうしても使いたいのですが、グリッド線の行間(幅)を変えることができません。

書式の段落から行間自体は変えられるのですが、グリッド線の間隔を変えることができません。(オフィス2007ではグリッド線はみつけられないので使用していません)

オフィス2000のワードのグリッド線の行間の変え方をご存じの方がいらっしゃいましたら是非教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「書式」→「段落」をクリックして表示されるダイアログの「インデントと行間隔」タブに「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」にチェックが入っていると思います。

従って、「ファイル」→「ページ設定」→「文字数と行数」タブの「行数」を増やすか「行送り」のポイント数を小さくするとグリッド線の間隔が狭くなります。
なお、上記は「文字数と行数の指定」欄で、「文字数と行数を指定する」または「行数だけを指定する」のラジオボタンがオンになっている時だけ有効です。

Word 2007でグリッド線を表示するには、「表示」タブの「表示/非表示」グループの「グリッド線」にチェックを入れます。

QInDesignでの画像とテキストの表への流し込み

InDesign CS2を使っています。
作品の画像と、その作者の肩書き・名前を400名ほど
流し込みたいのですが、何をどうすれば良いか分かりません。
XMLを使うことになるのでしょうか。

一ページに3×4で12名分掲載するのですが、間に一人追加された場合、後ろが自動でずれてくれるようにしたいのです。
こういう場合は表を使うのですか?

InDesignでは簡単なものしか作成したことがなく、素人同然です。
できるだけ自分でも調べますので、まずは大きな流れを教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CS2から登場したデータ結合機能を使えば楽に流し込めると思います。ただし、後ろが自動でずれることは無理です。
具体的には作品の画像や作者、名前をタブ区切りのテキストやCSVファイルで用意して、(エクセルで作ったものを別名保存すると楽かも)
メニューバーの自動化>データ結合パレットで結びつけてあげるだけです。
約束ごとはいくつかあるのですが、初めての方でも理解できると思いますよ。がんばって下さい。

QWord2007の行数変更による表とグリッドのずれ

明日全商のワープロ検定1級を受けます。
表とグリッドと行数に関することで質問があります。

1級では行数が指定されていないので、
まず行数を最大にして文書を作成していきます。
まず文を入力していって表を作ります。
表を作成するとグリッドと少しずれが生じます。
そのため、まず行間隔を設定、そして指定された部分の線を太くしたりします。
そして手動で線をグリッドに合わせていっています。
そして文書が入力し終わったら行数が数行余るので、
行数の数値を減らしていきます。

そして減らしたところで問題が起きます。
何故かグリッド通りに行数が減ってくれず、グリッドの高さが中途半端に切れます。
さらに、文字も表もグリッドとかなりずれてしまいます。
どうすれば解決できますか。

Aベストアンサー

>まず文を入力していって表を作ります。
>表を作成するとグリッドと少しずれが生じます。(そのままほっときます)
>そして文書が入力し終わったら行数が数行余るので、行数の数値を減らしていきます。

表を作成するとグリッドと少しずれが生じます。
文章を入力し、表を作成しますが、その時点では表の罫線(高さ)は触りません
そのまま文章の入力を続けて完成させます

その後、ページ設定から行数を変更し、1ページを完成させます
表の罫線をグリッドに合わせる場合は、罫線をドラッグして合わせるのではなく、グリッドと罫線のずれている行を範囲指定して「段落」の「行間」で「固定値」を選択し1行の高さを合わせていきます

グリッド線というのは段落数に対して決まってきますので、当然段落を選択し行ポイントを揃えていきますよね(表の線をグリッドに合わせるのではなくて、段落の高さからグリッド線に合わせる)

QInDesignからQuarkのデータに変換する方法

今、自宅ではInDesignを使っていまして、どうしてもQuarkに変換する必要性が出てきてしまいましたが、直接保存ではQuarkの形式にできないようです。QuarkからInDesignはできたので気にしなかったのですが、逆にQuarkに変換する方法は何かございませんでしょうか?
プラグインや、別ソフト、フリーソフトなどでも構いませんので、方法があれば、教えてください。
できれば、Quarkに変換後も作業ができるファイル形式が望ましいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

無理じゃないかな…。市場のニーズからいっても。クォークはケチだし。(愛用してますけどね。)
変換の必要が、たとえば印刷屋の都合で、というなら印刷所を変えるほうがいいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報