ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

名刺などに名前をローマ字表記する場合、

隆造(りゅうぞう)という名前はどのように書いたら良いのか教えてください。


「 Ryuzou 」 ?

「 Ryuzoh 」 ?

「 Ryuzo 」 ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一口にローマ字と言っても、ヘボン式とかいろいろあるのでどれでも間違いではありません。


ただし、パスポートの場合は、国際標準のヘボン式のようなので、
その申請窓口で聞いちゃうのが一番手っ取り早いかも。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThe apparatus for preparing hydroge

The apparatus for preparing hydrogen consists of a flask,a beehive shelf,a trough,a delivery tube and a thistle funnel.The flask is spherical and has a flat bottom.It contains zinc and hydrochloric acid.The thistle tube and the delivery tube are fitted into the neck of the flask.They are held in place by a two-holed cork.The thistle tube leads down to the hydrochloric acid.The delivery tube leads from the flask to the hole in the beehive shelf.The beehive shelf is placed in the middle of the trough.The trough contains water.The gas-jar is supported by the beehive shelf.Hydrogen is collected at the top of the gas-jar.

訳をお願いします。

The apparatus for preparing hydrogen consists of a flask,a beehive shelf,a trough,a delivery tube and a thistle funnel.The flask is spherical and has a flat bottom.It contains zinc and hydrochloric acid.The thistle tube and the delivery tube are fitted into the neck of the flask.They are held in place by a two-holed cork.The thistle tube leads down to the hydrochloric acid.The delivery tube leads from the flask to the hole in the beehive shelf.The beehive shelf is placed i...続きを読む

Aベストアンサー

The apparatus for preparing hydrogen consists of a flask, a beehive shelf, a trough, a delivery tube and a thistle funnel.

水素を取り出す装置はフラスコ、ビーハイブ・シェルフ、トロフ(皿状の箱型容器)、導管、漏斗管からなります。

The flask is spherical and has a flat bottom.

フラスコは球状で、底が平らなものを使います。

It contains zinc and hydrochloric acid.

その中に亜鉛と塩酸を入れます。

The thistle tube and the delivery tube are fitted into the neck of the flask.

漏斗管と導管はフラスコの首に装着します。

They are held in place by a two-holed cork.

それら(漏斗管と導管)は2つ穴のコルク栓を通します。

The thistle tube leads down to the hydrochloric acid.

漏斗管は塩酸の上に被せたような格好になります。

The delivery tube leads from the flask to the hole in the beehive shelf.

導管はフラスコの側からビーハイブ・シェルフの穴につなぎます。

The beehive shelf is placed in the middle of the trough.

ビーハイブ・シェルフはトロフの中央部に置きます。

The trough contains water.

トロフには水を入れておきます。

The gas-jar is supported by the beehive shelf.

ガス・ジャー(気体封入装置)はビーハイブ・シェルフで支えます。

Hydrogen is collected at the top of the gas-jar.

水素はガス・ジャーの先端に集められます。

The apparatus for preparing hydrogen consists of a flask, a beehive shelf, a trough, a delivery tube and a thistle funnel.

水素を取り出す装置はフラスコ、ビーハイブ・シェルフ、トロフ(皿状の箱型容器)、導管、漏斗管からなります。

The flask is spherical and has a flat bottom.

フラスコは球状で、底が平らなものを使います。

It contains zinc and hydrochloric acid.

その中に亜鉛と塩酸を入れます。

The thistle tube and the delivery tube are fitted into the neck of th...続きを読む

Qどうして、ローマ字で小さい“っ”は、“っ”の直後の文字を二つ重ねて表記するのですか?

ローマ字について疑問に思ったので、質問してみようとおもいました。

たとえば、
日光(にっこう)なら    nikkou   に(ni)の後ろにkがふたつ
喇叭(らっぱ)なら     rappa   ら(ra)の後ろにpがふたつ 
北海道(ほっかいどう)なら hokkaidou ほ(ho)の後ろにkがふたつ

というように、ローマ字では促音を表記するときに、促音の後の文字を二回書きますよね。
これには、何か理由があるのでしょうか?
くだらない質問でもうしわけないのですが、一度に不思議に思ってしまうと気になってしょうがありません。どうか回答よろしくお願いします

Aベストアンサー

そのように表記するように決めたからです。

 その根拠は、英語や「アルファベット」を使うヨーロッパの言語が、それに近い表記をしているからです。

 たとえば
  アップル=apple
  コットン(綿)=cotton
  バッター(打者)=batter
など。

Qヘボン式ローマ字で、かとうを、KATOで、よめるか?旅券の話です。

ヘボン式ローマ字で、かとうを、KATOで、よめるか?旅券の話です。

Aベストアンサー

読めません。ローマ字は外国人向けに発音を示すための書き方ではありませんから、外国人が正しい発音で読めないのは当然だし、それで全く問題ありません。けれども日本人が見ても読めないのは大問題です。

ローマ字は日本語なので正しいローマ字なら日本人が見れば正しい発音で読めます。ところが旅券で使われる「外務省ヘボン式」は読めません。これは英語の書き方であって、正しいローマ字ではないからです。自分の名前を(場合によっては自分でさえ正しく読めない)外国語の書き方にしているわけで、国際的にも恥ずかしい状況だと言えます。

Q「かんなづき」のローマ字表記

「かんなづき」の「かんな」の部分をローマ字で表記するとどうなるんでしょうか。
kannnaだとnが多い気がしますが、kannaだと「かんあ」と読んでしまうような気がします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「かんなづき」をローマ字で表記すると kannaduki となります。

kannaduki を「かんあづき」と読む人は殆どいないと思います。

気になるのならアンケートカテゴリーで質問されてはいかがでしょうか。

「かんあづき」をローマ字で表記すると kanaduki となりますが、こちらは「かなづき」と誤読される可能性は高いです。

「かんあ」を kanna とするのはPC等に入力するときだけで、読み書きの際には用いません。

小学生で学習する「ローマ字」とPC操作の「ローマ字入力」を混同してしまっているのだと思います。

Qなぜローマ字から直接かな漢字変換しないのでしょう?

現在主流の環境では、ローマ字入力はいずれの環境でも、一度ローマ字をひらがなに置き換えた後、それをかな漢字変換するという方式をとっています。
なぜ、ローマ字から直接かな漢字変換するようにしなかったのでしょうか?
たとえば、「お元気ですか」と入力したい場合、現在の仕組みではまずogenkidesukaと入力し、それが逐一ひらがなに置き換えられ、「おげんきですか」と表示された上で、変換ボタンを押すと「お元気ですか」に変換されるようになっています。
しかし、次のような方式も可能なはずです。ogenkidesukaと入力したら、それがひらがなに変換されることなく、変換ボタンを押すと直に「お元気ですか」に置き換わる。
現に中国語のローマ字入力(拼音入力)はローマ字から直接変換する方式が取られています。わたしにはローマ字から直接かな漢字変換する方がシンプルで使いやすくなるように思えます。どのような理由で今のような仕組みになったのでしょうか?

Aベストアンサー

回答No.4です。補足を読ませていただきました。

結局のところ、日本人はローマ字列のままで漢字変換処理をさせると言う発想そのものがなかっただけである、と言う単純な話ではないでしょうかね。

補足で触れられていた、ミスタイプの補正に関してはなるほどと思いました。ただ、その補正によってもピンイン並みの正しい文が得られる保証がなければ、ローマ字列がひらがなに変わるのは確定される瞬間まで待たねばならない、という思想を受け入れる人は少数派でしょう。

妥協点として、プレビュー的にひらがなを表示し、キー入力の修正はローマ字というものであれば、私も使ってみたいですね。

Q「あっ」の正しいローマ字表記について

普段かな入力なのでピンとこないのですが、促音は子音を重ねることによって表現するものだと思いますが、この原則にあてはまりません。
ローマ字入力ではなく、正式なローマ字標記はどうするべきなんでしょうか。

Aベストアンサー

a'
です。
参考URLの「つづり方」の6を参照してください。

参考URL:http://www.fin.ne.jp/~masa/Kakikata/tebiki1.html

QJRの駅名ローマ字表記

駅の表示にはローマ字表記もありますよね。(例えば東京、とうきょう、tokyoなど)このアルファベットのものはローマ字ということでいいのでしょうか?先日神奈川の小机駅にいったのですが、ローマ字表記がkozukueになっていました。ふりがなは「こづくえ」だとすれば、ローマ字ではkodukueになるのではないですか?それともこれは英語のスペルでローマ字ではないのでしょうか?だいたいローマ字ってなんですか?外国でも通用するものなのでしょうか?知っている方いらっしゃいましたらおしえてください。

Aベストアンサー

●ヘボン式
 JRの駅名表記に用いられるローマ字は「ヘボン式」の
規則に則っています。
ヘボン式のローマ字は、パスポートに指名を記載するときも
標準とされていますので、外国でも通用すると考えていいでしょう。

●小机の場合
 ヘボン式は、日本語の文字表記にかかわらず、発音を
重視した表記法です。

 さて、日本語を表記する場合、
  「ぢ」「づ」
これらの文字は基本的に用いず、「じ」「ず」を用いるのが
基本です。
ただし、「ち~」「つ~」と付く言葉の前に別の言葉が付き、
音便化されて「ち」や「つ」が濁る場合のみ、
「ぢ」「づ」の表記が認められています。
  はな(鼻)+ ち(血) → はなぢ(鼻血)
  こ(小) + つくえ(机) → こづくえ(小机)
 ただし、これらは言葉の意味がわかるようにするためのモノで
あくまで発音としては「じ」「ず」なのです。
 そこで、ローマ字表記の場合は、「ZI」「ZU」を用いる
ことになります。

 以下にヘボン式ローマ字(パスポートの記入例)を示します。
参考にしてください。

http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/

参考URL:http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/hebon/

●ヘボン式
 JRの駅名表記に用いられるローマ字は「ヘボン式」の
規則に則っています。
ヘボン式のローマ字は、パスポートに指名を記載するときも
標準とされていますので、外国でも通用すると考えていいでしょう。

●小机の場合
 ヘボン式は、日本語の文字表記にかかわらず、発音を
重視した表記法です。

 さて、日本語を表記する場合、
  「ぢ」「づ」
これらの文字は基本的に用いず、「じ」「ず」を用いるのが
基本です。
ただし、「ち~」「つ~」と付く言葉の前に別の言葉が付き、
音...続きを読む

Q友情をローマ字表記で正しく書くと?

友情をローマ字表記で正しく書くと、どれが正しいでしょうか?
ホームページのアドレスの「一部」(あくまで一部)として使用したいのが理由です。

色々調べたところ、
yujo
が正しい表記だと思えますが、
遊女とも読める気がします。

yujohという方法もあるでしょうか。

ホームページは将来的に国外も視野にいれています。
アドレスだけみて、日本・国外全ての方に、誤解を感じられないものになると嬉しいです。

Aベストアンサー

 ローマ字は表記にアルファベットを使っているだけで、100%日本語です。
「空手」や「柔道」「過労死」「侍」など既に国際的に通用する言葉と違って、"yuzyo"にしても"yujo"にしても外国人にとっては全く意味がわかりません。
 将来的に外国の人にも理解してもらいたいなら、「友情」ではなく、"friendship"を使った方がよいと思います。

QA4サイズ1枚でプリントアウトできるローマ字変換表を教えてください。

ローマ字変換表をプリントアウトしたいと思うのですが、どのサイトでもA4サイズでプリントアウトしようとすると2ページや3ページ消費してしまうものばかりです。A4サイズの、つまりA4用紙1枚で全てプリントアウトできるローマ字変換表のあるサイトを教えてください。表があり、表の色(線の色)は黒のタイプがベストです。

Aベストアンサー

こちらは↓どうでしょうか?
http://www.naruhodo.net/kb/roma-kana.html

参考URL:http://www.naruhodo.net/kb/roma-kana.html

Q「ボディー」の日本語読みのローマ字表記の仕方

カタカナ語の日本語読みと元の単語を調べるというレポートを書いています。
例えば「ストリート」なら「sutoriito」のように、日本語読みをローマ字で書かなければならないんですが、
「ボディー」の「ディ」をどう書けばいいのか分かりません。
どう書けば良いんでしょう???

Aベストアンサー

 ボディは、bodei でよいと思います。


人気Q&Aランキング