はじめまして。自営業ををしております。
いま現在、国民年金を払い続けております。35才です。
将来的に国民年金の受け取りだけではとても不安です。

なにか国民年金以外で払って将来的に少しでも役立てたいのですが
ご指導お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

考えられるのは既に回答にある国民年金基金がありますが、確定拠出型年金も候補に入ります。


まずは国民年金基金についてはリスクがあるので注意点を書いておきます。
国民年金基金は過去の高い運用利回りを約束した人がたくさん加入しているのに加えて、現在では貧困や”国民年金を払えるのに払わない人”や少子化によって国民年金基金の加入者が減ってくる可能性が高くなってきているのです。
過去の高い利回りの人が沢山いるけど、現在の低金利が長期にわたって続いているのに加えて、国民年金をまともに払っていない人が沢山いるので、結局は逆ザヤ現象によって解散する可能性があります。
つまり、元本割れで帰ってくる事も考えられるのです。
そこで、国民年金基金は運用が上手くいけば約束通りの年金は支払えるけど、リスクは0ではない程度に考えた方が良いでしょう。

そこで、手軽にできるのは付加年金月400円を国民年金にプラスするだけで年間200円高くなります。
つまり、2年間で元が取れる計算です。
確定拠出型年金は上級者向けですが、投資の事を知っている人ならば確定拠出型年金を生かす方法に熟知している人は結構います。
例えば、私の場合は琉球銀行DCを使っています。
確定拠出型年金で投資できるアセットクラスは国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、国内REIT、海外REITなどが利用できるので、確定拠出型年金ではできないアセットクラスは海外ETF(例えば、ファーマ=フレンチの3ファクターモデルのバリューファクター、サイズファクターなどが良い例ですが、セクター戦略なんてのもあります)を組み入れてインデックス超過リターンを狙います。

そこで、比較的確実な年金を希望する場合は国民年金基金(リスクは0ではないので注意)を活用し、もうひとつは確定拠出型年金を利用する方法があります。
その他にも、付加年金+確定拠出型年金が考えられるでしょう。

キーワードは3つ
国民年金基金
付加年金(ただし、国民年金基金とは併用不可)
確定拠出型年金

セクター戦略については「株式投資の未来(ジェレミー・シーゲル著作)」を参照。
ファーマ=フレンチの3ファクターモデルについては証券アナリスト協会の証券分析とポートフォリオマネジメント第3回「現代ポートフォリオ理論」を参照。

確定拠出型年金は高度な知識が求められる場合がある他、国民年金基金の解散で年金資産が元本割れのリスクもあります。
付加年金は名目では2年で元は取れますが、その頃に物価はどうなっているかまでは分かりません、つまり名目では儲かっていても実質ではインフレで大きく目減りする事も有り得ます。
ですから、最終的な判断は自己責任になるので、ここに書かれた事は質問者様の方でも調べて慎重にご判断ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
付加年金は考えておりました。

民間や個人年金などで月一万位のものを探しています。

お礼日時:2011/04/12 14:03

個人事業主の場合の、リスクマネジメントはおおむね、次の5つを考えておけばいいかと思います。


1.事業用資産の損失
・店舗、倉庫、機械、什器、備品、商品、自動車等に対して、火災、盗難、破損のリスクに備える保険。
・普通火災保険、店舗総合保険、機械保険、自動車保険などがあります。
2.賠償責任
・お客さんに対する賠償、従業員に対する賠償。施設管理責任などを問われたりしますので、内容に応じた保険に入ることになるかと思われます。
3.遺族補償
・国民年金には妻に対する保障がありません。夫が死亡後に妻に収入のあてがないのなら、生命保険や傷害保険は必要保障額を考慮して、高めの保険に加入する必要があります。また、業種上、ケガが多いと考えられるなら、傷害保険を手厚くすることも考慮して下さい。
4.医療保障
・治療費、入院費だけでなく、入院中の収入減についても考慮して下さい。
5.収入の保障
・近隣火災などによっても影響を受けることがあります。所得保障保険、店舗休業保険、利益保険、企業費用・利益総合保険などで休業に対する保障に備える必要があります。
・個人事業主に定年はありませんので、サラリーマンと違い、65歳になったからといって急激に収入が減るわけではありません。病気になったときが一番困ることになると思います。
・老齢に対する保障については、国民年金以外に真っ先に考えられるのは国民年金基金です。国民年金基金の保険料は全額が社会保険料控除の対象になります。民間の個人年金は年間5万円までしか控除がありませんので、まずは基金を考える方がお得です。
・あとは小規模企業共済制度も考えてみて下さい。この制度は、小規模事業主の退職金制度です。事業を廃止や事業譲渡したりした場合に定められた共済金が支払われるもので、掛金は、全額が小規模企業共済等掛金控除として所得控除の対象となります。
    • good
    • 0

#2さんの大意には賛同しますが、


>今、一番安全でお得と言われているのが生命保険会社の個人年金です。
については、極端すぎると思います。
ペイオフなどもそうですが、政府保証がある場合、政府が破綻しない限りは何らかの保証がありますが、民間の場合はその会社が破綻した場合には非常に無力です。また、政府が破綻する状況であれば、円の価値も怪しいですので円建ての年金保険に入るメリットはないかと思います。
議員年金など職業に関わりなく、掛け金に応じて入れる年金に解放してくれれば凄く信用力がある年金になるのですけどね。
一般人に年金を信用させるには、政治家と同じ年金システムにも一般人が加入できるようにするのが一番だと思うのですけどね。
    • good
    • 0

プラスで何か掛けられるのは良いと思いますが、国民年金は継続をお勧めします。


年金制度の存続を疑問視して未加入の人が増えているそうですが、年金は支払い額より受け取りが少なくなることはあり得ませんし、もしそうなるようであれば日本の国自体の存続がおかしくなった時です。
何か事故で障害受けられるような場合は、国民年金では障害者年金を受けられるので一番基本的な保障にもなります。
受け取り額が少ないと思われるのでは上積みする国民年金基金と言う制度がありますので利用されれば良いと思います。
    • good
    • 0

こんにちは



本当に不安ですよね。なんせ40年払って、月7万ぐらいと言われております。しかも、途中で死んだら、〇万円しか戻ってきません。

政治家は、月7万でくらせると思っているのでしょうか?

また、年金を払わず、貯金もせず、老後を迎えた人は月15万ぐらいの生活保護をもらえるんです。これって、おかしくはありませんか?皆のえらんだ政治家がきめたことなので、だれにも、文句は言えませんが・・・・

ですので、多くの人は貯金をしています。

生命保険の個人年金や、銀行預金、証券会社の預金等、研究して下さい。

今、一番安全でお得と言われているのが生命保険会社の個人年金です。
    • good
    • 0

>なにか国民年金以外で払って将来的に少しでも役立てたいのですが



そういう方のために国民年金基金があります。

http://www.npfa.or.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自営業の人は老後、国民年金だけで生活できているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で、≪貯金すればいい≫とか≪生命保険会社の個人年金に加入すればいい≫とか≪国民年金基金に加入すればいい≫とか見ました。

でもそれって限界がありますよね?

私は貯金は2千万円ぐらいあります。

生命保険会社の個人年金に26歳の時に月1万円加入しました。
60歳まで合計400万円ぐらい払い込んで、61歳から月10万円ぐらいが7年間で戻ってくる(合計800万円ぐらい)予定です。

国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
高いけど不安なので支払っています。
それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
86歳以上生きないと元がとれません・・・。

貯金も生命保険の個人年金も20年ぐらいすれば、なくなってしまう可能性が高いですよね?

100歳以上も生きた場合、国民年金だけではとても無理だと思います。

国民年金だけの人ってどうしているのですか?

生活保護に切り替えたりしているのですか?

46歳独身です、今年から独立して国民年金に加入しました。

でも国民年金ってもらえる額が少なすぎて不安で仕方ないです。

自営業の人は老後、国民年金だけで本当に生活できているのでしょうか?

ずっと自営業だった人はもらえる年金は月6万円ぐらいなんですよね?

≪自営業の人は持ち家だし、定年がないから年金は少なくても大丈夫≫だって聞いた事ありますが、それでも80歳代、90歳代になっても働くのは難しいだろうし、月6万円程度ではきついのではないですか?

他の方の似たような質問で...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の風を取り入れて団扇を使っている。
・暖房機器は「石油ストーブ1台+コタツ」と「電気毛布」
・パソコンは使った事が無い。
  ⇒歩かないと寝たきりになるから、1キロ先のスーパーまで日用品を買いに行く。「欲しいモノを買う」ではなく「有るモノで間に合わせる」タイプ。
  ⇒趣味は有るが、コンピューターを使用しない。
・電話は固定電話のみで、余程でなければ電話を掛けることは無い。
  ⇒地元で生まれ育ったので、ほとんどの友人・親戚は近くにいる
・冷蔵庫はあるが、電子レンジやオーブンは買ったことすらない。
・電気炊飯器はあるが、ガスコンロでご飯を炊くこともある。
・お風呂はあるが、シャワーは長らく無かった。
  ⇒使っていた風呂釜が壊れて、相談したガス屋さんが「今はガス給湯システムの方が安く買えますよ」と言ったので、両親が死ぬ1年ほど前にシャワーが付いた。
・晩酌(湯上りのビール類も含む)やタバコはやらない
  ⇒父は年金を貰う頃には体を壊していて、酒・たばこ禁止
  ⇒母は元から飲まない
・自動車やオートバイは廃車していた
  ⇒体力の問題等から利用する頻度が激減したので、維持費を支払いメリットが無い。
・電気の契約アンペアーは15A
・家は父の勤め先が届け出をせずに建てたバラック[築50年超]。
  ⇒母方の伯父がコネを利用して建築確認の届出をしてくれたが、完了の印は無い。
  ⇒相続するために専門家を通して色々な手続きをしたら、市役所が調査に来た。
  ⇒増築部分が見つかってしまい、固定資産税は年額6千円

> 国民年金基金は4口で月3万5千円ぐらい(国民年金と合わせると月5万円ぐらい)払っていますが、それでも戻ってくる額は月2万5千円程度増えるぐらいです。
> 高いけど不安なので支払っています。
> それでやっと年金支給予定額は15万3千円ぐらいです。
今、私(おひとり様。50歳代)は実家で生活していますが、サラリーマン生活を維持するための費用[スーツ、靴、鞄、同僚等との飲み代やプレゼント、歓送迎会の割り当て金]を除くと、『10万円程度』ですよ。
 食費6万円+光熱費と新聞購読料1万円+趣味用のお小遣い[書籍、日帰りのハイキング等]2万円+固定資産税や町会費などの年単位での出費+予備費


> 私は貯金は2千万円ぐらいあります
『(自分たちの望むレベルでの生活を)夫婦二人で20年間送るのに必要な費用は1億円』【ある団体が昔行ったアンケート調査の結果】というデータがあります。
勿論、住んでいる場所の生活環境や望む生活レベルによって金額はブレますし、単純に「おひとり様だったら40年間で1億円」とはなりません。
また、いつ死ぬのかは誰にもわかりません。

ですが、話を進めるために「95歳で死ぬから、65歳からの30年間で9000万円が必要」と仮定しましょう。
 1億円÷40年×30年×地域等格差割増1.2=9000万円

するとご質問者様の収入合計は、下の計算が正しければ6,580万円
 ・現在の貯蓄額:2,000万円
 ・生保の個人年金:総額800万円 
 ・国民年金[65歳から35年分]:2,730万円
  780,100円[平成27年度]×35年≒2730万円
 ・国民年金基金:1,050万円
   ◆加入している型が不明なのでA型を4口◆
   1口目:月額1万円×12×35年=420万円
   2口目以降:月額5千円×3口×12×35年=630万円
  http://www.npfa.or.jp/system/type_benefit.html

よって、2,420万円が不足いたします。

この不足額[ギャップ]をどのようにして埋めるか?
 ・財テクで預貯金を増やす
 ・生活レベルを落とす
 ・人生設計自体考え直す[結婚する。その頃は超高齢社会だから、働き続ける。]

偉そうに書いている私も老後の生活費は枯渇しそうなので、「『体が続く限り短時間労働で働く』で、どうにか生き続けることができるかな~」と考えていますが、ご質問者様どうなされますか?

ご質問者様の想定している状況とは異なりますが、私の両親(共に昭和7年生まれ。そして3年前に相次いで死亡。)は企業で働いておりましたが「国民年金」でした。

預金もほとんどありませんでしたが、周りの環境が幸いしてか、老齢基礎年金だけで生活[父は介護施設に入所=年金で介護費用が賄うことができた]しておりましたね。

どんな生活環境かと言えば・・・もしかするとご質問者様には信じられない状況かもしれませんが
・冷房機器は扇風機。
  ⇒それも呼吸が辛くなるので余程でない限り使わず、窓から自然の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報