34歳男性です。
中性脂肪は問題ないのですが、LDLコレステロールが170程あります。

少し太めでしたので、毎日30分5kmジョギングして、揚げ物や肉を極力控えています。
7kgほど減量して、BMIも23で標準体重です。
もともと運動をしていたので、身体は筋肉質です。

食事は野菜を一日600g程度と多めに取り、毎晩焼き魚を食べています。
飲酒も完全にやめました。
かなり努力しているのですが、LDLコレステロールが減りません。

原因は間食ではないかと思っています。
微糖缶コーヒー1~2缶、五穀パン、オレンジジュース、りんごジュース250ml、チョコレート1~2かけら、ピーナツやアーモンドなどをその時々お腹がすいた時に少し食べています。
あとは一日に一個くらい63kcalの杏仁豆腐やマンゴープリンを食べてしまいます。
あと気になっているのは、食物繊維がたっぷりという朝食のシリアルです。
便秘解消のために摂っています。これが結構甘いので、このせいもあるのでしょうか?

ただ、体重・体脂肪率は減っていますし(体脂肪率12%くらい)、カロリーが多すぎるとも考えられません。

仕事が専門職で、かなり知的な作業を要求されるので、お腹がすくとどうしても集中できず、何か小腹に入れないとパフォーマンスを出せません。

高コレステロール血症の食事については各サイトで詳しく書かれているのですが、推奨される間食の具体的な内容がなかなか見つかりません。

お腹がすいた時にどんなものを食べたらよいのか、本当に悩んでいます。
むしろご飯などの米や、食パンでも食べた方が良いのでしょうか?
一時内科にかかりクレストールという薬剤を飲みましたが、できれば食事療法で治したいと思っています。
お詳しい方おられましたら、どうかアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

35歳女、3年ほどかけてLDLコレステロール値を50ほど減らすことに成功しました。



コレステロール値改善に有効なのは甘さ(砂糖)よりも脂肪摂取を減らすことです。
特に乳製品。
パン→バターや牛乳が含まれている。
シリアル→大抵牛乳をかけて食べる。
微糖コーヒー→乳性分入り。
チョコレート→バターやミルクたっぷり。
杏仁豆腐やプリン→ミルクたっぷり。

こういったものを毎日摂っているから他でいくら頑張っても数値が下がらないんですよね。
私もこのことに気付くのに随分かかりました^^;
間食に何を食べるかではなく、間食自体を減らす(やめる)。
そうすれば先生のおっしゃる通り1カ月で数値が下がることを実感出来るかと思います。

間食をやめると当然おなかが空くのですが、その分は食事をしっかり摂れば問題はありません。
大量の間食を必要とする理由は食事をしっかり食べていないから、とも言えます。

ざっと計算したところ質問者様は間食だけで(飲み物含む)500キロカロリーかそれ以上は摂っています。
間食をしないのなら昼食で白米を今までの1.5~2倍は食べてもOK。というかそれくらい食べないと持たないでしょう。
日本人なら主食は米ですね。
白米を食べていると腹もちがよく、そんなに間食を必要とはしないです。
また白米は便秘解消にも効果抜群。
一方シリアルやパンは腹もちが悪いため、間食したくなるのです。

毎日の間食を辞めれば適度に揚げ物を楽しむことも出来ますし、砂糖が恋しくなるのでおかずの味付けは濃い目や甘目にしておいしくすることも出来ます。お漬物も砂糖が入っているのでお勧め。
デザートに旬の果物を食べると満足度は上がりますよ。

缶コーヒーやジュースは簡単に飲めてしまう分お菓子よりもタチの悪い「間食」ですので、苦労したくなければやめるに越したことはないです。

食事をしっかり摂っておけば間食といっても飴を口に入れるとか、チョコ1~2かけだけとかその程度で十分耐えられます。
いきなりは無理ですが、少しずつ間食を減らして食事を増やすようにしていけばいいと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます!!!

なぜこれまで頑張っても頑張っても効果がなかったのか、よく分かりました。とても納得できました!
これまでにも何度も食事療法・運動療法にチャレンジしては挫折していました。

カロリーや甘さよりも乳製品が問題だったんですね~。
”脂肪”なので言われてみれば当然なことですが、自分では全然気付きませんでした。
野菜を大量に摂る分、すぐお腹がいっぱいになってご飯の量が少なくなっていました。それですぐ空腹になるのでした。悪循環だったのですね。

原因が分かったので、やれるとおもいます。
丁寧なご説明、本当にありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2011/04/11 16:46

#1です



食物繊維が取れることと
カロリーが他のものと比べて低いことと
満腹感がえられます

他のものを食べるのであれば
このぐらいのほうがいいと思います
先生に相談してみたほうが確実かと思いますけど

あとストレスでも上がりますのでガチガチに考えないほうがいいですよ
私は1年の猶予を頂いて下げましたけれど長いスパンで見ていただいたほうがいいと思います
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
食物繊維が多く、カロリーの低いものがよいのですね。

ただ、体重自体は減っていますし、食物繊維もかなりの量を摂っています。先生からは食事療法を1カ月もすれば、検査結果に表れてくるはずだとのことでした。3ヶ月以上継続しているのに効果なしだったので、ガッカリしていました。

もう少し長い目で取り組んだ方が良いのですね。

お礼日時:2011/04/10 06:19

こんばんは



寒天のゼリーを作って持っていけますか?
http://cookpad.com/category/725
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

作ることはできますが、これはLDLコレステロールに良いのでしょうか?甘ければ、自分が今とっている間食と同じではないのでしょうか?

お礼日時:2011/04/09 19:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中性脂肪とLDLコレステロールの数値について

血液検査で初めてLDLコレステロールの数値が基準を超えて(141)しまいました。去年は106でした。
中性脂肪は低めの33です。
血圧は103/68。
BMIは19くらいです。
医師からは中性脂肪が低いのは構わないとしか言われませんでした。
食生活の乱れや運動不足なら中性脂肪や血圧も数値があがるのでは?と思ってしまいます。
中性脂肪が低くLDLコレステロールが高いと今後どのような症状が予想されるのでしょうか?

Aベストアンサー

コレステロールは本来人間にとって不可欠な物質で、血中コレステロールは体内で分泌される割合が、食べ物から取り入れる割合の2倍以上になると言われています。LDLは「悪玉コレステロール」と言われるのは本当に「悪いもの」ではなく、その働きから便宜的にそう呼ばれているだけです。

LDLは体に必要なコレステロールを体中に行き渡らせる働きがある一方、善玉コレステロールと呼ばれるHDLは体中に行き渡って、余ったコレステロールを回収する働きがあります。したがって、LDLの数値が少々高くても、HDLが十分に高ければ、問題ないと言われています。LDL÷HDLをLH比と呼び、LH比が1.5以下なら血管内はきれいであると言われています。LH比の詳細は下記を参照してください。

http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/110.html

ということで、LDLが141であっても、HDLがうんと高いのであれば、必ずしも問題はないと言われています。「医師からは中性脂肪が低いのは構わないとしか言われませんでした。」というのは、HDLが75以上あったのではないでしょうか?

>中性脂肪が低くLDLコレステロールが高いと今後どのような症状が予想されるのでしょうか?

中性脂肪33というのは低めですが、医師の言うようにまだ基準値の範囲内です。空腹時に測定したと思いますので、多分、1日を通しての最低値だと思われます。検査後食事をすれば、すぐにも上昇します。

http://medical-checkup.info/article/42354258.html

ということで、LDLが高いというときは、HDLの値にも注目してください。

上記LH比のサイトに書かれていますが、LH比が高い状態が続くと、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病になる恐れがあります。したがって、HDLの方がそんなに高くなければ要注意となります。

コレステロールは本来人間にとって不可欠な物質で、血中コレステロールは体内で分泌される割合が、食べ物から取り入れる割合の2倍以上になると言われています。LDLは「悪玉コレステロール」と言われるのは本当に「悪いもの」ではなく、その働きから便宜的にそう呼ばれているだけです。

LDLは体に必要なコレステロールを体中に行き渡らせる働きがある一方、善玉コレステロールと呼ばれるHDLは体中に行き渡って、余ったコレステロールを回収する働きがあります。したがって、LDLの数値が少々高くても、HDLが十分に...続きを読む

QたまごのLDLコレステロールについて教えてください

たまごには、LDLコレステロールが多く含まれるそうですが、「生卵」を食べた場合と、「卵焼き」にした場合では、LDLコレステロールの値に変化はあるのでしょうか。

たまごが好きなのですが、食べ過ぎはよくないようで、もし焼くことで多少なりともLDLコレステロールを減らせるのであれば、ぜひ詳細を知りたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 タマゴがお好きとか・・・家族性高コレステロール血症と診断を受けていなければ、一番良質なタンパク源ですしたくさん食べてください。
 生卵であれ卵焼きであれ、どちらでもお食べになられると良いですね。

 ただし、生卵であるならばプロテインインスコアーが100ですから、栄養価が高い。L玉一個で7gほどのタンパク質が含まれている。

 加熱すると白味の透明部分が白く濁り、メイラード反応により、プロテインスコアーの劣化が起こります。生卵と比べると、卵焼きではタンパク質(の働き)が半減したと解釈されます。

 ですが、卵の白味はビタミンB群中の微量栄養素である『ビオチン』の吸収阻害が起きます。卵焼きでは、ビオチンの吸収阻害は起きません。

 タマゴの吸収力を高めるためには、半熟が良いとされています。

 血液検査ではコレステロールを調べる検査はしません。つまり、卵を食べたら卵のコレステロールを測れる、と云うことはあり得ないのです。
 コレステロールの80%は肝臓で作られて、それだけでは足りないので食事でコレステロールを補わなくてはいけないのですが、それを食べすぎれば肝臓でのコレステロール生産量を下げてそれをほど良い量に調整します。

 LDLコレステロールについてですが、食事に含まれるコレステロールの中には、HDLとLDLの区別はありません。脂質としてのコレステロールとして吸収されますが、肝臓で作られる”アポタンパク”と結合して血中に放出されて”リポタンパク・コレステロール”になります。
 その時に、βリボタンパクと結合したものを「LDLコレステロールは(Low Density Lipo Protein)低比重リポ蛋白」と云い、αリボタンパクと結合すると「HDLコレステロールは(High Density Lipo Protein)高比重リポ蛋白」となります。血液検査では、このリポ蛋白の種類と量を測り、そのリポ蛋白の違いによりLDLコレステロール、HDLコレステロールの数値を示しているのです。
 
 血液の中を流れる栄養成分・薬剤等はすべて、タンパク質と結合して目的の臓器へと運ばれるものですから、この運搬タンパクを作り難くなった肝硬変の方などは、肝臓でコレステロールを作れなくなるだけではなく、どんなに卵を食べても血中コレステロールは低くなってしまいます。

 つまり、個々の体がもつ特性と誤った食事・生活習慣で高LDL・低LDL、高HDL・低HDL等々が決まります。しかし、これらは薬を使わなくても正しい食事と運動、過食を避ける等々で治るものですから、タマゴを食べてはいけない、と云うものではありません。

 ただし、タマゴを食べてコレステロールが上昇してしまう病気もあるので、脂質異常症(注:)等を理解する医師に診て貰うことは大切です。血液検査でリポ蛋白分画などを調べて異常を感じれば更に精査するはずです。

注:家族性高コレステロール血症 ・・ 500家族に1家族の割合で存在しますが、この病の方はコレステロールの多い食事を摂り続けると、10代20代の若いうちに心筋梗塞を引き起こします。

 LDLコレステロールが糖化あるいは酸化LDLに変わると悪さをする理由など、もっとお知らせしたいのですがとりあえずここまでにさせてください。

 タマゴ好きの質問者さんには下のURLを紹介しておきます。
http://www.clinic-hygeia.jp/blog/2006/07/post-57.html ← 女医さんのブログですが、タマゴを食べよう!キャンペーンは読むと面白いですよ。

 タマゴがお好きとか・・・家族性高コレステロール血症と診断を受けていなければ、一番良質なタンパク源ですしたくさん食べてください。
 生卵であれ卵焼きであれ、どちらでもお食べになられると良いですね。

 ただし、生卵であるならばプロテインインスコアーが100ですから、栄養価が高い。L玉一個で7gほどのタンパク質が含まれている。

 加熱すると白味の透明部分が白く濁り、メイラード反応により、プロテインスコアーの劣化が起こります。生卵と比べると、卵焼きではタンパク質(の働き)が半減したと解釈...続きを読む

QLDLコレステロール

旦那が健康診断でLDLコレステロールが高いと言われました。旦那は痩せているのですが、たびたびLDLコレステロールが高く出ます。
私の料理がダメなのか責任を感じています。
どんな物を食べさせるのがいいか教えてください。
生野菜や煮物が苦手なのですが、手軽にとれる物はありますか?

Aベストアンサー

こちらを、ご一読ください。

http://iryou7.sakura.ne.jp/koresute/


 一般的に、きのこ類 や 海草類 を多く摂ると良いと言われています。

参考URL:http://iryou7.sakura.ne.jp/koresute/

QLDLコレステロール対策のおやつ

高齢の母親のLDLコレステロールが気になるので、この際3時のおやつをりんごにしてしまおうと思います。薬は本人が嫌がりますが、おやつなら喜んで食べます。りんごで中性脂肪が大きく下がった経験もあります。

問題は季節を過ぎるとおいしいりんごが売ってないし、オフシーズンは高いです。旬じゃないりんごの味が問題ならすりおろして蜂蜜でもかければいいと思いますが、健康に良い成分がたくさん入っていなければ無理してりんごを食べる意味がありません。

夏や秋にりんごを旬じゃないりんごを無理して手に入れるか、ほかの食材で対応するか、どうしたらいいと思いますか?

Aベストアンサー

りんごにこだわる意味がない。

お勧めは、天津甘栗です。銅、食物繊維、マンガン、葉酸、ビタミンB6、マグネシウム、カリウム、鉄が豊富です。1年中入手しやすいし、価格も安定していますし、保存性も高い。食物繊維にはコレステロールを吸着・排出する作用があるといわれています。ただ食物繊維が豊富な食材でおやつになりそうなものは必ずしも多くない。くりは木の実の一種ですが、他の木の実類(ごま、ピーナッツ、アーモンドなど)と違って脂質が極めて少ないのが特徴です。だからこそ天津甘栗がおすすめなんです。木の実類の中ではやわらかい方なので歯に自信がない高齢者にも進められます。

りんごって何がいいのかな。りんご100gの食物繊維が1.5gに対し、天津甘栗は8.5gにもなります。5倍以上です。ということはりんごを250g食べるよりも天津甘栗を50g食べたほうがよいという計算になるわけです。

QHDLコレステロールを上げて、LDLを下げるには?

先日TVでやっておりましたが、
健康な人でも「HDL-善玉」と「LDL-悪玉」の比率が
1:1・5が望ましいと説明ありました。
その差が大きいと健康値の範囲でも危険という内容でした。

で、早速調べてみると(ちなみに、総コレステロールは188と基準内)
HDL-43
LDL-114と
どちらも基準値ないですが、約3倍の差があります。
そこで、(運動以外で)
HDLを上げて、HDLを下げる方法はございますか?
ちなみに、お酒はほとんど飲みませんし、タバコはすいません。

Aベストアンサー

こんばんは

善玉あげたほうが良いですね
きつめの運動が良いようですが(姉が善玉が高いです)
質のいい油を使うのはどうですか?
http://www.gomasekine.co.jp/
私はこちらをほぼ油料理には使っています
悪玉落ちました
運動もしていますけどね


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報