ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

フィラリア予防薬の「モキシデック錠」は、餌と一緒に食べさせるのでしょうか?
それともご飯の時間とは別に食べさせるのでしょうか?
あと、錠剤ごとなのかつぶしたりして食べさせるのか教えて欲しいです。
ちなみに生後6カ月のチワワです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

人と同じです。

何も食べていないで薬を飲ませると、胃に負担がかかります。なので、ご飯と一緒にあげて下さい。薬は錠剤ごと飲ませて下さい。薬は錠剤で飲ませて胃で解ける事を想定して作ってあります。砕くのは薬の成分が変わるなどがありオススメしません。もし、飲メコメナイヨウでしたら1錠を真ん中から割って半分づつあげます。これで、薬の成分はほとんど変わらないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。


なるべく錠剤のまま食べさせた方がいいんですね。
試してみます!

お礼日時:2011/04/10 17:25

ポメラニアン飼ってます。


私の家では食後に食べさせています。

>錠剤ごとなのかつぶしたりして食べさせるのか教えて欲しいです。
 …そのまま食べるのであれば、そのままで
  食べるのイヤがるなら、つぶして粉にしておやつと一緒に食べさせるか
  おやつの中に入れて食べさせてはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

参考になりました。
まずは、錠剤ごと食べさせてみますね。

お礼日時:2011/04/10 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプレドニゾロンの服用について(獣医師さん回答お願いします)

愛犬(柴1歳♂体重は6kg)はアレルギーでプレドニゾロンを服用していました。
7ヶ月の頃、口や目の周りが痒いて毛が抜けました。
血液検査の結果、色々アレルゲンがありフードも変えました。
最初はステロイドでないお薬(セルテクト等)を2種類ぐらい試しましたが効果がなく、その後プレドニゾロンに変えました。
最初は1日1錠を5日間ぐらい連続で服用し、その後1日おきにして、半錠にして、そして3日に1回半錠と、だんだん減らしていきました。そしたら痒みも止まり、毛も生えてきました。
でも時々かいていたので、4、5日に一回半錠ぐらい飲ませていました。飲ませないとまた悪くなるような気がして全く止める事は出来ませんでした。
でもお医者さんは、体重6kgでしかも4日に一回半錠なら全く問題ないと言われていました。
2ヶ月に一回ぐらい通院して、お薬をもらっていました。
その病院は先生が2人いて、いつもはA先生に診て貰っていました。つい先日フィラリアのお薬をもらいに行った時、初めてB先生でした。
いつものようにプレドニゾロンももらおうと思ったら、B先生からどうしてこのお薬が必要なのか聞かれました。
今までの経緯を話したのですが、B先生曰く、ステロイドはこんな風に時々飲むのはよくない。
理由は、時々飲むと副腎質ホルモンを作る機能がおかしくなってきちんと分泌出来なくなるから云々でした。こういう薬は毎日飲むか、きっぱり止めるか、どちらかと言われ、結局出してもらえませんでした。
そしたらまた愛犬のカイカイが始まり、また少しずつ毛が薄くなってきてしまいました。
私としてはまたA先生にお薬を出してもらいたいのですが、このような飲み方をするのはどうなんでしょうか?A先生を信頼していたのですが、B先生の言われる事が正しいのなら飲まない方がいいのでしょうか?どちらを信じていいのか分かりません。
獣医師さん、アドバイスお願いしますm(_ _)m

愛犬(柴1歳♂体重は6kg)はアレルギーでプレドニゾロンを服用していました。
7ヶ月の頃、口や目の周りが痒いて毛が抜けました。
血液検査の結果、色々アレルゲンがありフードも変えました。
最初はステロイドでないお薬(セルテクト等)を2種類ぐらい試しましたが効果がなく、その後プレドニゾロンに変えました。
最初は1日1錠を5日間ぐらい連続で服用し、その後1日おきにして、半錠にして、そして3日に1回半錠と、だんだん減らしていきました。そしたら痒みも止まり、毛も生えてきました。
でも時々かいていたの...続きを読む

Aベストアンサー

どうして同じ病院の先生なのに薬の処方の仕方が違うのでしょうね。さてプレドニゾロンですが症状がある程度治まったら隔日投与(もちろん3-4日毎で調子がよいならそれで)が基本だと思います。そしていきなり毎日飲んでたホルモン剤を急に止めるともともと体の中の副腎から出るはずのホルモンがいきなりは分泌されないので薬を止める時は症状がなくても隔日に切り替えてからその後薬を止めるのが基本だと思います。柴犬のアトピー性皮膚炎は多いですし一生治療が必要な子も多いです。症状と相談しながらうまいこと薬を調節して飲ませることが大切です。いつか忘れましたが勉強会でたとえ一生ステロイドを服用しても低用量で隔日以上の投与だとそう副作用は心配ないと聞いたことがあります。もちろん飲まなくて済むのであればそれに越したことはありませんが副作用が怖いから痒いのは我慢させるのは間違いです。どうしても副作用は多い薬にはなりますがうまいこと使えばとても有効な薬です。

 余談ですが最近アトピーの薬(アトピカという薬)が発売されました。費用はプレと比較するととても高価な薬ですが副作用はプレより少なくすごく効果のある薬だそうです。しかもアトピーが完全に治った症例も報告されていました。実際アトピカを使用した症例が多くないのではっきりしたことはわかりませんがこれからいろいろ報告が増えていくものと思われます。

どうして同じ病院の先生なのに薬の処方の仕方が違うのでしょうね。さてプレドニゾロンですが症状がある程度治まったら隔日投与(もちろん3-4日毎で調子がよいならそれで)が基本だと思います。そしていきなり毎日飲んでたホルモン剤を急に止めるともともと体の中の副腎から出るはずのホルモンがいきなりは分泌されないので薬を止める時は症状がなくても隔日に切り替えてからその後薬を止めるのが基本だと思います。柴犬のアトピー性皮膚炎は多いですし一生治療が必要な子も多いです。症状と相談しながらうまい...続きを読む

Qフィラリア薬の安全性

フィラリア予防薬(駆虫薬)についてです。

今日、病院でフィラリア陰性の判断を受けました。

さっそく薬を飲ませることにしましたが、種類がありすぎてどの薬を飲ませようか迷っています。

じっくり調べたいのですが、もう予防の時期ですしちょっとあせってしまっています。

値段ではなく、わんこに一番負担が少ないものを選びたいと思っています。

素人ながら自分でしらべた結果、ミルベマイシンという薬を飲ませようかと思っていますが、もし他にもっと負担の少ない薬をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

同時に、検査は10~20分で終わったのですが、去年飲ませ忘れた時期があるので本当に感染していないかが心配です。
というのも、ネットで検査は完璧ではないという情報があって…。

もし完璧でない場合、上記の薬を飲ませると危険だと思うのですが…。

この件に関しても詳しい方がいらっしゃいましたら重ねて教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(^^)こんにちは。2年ほど前に前愛犬を腎臓病で亡くしました。

主治医は腎臓病の治療に自信を持ってる先生なのですが。先生が処方してくれるのは「モキシデック」 です。白い錠剤です。これが一番に毒性が低いからと説明されています。

昨年から飼い始めた現在の愛犬は、昨年の秋に避妊手術を外科の別の病院で受けました。そちらの先生が、「カルドメック」のチュアブルのタイプを無料でプレゼントしてくれたので、主治医に見せて報告すると「チュアブルは毒性が強いから腎臓に悪い」と使用を反対されました。さらに質問してみたところ・・・「回虫」にも効くヤツが、もっとも毒性が強いと言っていました。たぶん「ミルベマイシン」のことと思われます。

多くの獣医さんはフィラリアはとても恐ろしい病気なので、予防薬を飲ませることを推奨しています。ただし、それらの薬はフィラリアを毒をもって寄生虫を殺す薬なので、やはり少なからず副作用が生じることがあると言うことを忘れないようにしないといけないと思います。



○「イベルメクチン<Ivermectin> 」・・・<製品名>カルドメック(錠、チュアブル)

犬糸状虫の予防 ミクロフィラリア+成虫に効果がある(月一度服用)


○「ミルベマイシンオキシム 」<Milbemycin Oxime> ・・・<製品名>ミルベマイシン(錠、粒)

犬回虫、犬鈎虫の駆除、及び犬糸状虫の予防 (月一度服用)


○「モキシデクチン <Moxidectin> 」・・・<製品名>モキシデック

犬鈎虫の駆除、及び犬糸状虫の予防  (月一度服用)



○「Diethylcarbamazive(DEC) 」・・・<製品名>サイボール錠 スパトニン錠

犬糸状虫の予防 (毎日服用)


副作用・・・ 嘔吐・下痢・咳・発熱・頭痛・関節痛・食欲不振・肝臓障害など

また、ほとんどの予防薬は(月に一度)飲ませるタイプですが。実はメーカー側が念のために効果のある期間を短めに設定してあるため1.5ヶ月に一度でも、ホントは大丈夫なのだそうです。

参考までに。

(^^)こんにちは。2年ほど前に前愛犬を腎臓病で亡くしました。

主治医は腎臓病の治療に自信を持ってる先生なのですが。先生が処方してくれるのは「モキシデック」 です。白い錠剤です。これが一番に毒性が低いからと説明されています。

昨年から飼い始めた現在の愛犬は、昨年の秋に避妊手術を外科の別の病院で受けました。そちらの先生が、「カルドメック」のチュアブルのタイプを無料でプレゼントしてくれたので、主治医に見せて報告すると「チュアブルは毒性が強いから腎臓に悪い」と使用を反対されました...続きを読む

Qフィラリアの薬

8歳になるチワワを飼っています。
そろそろフィラリアの薬を与える時期になりますが、去年11月のことですがフィラリアの薬(チュアブル 1センチ角ほどの肉状)を食べさせたらそのままウンチに出てきました。これって効果があったのでしょうか?細かく砕いて与えないといけなかった?
ウチの犬は餌もあまり噛まないタイプです。今年は砕いて与えるつもりですが気になったので質問してみました。

Aベストアンサー

噛まずに丸ごと飲み込んでしまったようですね。
そのまま出てきてしまったとなると、意味がないので
細かくして与えるか、
薬を錠剤に変えてもらったらどうでしょう?
錠剤だと チワワなら、米粒2つ分くらいの、ものすごく小さな粒になります。
それに、フィラリアの薬で 一番刺激が少なく、安心といわれてるのが モキシディック錠というもので
うちではソレを処方してもらってます。
チュアブルは肉みたいで 犬には飲ませやすいのですが、チワワは超小型なので なるべくは刺激が少ないのを お選びになったほうがいいように思います。

Qフィラリアの薬とワクチンは同じ日にしてもOKですか?

我が家には愛犬(パピヨン・オス・2歳半)がいるのですが、最近「ワクチン追加接種のお知らせ」というハガキが届きましたので、明日獣医さんのところに行ってこようかと思っています。
ですが、明日はフィラリアの薬を飲ませなきゃいけない日なのですが、ワクチン接種とフィラリアの薬を飲ませる日は一緒にしてもOKなのでしょうか?
フィラリアの薬は6ヶ月間、毎月同じ日に飲ませるようにしてくださいと書いてあるので、毎月同じ日に飲ませるようにしてたのです。
たまたまワクチン接種の日と薬を飲ませる日が同じになってしまい心配になり質問させていただきました。
アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

我が家の犬(トイプー1歳6ヶ月)も先月ワクチンを接種しました。
ちょうどフィラリア薬の時期でしたので、薬ももらってきました。

フィラリア薬はそれほど心配はありませんが、ワクチンの場合はそれだけでも体調異変が起きる可能性があります。
私はワクチン当日と翌日も異常がないことを確認してからフィラリア薬を飲ませました。

フィラリア予防も目安としては毎月同じ日に、となっていますが
あくまでも目安ですので2~3日くらいずれても問題ありません。
私は良くずれます(^^;)

詳しいことは専門家じゃないのでわかりませんが、別の日の方がいいと思いますよ。

Q愛犬がダニを駆除する薬を使って亡くなってしましました...

愛犬がダニを駆除する薬を使って亡くなってしましました。

夏場という事もあってダニがいるとあまりよくないと思い、7月12日にダニを駆除する薬を使いました。
薬が効いせいかダニは薬を使った日にみるみる内に取れました。
異変に気がついたのは7月13日に、朝いつもどうりに餌をあげたのですが、全然食べませんでした。
お腹が減ってないのかなぁーと思い仕事もあったのでそのまま仕事に行くことにしました。その日夜に様子を見ると愛犬の「チャッピー」は寝たままグッタリした感じで、朝上げた餌ものこったままでした。
水分をとらせさいとまずいと思い、母に手伝ってもらって「チャッピー」の口を無理やりあけてお水を飲ませました。7月14日の朝にも餌をあげましたが食べませんでした。この日、父が栄養ドリンクのような物を飲ませてくれたらしいにですが...もどしてしまったのをその日の夜に聞きました。
7月15日にも状態は同じ感じで、三日も食わず、のまずなので先日の14日、15日は仕事でどうしても病院につれていけないから今日(15日)我慢してねと「チャッピー」に言いのこして..家をあとにしました。
7月15日に仕事から帰ってきて「チャッピー」の見に行ったら死んでいました。

一連のながれはこのような感じです。
7月12日のダニを駆除する薬を使うまではすごく元気で餌もちゃんと食べていました。ダニを駆除するために買った薬で、なぜ?愛犬「チャッピー」が死ななきゃいけなかったのでしょうか?飼い主として、この怒りは何処にぶつければいいにかわかりません...
「ダニを駆除する薬を販売したお店」、「製造元」などに法的手段はとれる可能性はあるのでしょうか?法律や動物に詳しい方アドバイスお願いします。
(脱字のどが、あって読みずらかったらすいません。)

愛犬がダニを駆除する薬を使って亡くなってしましました。

夏場という事もあってダニがいるとあまりよくないと思い、7月12日にダニを駆除する薬を使いました。
薬が効いせいかダニは薬を使った日にみるみる内に取れました。
異変に気がついたのは7月13日に、朝いつもどうりに餌をあげたのですが、全然食べませんでした。
お腹が減ってないのかなぁーと思い仕事もあったのでそのまま仕事に行くことにしました。その日夜に様子を見ると愛犬の「チャッピー」は寝たままグッタリした感じで、朝上げた餌ものこっ...続きを読む

Aベストアンサー

愛犬を亡くして傷心の相手に言うのは気が引けていた事なのですが、mi-24xさんの意見とほぼ同じです。
今にも死にそうな愛犬をすぐにでも病院へ連れていってあげなかった事に、とても引っかかっていました。

なので、いざ裁判となった時に、そこを指摘されてしまうと、かなり不利ですね。
対処の仕方、事前の安全性の確認の怠りなど、無責任さを挙げられる可能性は高いかと…。
なにせ、ペットの危険物ランキングに考えるまでもなく入るものですから。
--------------------------------------------------
[ ペットの危険物ランキング 一覧 ]
1位 人間用医薬品 78000件
(鎮痛剤、風邪薬、抗うつ剤、栄養補助食品)
2位 殺虫剤・駆除剤 27000件
(殺ノミ剤、殺ダニ剤)
3位 動物用医薬品 12000件
(非ステロイド性抗炎症薬・フィラリア予防薬・抗生物質・ワクチン・栄養補助食品)
4位 植物 9300件
(ユリ、ツツジ、シャクナゲ、サゴヤシ、カランコエ、シェフレラ)
5位 殺鼠剤:殺そ剤 8800件
(殺鼠剤、殺菌剤)
6位 家庭用洗剤 7200件
(ブリーチ剤、合成洗剤、殺菌剤、消毒剤)
7位 チョコレート 4800件
(チョコレート)
8位 化学品 4100件
(揮発性石油系製品、アルコール、酸、ガス)
9位 物理的障害物・危害物 3800件
(粘着テープ、紙製品、骨、首輪)
10位 家庭用改修・修繕用品 2100件
(ペンキ、溶液、接着剤)
--------------------------------------------------
とにかく、これ以上は情報が少ない事と、私が医者でも弁護士でも警察でもない事から、控えさせていただきます。

参考になるかは分かりませんが、農林水産省に動物医薬品検査所というところがあって、そこで動物用医薬品に関する相談が出来るようですので、使用した薬品や、その成分を提示して相談してみてはどうでしょうか?

参考URL:http://www.maff.go.jp/nval/index.html

愛犬を亡くして傷心の相手に言うのは気が引けていた事なのですが、mi-24xさんの意見とほぼ同じです。
今にも死にそうな愛犬をすぐにでも病院へ連れていってあげなかった事に、とても引っかかっていました。

なので、いざ裁判となった時に、そこを指摘されてしまうと、かなり不利ですね。
対処の仕方、事前の安全性の確認の怠りなど、無責任さを挙げられる可能性は高いかと…。
なにせ、ペットの危険物ランキングに考えるまでもなく入るものですから。
--------------------------------------------------
...続きを読む

Qフィラリアのお薬について

フィラリアのお薬について質問なのですが・・・・

与える時期・期間といったものはどれくらいなのでしょうか?

今通っている動物病院では「蚊が多い地域なので1年中予防のお薬をあげてください」と言われました。でも1年中あげている方は少なくて、これでいいのか分かりません。もしもその必要が無いのなら、その期間だけにしてくれた方が金銭的にも楽なのですが・・・・
病院を変えたほうがいいですか?
いつも親切にしてくれて、対応も良いのでその他に問題はありません。

ちなみに東京の都心の方に住んでいます。

Aベストアンサー

まずは、フィラリアの基礎知識から。
(判りやすく書くほうを優先しますので、厳密には正確でない場合があります)

------------------------------------------------------------
フィラリア予防薬は、「犬の体内に入ったフィラリア子虫」を『飲んだその時(約24hの薬効)に殺す』薬です。

フィラリア子虫の成長は、第一期から順に第五期までで、
注意すべきなのは、感染子虫(第三期子虫)と呼ばれる段階の子虫。
第三期子虫が犬の血液内にはいると脱皮をして、第四期子虫→第五期子虫→成虫となります。
成虫が心臓(正確には心臓と肺の間の血管)に住み着くと、「フィラリア感染」となります。

フィラリアのお薬は、この第三期子虫と第四期子虫を殺すことができ、成虫が心臓に住み着くのを「予防する薬」です。
この第三期子虫と第四期子虫の時期を逃すと、予防薬では殺すことが出来なくなります。

犬の身体に入った第三期子虫が、薬の効かない第五期子虫にまで成長するのが「最短で1ヶ月ほど」なので、予防薬も1ヶ月毎の投薬となっています。

この子虫の成長速度は、平均気温等に関わってきます。
HDU(Heartworm Development heat Unit)という概念で平均気温を割り当て、感染開始と終了時期を知る事ができます。
----------------------------------------------------------

ただし、他の皆様もお書きのように、都内では温暖化やビル、家屋の暖房でいつでも蚊がいる状態ですし、
外気温は低くても、犬自身が暖房の効いた室内で生活していれば、子虫の成育が冬でも早まらないとも限りません。

質問主さんのかかりつけ医さんは、それらの危険を考慮し、万が一をなくす為に「通年」とする方なのでしょう。
べつに「長く売りつけて儲けよう」としている訳ではないと思います。
逆に「可能性は低いんだから、冬期は飲ませなくても大丈夫」とする獣医もいます。
どちらも、様々な可能性を考慮して、「自分がベストだとおもう判断」を飼い主に勧めてくるわけです。

これは可能性の問題で、「フィラリア予防薬なんて飲ませた事ないけど、15歳まで生きた」なんて犬もいれば、
「5~11月まで飲ませていたのに、感染した!」という犬もいます。
「万が一の可能性」をどう判断するか?
別段病院を変えなくても、その獣医にかかったままで、質問主さんが「可能性は低いのだから、12、1、2、3、4月はいらない」と判断しても良い訳です。
愛犬の命を預かる飼い主自身が、責任もって、よく考えて決める事ですよ。

まずは、フィラリアの基礎知識から。
(判りやすく書くほうを優先しますので、厳密には正確でない場合があります)

------------------------------------------------------------
フィラリア予防薬は、「犬の体内に入ったフィラリア子虫」を『飲んだその時(約24hの薬効)に殺す』薬です。

フィラリア子虫の成長は、第一期から順に第五期までで、
注意すべきなのは、感染子虫(第三期子虫)と呼ばれる段階の子虫。
第三期子虫が犬の血液内にはいると脱皮をして、第四期子虫→第五期子虫→成虫となります。
成...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報