ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

イチゴを3段のポットで育てているのですが、写真の通り、上段だけ元気で中段と下段は枯れかかっています。

原因がわからないので質問したのですが、アドバイスをお願いします。

ポットを置いている場所はとても日当たりのよい場所です。
一応、ポットは回転できるようにしていて、1日おきに反回転されています。
ですから上段以外は上段より日光にあたっている時間は少ないです。

もうひとつ考えられるのは土の水分量ですが、やはりすべてのポットに同じ水の量をあげていては下段に水がたまりやすくなるんでしょうか。

ほかに考えられる原因はないのですが原因はわかりますか?

「ストロベリーポットを重ねてイチゴを栽培で」の質問画像

A 回答 (3件)

上中下と明らかにイチゴの様子が違いますが、多少の日当たりの違い位でこれほど枯れるという事は考えにくいので、用土などの条件が一緒なら、水か肥料が原因の可能性が高い気がします。



上の段の水がそのまま下の段に流れ込んでいるということはありませんか?
そうだとすると、上段の水が下の段に流れ込むことで、下の用土が過湿になって根ぐされしてしまっているのかもしれませんし、水に溶けた肥料分が下に行くにしたがって濃縮されていって、肥料焼けを起こしているのかもしれません。

どういった意図でプランターを重ねているのかはわかりませんが、次回は別の段に水が流れ込まないような工夫をされてはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様、回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2011/04/15 10:23

大いに考えられると思います。

もしかしたら上段も中段も下段も同じ
用土を使っていませんか。あなたの言われるように、水は上から下に
落ちますから、同じように水やりをすると上段は早く乾くが下段は遅
く乾くはずです。同じ時間帯に同じ量の水を与えると、下段は十分に
水分を含んで必要が無いのですから、どうしても根腐れを起こしやす
くなります。水遣りの時間帯を変える事は難しいはずですから、その
ような場合はそれぞれの段に違う用土を入れてやります。
上段には通常の用土を入れ、中段には若干水はけが良くなるように、
園芸用川砂(左官用砂は海砂ですから、入れると枯れていまいます)
を1割程度混ぜます。下段は中段より2割程度多めに入れます。これ
によりそれぞれの段の水はけ状態が変わるので、今よりは用土の乾き
も良くなり同じ時間帯に水遣りをする事が出来ると思います。

もう一つ気になったのは、一番下に置かれている回転台です。これは
鉢の向きを変えるために使用しているはずですが、もしかしたら台が
邪魔をして水のはけ具合が悪くなっているかも知れません。
台はそのままで構いませんから、台と鉢の間にレンガで構いませんか
ら隙間が開くように置かれてはどうでしょうか。それと南向きに向け
ていれば回転させる必要はありませんから、自分が見たいからと言う
事で回転させるなら、それは我儘と言う事ですからイチゴの事を考え
るなら、回転させないで向きを南向きに一定させるべきですね。

それと使用されている鉢ですが、もしかして素材は素焼き鉢ではあり
ませんか。だとしたら上記に書いた方法では難しいかも知れません。
素焼き鉢は用土の乾きが早くなる事が特徴で、用土に与えた水も鉢が
吸ってしまい、通常よりは乾きが早くなってしまいます。水は下に落
ちますから、どうしても下に行くにしたがって下の方が乾きが遅くな
ります。つまり上段に浸み込んだ水が中段に浸み込み、中段に浸み込
んだ水が下段に浸み込み、下段は上段より乾きが遅くなってしまうと
言う事です。ややこしいでしょうが納得して頂けるでしょうか。
素焼鉢だとしたら、選択が間違っていてイチゴの栽培には向かなかっ
た事になります。土は乾く事も必要ですが、乾きにくい事は避けるべ
きです。次回からは無理をせず、プランター栽培に切り替えられた方
が楽しめるような気がします。枯れたら収穫は望めませんから、収穫
が望める方法で栽培された方が良いのではと思いますね。
    • good
    • 1

他に考えられる原因としては


冬場の温度管理・温度が原因の可能性もあります。

冬場は地面の方(ポットの下側)がより冷たくなると思うので
寒さが強すぎて下側だけ枯れたという事も考えられると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいちごが枯れてしまいます

いちごが枯れてしまいます。

ホームセンター等でいちごの苗が販売される時期に毎回買っているのですが、どうしても写真のようになってしまい実をならすことができません...
原因としては何が考えられますか?

Aベストアンサー

根が傷んでいるんじゃないかと思います。
原因は、ポットから植え替える時にいじりすぎたか、
根っこにダメージを与える虫(コガネの子とか)が土中にいたか、
水の過不足か、肥料のやりすぎあたりだと思います。

> 水は朝夕とやっていました

この時期に、ですか?
多分、やりすぎだと思いますよ。
いちごは乾燥を嫌うけど、過湿も大嫌いです。
うちは20年前に植えたいちごが世代交代しつつまだ生きているけれども
この時期の水やりは1週間に1回です(東京で一般的な長い園芸用のプランター使用)。
真夏でも、3日に1回くらい(それ以上やるとキノコが生えてしまう・・・)。

もし、中心に新芽が残っているのなら、しばらく放っておいてはどうかと思います。
もうだめかもしれないけれども、焦ってあれこれやると、余計に悪くなるばかりです。

Qイチゴの株分けの方法を教えていただけませんか。?

去年適当に株分けして作りましたが葉は大きくなるのですが、実が付きませんでした。来年はなんとかうまく株分けし成功させたいのですが、株分けの方法について教えていただけませんか。注意する点等についてもお願いします。

Aベストアンサー

皆さんの解答に補足です。

親株は、実を成らした後は子株(ランナー)をのばし
増やす方にエネルギーを使うためよほど勢いの良い株でない限り翌年は使えないのが普通です。
ですから親株のランナーにできた子株を育てるのですが
親株からすぐに出た子株は親の病虫害が感染している事が多いので2~3番目の子株を使います。

何年か同じことを繰り返せますが
勢いがなくなってきた時はウイルスに感染してしまって
いますから新しい苗(ウイルスフリー)を買うしかありません。

イチゴは乾燥に強くありません。
土が乾く前に水遣りを行います。
夏場は直射日光が強く乾燥しやすいので注意が必要です。

Qガーデニングの寄せ植え 終わった後は、、?

寄せ植えに興味があるのですが、一度もやったことがありません。
あれは、一回作ったらワンシーズンとか1年とか、それくらいのものですよね?

観葉植物や花の植木鉢は、結構1年もしないで鉢底いっぱいに根が回って、よく鉢を大きいのに変えたりしているので、
寄せ植えを見ると不思議でしょうがないんです。
たくさんの種類の植物が込み入ってるみたいに見えるので、、。

終わった後、植物どうしが絡まったりして苦労したとか、「寄せ植え その後」みたいなのが知りたいです。

お薦めのサイトなどもあれば、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

寄せ植えやハンギングバスケットが好きで一年を通してよく作っています。

全く手を入れない状態で一年持つ寄せ植えというのはないと思います。
(常緑のリーフだけのものは別ですが)
条件を整えれば半年くらいは持ちますがそれが最長くらいでしょうか。(パンジーやビオラです)

ですので、一年を2~3クールくらいに分けて「その時期に同時に花が咲く」「好む環境が似ている」ということに留意して寄せ植えを作っていくとよいと思います。とかく最初は自分の好きなものばかり、色合いがいいものばかり集めて一つの鉢に合わせてしまいがちですが、結局きれいなのは最初だけ、一種類だけが生き残る寂しい鉢になってしまうという結果に終わります。(爆)

日陰が好きなものと日向が大好きなものは一緒に出来ませんし、乾燥が好きな種類と保湿の必要のある種類は一緒に寄せ植え出来ません。
下でのご回答のように一年通して使える宿根系のもの(大体主役でなくあしらいになる、たいがいの環境に適応できる)に季節ごとの花を植えていくのが理想的ですが、あとで根が回ったりしてそれを引き離したりきれいに植え付けし直すのがなかなか難しいです。
(まあ根が張って困るようなものは植え直しの時に多少手荒く扱っても枯れたりしませんが。爆)
最初はいっそのこと、1クールごとに全とっかえする寄せ植えのほうがいいと思います。枯れる時にはいさぎよく全部枯れてしまうほうがあれこれ悩まなくて済むかも。(爆)

これからの夏はサフィニア(ペチュニア)、ニチニチソウ、マリーゴールド、トレニア、サルビア、アメリカンブルーあたりから始めてみましょう。これらは上手に管理すれば10月くらいまで持ちます。そして次にパンジー、ビオラ、冬知らず、ガーデンシクラメンなどを植え込むと次の5月いっぱいまで持ちます。
自分も基本はこれであとは期間の短い寄せ植えのバリエーションをいくつか組み合わせています。

あまり最初は失敗を恐れないでトライしてみて下さい。(笑)
失敗して初めて掴めるコツというのもありますから。寄せ植えの実例を見たかったら、グーグルあたりからいくらでも検索できます。
「夏」「寄せ植え」「ペチュニア」などの検索語句を入れて探してみて下さい。寄せ植え自慢さんのたくさんの実例を見ることが出来ますよ。(笑)
下はそうやって出してみた一例です。ご参考までに。

参考URL:http://www.geocities.jp/gardeningclubjp/summer.htm

寄せ植えやハンギングバスケットが好きで一年を通してよく作っています。

全く手を入れない状態で一年持つ寄せ植えというのはないと思います。
(常緑のリーフだけのものは別ですが)
条件を整えれば半年くらいは持ちますがそれが最長くらいでしょうか。(パンジーやビオラです)

ですので、一年を2~3クールくらいに分けて「その時期に同時に花が咲く」「好む環境が似ている」ということに留意して寄せ植えを作っていくとよいと思います。とかく最初は自分の好きなものばかり、色合いがいいものばかり...続きを読む

Q家庭菜園の土の消毒について

庭で5坪ほどの家庭菜園をやっています。始めて3年になります。
教えていただきたいことは、土の消毒はどのようにすればいいかということです。
家庭菜園の本などを読むと、熱湯をかけるなど書いてありますが、すべてにかけるにはたいへんな量の熱湯が必要になりますし、ましてや土を入れ替えるということもできそうにありません。
農家の方の農地を見ますと、毎年同じものを作っても連作障害もないようですし、あんなに広い土地をいったいどうやって消毒しているのでしょうか。
よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

 こんにちは。農家ではないですが、庭の中で畳1畳分ぐらいの所に家庭菜園と、畳3畳分ぐらいの所に1年草を植えています。
 何か病気になったとかいうのではない限り、野菜や花を全部抜いてしまった後は、鍬で何回か耕します。晴れた時なんかに土を深く耕して奥の土を日光に当てます。今検索すると天地返しというそうです。↓に写真入で解説が載っています。
http://www.lcv.ne.jp/~kamekame/kamekame_209.htm←私はせいぜい30cmぐらいで、深くても50cm未満で済ましてます。
http://kgarden.hp.infoseek.co.jp/garden/soil.html←その他土作りの方法も載ってます。 
 私は3日ぐらい繰り返して、その後苦土石灰や腐葉土などの有機肥料を梳き込んでます。これで何年もやっていますが、特にトラブルもなく順調に野菜や草花が育っていますので、大丈夫だと思います。
 連作障害はオクラ等のナス科の野菜や豆類に特に多いようです。一度オクラ→大根→オクラ(大根を挟んでいるし、1年過ぎています)とやってみた所、オクラが全然育ちませんでした。2年ぐらいは置いた方が良いと園芸店の人に言われたので、オクラは控えてます。園芸ノートを作って畑の見取り図を書いておくと、次に何を植えるかという時に便利ですよ。
http://www.h6.dion.ne.jp/~sa3270/YA-rensaku.htm→連作障害についてです。
 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。農家ではないですが、庭の中で畳1畳分ぐらいの所に家庭菜園と、畳3畳分ぐらいの所に1年草を植えています。
 何か病気になったとかいうのではない限り、野菜や花を全部抜いてしまった後は、鍬で何回か耕します。晴れた時なんかに土を深く耕して奥の土を日光に当てます。今検索すると天地返しというそうです。↓に写真入で解説が載っています。
http://www.lcv.ne.jp/~kamekame/kamekame_209.htm←私はせいぜい30cmぐらいで、深くても50cm未満で済ましてます。
http://kgarden.hp.infoseek.c...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q四季なりいちご、おいしいのはどれでしょうか

四季なりいちご、おいしいのはどれでしょうか

四季なりいちごを栽培してみたいと思っています。
色々な品種があるようですが、多少手がかかってもおいしいのが良いです。
おすすめがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>やっぱり四季なりはそれなりの味しかしないのでしょうか…。

はっきり言って、四季成りの品種で一季成りのものを凌駕する品種があれば、その品種が市場を席巻するでしょうね・・・
それなりの味と思われたほうがよろしいかと・・・・
「なつあかり」(文章を見直したら打ち間違えでした。)が手に入るのなら、一番無難だと思います。
参考:「いちごなページ」
http://www.geocities.jp/higasyan/index.html
なつあかり
http://trg.affrc.go.jp/v-museum/cutedge/cut-h07.html

基本的に花が咲いて赤くなる時期が長いほどイチゴの食味は良くなります。
(味の旬といわれるのは1月下旬の花が咲いてから収穫まで45日ぐらいかかる時期のものです。)

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qハダニの駆除

アイビーを育てているのですが、ハダニが沢山発生して困っています。
葉水をして駆除を行ったりしてますが、2日くらいでまた発生してしまいます。
オルトランを撒いていますが、それでも出てきます。
ちょっと油断してハダニがつくとたちまち弱ってしまいます(涙)
根絶させるにはどうしたら良いか、アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

葉水とは湿度を高めて乾燥から守るために行う作業の一つで、葉水では
ハダニは絶対に駆除は出来ません。病害虫の発生原因の多くが湿度不足
で、特に夏場や冬場はどうしても湿度が不足して空気が乾燥してしまい
ます。葉水をしたからと病害虫が発生しなくなる事はありませんが、葉
水をするとしないでは発生率は大きく違ってきます。
と言う事ですから、葉水では害虫は駆除が不可能と言う事が理解して貰
えるでしょうか。

次にオルトランには液剤、粒剤、水和剤、オルトランS等の種類があり
ますが、害虫によって選ばないと全く効かない事もあります。
オルトランは万能薬ではありませんから、何にでも効くと思ったら間違
いです。例えばカイガラムシにはオルトラン水和剤しか効きませんし、
コガネムシにはオルトラン水和剤と粒剤しか効きません。カイガラムシ
にオルトラン粒剤を使用しても絶対に効きません。
ちなみに申しますが、それぞれのオルトランではハダニを駆除する事は
出来ません。その証拠にオルトランを使用したのにハダニは駆除出来て
いませんよね。害虫に全く効き目が無いのに使用すると、植物が薬害を
起こして枯れる事もあります。これからはハダニに有効な薬剤を使用さ
れるようにして下さい。

ハダニに有効な薬剤はベニカグリーンVスプレー、パイベニカ、ベニカ
マイルドスプレー、テルスタースプレー、マラソン乳剤、スミチオン乳
剤、アクテリック乳剤などです。

薬剤散布は1回だけでは効きません。1週間置きに2~3回繰り返して
使用し、それでも効果が出ない時は最後に薬剤散布をした日より10日
間置いてから別のハダニに有効な薬剤を使用します。
薬剤散布は必ず屋外で行い、ゴム手袋とマスクは着用して下さい。薬剤
が乾けば室内に入れて構いません。
薬剤は毒ですから、人体に吸い込むと命に危険を伴います。決められた
事は必ず守るようにして下さい。

葉水とは湿度を高めて乾燥から守るために行う作業の一つで、葉水では
ハダニは絶対に駆除は出来ません。病害虫の発生原因の多くが湿度不足
で、特に夏場や冬場はどうしても湿度が不足して空気が乾燥してしまい
ます。葉水をしたからと病害虫が発生しなくなる事はありませんが、葉
水をするとしないでは発生率は大きく違ってきます。
と言う事ですから、葉水では害虫は駆除が不可能と言う事が理解して貰
えるでしょうか。

次にオルトランには液剤、粒剤、水和剤、オルトランS等の種類があり
ますが、害虫によって...続きを読む

Q寒天とゼラチンの違いを教えて下さい

レシピによって寒天を使用したりゼラチンを使用したり…。
書いてある物と逆の物を有り合わせで使ってはいけないのでしょうか?
まだ試した事はないのですが、どっちでも同じ固まるのには変わりない…そう思うのは私だけ??

Aベストアンサー

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓子にという用途が考えられます。
ゼリー代わりに、「寒天」を使う位は問題ないかと思います。
ゼラチンの代用品としては「アガー」というものがあります。
食材専門店、業務用食材を扱う卸店などで購入できます。
よくケーキなどにフルーツが飾られている時その上にゼリー状のものがコ-ティングされていることがあるかと思います。それは「アガー」」を使っています
アガーは植物由来の増粘多糖類で、ゼラチンよりも凝固力が緩いです。
寒天の代用品としては、杏仁(アンズの種の仁)の粉などがあります。これは字からおわかりのように、杏仁豆腐の原料です。本格的な飲茶の杏仁豆腐ではこれを使っています。(逆に寒天での杏仁豆腐は「代用」ともいえます)ただし、杏仁粉は高価ですし、どちらかというと漢方薬として使われることが多いです。

以上のような違いがありますので、ご参考下されば幸いです。

寒天とゼラチンの違いというと、原料が植物と動物由来ということです。
寒天は「天草」という海草を煮たものを漉して棒状に固め、それを寒干ししたもの。
ゼラチンは豚などの動物性コラーゲンを精製したもの。(鯨や牛由来の物もあるが、現在はほとんどが豚由来原料)
食感も違います。寒天は「かっちり」固まるので歯ざわりがありますが、ゼラチンは「プリプリ」としているので喉越しが良いです。
寒天は、あんみつ、フルーツポンチ、水羊羹、牛乳かんなどの和菓子に、ゼラチンはゼリー、ババロアなどの洋菓...続きを読む

Qラズベリーの育て方を教えて下さい。

お菓子をよく焼くものですから、(東北では生のラズベリーは手に入らないので)らズベリーの苗を園芸店で見かけたときに5つほど衝動買いしてしまいました。
かったはいいものの育て方も分からずどうしようか・・。と悩んでしまいました。
どなたか初歩からお教えいただけないでしょうか?
プランターで育てます。環境は東北南部、雪はそれほど降りませんが、
冬は風が強く吹きます。南向きのベランダで育てたいと思っています。

Aベストアンサー

我が家でも、ラズベリー2種、ブラックベリー、ブルーベリーなどを、鉢で栽培しています。
ラズベリーは、つる性のものと、木立ち性のものと2種類あります。
どちらも、2~3年後には、かなり大株になりますので、プランターでは、ちょっときびしいかも。
できれば、深型プランターに1~2本植えか、大鉢に植えられたほうがいいですね。
(ちなみに、うちでは、ゴミバケツのような大きさの12~15号プラ鉢に、1株ずつ植えています。)
つる性のものは、支柱が必要です。ベランダのフェンスに這わせてもいいと思います。
木立性のものでも、アサガオの支柱のような輪っか型の支柱を立ててやれば、整枝がやりやすいです。
土は、水はけのよいものでしたら、OKかと。(赤玉土(小~中粒)6に、堆肥または、完熟腐葉土4、有機配合肥料やマグアンプなどの緩効性肥料を加えると、完璧ですね。)

これからの時期、どんどん新枝が伸びてくるので、支柱に誘引してやります。
先端を切っておくと、来年、実をつける枝になるわき芽がたくさんでてきますよ。
今、先端につぼみがついている場合は、実を収穫してから切ってもOKです。
この枝が2~3年たって古くなってくるころには、地際から、新しいシュート(新枝)が出てきますので、これを伸ばして、古い枝は切ってしまって更新させてやるといいですよ。
シュートが出てすぐの春先には、株分けもできます。

ラズベリー類は、伸びた枝の先と、その下数節に、実をつけます。
ですから、枝が伸びてうっとうしくなっても、春~夏にかけては、切ってしまうと実がつきませんので、注意です。

秋になって落葉しだすと、弱い枝や、枯れ枝を整理して、あとは、戸外に置きっぱなしです。
うちでは、寒風のなかでも、ほったらかしですよ~。
枯れたようになっても、春になれば必ず、新芽が出てきます。

あ、肥料は、我が家では、冬場に寒肥として緩効性肥料を鉢の縁に少々、あとは、生育中に気が向いたら、即効性肥料を与える感じですが、実はいっぱいつきますね。
受粉してくれる虫が多いからでしょうか。(^^ゞ
虫が少ないときは、小筆の先などで、人が受粉してやればOKですよ。

たくさん収穫できるようになるといいですね。(^^)

我が家でも、ラズベリー2種、ブラックベリー、ブルーベリーなどを、鉢で栽培しています。
ラズベリーは、つる性のものと、木立ち性のものと2種類あります。
どちらも、2~3年後には、かなり大株になりますので、プランターでは、ちょっときびしいかも。
できれば、深型プランターに1~2本植えか、大鉢に植えられたほうがいいですね。
(ちなみに、うちでは、ゴミバケツのような大きさの12~15号プラ鉢に、1株ずつ植えています。)
つる性のものは、支柱が必要です。ベランダのフェンスに這わせてもい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報