津波災害により多数の人が溺死しております。

津波対策として高台に逃げるのが第一ですが、溺死を避けるために救命胴衣を着ていれば何%かの人が助かったと思いますが、なぜ津波対策グッズに救命胴衣が無いのでしょうか?

もちろん津波の波頭を直接受け、全身打撲で被害を受ける人は防げないとは思いますが、そのような被害者は少ないのではないかと思うのですが・・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

3/11地震津波による被害の大きさにショックを受けました。

私は埼玉なので、大丈夫でしたが。

命を守るためにあらゆる方法を考え日々を過ごしています。

津波対策として第一のものは、皆さんご指摘のように、高台に逃げることだと思います。
しかし、その第一のものが不可能な場合、例えば、高台が離れているとか、足が不自由ですぐに逃げられない等、別の第二、第三の対策を考慮しておくことは、少しでもいのちを救うために、考慮しておくことがふさわしいと思います。

以下、私が、考えた津波対策案です。

・救命胴衣、またそれと同じような、浮力のある救命具。
・浮く車。
・浮く家。
・浮く避難所。
・一時退避シェルター。家やお店に設置。
・海岸線に対し水平ではなくて垂直に向く避難退避高台15~20m。
・既存の4~5階以上のビルに避難所設置。
などなど

それぞれ、一長一短があります。安くても効果があまり期待できないとか。
コストがかかり過ぎるとか。

すでに、同じようなものを設置している自治体もあるようす。
上記の中で、一般の人が手ごろに準備できるのは、救命胴衣だと思います。

もちろん、高台に逃げることが一番のことなのでしょうが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

高台に逃げるのが一番なのですが、逃げる途中でこけて津波にのまれるかも知れません。

今回の災害のように気温が低い状態でしたので、全ての人が上着も着ず逃げたとは考えられません。

そこで簡単に着れる救命胴衣を用意し、普段から着る練習をしておけば逃げながらでも着られると思います。

また津波は泥水のようですから、装着が簡単で泥水でも呼吸できる物が必要ですね。開発は難しいと思いますが。

お礼日時:2011/05/02 01:31

0mを越す津波をまともに受け波の強い力で叩きつけられたり津波本体ではなく崩壊してきた建物等に巻き込まれた被害者も当然いらしゃいますが、その場合の第一の死因は溺死ではないと思います。



現実に流された家に乗ってあるいは捕まって漂流した人や犬が助けられていますし、津波で流された牛が自力で泳いで陸にあがり助かったという話を聞いております。

また某所で被災者の検死報告で、損傷の少ない遺体が多かったと知りましたので、全てとは言いません被害者の何%かが救命胴衣があれば助かったのではないかと考えました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

次回は削除されない回答をお願いいたします。

お礼日時:2011/04/13 19:56

>もうだめだと思った時に、10%の生存確率に賭けて見る。


>・・・と言う考え方は許されないのですかね。

 個人で考えて行うのは自由ですが
津波対策グッズとして救命胴衣を販売するには・・・・

 <個人用携帯シェルター>的なモノが開発でもされれば
救命胴衣より断然 生存確率と思いますよ
夢のような品物ですけどね~
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>津波対策グッズとして救命胴衣を販売するには・・・・

この辺りがネックになりそうですね。

例えば波浪対策をした救命胴衣として販売し、流用することになりそうですね。

いわば効能を表示できる薬品ではなく、サプリとか健康食品と同じような扱いとなるでしょうか。

><個人用携帯シェルター>的なモノ

私も「カプセル型シェルター」を考えました。

しかし、これでは確実に助かる高台に逃げることを最初から放棄することになりますので却下しました。

夢のような品物ですと・・・竹コプターでしょうか?
今は実現するはずは無いと思っていますが。

お礼日時:2011/04/10 02:19

救命胴衣を着用して津波に流される実験は、たぶん誰もやっていないと思うので科学的なデータは無いと思います。


単に水の勢いだけを検証したものはありますが、実際の津波は車や船、家屋の残骸が流されてくるので、実験できないでしょう。

ただ、津波に遭った場合にライフジャケットを着用していた場合と着用していない場合なら、着用していた方が生存の可能性は上がるでしょう。
溺死、全身打撲、低体温症など津波による死因はいろいろありますので圧倒的に有利だとは言えませんが。

では何故、津波対策グッズに救命胴衣が無いのか。

高台に逃げるのが第一だとの教えが定着しているからでしょうね。
学校などでは、児童らが全員救命胴衣を着用するのを教師が確認して、、、なんてやっていると逃げ遅れるケースが続出すると思います。

仮に避難訓練ではスムーズに避難できても、本番ではどうでしょう。

すぐそこまで津波が迫っていて、屋上に退避すれば助かるようなケースではやはり逃げるのが一番です。

一方、近くに高台が無いケースも考えられます。

車で避難しようにも渋滞で前にも後ろにも行けなくなって、津波にのまれるショッキングな映像もありましたが、こういう場合に救命胴衣を常備して着用していれば、少なくとも着用していないよりは生存率は上がるでしょう。

また、想定されたレベルを超えた津波だったことも一因でしょうね。
避難指定された場所で被災された方もたくさんいるので。

結局は自己責任で、と言うことになるのでしょうか。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>科学的なデータは無いと思います。
データは有りませんか

津波フロントの圧力を受けた被災者ではなく90%を占める溺死者が救命胴衣を着けていたら・・・と思います。釣り船などでは危険予防のために救命胴衣を着るのが常識ですから。

津波用には素早く着用でき、圧力にも強い救命胴衣が必要ですね。

そして津波の水は泥水ですので、救命胴衣とは別にその対策も必要ですね。

お礼日時:2011/05/02 01:11

>感情的な回答ではなく科学的な回答を希望します。



 感情的に答えてません
また、科学的な回答とありますが
確率が低い救命胴衣を着けている時間
高台に逃げた方が余程 生存率が上がります。

そもそも津波は、海底の泥を含んでいますので
救命胴衣では浮く事は容易ではなく
加えて強い流れの中で溺死してしまう
確率がかなり高いです。

 助かる確率が非常に低い方法で
「津波対策としての救命胴衣」を売って
救命胴衣を着ていたのに多くの方が亡くなれば
批判が殺到するでしょうね

 そこまでのリスクを犯して
「津波対策グッツとして救命胴衣」を売るとは思えません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

>助かる確率が非常に低い方法で

質問が言葉足らずでしたね。申し訳有りません。

第一に高台に逃げるのが最善です。
しかし逃げる途中に津波に追いつかれてしまった場合、もう駄目だという時点で少しでも生存率を上げるには救命胴衣は有効では無いのかなと思った次第です。

確かに、釣り用の救命胴衣は浮きに発泡スチロールを使っていますので浮力は足りるのか?と思いますし、ゴム製だと瓦礫などに当たってパンクする可能性も考えられますので改善する必要性は大のように思います。

なお浮力はアルキメデスの原理により、排除した水と同じだけの浮力が得られますので、普通の海水よりも大量の塩分が有り真水が少ない死海や泥水では普通の海水よりも浮力が大きくなります。

ただ泥水には粘性抵抗がありますので、仰るとおりにこれによって泥水に体を取られる可能性が有ります。

>強い流れの中で溺死してしまう確率がかなり高いです
この確率がどれくらいなのか知りたいのです。
人間を含め生物を実験台には出来ませんが、どこかで実験してもらえると有り難いですね。

逆に生存率10%以上となるので有れば万が一のため救命胴衣を着用して高台に登っても(走って逃げながら救命胴衣を着ても)良いかなと思っています。

繰り返しになりますが、もうだめだと思った時に、10%の生存確率に賭けて見る。・・・と言う考え方は許されないのですかね。

お礼日時:2011/04/09 20:40

救命胴衣は河や湖、海など水の中に落ちた時に溺れないようにするもので、


津波のような巨大な波をかぶっての効果は期待できないからではないでしょうか。

逆に着膨れして瓦礫の隙間に挟まって逃げられないというケースも考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

当然、仰るような状況は既に考えております。

問題は、救命胴衣を着用していれば、少しでも生存確率が上がるのであれば着用しても良いのでは無いかと考えました。
100%生存は期待しておりません。

既存の救命胴衣が不備であれば災害用に開発はできないのかとも考えます。

救命胴衣を着用すると危険性が増し有害であると言う実験結果が有れば直ちに納得するのですが・・・

お礼日時:2011/04/09 19:18

>なぜ津波対策グッズに救命胴衣が無いのでしょうか?



 救命胴衣を着けて
雨で増水した流れの激しい
渓谷の川に飛び込めばわかります。

>全身打撲で被害を受ける人は防げないとは思いますが、
>そのような被害者は少ないのではないかと思うのですが・・・・

 確か 遺体の損傷が激しいという記事を見たのですが・・・
http://www.news-postseven.com/archives/20110409_ …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

どの様に津波被害にあったか人それぞれだと思います。

10mを越す津波をまともに受け波の強い力で叩きつけられたり津波本体ではなく崩壊してきた建物等に巻き込まれた被害者も当然いらしゃいますが、その場合の第一の死因は溺死ではないと思います。

現実に流された家に乗ってあるいは捕まって漂流した人や犬が助けられていますし、津波で流された牛が自力で泳いで陸にあがり助かったという話を聞いております。

また某所で被災者の検死報告で、損傷の少ない遺体が多かったと知りましたので、全てとは言いません被害者の何%かが救命胴衣があれば助かったのではないかと考えました。

救命胴衣を着ていたことによる死亡率と生存率、救命胴衣を着てい無い場合の死亡率と生存率を比べないと分かりませんが、救命胴衣を着ていたことに起因する危険が少なく、多少でも生存率が上がるのならば着用しても良いのではないかと思います。

また既存の救命胴衣の効果が少ないのであれば、効果が期待できる救命胴衣を開発できる可能性がないかと考えます。

感情的な回答ではなく科学的な回答を希望します。

お礼日時:2011/04/09 19:06

まったくとまでは言いませんが、効果が期待できないからです。



失礼ながら質問者さんは津波を流れるプールくらいに考えていませんか?
実際の津波は時速40kmくらいの勢いで当たり一面を高さ十数mで襲ってくるのです。
この圧倒的な水の「量」の前では、救命胴衣を着けていても浮かぶことは期待できず、ただただ流されるだけで、その間に溺死する恐れが非常に高いです。
救命胴衣を着けて助かるのはもう奇跡的な確率です。

ましてや普段から救命胴衣をつけて生活する人はいませんから、わざわざ探し出して身に着けるなどしていれば、もう逃げることもできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>実際の津波は時速40kmくらいの勢いで当たり一面を高さ十数mで襲ってくるのです。

どの様な条件で津波被害にあったか人それぞれだと思います。

仰るとおりであれば、漂流して助かった人は存在するはずは有りませんね。

また津波にさらわれたが泳いで陸に上がってきた牛も居るはずがありませんね。牛はうろ覚えですが54頭?さらわれて24頭?戻ってきたそうですから、救命胴衣の効果は有りそうに考えます。

>救命胴衣を着けて助かるのはもう奇跡的な確率です。
この確率を知りたいのです。
想像ではなく実験の結果など、御存知であればお知らせ戴ければ嬉しいです。

救命胴衣の着用に依る危険が少なく、少しでも生存率が上がるのならば着用しても良いと考えました。

既存の救命胴衣の効果が少ないのならば津波対応の救命胴衣を開発できないのかと思います。

>わざわざ探し出して身に着ける
常に用意して緊急時に直ちに使えるのが防災グッズなのではないでしょうか?

探し出す必要がある物は、防災グッズと呼べないのではないでしょうか。

感情的な回答ではなく科学的な回答を希望します。

お礼日時:2011/04/09 19:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q津波映像の用意周到さ

津波の映像を、なぜあんなにもしっかりと撮ることが
できるのですか?

おそらくプロのカメラマンですよね?

たまたまプロがいて、たまたま近くにヘリがあって、
というのは不自然です。

事前に知ってたのでしょうか?

しかも、映像とる準備するなら、現地の人に津波を
知らせることをする方がいいのでは?

映像を撮ったのは何者で、どういった過程でこの映像
を取ったのか不思議です。

http://www.youtube.com/watch?v=yqtZuggb4nU

Aベストアンサー

これはNHKのカメラです

津波は地震の規模で予想されますから 当然ヘリの出動も考えられます。

確かに映像が素早く放映されたことには敬服します。

阪神大震災のあの時の火災の状況などについては
午前5時46分に発生して
全貌がつかめたのはその日の夕方ころです

長田地区の火災の件について言えば、その日の午後になって
とある国会議員が直接国会に電話して初めて状況を政府が知り得たような状態でした。
自衛隊の要請などのシステムもありませんでしたし、第一通信手段もほとんど全滅でしたから・・・。

それからすれば多くを学習した今回の地震に対する対応は当然だと思います。

あの13年前の状況と今とではそれだけの差異が有って当り前です。

Q東日本大震災で津波被害のあった距離は?

東日本大震災から2年を迎え、改めて防災について家族で話し合いをしています。
我が家は海から数キロ離れたマンションなんですが、大津波警報が来たら逃げるべきか悩みます。
東日本大震災で海岸から何キロ地点で津波被害があったか、観測結果などが見れるホームページなどは存在しますか?

Aベストアンサー

東日本大震災のことを調べるのも非常に重要ですが、
海岸から何キロ内陸まで浸水するかは、それぞれの地形によってまったく変わってきます。
たとえば、震災で仙台市では何キロまで浸水したと分かっても、
それで南海地震時の高知市での浸水域を考えるための参考にはなりません。

沿岸部の自治体は、津波ハザードマップを出しています。
多くの場合、浸水域(想定される最大地震の際に、どの範囲まで津波によって浸水するか)が地図上に示されています。
あわせて、浸水高も色分けで示されていることが多いです。
たとえばマンションの3階にお住まいなら、浸水高1メートルなら、家でじっとしていれば大丈夫だろうと判断できるわけです。

たとえば南海トラフの巨大地震だと、以下のサイトが参考になります。
http://www.bousai.go.jp/nankaitrough_info.html
また、この結果をもとに、多くの自治体がより詳細なハザードマップを作成しているか、作成予定です。詳しくは都道府県や市町村にお問い合わせください。


なお、東日本大震災の浸水域については、たとえば以下のサイトがあります。
国土地理院  http://www.gsi.go.jp/kikaku/kikaku60003.html
ほかにも、Googleなどで「東北地方太平洋沖地震 津波 浸水域」で検索してみてください。いろいろなサイトがヒットします。
基本的に、平野部や川の近くでは、海岸から何キロも浸水しているようです。

東日本大震災のことを調べるのも非常に重要ですが、
海岸から何キロ内陸まで浸水するかは、それぞれの地形によってまったく変わってきます。
たとえば、震災で仙台市では何キロまで浸水したと分かっても、
それで南海地震時の高知市での浸水域を考えるための参考にはなりません。

沿岸部の自治体は、津波ハザードマップを出しています。
多くの場合、浸水域(想定される最大地震の際に、どの範囲まで津波によって浸水するか)が地図上に示されています。
あわせて、浸水高も色分けで示されていることが多いです。...続きを読む

Q津波の映像を好んで見る心理

こんにちは。

心理士さんか心理学の勉強をした方にお尋ねいたします。

私は現在心療内科に通院中の者です。
高血圧やめまい、不整脈などで内科に通院中に突然声が出なくなり、
心身症ではないか、と言われ心療内科に転院となりました。

心療内科では病名ははっきり告げられてはいません。
処方されているお薬は、ドグマチール、ソラナックス、リボトリールで、
いずれも1錠の1/8から1/4といったごく少量を、1日1回飲んでいます。

今回ご相談したいのは、夫のことなのですが、
東日本大震災が起きてから、ネットの動画投稿サイトなどで津波の映像を探しては、
何度も繰り返して見ているのです。

私は在宅で仕事をしていますが、
夫が家にいるときにパソコンから流れる人の悲鳴やサイレンなどの音、
また、その動画を「うわあ、すげー! おお~!」などと声を上げながら見ている夫の姿を目にすると、
動悸がしたり、鬱のように気分が悪くなったりして仕事ができなくなります。

そのことを夫に伝え、津波の動画を見るのはやめてほしい、と言いましたが、
一向にやめる様子もなく、
休日などは朝起きてから寝るまで、どこにも外出することもなく、
ほぼ1日中津波の動画を歓声を上げながら見ています。

震災の映像を繰り返し見続けると、PTSDを起こすこともあると注意が呼びかけられていましたが、
それを好んで見続ける、また、私が体調が悪くなるからやめてほしい、と言ってもやめられない、
そんな夫の気持ちが理解できません。

津波の映像を好んで見続ける夫の心理状態を教えていただきたいのですが。

こんにちは。

心理士さんか心理学の勉強をした方にお尋ねいたします。

私は現在心療内科に通院中の者です。
高血圧やめまい、不整脈などで内科に通院中に突然声が出なくなり、
心身症ではないか、と言われ心療内科に転院となりました。

心療内科では病名ははっきり告げられてはいません。
処方されているお薬は、ドグマチール、ソラナックス、リボトリールで、
いずれも1錠の1/8から1/4といったごく少量を、1日1回飲んでいます。

今回ご相談したいのは、夫のことなのですが、
東日本大震災が起きてから、ネ...続きを読む

Aベストアンサー

テレビでの放送は見ていますが
災害を録画して見ようという気は起きないです
しかしこれが普通かどうかはわかりません
人間には喜怒哀楽が有ります
激しい災害を見ながら歓喜の声は一種の喜びの興奮かと思います
ただ単に見たことの無い波の大きさや、家や車の流される状況のみで
反応することがあります
人の死、家の喪失、不幸を考えない立場の人かと思います
心理状態を申せば、小山の大将、要するに子供ですね
こういう人は鬱病にもならないし、風邪も引かないと思います
猫をぼうより皿を引けと言うように
知能の低い人にはあなたの言うことは理解できないことと思います
残念ながら相手にしないことです
いつまでも相手にしているとあなたがノイローゼでやられてしまいます

Q【結局・・・将来に向けての『津波対策』は?】

高台移転案は反対者多く、大防潮堤/大堤防建設はコスト大、景観損ねるからダメとのこと。
結局今何もしなかったら何十年~何千年後にまた同じ悲劇が。。。。
津波対策はいったいどうなると思いますか?津波タワー建設?

Aベストアンサー

喉元過ぎれば厚さを忘れるという言葉のように、今は高台に
移転しても必ず100年後には便利な沿岸部に戻ることでしょう。
また、生活基盤から遠い高台への移転は現実問題として不可能です。
交通事故で10年で5万人の人が亡くなっていますが、車の使用が
やめられるでしょうか?
私が考える災害対策(特に津波)は以下のものです。

(1)避難経路の確保
津波はほとんど到達時間が予測できる災害です。
1分以内に高台に逃げられる経路を事前に確保しておくことです。
コスト0円で実現できます。
大川小学校の悲劇を繰り返してはいけません。

(2)津波タワーの設置
沿岸部ではどうしても逃げられないエリアができます。
建物の被害は避けることができませんが人命は失われてはなりません。
沿岸部には20m以上の津波タワーが必要です。

(3)エアーバブル装置
津波の被害が大きいのはリアス式のV字形の港湾です。
そこの開口部にエアーバブル発生装置を設置するのです。
そうすれば津波の海水にバブルが混ざり、質量が軽くなるので被害が
低減されます。また、波が移動するときにバブルが減っていくので
結果的に波が小さくなります。

(4)防潮堤の形状の工夫
現在多いのは断面が台形の防潮堤です。
これが最も巨大な構造にでき、津波を100%ガードするのには有効だと
考えられました。しかし、今回のように想定を超える津波では住民を
ガードするのには不十分でした。
このような大型の防潮堤よりも、逆傾斜のついた3m程度の防潮堤を
設置する方が効果的でしょう。逆傾斜により、津波の前部のエネルギーが
跳ね返されて逆流となり、後部のエネルギーと中和されてピークの高さが
低くなります。

(5)災害対策船の建造
災害で大きな被害を受けるのはたいていは沿岸部の都市です。
1万tクラスの船に病院施設、淡水化施設、簡易工事基材、備蓄食糧を
積載し、このような船を2~3隻用意しておきます。災害があった時点で
船を被災地に回想すれば二次的に亡くなる人が減らせます。

喉元過ぎれば厚さを忘れるという言葉のように、今は高台に
移転しても必ず100年後には便利な沿岸部に戻ることでしょう。
また、生活基盤から遠い高台への移転は現実問題として不可能です。
交通事故で10年で5万人の人が亡くなっていますが、車の使用が
やめられるでしょうか?
私が考える災害対策(特に津波)は以下のものです。

(1)避難経路の確保
津波はほとんど到達時間が予測できる災害です。
1分以内に高台に逃げられる経路を事前に確保しておくことです。
コスト0円で実現できます。
大川小学校の...続きを読む

Q【閲覧注意】東日本大震災の津波映像 謎の白い影?

東日本大震災の津波映像ですが、10:47秒で画面左の車庫に変なものが写っています。
波っぽいけど動きが変で、左から来て屋根に登っている謎の白い影が見えます。
これはいったい何なんでしょうか?
一度に多くの方が無念の死を遂げられていますから、何が起きても不思議ではないとは思いますが…

動画
http://www.liveleak.com/view?i=268_1376065812

Aベストアンサー

プロパンのガスボンベ。

Q日頃の災害対策について

質問があります!

みさなんは、日頃から地震や水害などの災害に対して、どのような対策などをしていますか?

ぜひ教えていただきたいです。ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

熊本です。
地震くるとは考えてもなかったですし、地震保険の料率も全国最安でした。
水害は、住んでる地域で危険度がわかると思います。
地震は、突然でした。
最低3日分、水と食料があれば、なんとかなると。
一番は、水。
でしたね。

Q津波の瓦礫の撤去が全然 進んでいない映像は

神戸の地震では、他府県ナンバーのダンプカーだけの専用道路みたいに、多くが瓦礫を運んでいました。

最初の二週間は、遺体検索や避難者保護に全力で当たるのは理解できますが、もう一ヶ月過ぎたのにどこに瓦礫を集めて処分をどうするのかが判りません。

どうするつもりでしょうか。

Aベストアンサー

阪神淡路大震災の時は初動こそ遅れましたがその後は政府が仕事しましたし自治体もそれなりに機能しました。
しかし今回の震災は規模も阪神淡路の時と比べて数十倍規模の被害
未だに行方不明者が1万人以上いる状況に加え原発事故が重なって政府はドタバタするだけでまともな仕事が出来ない状態

国が一丸となって震災に立ち向かう為に動こうとしているそんな時に選挙だけは通常通り行うと言う信じられない行動を起こし選挙対策に首相は笑顔で被災地訪問

何やってんだか訳が分かりません。

Q原子力発電所の津波対策と地盤高さ

発電所の津波に対する防波堤(防潮堤)について、設計高の基準は、どのような基準で決められているのでしょうか。
又、原子炉建屋の地盤高さは何を基礎にして設計されているのでしょうか。
1.津波高さ。
2.最高高さの津波が発生する年数(100年に1度発生、150年に1度発生等)。
3.防潮堤の設計基準は、何が根拠でしょうか。
4.防潮堤の耐久性は何年としているのでしょうか。
5.地盤高さの設計根拠
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

「その地域の直近のプレート」が基準です。

だからその基準は原発ごとに異なります。


福島原発だと宮城県沖が最も近いプレートであり、
宮城県沖のプレートは大地震が起きにくいのでM8.0以上の地震は起きないとされていました。
地震の周期は約100年です。

だからチリの巨大地震か宮城県沖のM8.0程度を最も大きい想定として、
1.高さ6m程度(立地は10m)
2.100年に1度

というのが福島原発の基準です。


だからより近い三陸の女川原発ではもっと基準が厳しく、
1.高さ10m程度(立地は約15m)
2.100年に1度

となっています。


大地震が起きるプレートが直近になかったり、
周期が1万年など極端に長い場所の原発ではこれより基準がかなり甘くなっています。


防潮堤はその想定に合わせて建設されます。

Q津波の速度は秒速3,4メートル?

湾に押し寄せる津波の映像を見て、解説者が秒速3,4メートルくらいと
言っておりました。
津波はもっと早いはず(新幹線並み)なのですが、映像で見ても確かにゆっくりと移動しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

海底が深いところでは、数百キロの速度で押し寄せた波は、海底が浅くなるとその抵抗で遅くなります。
さらに、平坦でなめらかな地表である港などではさらに速度が落ちてしまいますが、その水量が建物や地形によって狭い範囲に押し込められると、当然波の高さが増し、さらには次々と後ろから押される水量によって行き場を制限された波は速度を速めます。
ただし、それでも数十キロ程度の早さにしか成りませんが、山際のいきなり深くなる海岸線では猛烈な速度で海岸線に近づき、海底の摩擦で速度が落ちるまもなく陸地に打ち上げますので、その速度と威力は相当な物と成ります。
しかも、地形によって狭められる事と相まって、速度と波の高さは想像を絶する物になるようです。
海岸線の状況によっては、速度は百数十キロで波の高さは数十メートルになる事もあると言われています。

Q私の町の災害対策について

只今大津波警報が発令されていて
避難勧告されているのですが、その避難場所に
仮設トイレも、水も、食糧も何も用意されていなく
只その場所に待機しているだけなのです。
海辺の町でこのような非常事態も事前に予測できるはずなのに
町は何も備蓄などしていなかったのです!
これって大問題ではありませんか?
どうすれば町に危機感をもたせられますか?

Aベストアンサー

災害の際の備えの無いことを、今まで誰も気付かず放置していたという事は、残念ながら、町の大人皆の責任と言えるかと思います。
とはいえ、不安な上、不便を余儀なくされた町の皆様方、お見舞い申し上げますと共に、他地域より何も援助できず申し訳ありません、お詫び申し上げます。

お辛いでしょうが、今は命が何より大事、励ましあい乗り切ってください。

そして、次は無いのが1番ですが、今回を参考に町全体で災害時対策が見直される事を願っております。

…どうか皆様ご無事であられますよう。


人気Q&Aランキング