東日本大震災の被災地では、土の中に住む菌が傷口から感染し、筋肉が痙攣するなどの症状を発し、最悪の場合は死に至るという恐ろしい病気、破傷風に感染する被災者の方が増えているとニュースで報じられていました。
 破傷風、ジフテリア、百日咳の、三種混合ワクチンがあることは、子供の時から知っていましたし、当然私も接種しているものと思っていました。
 ところが、小学校卒業前だったと思いますが、母から、意外なことを聞かされ、愕然としました。
「お前の時は、まだ三種混合はなかった、二種混合だった」
 しかも、この二種混合とは、ジフテリア、百日咳で、肝心の破傷風が抜けているのです。
 ジフテリアは、確かに法定伝染病で、恐ろしい病気ではありますが、日本では、ある時期から以降、患者は発生していないと言われています。百日咳は、まず命に関わる病気ではありません。
 ところが、破傷風は、ケガをすれば誰でも感染する可能性があり、しかも命に関わる恐ろしい病気です。
 さらに、昔のほうが、舗装されていない道路が多かったし、また子供たちも、家の中でゲームなどで遊ぶなどということはなく、外で元気に遊んだもので、今より破傷風感染のリスクはずっと高かったと思います。
 そこで質問ですが
1、なぜ、私の生まれた1960年当時、三種混合ワクチンの接種は実施されていなかったのか。
2、しかも、どうして百日咳など、あまり重要でないワクチンが含まれ、肝心の破傷風が抜けていたのか。
3、三種混合ワクチンは、いつ頃から実施されたのか、また、破傷風が加わった事情(たとえば、大流行したなど)があったのか。
4、私のように、三種混合ワクチンを接種していない者に対し、なぜ何らかのフォロー(たとえば、学校で集団接種を実施するなど)がなされなかったのか。
 質問内容が多くて申し訳ありませんが、当時の事情に詳しい方、一部でもかまいませんから、回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本での破傷風トキソイドの導入はかなり遅れS28年で、その時は単独で任意接種でした。


S33年から一部の地域で三種混合が導入され、全国的にはS48年からです。
ただ、この頃の百日咳ワクチンは副作用があったのでS50年に三種混合が中止になり、昭和56年から副作用の少ない百日咳ワクチンが入った三種混合が始まりました。
感染研が2003年に最初の年代別の破傷風抗体陽性率を、その後、5年毎に発表していますが、今の子供たちは90%以上が抗体陽性で、年代があがるにつれ抗体陽性率は下がりますがそれでも全国的に三種混合ができるようになったS48年以降に生まれた年代は80%近くが陽性です。
しかし、現在、47~52歳の抗体陽性率は25%と極端に低下しており、問題となっています。

高度成長が始まったのがS30くらいからで、その頃はまだ国力がなかったからと思います。それに現在では、破傷風発症者の大部分は30歳以上で、破傷風にかかりやすい職種の方は個別に定期的に接種されていますから集団での追加接種とはなっていないのだろうと思います。ただ、S48年以前に生まれた人はさほど、破傷風になる危険性が多くなくても追加接種を検討されていいかと思います。だいたい、接種してその効果は10年は持ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 お礼が遅くなりすみません。
詳しいご回答、ありがとうございます。
 地域により、差があったということは、初めて知りました。

お礼日時:2011/04/20 20:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • ジフテリアのまとめページ

    ジフテリアとはどんな病気か  ジフテリア菌によって、主に鼻やのどが侵される病気です。三種混合ワクチンの普及によりほとんどみられなくなりました。しかし、心筋炎を合併すると死に至ることもあります。 原因は何か  ジフテリア菌の感染によります。 症状の現れ方  潜伏期間は2〜5日で、感染者の痰やつばから感染します。鼻に感染すると鼻みずなどのかぜ症状が起きます(鼻ジフテリア)。のどに感染すると発熱やのどの痛...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qランサムウェアのメールでの感染経路について

ランサムウェアの感染経路としてメールが多いと聞きました。メールの中でも”添付ファイルを開く”、”添付URLを開く”の2つが主な感染経路だと聞きました。そこで質問なんですがメールを開いた時点で感染する可能性はあるんでしょうか?(メールサーバに問い合わせた時に感染する可能性)
初学者なので分かりやすい説明お願いします。

Aベストアンサー

プレーンテキストのメールとして開く分には感染はありません

また、今話題のランサムウェアの感染経路はメールよりも、ファイル共有の脆弱性を突かれているモノの方が多い筈
この場合は、ネットワークに接続しているだけで危険性はあります

普段から脆弱性に対処する為のパッチなど最新対応していれば防護できますが
管理者が曖昧で放置されたようなサーバーなどはかなり危険です

Q人獣共通感染症や人畜共通感染症について

犬から人へ感染する病気(人獣共通感染症か人畜共通感染症だったと思います。)の中で特に危ない、不治の病や死に至ってしまう病気はいくつくらいあり、それらは何という病気、症状、感染経路ですか?

また、それらの病気は手洗い等で予防できますか?
その手洗いはせっけんを使った方が良いのでしょうか?
いろいろ質問しましたが、気になることだらけなので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 獣医師です。
 犬とヒトの人獣共通感染症をいくつか挙げておきます。

・狂犬病
 狂犬病ウイルスは犬だけではなく全ての哺乳類に感染するので、ヒトへの感染源は犬だけというわけではないのですが、ヒトと最も濃密に接触する動物が犬なので、疫学的には犬が最重要動物となっています。
 感染動物は唾液に大量のウイルスを排泄しているので、噛まれた場合に傷口から感染します。
 発症すれば致死率は100%ですが、潜伏期間が長いため感染後にワクチンによって発症を予防することができます。

 日本では1956年以降発生がありませんが、諸外国では毎年50,000人以上が本病によって死亡している重要な疾病です。
 日本では野犬の捕獲、飼い犬へのワクチネーション、輸入検疫によって侵入防止が図られていますが、検疫は完全ではありませんし最近は飼い犬のワクチン接種率が極端に低下しているので、けっこう危険な状態と言われています。

 狂犬病に関しては町の動物病院では検査できません。診断は基本的に脳の病理組織所見によるので、犬が生きている間はできませんし、唾液からウイルスを分離またはウイルス遺伝子を検出することも可能ですが、唾液を採取するのもそれを検査するのも"命がけ"の仕事になります。バイオセーフティレベルも3ですから、狂犬病のウイルス検査ができる機関は都道府県にほとんどないでしょうし、あっても普通の依頼検査は受けてくれません。
 基本的には犬の検査はせず、犬に咬まれたらワクチン咬まれた人の方にワクチンを接種する、という防御方法しかないでしょう。

・ブルセラ病
 持続的あるいは間欠的な発熱、倦怠感、衰弱などの臨床症状が見られる疾患です。致死率はたいしたことはなかったと記憶していますが。不顕性感染も多く、抗体検査で初めて感染が判ることも多い疾患です。
 動物の排泄物や分泌物に病原菌が含まれるため、牛のブルセラ病は公衆衛生上重要な疾病ですが、日本ではほぼ清浄化された状態です(数年に1頭くらいの割合で出たりしますが)。
 ただ、犬のブルセラはまだけっこう出ています。昨年の大阪で犬のブリーダーが飼育していた約260匹の犬の内118匹が感染していたという事件は記憶に新しいところです。
 家畜伝染病予防法という法律では、牛や山羊などの家畜に関しては抗体検査で陽性となったものを殺処分すると決められていますが、もちろん犬に対してはこの法律の効力がありません。犬に対する投薬を続けながら飼うということになるでしょう。
 検査は抗体検査が最も容易だと思います。犬の抗体検査をどこで実施しているのかは私は知りませんが、動物病院に頼めば外注になるかも知れませんがやってくれるとは思います。
 これも菌分離等の病原学的検査は、バイオセーフティ3以上の施設が必要なため、各都道府県の衛生研究所などでしかできないでしょうし、依頼検査は受けてくれないと思います。

 他にはレプトスピラ、エルシニア・エンテロコリティカ感染症、犬回虫、パスツレラなどいろいろあります。ありすぎて書ききれません。
 なんせ日本で発生が見られる人獣共通感染症だけで100種くらいはあるといわれていますから。
 むろん、そのほとんどが軽微であまり問題にならない程度の疾患なのですが、その中で比較的重度になりやすいものが、ここで挙げたいくつかの疾患でしょうか。他にもまだまだありそうですが。

 犬の検査については、100種もありますから動物病院に行って「何と何の検査をしてくれ」と言わないともちろん難しいでしょう。ヒトだって「何か感染症にかかってないか検査してくれ」なんて医者に行っても相手にされないでしょうし。
 また、当然のことですが「人獣共通感染症」でヒトに重篤な疾患を招くものは、検査をすることが従事者に多大な危険を招くので、それなりの施設でなければ検査できません。それはヒトの方も事情は同じです。
 ですからこれらの疾病については、きちんとした高精度な検査は日常的にはできないものも多々あります。抗体検査でスクリーニングするくらいのことしかできないでしょう。

 予防については、手洗いなどの日常的な注意で予防できるものも数多くあります。できないものも多いですが・・・
 他には犬に口移しでものを食べさせたり同じ布団で寝るような濃密な接触は避けた方が良いことは確かです。そのあたりはそれぞれの価値観ですので、私はあまり気にしませんが。

 最後に人獣共通感染症について勉強できるサイトを紹介しておきます。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/douso/kansen/index.html
 東京都保健局のページで、情報量は極端に少ないですがとりあえずどんな病気があるのかくらいは概ね掴めます。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/ProfYamauchi.html
 東大名誉教授の山内先生の講演集で、BSEなど一部の疾病に話が偏っている感はありますが、それぞれはとても詳しいですし読み物としても面白いです。ただ、テキスト量は膨大です。

 獣医師です。
 犬とヒトの人獣共通感染症をいくつか挙げておきます。

・狂犬病
 狂犬病ウイルスは犬だけではなく全ての哺乳類に感染するので、ヒトへの感染源は犬だけというわけではないのですが、ヒトと最も濃密に接触する動物が犬なので、疫学的には犬が最重要動物となっています。
 感染動物は唾液に大量のウイルスを排泄しているので、噛まれた場合に傷口から感染します。
 発症すれば致死率は100%ですが、潜伏期間が長いため感染後にワクチンによって発症を予防することができます。

 日本...続きを読む

Q手足のしびれ

以前、手足のしびれについて質問したものです
あのあと整形外科に行って
レントゲン等を受け、湿布と塗り薬をいただきましたが
相変わらず手足のしびれ、最近では鼠径部のリンパの腫れや頻尿も気になってきました
血液検査の結果では糖尿は無いようですが
別の病気なのかと心配です、内科と整形外科以外なら、どこの病院に行くべきでしょうか。

Aベストアンサー

お近くに大きな病院はありますか? そこに「総合診療科」が有ればいいんですが。

まだ普及段階ですが 内科・外科・精神科単独では診察できない病気の場合は

「総合診療科」で様々な角度から 問診・検査をおこない 病気の原因を突き止めます。

お近くに無いかどうか 電話で良いので大きな病院に問い合わせてみて下さいね。

     原因が早く解り 回復される事を 願っております。

Q子供の頃に破傷風の予防接種を受けていません

記憶がうろ覚えで申し訳ないのですが、私は1983年生まれで小学生の頃に破傷風の予防接種を無料で受けられる時期がありました。
しかし私はそれを申し込まず受けていません。それがずっと気がかりになっているのですが、それを大人になってから受ける事はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

予防接種法による無償接種は無理ですが、任意に有償接種を受ける事は可能です。
一度掛かり付けのお医者さんに相談し予約されるようお勧め致します。
予約制の理由として成人用の接種キットが約10人分を1瓶に入れている場合が非常に多い為、人数分使い切るには同時に接種するのが一番だからです。

Q胃下垂は病院の何科で見てもらえるでしょうか?

胃下垂は病院の何科で見てもらえるでしょうか?
胃下垂は治療が必要な病気ではないということも聞きますが、苦しいので診てもらいたいです。
X線などで診てもらうらしいのですが病院だと何科ですか?
近くに消化器科はありません。内科ですか外科ですか?

Aベストアンサー

昔は胃下垂は病気と言われていましたが今は病気とみなされていないと思います。胃下垂の人はやせていたり食欲が無い場合が多いです。X線で確かめたいなら外科、食欲の出る薬をもらいたいなら内科でも良いです。私も長い間苦労しましたがセレキノンとかナウゼリンのように胃の運動を良くする薬を飲んだら体重も増え今は快調です。

Q被災後、ずっと喉が詰まった状態です

代理投稿です。
友達が、この度の震災で被災しました。
現在は、避難所を出て、県外にアパートを借り2歳の子どもと一緒に暮らしています。
旦那さんは、仕事で被災地近くに戻っています。

その友達のことなのですが、震災から数日後、アパートに移った途端、声が枯れて出にくくなりました。
熱や他の風邪症状はなかったそうです。
なので、疲れがでたのかなと思って様子をみたそうです。

一週間ほどで、声はだいたい出るようになったと思ったところで、今度は38度超の熱が2日ほど出たそうです。
その時は、頼れる人のいない避難先のため、子どもを預けられないし、一人で子どもをみているので寝込むわけにはいかないと、市販の解熱剤で抑えて乗り切ったそうです。(子どもにはうつらなかったそうです)

熱は2日ほどで出なくなったそうですが、力がかかるような咳が治らなかったそうです。
一週間ほどして、旦那さんが来たので、病院に行き、咳止めを処方されました。

その後、咳もだいぶ良くなりはしたようなのですが、喉の詰まりが続き、1ヶ月が経ちました。
間にもう一度、病院に行ったらしいですが、特段異常はなかったそうです。

このまま、様子をみるしかないでしょうか?
もしかして、ストレス性のものでしょうか?
その場合は、通院は必要ですか?
生活が落ち着けば治るでしょう?

代理投稿です。
友達が、この度の震災で被災しました。
現在は、避難所を出て、県外にアパートを借り2歳の子どもと一緒に暮らしています。
旦那さんは、仕事で被災地近くに戻っています。

その友達のことなのですが、震災から数日後、アパートに移った途端、声が枯れて出にくくなりました。
熱や他の風邪症状はなかったそうです。
なので、疲れがでたのかなと思って様子をみたそうです。

一週間ほどで、声はだいたい出るようになったと思ったところで、今度は38度超の熱が2日ほど出たそうです。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

断言はできませんが、ストレス性のものもありえると思います。

今回の地震
なれない避難生活
旦那さんがいない不安
育児

可能性をあげればきりがありませんが、精神科を受けてみるのも一つの手ではないでしょうか?

Q破傷風の注射は、1回でも大丈夫か

2週間ほど前に犬に噛まれて、病院で破傷風の注射を打ちましたが、一回でも大丈夫ですか?
破傷風は、初期症状としてどのような症状があるのですか?
もしこような症状が出たら病院へ行ったほうがいいということがありました教えてください?
何日も経ってから出てくることがあるそうなのでとても心配しています。

Aベストアンサー

子供の時に三種混合を接種していれば一回です。潜伏期間は3週間はあるので、あと一週間は可能性がありますが、子供の時の接種がちゃんとしてれば大丈夫でしょう。
初期症状は口が開きにくい、首を横に振れないなどです。

Q子供が寝入る時に痙攣するんですが、これは成長過程などであるものでしょうか?

一昨日より、3歳半の子供が、眠りにつく時に、呼吸をするたびに、ピクン!って一度痙攣のように動き、本人は、そのまま寝ようとしているんですが、呼吸するごとに一度またピクンとするのが気になっています。
完全に眠りにつくと止まるんですが、何度も繰り返し寝付けず泣いてしまうこともあります。
これは、疲れ過ぎや成長過程であることでしょうか?
脳波の検査が必要かどうかなど、頭をかかえています。
どなたか何か思いあたることがあり、教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1さんの言う通り、落下感でしょうかね。
普通は脳が寝ると同時に体も眠るのですが、
体が眠る前に脳だけが寝てしまうとよくそうなるようですね。
これとは逆に、脳が眠る前に体が眠ってしまうといわゆる『金縛り』の状態になります。
金縛りで良く聞く話が変な人が見えただとか、変な声が聞こえた、と言いますが、脳が寝てしまって体が動いているので、自分が考えている事が全て現実に起こっているように思えてしまうのです。

多分その逆であるその現象は、脳が寝てしまっているので覚えてないのでしょう。夢遊病の亜種、と言ったところになるんでしょうかね?

Q画像の症状が出たのですが・・・

画像が見づらいかもしれませんが、おとといから左親指に画像のような水ぶくれができてしま今した。皮膚科に行きたいのですが、盆休みでどこも休みでいけないので、どなたかこの症状がわかる方はどの薬が有効なのか教えてください。一応薬局でどの薬が効くのか聞くつもりでいるのですが、念のためここで質問させていただきます。

Aベストアンサー

水虫か結節ぽいけれど どうかなあぷん・・
双方オロナインが良いかも 消毒だしぷん
潰さない方が良いかも 悪化するかもぷん・・

救急開いて無いぷん??

Q予防接種の同時接種はなにが怖いのでしょうか?0歳児の赤ちゃんにワクチンの同時接種をしたのですが、友達

予防接種の同時接種はなにが怖いのでしょうか?0歳児の赤ちゃんにワクチンの同時接種をしたのですが、友達に聞いてみると同時接種をせずに単独で受けたり、同時接種しても二本までと言っていました。
肺炎球菌で熱は出ましたが、今はなにもなく元気です。
副反応が怖いのでしょうか?それとも今後の成長に影響があるのでしょうか?

Aベストアンサー

これは医学上の理由ではありません。
日本独自の、行政的事情による、自粛措置にすぎません。
理屈は、「1本打って、慎重に経過観察し、何も不具合が起こらなかったなら、次を打って下さい。不具合がどのワクチン接種で起きたかを、分離するのに、そうしたほうが都合が良い。もし、健康被害が起きたとして訴訟された時に、行政が対応しやすいから」です。
「二本まで」などと言うのは、行政の事情による指示に慣れ切った、頭の旧い医療機関・医師が、不勉強なまま、自信を持てないまま、保護者の要請に妥協して、うそぶいているだけのことです。
「本数の制限などない同時接種」これが世界標準です。
勿論、アレルギーその他基礎疾患のある児で、慎重に接種する必要があるなら、1本ずつ打つことも有り得ますが、それはあくまでその必要性があることを医師の責任において、個々に判断した場合のことです。一律に、単独接種しかしませんだの、最高二本までなどと言い張るのは、滑稽でしかありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報