地球の周りを月が回っていますが、なんで月だけなんですか??

なんで2個とか3個とか回ってないんですか??

意味不明な質問ですみません(*_*)

なんか重力とか関係してるんですか??

それともただ単に地球の周りに月しかないから、とかですか??

凄く知識不足ですみません(>_<)

ご回答よろしくお願いします!!

A 回答 (6件)

 地球と月の関係ですが、他の惑星と衛星の関係と比べると異常な点が多過ぎて、昔から問題となり、多くの学説が提出されています。



 何よりも異常なのは月の大きさです。木星と衛星の大きさや質量比は差が大きく、木星に比べると衛星は小さな点に過ぎないほどの大きさしかありません。木星最大の衛星ガニメデでも月よりも少し大きいぐらいでしかなく、木星の大きさとは比べ物になりません。

 土星、天王星、海王星にも衛星はありますが、どれも月に近い大きさか、月よりも小さな衛星ばかりです。地球の月が他の惑星の衛星に比べて大き過ぎるのは明白なわけです。

 水星や金星には月がなく、火星の衛星は中型の小惑星ぐらいの大きさで、月とは比べ物になりません。

 それでは、地球のような決して大きくはない惑星に、なぜ、月のような巨大な衛星があるのでしょうか。

 惑星が出来る時は衛星も必然的に生じるのだとしても、その化学成分は遠くなるほど軽い物質で占められるはずです。木星の四大衛星も遠くなるほど岩石よりも氷を含む比率が増える傾向があります。

 それに対して、月は地球から遠いにも関わらず、岩石質の地球型天体であって、他の惑星の常識が通用しません。火星の衛星は火星に近いにも関わらず氷を含んだ比重が軽い衛星で、月とは全く異なる天体です。

 地球と月が同時に出来たのであれば、地球は岩石質の惑星になり、月は静止衛星軌道上を公転する氷を多く含んだ比重が小さな衛星になるはずですが、実際は、そうなっていません。

 有名なジャイアントインパクト説は確かに月の成因を説明出来るのですが、同じジャイアントインパクトで出来たと考えられている衛星は、どれもが月よりも小さな物ばかりで、月のように巨大な衛星がジャイアントインパクトで生成出来るのかという疑問もあり、他にもジャイアントインパクト説では説明出来ないほど、月に氷が多く存在する事実がわかって来るなど、月の成因は、まだ確定しているとは言えないようです。

 月が地球の近くで誕生したのだとすると、地球の重力の影響で複数の衛星に分かれる可能性が大きいように思います。火星の衛星が2つですし、木星や土星のように大きな惑星ほど衛星の数が増える傾向があります。地球に巨大な月が1個だけ存在するのは、説明が難しい問題であるようです。

 地球と月が最初から連星として誕生し、互いに共有軌道を公転しながら周囲の微惑星との衝突で巨大化する時点で、一方が大きくなり過ぎて地球となり、もう一方が月になったと考える事も出来ますが、それならば、月は地球の静止衛星軌道上にあって、地球の自転周期と月の公転周期は同じになっているはずです。

 地球の岩石と月の岩石が化学成分が酷似している点を考えると、何らかの原因で1個の惑星として存在するよりも地球と月に分かれて存在する方が安定しているからなのかもしれません。
    • good
    • 0

すいません、No.4です。



タイプミスしました。
時点周期×
自転周期○
    • good
    • 0

月の成り立ちは、他人説、兄弟説、ジャイアントインパクト説などがあります。


他人説は、地球と関係なくできた天体がたまたま通りがかりに、地球の重力の捕まった。
兄弟説は、地球と月はほぼ同じ時期に成立した、
ジャイアントインパクト説は、原始地球に火星並みの天体が衝突し、その一部が月になった。

いま一番有力なのがジャイアントインパクト説で、分かれたばかりの地球の時点周期は5時間くらいでした。
その回転エネルギーは潮汐力を介して月の位置エネルギーに転じて、地球と月は38万kmの距離まで離れています。

一方、他の惑星の衛星は他人であるようです。
そうなると、まったくの偶然としか言い様がありません。
ただ、太陽系の場合、木星の存在が大きく火星より内側に小天体が入りにくいという状況にあります。
もし、木星がなかったら地球にはもっと頻繁に隕石が飛来し、月も複数あったかもしれません。
    • good
    • 0

今のところ地球と火星それぞれの衛星の由来に関する有力な説は


・地球の月: 「地球ができかけた」ところで火星くらいの大きさの天体が衝突して飛び散った破片がまとまった
・火星の (2つの) 衛星: 火星につかまった
です.

地球の月も, 破片の飛び散り方によっては複数個になったかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますO(≧∇≦)O

お礼遅くなってしまい、申し訳ありません(>_<)

そうなんですか!!

じゃぁ月しかないのは偶然かもしれないんですね(゜o゜)

>破片の飛び散り方によっては複数個になったかも?

おもしろいですね!(^^)!

地球から月が何個も見えたらなんだか素敵です(ノ><)ノ

参考になりました!o(><)o

ご回答ありがとうございました(^人^)

お礼日時:2011/04/13 15:12

地球よりも太陽に近い、水星や金星には衛星は存在しません。


衛星の材料になるようなモノが、太陽に吸い取られたか或いは太陽風によって吹き飛ばされた結果では無いでしょうか?

地球の場合は、月を作り上げるだけの材料が残った。
しかし、複数の衛星がバランスを保って周回できる軌道が作れなかったので一つになった。

火星もほぼ同様だが、2個分の軌道面が偶然出来た。

木星土星になると、惑星の規模が大きいので多数の衛星材料を集める事が出来た。また衛星の軌道も複数個バランスを取って確保が出来た。

惑星の太陽からの距離や惑星の規模、そのたいろんな偶然の産物という事でどうだろう。
アバウトすぎるかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますO(≧∇≦)o

なるほどです!!!

>惑星の太陽からの距離や惑星の規模

確かに木星とかは大きいですし、海王星とかは太陽から遠いですし、そう考えると凄く納得です!(^^)!
>アバウトすぎるかな。

いえ!知識の乏しい私にとっては丁度いいです(#^.^#)笑

わかりやすく、易しく説明して下さって嬉しいですo(><)o

参考になりましたo(^-^)o

ご回答ありがとうございました(^人^)

お礼日時:2011/04/10 00:04

地球の周りを月が回っているのではないよ。

地球と月は、万有引力で引き合っいお互いがお互いの周りをまわっている。地球のほうが質量が大きいため、回転の中心となるところは地球の内部になってしまい、あたかも月が地球の周りをまわっているように見えるだけ。地球の海の水は、月に引っ張られる(満潮・干潮)。
太陽と惑星の関係もそう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございますO(≧∇≦)o

お互いが周ってるんですか!!知りませんでした!
てっきり月だけが地球の周りを回ってるのかと思っていましたf^_^;
教えて下さってありがとうございますo(^-^)o


えっ!!!凄い!!
潮の満ち干きって、そういうことだったんですねΣ(゜ロ゜)!!

面白い!!

いいこと教えてもらいました(ノ><)ノ笑

勉強になりました(^O^)

ご回答ありがとうございました(^人^)

お礼日時:2011/04/09 19:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング