私のおばあさんも、老衰が進み、自宅介護しております。最近口から食物も食べる事も困難で、
とりあえず点滴をしてます。 病院からは、胃ロウ手術を検討してはどうかと言われましたが、
90歳を超えての手術も大変だろうし、延命治療も本人が辛いだろうから、私の判断で、止めました。
病院側も、後で聞いたら、部長以上の治療会議で、手術に耐える体力が無く、死亡率が高いとの判断で
手術中止だったそうです。

現在、親戚の叔父さんも、脳梗塞の後遺症で、食べ物がうまく飲み込めず、嘔吐しやすいとのことで、
入院中に、胃ロウ手術を勧められているそうです。 退院後は自宅介護するそうですが、
70歳の叔父さんの場合、自宅介護は胃ロウ手術した方が、楽なんでしょうか??
看護師さんが、通いでサポートしてくれるそうですが・・・・。
一応、よその家の事ですので、あまり口出しはできないのですけど。

体験談有れば、教えて下さい。

私のおばあさんは、正直言って、もう点滴する血管がボロボロで、針を刺すのが困難に近いです。
もう、天命にお任せしたいと思ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

老人施設のケアマネです。

おばあちゃんは、自宅で看取り(みとり)でよろしいと思います。

点滴ができる間はしてもらい、できなくなったら、身体の清潔、たまに、口にガーゼで湿らせてあげるとか、大尉交換、寝返り介助は、施設では2時間起きです。あとは、検温、熱とか、きをつけてあげて、
自宅でなくなったときに、主治医の先生がきくれるかどうか、確認が必要でしょう、電話番号なども、あわてないように、メモしておきましょう、あと、緊急で呼ぶ、家族とか、親戚とかね。家庭用血圧機もだいぶ安いので、よろしければ、手首で計るタイプか、上腕で、測るタイプのものかっておけば、安心でしょう、毎朝1回は、最低ははかりましょう。BD血圧、P脈、KT熱などが、めやすとなりますので、メモ用紙か、グラフ用紙に日付後と書けるようにしておくと良いですよ。あと、ひびの状態も、ちょっと、日記みたいにかいておけばね。上腕で、80以下になったら、もうまもなくということですね。70位で、持ちこたえる人もいますけど、あとは、月の満ち欠け、運命しだいでしょう。

おじさんは、70歳なので、親戚のご家族に任せよいでしょう、イロウをいれるなら、介護保険もつかえますので、ケアマネさんとも、契約できます。市町村で等級判断をしてもらい、ケアマネさんと、契約、相談に乗ってもらえばよいでしょう。

そのご家族がイロウを、維持できるのか、おじさんの妻、ご家族がしっかりしているのか、いないのかで、考えたら、単身だったりしたら、厳しいだろうから、何もせず、ナチュラルコースで、おねがい、と病院にいる間に、頼めばよいでしょう。ナチュラルコースとは、自然な看取りを意味する、病院用語です。

写真がもし、あなたなら、えらいと思います。おばあちゃんの手を握ってあげたり、声をかけてあげたりすると良いでしょう、静かなのが嫌いなら、テレビをつけてあげたり、ラジオをつけたり、でも、貴方がそばで話しかけるのが、一番の幸せであろうと思います。

自宅で看取ろうとする人は、今は少ないので、最後まで、気を強く持って、しっかり看取ることだと思います。あと、どこの葬儀屋をつかうとか、葬儀代とか、銀行にお金があるなら、なくなると、おろせなくなるので、早めに、どこぞにうつしておくのも、良いでしょう。

もし、訪問看護とか、ケアマネさんが、ついているなら、その方たちに質問すれば、わからないことは、教えてくれますよ。大体、わかるように書いたつもりです。わからないなら、サイド質問、加筆してください。お答えしますよ。

この回答への補足

叔父さんの方は、向こうの家の人にお任せです。
こちらの方は、手がいっぱいですからね。時々にお見舞いがせいぜいです。

補足日時:2011/04/09 22:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
自宅ですけど、働いてますので、実際の日常のケアは、私の親がしてます。
介護保険の範囲で、毎日看護師さんに来てもらってます。
親も、介護に疲れてますので、私が年休取ったり、親戚にも頼んだりして、
交代交代でお守りしてます。 点滴している腕を動かすと、血管が切れてしまいますので、手を持ってないと危ないですから。
看護師さんと介護日記つけてますので、主治医の先生が見えたときも、
状態が判るようにしてあります。
後は天命のみですね。 覚悟はしてますから。
昨年の春に、退院した時の自宅への帰り道が、最後の桜でしたね。
桜の花の色ぐらいは、認識出来ていたと思うから。  

お礼日時:2011/04/09 22:13

点滴の固定方法は、5センチくらいの板、ダンボールでもいいし、4-50センチくらいの長さで、ダンボール2枚を折り返したものに、包帯をまいてしまいます。

5センチ幅の包帯です。

もし、腕に点滴なら、その板の上に、うでを乗せて、点滴してもらい、板子と、5センチ幅の包帯で、手首から、針のみのこして、巻き上げてしまいます。

手首の所を、5センチ幅の、さらしを袋縫いした、1-2メートルの紐で、ベッドの柵にとめておくて、よいと思います。

訪問看護があれば、そのことくらは、指導をうけていはいるでしょうけど。ご参考に。

もう片方のてで、取り除く場合は、もう片方のほうも、5センチ幅のさらしのひもで、点滴中は、ベッド柵に、止めて置いてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。 訪問介護してもらってますので、
ほぼ毎日、点滴してます。手の甲にする事が多いので、ダンボールの添え木
固定してます。点滴側の手も緩めにベット固定してますが、点滴の針がプラ製なので、不意に動かすと、針が抜けたり、血管を破り漏れちゃうから、指先を手で持ってます。 金属の針が使えないから、看護師さんも、大変ですね。

叔父さんは、もう少し様子を見てから手術を考えるみたいです。

お礼日時:2011/04/10 17:51

おばあさんの介護、お疲れ様です。



嚥下困難があり、すぐに咳き込む、嘔吐すると言う場合は、食事すること自体が誤嚥性肺炎とう反復する病気を招きます。また、上手く食べられないことで栄養状態も悪化します。
嚥下訓練をして自分の手で食べるという人であればともかく、食事に関して全介助という場合でしたら、胃瘻を作っておいた方が良いと思います。
70才であれば、常用薬などもあるのではないでしょうか? それらも確実に投与することが出来ます(ある程度砕いて使用できる薬に限る、ですが)
自宅介護も楽です。胃瘻自体は扱いもそう難しいものではありません。さして邪魔になるものでもないので、腹部から出ているチューブの部分をガーゼで包み、腹巻きで固定するなどしておけば大丈夫です。
手術自体も、円背が強い、肥満が高度である、他の重篤な病気(心疾患等)を持っている、などの問題がなければさして時間はかかりません。
これから長く介護する必要があるなら、メリットの方が大きいと思います。
    • good
    • 0

自分ももう歳だし、しかも独り身。

これは昔から望んでいた事なので良いんですが、やはり最近は死に際を考えます。
ポックリが理想ですが、最近は医療が発達してそうも行かず。寝たきりなんて状態で何年も生き延びたら、だれも居ないのに、どうなるんだろうと。よしんば誰か居たとしてもその人に任せきりで生き延びるのはうれしくも無い。
金だけは貯めてますが、もしそのようになりそうなら、どうにか苦しく無く、安らかにあっさりとあの世に行きたいと思うだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。 病院に入院したときも、延命治療は要らないと
サインしました。 昨年の春に病院を退院した時に、まだ意識が有る程度ハッキリ
していたので、多分もう外の景色を見ることは無いだろうと思い、最後の思い出に、車の中から、満開の桜を見せに、遠回りして家に戻りました。
あとは、天命のみですね。高齢ですからね。点滴の針を刺しても反応が無いですからね。

お礼日時:2011/04/09 21:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃瘻について

62歳になる父親の事についてです。現在多系統萎縮症7年目です。
今は固形食が食べにくくなり流動食を食べています。現在入院中です。
しかしここ最近食事を半分ほど残すようになりました。体はどんどん痩せてしまっています。
拘縮が進み、手足を動かすことはほとんどできません。
現在の病院から転院要請があり、転院予定です。

先日先生からお話がありました。
・血液検査の結果栄養状態が非常によくない。
・このままでは肺炎などを起してしまうかもしれないので、胃瘻をどうするか
・今どうしても胃瘻にしなければならないといったことではないようなのですが、病気が進行して口から栄養を取れなくなる。そうなった時に鼻からチューブをいれるか胃瘻をつくるかという選択になる。
・受け持っている患者さんはそちらか二者択一の選択になる。
・チューブをいれる口からなにかを食べることが難しい。胃瘻をつくっても口から食べることはできる。
・ここでは胃瘻を作らなくても転院すれば即胃瘻をという話になるかもしれない。

先生は胃瘻をどうしてもということで進めているわけではない。このまま症状が進んでいってからでもいいが、今元気な時に胃瘻を造設するものひとつの方法とおっしゃっています。

うちの妹と叔母が看護師で胃瘻が良いと言っています。
うちの主人も医療従事者ですが、実際患者さんを見ていて胃瘻はすべきではないといっています。
私もいろいろ調べたり実際に胃瘻を作った家族さんのお話をうかがったりしています。
父にどうしたいか話を聞くと「胃瘻を作る。」と一言ずつ言葉にしていました。父が見ていないところで涙が出てきました。

お話をお聞きした家族さんはいろいろな方がいらして胃瘻にしてもチューブにしても、もちろん何もしなくてもこうしてあげればよかったと思うと100%最善なものはないと感じました。
食べることが大好きだった父。そんな父にせめてでも長い間食べる楽しみを残してあげるには胃瘻が一番いい方法なのでしょうか。

多系統萎縮症の研究会にまだ元気だった父と参加したときに胃瘻の話になり、その時は「痛いことはしたくない、怖いこともしたくない。時期がきたら自然に死にたい。」といっていたので「胃瘻を作る」と自分で言ったことには驚きました。2月には孫も生まれます。孫に会いたいというのも「胃瘻を作る。」と本人がいった理由の一つに思います

どんな小さな情報、お話でも一言でもかまいません。
実態胃瘻を家族で選択されたときの理由
患者さんと向き合っておられる方のお話
胃瘻やチューブについての情報。または考え方
自分ならどうしてほしいか

是非聞かせてください。
来週中に先生にお返事をしなければいけません。
何も出来ない私ですが、少しでも父にとって良い方法を考えればと思っています。
皆様どうぞよろしくお願いします。

62歳になる父親の事についてです。現在多系統萎縮症7年目です。
今は固形食が食べにくくなり流動食を食べています。現在入院中です。
しかしここ最近食事を半分ほど残すようになりました。体はどんどん痩せてしまっています。
拘縮が進み、手足を動かすことはほとんどできません。
現在の病院から転院要請があり、転院予定です。

先日先生からお話がありました。
・血液検査の結果栄養状態が非常によくない。
・このままでは肺炎などを起してしまうかもしれないので、胃瘻をどうするか
・今どうしても胃瘻にしな...続きを読む

Aベストアンサー

義母が平成12年に胃瘻をしました。
難病疾患なので現在は人工呼吸器も装着しています。

胃瘻自体の装着はあまり真剣に考えなかったかも知れません。
誤嚥性肺炎になり、口からの摂取が難しいと家族も本人も理解したからだと思います。
病気によってはいずれ胃瘻からではなく、口から食べることができる方もいますが
食べるたびに大きくむせる姿をみていれば選択の余地はなかったように思います。
最初は、鼻からのチューブをしていましたが、こまめな取り替えが必要な上
片方の鼻からの挿入は難しいことがわかり、転院する際に胃瘻に変更しました。
装着後も、しばらくはゼリーやプリンなどとろみのある物を食べたりしていましたが
やはりむせがひどく本人も口から何かを食べる事を望まなくなりました。
胃瘻にしてから栄養状態も良くなり、体重も増えました。
義母の望むような生活はさせていないとは思います、病院にいるので。
でも本人が「とにかく生きたい」気持ちが強く今のような状況になりました。

他にも身内で胃瘻をした人がいます。(本人の意思)
でも、ほどなくして亡くなりました。

お父様が胃瘻を望んでいるのならば、そうして差し上げるのが一番良いんではないでしょうか?
口から食べることよりも「生きる」事を優先されたのだと思います。
本人の意思確認が難しい状態だったら、また違うとは思いますが。

胃瘻に関しては色んな意見があると思います。
自分が自分の意思で決められるのなら、装着は望みません。

義母が平成12年に胃瘻をしました。
難病疾患なので現在は人工呼吸器も装着しています。

胃瘻自体の装着はあまり真剣に考えなかったかも知れません。
誤嚥性肺炎になり、口からの摂取が難しいと家族も本人も理解したからだと思います。
病気によってはいずれ胃瘻からではなく、口から食べることができる方もいますが
食べるたびに大きくむせる姿をみていれば選択の余地はなかったように思います。
最初は、鼻からのチューブをしていましたが、こまめな取り替えが必要な上
片方の鼻からの挿入は難しいことがわかり...続きを読む

Q昼夜逆転生活 夜寝よおもても寝れへんし 朝起きよおもても朝寝てまうし 1回癖付いたら直りませんね(๑

昼夜逆転生活
夜寝よおもても寝れへんし
朝起きよおもても朝寝てまうし
1回癖付いたら直りませんね(๑º ロ º๑)

Aベストアンサー

夜勤の人はそうなってます。昼間、ぐっすりは無理らしいですけどね。夜は早く寝るように頑張ればなおるように思います。夜中2時まで起きてたらなりましたよ。

Q胃瘻の手術後から出血した原因

先日、おじいちゃんが胃瘻の手術をしました。
しかし胃瘻から出血している事がわかりました。

どういう理由が考えられますか?

Aベストアンサー

胃瘻のどの部分からでしょうか?

接続ジョイント部分から?もっと中側からあふれ出てきた?
それら詳細がない以上なんとも言えないと思いますよ?

それとあくまでここはこうじゃないか?程度に思ってもらったほうがよいかと思います。
一番なのは手術した担当医や担当看護師等に直接問い合わせるのが一番であると思われます

Q胃の悩み→胃もたれ・頭痛

こんにちは お世話になります。

今年の7月あたりから胃を悪くしまして、病院へ行って薬をもらうようになりました。そのときは薬を飲んで治り、8月の間も胃に問題はなかったのですが、最近になって夕特に食後の胃もたれが再発し、薬を飲まないと寝れないようになり・たまに吐き気があります。 再び病院へ行き、以前より少し強めの薬を頂いたのですが、服用してもいまいち効果はなく、医師に「次にくるときにはバリウム検査をする」といわれました。 このようになったのは、ストレスが原因だと自覚していますが、受験生のためしばらくはこの状態が続きます。薬の副作用でしょうか最近では勉強中に頭痛を引き起こし、気分が悪い状態が続くようになりました。 

そこで、「自分は病気を患っているのか」「薬はまだ残っているが、検査をしにいったほうがいいか」を教えていただく存じます。 よろしくお願いいたします。 

Aベストアンサー

ストレスが原因で胃の病気じゃ無い場合(潰瘍などでは無い場合)は大抵”自律神経”のほうですよね

潰瘍などが無いことは確認してもらったほうがいいです。
ストレスからの症状は心療内科等が専門です。

おまじないとして”酔い止め薬”はどうでしょう?
(自己責任で)   ↑この薬の効能はお調べください。

Q胃瘻について

今回父が肺炎を起こし、入院しましたが、胃瘻を勧められました。

入院先では胃瘻造設が出来ないので、胃瘻造設前提で他の病院を紹介するといわれました。胃瘻造設に有無をいわせない感じです。

胃瘻を造設する場合、現在患者が籍をおいている老健施設または病院に助成金の様なものが出るのですか?

やたら急がせるんですが…。

Aベストアンサー

【やたら急がせるんですが…。】

補助金とかそういう問題ではなく、口を通さないということは、
すでにして水も満足に、いや、唾液でさえ口から下にはいかない・・・・ぐらいに考えてください。

つまり、昔なら、それで人生おしまいということです。
たまたま事故で、怪我で、ある一定期間、食えない飲めないということではなく、ずっと、飲み食いが普通にできない
そういう、のどの動きしかできないという’時期’に来ているということです。

生かしたいなら、水も飲ませる、飯も食わせる、そのために直接’胃’に入れる。
そういうことです。

口から入れると、食道にちゃんといかないと、すべて肺炎の原因になります。
だからこそ、’生かしたいなら’ということでの、胃ろうです。

動物は人間を含めて、食えなくなればおしまいです。
このポイントを間違えると、エナジーを注ぎ込み続ければ、モーターは回る。

よって、寝たきりでも、認知症でも、動物として内臓はケアが良ければ、いつまでも動き続ける。
そこを見極めないと、いわば、延々と餌をやり続けることが続きます。

Q高校一年生の男です最近胃の気持ち悪さと吐き気があります吐き気は軽い吐き気が長引く感じです胃はずっと違

高校一年生の男です最近胃の気持ち悪さと吐き気があります吐き気は軽い吐き気が長引く感じです胃はずっと違和感がある感じです吐いたことはありません食欲は普通です原因はなんでしょうか?

Aベストアンサー

精神的な事が、ほとんどです^_^
我が家の息子は、大学センター試験の時になりました
が終われば、いつの間にか
治ってました!!
何か気にされている事とかないですか?
寝不足など…生活リズム崩れてませんか?
自律神経が乱れているのかもしれません
一度キャベジンを飲んでスッキリさせて様子見てみたらどうかと思います^_^
余り気にしない方がいいですよ^_^

Q72歳父が胃瘻することに なりました。 誤嚥性肺炎で入院しました。絶食で点滴後 ゼリーを二、三日食し

72歳父が胃瘻することに なりました。
誤嚥性肺炎で入院しました。絶食で点滴後 ゼリーを二、三日食しましたが また 炎症値が上がり 胃瘻をすすめられました。
かなり 悩みましたが 決断しました。
でも 口から食べさせてあげたい…食べると 誤嚥してしまう…とても 辛いです
現在介護5で 意思疎通も 認知症 高次機能障害があるため ままならない 状態です。
4ヶ月〜半年に一度胃瘻の交換処理も必要だと言うことですが 痛いのでしょうか?
もう 痛い目にあわせたくないのと 痛い目にあってまで 胃瘻なんて したくないと 思ってるのか わからない為 勝手な 判断をした事を悩んでいます。

Aベストアンサー

嚥下機能が、低下しているのでしょうか。

お聞きになられていると思いますが、栄養補給の方法は三つ聞かれたと思います。

私の母も。特養に入所していましたが、一年半前に誤嚥性肺炎で救急搬送されました。
搬送先には約一か月いましたが、嚥下機能が低下していて「中心静脈栄養」を、行っていました。

搬送先が、急性期病院だったため誤嚥性肺炎が治って、退院してもらわなくてはならないと、言われました。
元の施設に確認したところ、中心静脈栄養を行っている場合には、あずかれないと言う事でしたので、病院のケースワーカーと相談しました。

一般病院とか有料老人ホームとかになると言われ、療養型の病院をいくつか紹介してもらい、その中から一つ決めて店員の手配を依頼しました。

療養型病院には、ベッドで分けられていて「医療型」と「介護型」があり、医療型は医療保険の適用で、介護型は介護保険の適用です。

私の母は、医療型の療養病院にしました。
入院費等は、医療保険からの支払いです。(母のみの世帯になっていますので、医療費は自己負担は無しです)
他には、実費分があり保険対象外ですが、合わせて月に2万円から2万5千円程です。

転院して、一年5か月がたちますが、いまだに中心静脈栄養です。

胃婁も考えましたが、中心静脈栄養のままでいます。

嚥下機能が、低下しているのでしょうか。

お聞きになられていると思いますが、栄養補給の方法は三つ聞かれたと思います。

私の母も。特養に入所していましたが、一年半前に誤嚥性肺炎で救急搬送されました。
搬送先には約一か月いましたが、嚥下機能が低下していて「中心静脈栄養」を、行っていました。

搬送先が、急性期病院だったため誤嚥性肺炎が治って、退院してもらわなくてはならないと、言われました。
元の施設に確認したところ、中心静脈栄養を行っている場合には、あずかれないと言う事でしたので、...続きを読む

Q寝る時になると頭が冴えてしまい寝れません。

いつも、寝ようと布団にはいると、あれこれ考えてしまって
逆に頭が冴えてねれません。

どうしたらすぐに寝れますか?
みなさんはどうしてますか?

Aベストアンサー

悩み事があるならそれを自覚し、眠れなくても仕方ないと思うようにします。私の場合。

それが無い時は、生活習慣を見直します。

生活の中で体が疲れることがないときは、それを補うようにします。(理想ですが)。

寝る前のテレビは、番組によらず神経が興奮するようなので(私の場合ですが)見ません。却って目が冴えるようでして…。

精神を落ち着かせたい時は、少し暗めの照明で本を読みます。
学生の頃は、義務で読んでた小林秀雄が一番でした。2行読み終わるまえに寝入ってました。ちなみに『考えるヒント』と『考えるヒント2』でした。効果は同様でした。

ご参考までに。

Q食道裂孔ヘルニアがあると胃瘻造設はなぜ無理?

食道裂孔ヘルニアがあると胃瘻造設はなぜ無理?

身内の者の話ですが、食道裂孔ヘルニアがあるので胃瘻は造設出来ないと言われました。食道裂孔ヘルニアがあるとなぜ造設出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

外科的に胃瘻造設でなく、内視鏡的に胃瘻造設できないという意味だと思います。
内視鏡的に胃瘻造設するさいは胃カメラで送気して胃を膨らませて腹壁につける必要が有ります。胃と腹壁が引っ付いたところで胃のあるところに針を穿刺します。胃が膨らまないとうまく腹壁に接しません。食道裂孔ヘルニアがあっても普通は造設可能ですが、裂孔ヘルニアが大きいと胃が胸腔内に脱出して腹腔内に胃があまりなければ穿刺自体ができません。したがって胃瘻造設が難しくなります。

外科的になら裂孔ヘルニアがあっても引っ張ればよいので造設可能です。

参考URL:http://www.pegnet.jp/build/intro.shtml

Q甲状腺、乳頭癌で手術は3ヵ月後。もっと早く手術するべき?

先日、甲状腺乳頭癌と診察されました。
二つあり、今の所リンパなどへの転移はないとの事です。
それ以上の事は、お医者様からは伺ってないのですが、
大きいほうは、外から見てもわかるほど
首がぼっこりと腫れている状態です。
診察を受けた病院は都内の甲状腺専門の病院で、
3ヵ月後(10月中旬)に手術をしましょうとの事。
その病院は非常に患者数が多く、3ヶ月後というのも
ベッドが空き次第という理由からのようです。
甲状腺の癌は進行が遅いとの事なのですが、
3ヶ月放置しておくのは、不安で仕方ありません。
私としては一刻も早く手術をして取り除いてしまいたいのですが、
3ヵ月後でも全く問題ないのでしょうか?
転移等は100%心配ありませんか?

ご専門の方のご意見をお伺いしたいです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

専門ではありませんが、
母(56歳)が2月に同じ病気で手術いたしました。
病気の事は、2年ほど前からわかっていましたが
病院側が、転移が少ない事などで手術を急ぐ必要性がない事で
約2年間ほうっておく形になっていました。
ただ、他にも持病があり、そちらでの診察などで1ヶ月に2~3回は
相談などはしておりました。
結局、3つの病院で持病との兼ね合いの相談をしておりましたが
どちらも緊急性がないとの判断でした。
「癌」と聞くと非常に恐ろしいですが
医師に聞くと、甲状腺癌(転移が少ないタイプのもの)と知らずに
老衰など、他の理由で亡くなる方もいらっしゃるとの事で
きちんとした検査をしない場合や、見た目でわからない場合などは
実は気付いていない事もあるようです。

ただ、人それぞれ症状も異なるかと思いますので
ご心配でしたら、他病院での診察をお受けになる方が良いかと思います。
手術方法も病院によって異なるようですので、色々調べてみるのも良いかと思いますよ。
ちなみにうちの母は、全身麻酔で首の付け根辺りを横方向に切り
手術致しました。
約5時間程掛かりました。
10年ほど前に脳挫傷で手術しておりますので
そのせいか麻酔後も、通常より覚めるのが鈍く
手術翌日にひきつけ(もともとたまに起していました)を起し、
通常よりも入院が長引きました。

ちなみに友人も去年同じ病気で手術しました。
30代なのですが、結婚したばかりで
手術しなくても良いと診断されらそうですが
本人が出産を希望している事もあり、子供のいない身軽なうちに
スッキリいたいとの事で手術されていました。

癌で手術の必要がないとは不思議な感じですが
転移の可能性が低い場合、こう言う診断になるようですね。

専門ではありませんが、
母(56歳)が2月に同じ病気で手術いたしました。
病気の事は、2年ほど前からわかっていましたが
病院側が、転移が少ない事などで手術を急ぐ必要性がない事で
約2年間ほうっておく形になっていました。
ただ、他にも持病があり、そちらでの診察などで1ヶ月に2~3回は
相談などはしておりました。
結局、3つの病院で持病との兼ね合いの相談をしておりましたが
どちらも緊急性がないとの判断でした。
「癌」と聞くと非常に恐ろしいですが
医師に聞くと、甲状腺癌(転移が少...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報