こんにちは、4月から働き始めました。製造でボルトを使用しているのですが、ステンの他にユニクロと書いてあるボルトがありました。

ググったら光沢クロメートと書いてあり、ユニクロのクロがクロメートなのだと想像できました。
しかし、ユニクロのユニがどういう意味なのかわかりません。

どなたかご教授願います。

A 回答 (2件)

ユニクロはAtotech社の 「 商標 」 です。


一般語では光沢クロメート ( Bright Chromate ) です。
商標ですので、Atotech社以外の光沢クロメートは本来ユニクロと
呼ぶことはできません。
ユニクロと呼ぶのは、Atotech社の旧社名が United Chromium社
だったからです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ユニクロは商標なのですか。勉強になりました!

お礼日時:2011/04/13 21:07

ユニクロメッキ=電気亜鉛めっき光沢クロメート処理(1種)


 クロメート処理における光沢仕上げは、米国、ユナイテッドクロミウム社が開発した処理方法で、その液はユニクロムデッィップコンパウンドといわれるところからユニクロメッキと呼ぶようになった。

とのことです

参考URL:http://homepage1.nifty.com/shincoo/m195zairyou-m …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
社名のことだったのですね!モヤモヤがすっきりしました!

お礼日時:2011/04/13 21:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q光沢紙かマット紙 イラスト印刷に向いてるのは(同人)

エプソンのプリンター
PM-A940を使っています。

ハガキサイズにイラストを印刷して販売してるのですが、

いつもエプソンの
●スーパーファイン専用ハガキ 50枚入り(マット紙)
を使っています。

エプソンのラインナップには他にも
●写真用紙<光沢>と、
●写真用紙<絹目調>と
ありますが、

イラスト印刷向きなのはどれでしょうか??

また、光沢紙とマット紙ではやはり光沢紙の方が耐光性があるのでしょうか??

Aベストアンサー

出力品質を確保できる、ある程度のグレード以上の紙を使っているのであれば、光沢かマットかは、作者の好みやイラスト内容に合わせればいいのでは。
淡い色調の落ち着いた印象のイラストならマット系の紙が似合うし、アニメ絵や大きな描き文字が入った元気なイラストなら光沢系の紙が似合うでしょう。

褪色耐性を考えれば、光沢系の方が一般的に強いと思います。一番外側の光沢層の下に実際のインク吸着・定着層があるので、定着層が外に出ているマット紙よりは、ガスによる褪色には強いと思います。(染料プリンタの場合)

Qクロメート処理の原理について

先日、こちらでクロメート処理というのは亜鉛などのめっき後に参加を防止したりするために行う後処理だということを学びました。そこでクロメート処理の原理やめっきとの相違点、後処理ということですのでめっき技術の後に出てきた技術だと思うのですが、どのような事が原因で誕生したのか?(誕生した時の背景)などを教えてください。質問たくさんですいませんです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クロメート処理の原理は以下のURLを参照ください。反応式を書くには複雑だし、よくわかってないので。

めっきとの相違点。
大雑把に言えば、金属皮膜か非金属皮膜かというところ。大雑把過ぎるけど(^^;

誕生した背景は、たしか米軍が軍事機器に亜鉛めっきをしていたんだけど、白錆が発生しやすかった。そこで何とかしようということで、亜鉛めっき後にクロム酸の溶液につけると薄い皮膜ができて、さびにくくなることがわかった。というしだい。うろ覚えなので自信はありません。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/map/kagaku05/1/1-3-4.htm

QB5サイズの光沢紙ラベルシールの中央に、間違いなく印刷する方法

B5サイズの光沢紙ラベルシールの中央に、間違いなく印刷する方法

 今から、B5サイズの光沢紙ラベルシールに、表紙用のイラストを印刷しようと思っています。
 ところが、この光沢紙ラベルシールは一枚しかない上、その全面に印刷できるというわけではないのです。
 印刷できるのは、中央部の横138ミリ、縦183ミリの長方形の部分だけです。
 イラストが上記に上げたサイズからはみ出さず、かといって空白部分も残さず、ぴったり収まるように調整したいのですが、なかなかうまくいきません。
 マイピクチャに入れてある画像をどのように編集すればよろしいでしょうか?
 良い方法を知っておられる方がいましたら教えてください。
 また、光沢紙ラベル(インクジェットとバブル方式のプリンターが使用できるとのこと)にイラストを印刷するのは初めてなのですが、このとき、プリンターの設定も調整したほうがよいでしょうか?調整するとしたら、どう調整するのがよいでしょうか?

Aベストアンサー

ワードはお持ちですか。ワードを使った方法を説明します。ラベルシールの印刷範囲は用紙のぴったり中央部にあるという前提です。

(1)ワードを起動
(2)用紙をB5に。
(3)上下の余白を37mmに。
(4)左右の余白を22mmに。
(5)イラストをはり付ける。
(6)イラストのサイズを調整し、印刷範囲内におさまるようにする。

以上ですが、本番の前にB5普通紙に印刷し、うまくいくか確認し、うまくいかなければ微調整してから本番印刷しましょう。

Q3価クロメートの英語訳

3価クロメート処理の英語訳を教えて下さい。
専門用語なので分らないのです。
仕事で必要なので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Trivalent Chromate かな。

Q光沢紙とプリンタの種類について

はじめまして。
このたびイラストを描いているのですが、自宅にあるキャノンのMP830を使用して普通紙でプリントしたところマゼンタとか赤系の色をはじめほとんどの色がちゃんと反映されませんでした。。。

ですが、友人のプリンタはEPSONで型番は新しくなさそうなのですが、インクが5色で光沢紙でプリントしておりかなりきれいに色が反映されていました。

私が持っているCANONのMP830は4色ですが光沢紙でプリントすればきれいに印刷できるのでしょうか?

また、光沢紙だとインクの減りも普通紙とはかなり違いが出てくるのでしょうか?

Aベストアンサー

普段プリンタをあまり使っていなくて、目詰まりしているなんてことないでしょうか?
何度かヘッドのクリーニングや無駄な印刷をしてみて下さい。

普通紙でも、それなりに印刷できますよ。
コピー用紙(普通紙)だと、印刷設定で画質をきれいよりも速い(文字をきれいに?)にしたほうがいいです。
きれいにしても、インク吸い過ぎて逆に汚くなります。

キヤノンの6年以上前の4色機を使っていますけど普通紙でもそれなりに印刷できますよ。
光沢紙使えば写真も多少粒子感はあるけど綺麗に印刷できます。


イラストや写真を綺麗に印刷したいなら、マットフォトペーパーや光沢紙等を使ったほうがいいです。高いけどね。
そこまで、こだわらないけど、そこそこ綺麗に印刷したいというならメーカーが出しているインクジェット用の普通紙(純正じゃなくても可)を使って下さい。
文章程度の印刷なら、500枚250円程度の安いコピー用紙で十分ですけどね。

光沢紙だと綺麗だけどインクの減りも早いです。

Q3価クロメート処理について

先日6価クロムで亜鉛板に処理を施した場合、亜鉛の溶解によって6価クロムは3価に還元される事を教えて頂きました。
そこで、3価クロムで処理を行った場合、亜鉛には何価のクロムの皮膜がどのような形状で析出するのですか?反応式などが書かれているサイトやお勧めの文献がありましたら是非教えてください。6価の反応から考えると3価でも同じような還元反応が起るのでしょうか?
実際にやってみたのでが、6価では浸漬時間とともに亜鉛の溶解量が増加し、3価でも6価程ではありませんが浸漬時間ともに徐々に溶解量が増えました。(30秒浸漬していると膜が析出し、亜鉛の溶解は徐々にストップ)
この事から考えれる事は3価でも6価と同じように還元反応が起こってると思うんですが・・・
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

単純に、Cr3+/CrとZn2+/Znの標準電極電位を比較すると、
Cr3+/Cr:Eo=-0.67V (vs SHE)
Zn2+/Zn:Eo=-0.763V (vs SHE)
と、Cr3+の方が電位が高いため、イオン化傾向で考えた場合、Crが析出し、Znが溶解するように思われますが、実際には金属のCrは析出しないはずです。

何故かというのを書き始めると、とてつもなく長くなってしまうので、簡単に言うと、
Crの場合、Znの析出反応式:Zn2+ + 2e ⇒ Zn のような反応をしないのです。
また、Cr3+の還元物質として、Cr2+の生成も考えられますが、現時点ではCr2+の化合物の安定したものは発見されておらず、皮膜がCr2+~Cr0の化合物である可能性は低いです。

ご質問の状況で、何か皮膜ができた。ということですが、おそらく、Cr3+の皮膜だと思います。
亜鉛が溶解したのは、Cr3+を溶かしている溶液そのものの影響だと思われます。(硫酸とか硝酸とか酢酸とか・・・)

Cr3+はどのような溶液で準備しましたか?その溶液のpHはどのくらいですか?

ちなみに、金属クロムを析出させるためには、一般的には6価クロムを含む酸性の溶液を電解する必要があります。3価のクロムだけの溶液に卑な金属を浸漬しただけでは、金属クロムは析出しません。
(3価のクロムだけの溶液の電解によっても金属析出させる手もありますが、一般的ではないです)

単純に、Cr3+/CrとZn2+/Znの標準電極電位を比較すると、
Cr3+/Cr:Eo=-0.67V (vs SHE)
Zn2+/Zn:Eo=-0.763V (vs SHE)
と、Cr3+の方が電位が高いため、イオン化傾向で考えた場合、Crが析出し、Znが溶解するように思われますが、実際には金属のCrは析出しないはずです。

何故かというのを書き始めると、とてつもなく長くなってしまうので、簡単に言うと、
Crの場合、Znの析出反応式:Zn2+ + 2e ⇒ Zn のような反応をしないのです。
また、Cr3+の還元物質として、Cr2+の生成も考えられますが、現時点ではCr2+...続きを読む

Q小さいサイズのイラストをA4サイズで印刷したい 解像度などについて

自作のCGイラストをA4の光沢紙で印刷したいのですが、
縦2893ピクセル、横4092ピクセルと、とても大きいサイズで絵は描けません。(パソコンが重くなったりするなどいろいろ不都合が……)
そこで、小さいサイズでA4サイズに印刷したいのですが
解像度350にし、A4よりも小さいサイズに絵を描いて
それをA4の光沢紙に綺麗に印刷することはできますか?(拡大印刷になるのでしょうか)

解像度と印刷サイズの関係が全く分かりません。
調べたのですが拡大時の解像度の関係が分からなくて……ごめんなさい。

使用する予定のプリンターはcanonのMP600です。
光沢紙に関してはB5のものが見つからないのでA4にせざるを得ないのですが……

イラストの締め切りなどもあるので、ご回答頂けると幸いです。

Aベストアンサー

DTP屋です。
拡大印刷になるので「綺麗に印刷できなくなる可能性」があります。
350dpiは「1インチ辺りに350個のピクセルが入っているよ(ピクセルの密度だと思ってください)」と言う意味ですが、それはあくまでも原寸で印刷した場合の話です。

A4サイズ(210×297mm)の場合は2893×4092pixelsで350dpiになります。例えばB5サイズ(182×257mm)で350dpiであるならピクセル数は約2502×3541pixelsになります。これをA4で印刷した場合約302dpiとなってしまうからです。つまりピクセルの密度が落ちるので綺麗に印刷できなくなる可能性があるのです。

もっともB5サイズで350dpiで作れるなら300dpi以上なので十分綺麗に印刷できますけどね。大抵の家庭用インクジェットプリンタの場合、原寸で72dpiだと流石につらいですが100dpi以上あればインクのにじみ等によって、「ある程度は綺麗に印刷」できます。
商業印刷の場合はカラー印刷の種類によりますが、現在の一般的なオフセット印刷(133線)の場合、原寸で線数の倍密にあたる266dpiの解像度があれば十分なクォリティが得られます。

なんで350dpiなのか?それはカラー印刷では綺麗に印刷したい場合、グラビア印刷(175線)を利用するからで、その場合原寸で線数の倍密にあたる350dpiが好ましいとされてきたからの話。
ぶっちゃけグラビア印刷であっても線数と同じ175dpiでも見た目はそんな解らないです(画像内にある「角」が綺麗に見えない場合がありますが)。

蛇足ではありますがクォリティにこだわるならPCのマシン性能も上げてください。A4で350dpiが苦しい環境というのは、更にそれ以上のイラストを描いたりするのも苦しい環境と言うことです。

DTP屋です。
拡大印刷になるので「綺麗に印刷できなくなる可能性」があります。
350dpiは「1インチ辺りに350個のピクセルが入っているよ(ピクセルの密度だと思ってください)」と言う意味ですが、それはあくまでも原寸で印刷した場合の話です。

A4サイズ(210×297mm)の場合は2893×4092pixelsで350dpiになります。例えばB5サイズ(182×257mm)で350dpiであるならピクセル数は約2502×3541pixelsになります。これをA4で印刷した場合約302dpiとなってしまうからです。つまりピクセルの密度が落ちるので綺麗に印...続きを読む

Qクロメート処理について

電気亜鉛めっき後に6価と3価でクロメート処理をしています。そこで処理中の化学反応式を知りたく、文献やWebサイトで調べた結果、6価クロメート処理における以下のような反応式を見つけました。

(1)亜鉛の溶解反応式:Zn+2H+→Zn2++H2
(2)クロム酸の還元反応式:2HCrO4+3Zn+14H+→2Cr3++3Zn2++8H2O
(3)亜鉛溶解によるpH上昇での反応:Cr3++3OH‐→Cr(OH)3

これらの反応式を詳しく教えてください。実際に析出?する皮膜は水酸化物状態での皮膜になるのでしょうか?また6価クロムは途中で3価になっていますが、反応式を見る限りだと水素によって還元されているのでしょうか?最後に最初から3価(塩化物or硫化物)で亜鉛にクロメート処理を用いた場合の化学反応式を教えてください。

反応式が見づらくて申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いします。不明な点は補足をもらえれば分る範囲で付け足しますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ryifaさんが見られたのは、下記のpdfファイルでしょうか?
もし違うようでしたら、こちらを参照なさってみて下さい。
式だけでなく、皮膜についても説明されています:

http://tri-osaka.jp/group/kikaikinzoku/hyoumen/surface/morikawa/R17/Chromate.pdf

なお、写し間違いかと思いますが、クロム酸は二価の酸なので、(2)として書かれている式の「2HCrO4」は、正しくは上記URLにある通り「2HCrO4-」となります。
また、(2)においてクロムの価数が6価から3価になっているのは、金属亜鉛Znによって還元されています。
(亜鉛に酸を作用させて生じる発生期水素(→還元性の高い水素)で他の金属イオンを還元する場合もありますが、この式の場合は、クロム酸イオン(上式ではクロム酸水素イオンHCrO4で表記)との直接反応と考えてよいと思います)


すみません、3価クロメートについては、今ひとつ試薬などを把握していませんので回答できません。
(基本的には6価クロムクロメートと同様、3価の水酸化クロムを中心とする被膜を生成させているようですが:根本的な違いは、被膜中に6価クロムが存在しないことによる自己修復能力の欠如)

参考になるかわかりませんが、3価クロメート処理関係のURLも貼り付けておきます:

http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gijutsu/chromium_free/m6_gaiyou.pdf

ryifaさんが見られたのは、下記のpdfファイルでしょうか?
もし違うようでしたら、こちらを参照なさってみて下さい。
式だけでなく、皮膜についても説明されています:

http://tri-osaka.jp/group/kikaikinzoku/hyoumen/surface/morikawa/R17/Chromate.pdf

なお、写し間違いかと思いますが、クロム酸は二価の酸なので、(2)として書かれている式の「2HCrO4」は、正しくは上記URLにある通り「2HCrO4-」となります。
また、(2)においてクロムの価数が6価から3価になっているのは、金属亜鉛Znによって還元され...続きを読む

Qイラストをプリントするのに適した用紙を探しています。

イラストをプリントするのに適した用紙を探しています。

印刷機はイプソンEP-802Aの複合機です。A4サイズまでの印刷です。

綺麗に印刷ができ、なおかつ高級感の出ているような厚みのある、単価が安いものを探しています。
自分のイラストの感じだと光沢があるほうがいいかなと思っています。

そうすると写真用のフォトプリント紙がいいのでしょうか?
以前は原稿用紙無地を使っていたのですが、あまりにも安っぽいのではないかと思っています。

皆様の意見を聞かせてください。
光沢がない用紙でも良いものがあれば教えて頂きたいです。
あとポストカードも作りたいので、郵便局で売っているインクジェット紙と他のものではどれが良いか教えてください。

Aベストアンサー

ああ商品名書き忘れました。
ウチで使ってるのは PLUSの超厚口の光沢です。

http://bungu.plus.co.jp/sta/product/paper/inkjet2/glossypaper.html

紙厚が0.2mmで厚 0.23mmで特厚 0.23mm越えで超厚口です

Qメッキ(亜鉛クロメート)

最近環境問題で六価クロムの含有が問題視されています。
その内容について質問があります。亜鉛クロメートメッキには六価クロムの含有があるとされています。このメッキ中に何%の六価クロムの含有があるのでしょうか?
詳しい方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

私はメッキに関しては何の経験もない素人ですので,詳しいことはよく分かりませんが,ご所望の数値は参考 URL の表5内にありました。

表の数値を見る限り,恐らくクロメート薄膜部分には多くの化学種が存在しており,膜の化学組成から濃度を計算することは困難みたいですね。

参考URL:http://www.neji.org/chishiki.files/matsuki1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報