沖縄戦では様々な酷い事が行なわれましたが、悲惨という面だけが強調され、それらの経緯が省略されがちです。

実は○○で・・・
というように何も考えずにいたずらに悲惨さだけを強調する人たちを黙れせるネタを教えてください。

例えば沖縄戦ではありませんが
「普天間が危険だと言っているが実は初めに基地があって街はその後できた」というようなものです

A 回答 (4件)

本州への疎開で疎開船・対馬丸が撃沈されて多数の犠牲者が出た。

これは事実だが、のべ600隻以上が動員されて行われた本州への疎開作戦で失われた疎開船は対馬丸だけであった。
    • good
    • 1

黙らせるネタ 


ではありませんが侵略して来る米軍の酷い話は勿論ですが意外と聞くのが日本兵の話ですね 沖縄の人に捕虜になるくらいなら自決しろと手榴弾を渡したとか崖に追い詰められた日本兵が先に沖縄の人達から飛ばせたとか 防空壕に隠れていて赤ん坊が泣き止まないので殺してしまったとか   死ぬ時天皇陛下万歳と言えと強要したとか 勿論戦争に付き物のレイプ等々 勿論優しい日本兵や米兵の話も沢山聞きますが 悲惨じゃない戦争って有るんですかね?
因みに普天間基地の近くの大学に米軍のヘリが墜落した時 日本の警察や消防は米軍に締め出されただ眺めていました。
    • good
    • 1

黙らせると言うのは悲惨でなかったとの根拠と言う事でしょうか。



実際には、ちょっといい話的なものは展示館にも書かれています。

ひめゆりにある生き残った女学生の手記で、若い兵隊さんが「我々は自決するが、戦争は負けで米国人は無闇に虐待する訳では無いから生きてくれ」と言われたとの記述がありますよ。

戦闘についていえば、制海権・制空権を完全にとられ、劣悪な設備の上で5倍の戦力に対し戦死者数が8倍で済んだと言うのは良く戦ったと言えるでしょう。

慶良間島は殆ど戦闘無く占領されましたが、それより本島に遠い島では戦闘は殆ど行なわれていません。


また、有名なのは旧海軍司令部壕資料館展示に、大田司令官が打電した「(沖縄)県民に対し後世格別のご配慮を」と言う文があるのも、良い話と言えば良い話です。

但し、女学生の手記は生き残ったからそう書けたと言えばそうですし、陸軍が逃げた後の海軍が陸戦下と言うのも「黙らせる」と言うには程遠い例かも知れません。

今回の東日本大震災の死者・不明者が約3万人ですが、沖縄戦での死者・不明者は18万人、内民間人は9万人と言うのは厳然たる事実ですから、一寸いい話があっても黙らせるのは無理でしょう。
    • good
    • 0

どこだったか忘れましたが、南部の攻防戦で、米軍の戦車部隊が歩兵を伴わずに単独突入して半分くらいやられて攻撃に失敗したことがありました。



日本軍はM4戦車に手も足も出なかったみたいな話が多くありますが、実際は歩兵の「警護」なしには進撃できなかったようです。米軍兵士の回想記でも「日本軍の対戦車砲はよく隠匿されていて、味方の戦車がやられて初めて対戦車砲に気づくものだった」と書いてあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q沖縄戦について教えて下さい! (聞いた話でも) アメリカ軍からの目線でも日本軍からでもどちらでも良

沖縄戦について教えて下さい!
(聞いた話でも)
アメリカ軍からの目線でも日本軍からでもどちらでも良いです!急いでいるのでよろしくお願いします!

Aベストアンサー

NHKオンデマンドで、
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586683/

これを見ればだいたい判るはずです。

Q沖縄戦(地上戦)について

太平洋戦争の沖縄戦について詳しく載っているサイトをご存知の方いませんか?できれば地上戦について詳しく載っているサイトをお願いします。

Aベストアンサー

こんなのはいかがですか。↓

参考URL:http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/okinawasenn.htm

Q沖縄戦について教えて下さい! (聞いた話でも) アメリカ軍からの目線でも日本軍からでもどちらでも良

沖縄戦について教えて下さい!
(聞いた話でも)
アメリカ軍からの目線でも日本軍からでもどちらでも良いです!急いでいるのでよろしくお願いします!

Aベストアンサー

大平洋戦争の当時、アメリカの兵隊はとても恐ろしく残酷だと教えられていました。捕まれば男は八つ裂きにされる。女は犯されてから殺される。今では信じられないことですが当時の人々は本気でそう信じていたのです。

戦争末期、1945年の3月26日。その恐ろしい鬼畜米英がついに沖縄に押し寄せて来ました。最初の上陸地点は那覇の対岸に位置するケラマ諸島。今ではダイビングなどのマリンスポーツが盛んな美しい島です。
まず艦船と飛行機から激しい砲爆撃を加えて島を焼きつくします。それから上陸を開始。小さな島なので逃げるところはありません。追い詰められた住民達は「集団自決」を決行します。軍から自決用に手榴弾が支給されています。家族や親戚でそれを囲んで爆発させるのです。

それがない人、不発だった人はいろんな方法で自殺します。紐で首を閉める、首を吊る。カミソリやカマ、ナタで頸動脈を斬る。ネズミ取りの毒薬を飲む。棒や石で殴るとか。自分ではなかなか死にきれないですから、お父さんが、奥さんや、子供を殺す。兄が妹を殺す。

愛する人が苦しむところは誰もみたくないでしょう。だから一瞬で死ねるように、できるだけ思いっきり、殴るなり切るなりしないといけないわけです。そして自分は最後に自殺する。
そうやって島民がそれぞれ自殺していったのです。 無惨です。死ななくてもよかった人が大勢いたのです。そして死にきれなかった人、奇跡的に助かった人は多くを語りません。

「チビチリガマ」という洞窟に避難した140人の住民はアメリカ兵に包囲され投降を呼び掛けられます。壕内は自決派と投降派がいるわけですが、中国戦線を見た従軍経験者、またサイパンの玉砕を知っている人などにより自決を決行してしまいます。布団に火をつけて煙りと炎で85人が犠牲となりました。

しかしそこから800m しか離れていないもうひとつの「シムクガマ」。1000人の住民が避難していましたが全員が助かっています。ここにはハワイ帰りで英語の解る人がいたのです。

この人はアメリカ人をよく知っていたので鬼畜米英は軍の流したデマだと知っていました。住民を虐殺するようなことはアメリカ人はしないと皆を説得し自決を思いとどまらせたのです。

避難していたガマがついに敵に発見されてまう。入り口から「カマワン(Come On)デテコイ」と呼び掛けられる。アメリカ兵は残虐だと教えられている。捕まったら、ひどい殺され方をされる。

中国戦線を見た人の話しによると神国である日本軍も中国の住民には恐ろしい事をする。それなら鬼畜米英に捕まったらただではすむわけがない。自分の妻や親や、子供達をそんな目にあわせるわけにはいかない。自殺するほうがどれほどましだろうか。
それに生き残って捕虜になることは非国民であって恥ずかしいことでした。 皇民化教育は沖縄でも熱心に行なわれていたし軍国少年もたくさんいたのです。天皇陛下の為に潔く死ななければならない。また投降しようとすれば日本兵にスパイ容疑で即、処刑されるのです。

住民は飛行場や壕の建設に協力している。おかげで壕の場所、部隊の規模、大砲の配置など知っていたりするから、捕まって秘密がもれる事は十分ありうる。よって捕虜になる事イコールスパイ行為ということになるのです。
投降のビラを見ていただけでも、方言を使っただけでも、スパイ容疑です。日本軍のいるところでは投降は許されません。投降すれば後ろから撃たれます。軍民ともに玉砕するしかないのです。

暗い高温多湿なガマの中で爆撃に脅え水も食料もままならない。そして日本兵の恫喝や略奪。そんな状況が何日も続き、ついに鬼のような米兵に発見される。これでは集団で自殺するしかないのです。というよりやっとこれで楽になれるというぐらいの気持ちではないでしょうか。

首里の司令部壕が攻略された時点で沖縄戦は終わるはずでした。移動できない負傷者を1万も抱えていましたし、軍人としても、逃げ回るよりも皆でいっせいに玉砕して散って行きたい。ところが 3万の残存部隊を南部のほうに移してまだ持久戦を続けるわけです。そこにはすでに20万の住民が避難しているところなのです。その後ろは海ですから逃るところはありません。
そこに撤退するということは避難民のど真ん中を戦場にするということです。 知念半島が安全地帯になっていましたが、もはや混乱の中でそれを伝えることもできません。おりからの豪雨にまぎれて部隊は撤退していきました。歩けない負傷兵には自決用の青酸カリが配られました。

この地域は特にガマ(洞窟)が多く持久戦に向いた地形となっていました。しかしその中には住民がすでに避難しています。そこに軍が入ってきます。また軍に守ってもらおうと思って追い詰められた住民がやってきます。軍は守るどころかガマを陣地にするので住民を追い出す。または危険な入り口付近に追い立てる。外は砲爆撃が雨のように降り注いでいるので安全なところはガマ以外にありません。

日本軍の最後の組織的な抵抗も終わり各部隊がバラバラでゲリラ戦を続けているような状況です。最高司令官の牛島中将も6月23日に自決(この日は沖縄の終戦記念日となっています)。

アメリカ兵にとっては戦争は終わったようなものでした。あとは残兵狩です。 ガマをひとつずつ潰していきながら南下していきます。まず入り口から日本語、沖縄方言で投降を呼びかけます。住民が投降しない理由も知っていたのでハワイの沖縄一世二世、すでに捕虜になった人を連れてきて説得したりもしました。

それで応じなければ日本兵も住民も一緒に火炎放射器やガス弾で皆殺しにしていきます。 ブルトーザーで生き埋めにしたり、ガソリンを流して火をつけたりします。中では住民の集団自決が起きます。
真っ暗なガマの中で多くの人々が死んでいきました。

食うや食わずの避難民、 家族、子供やオジーオバー。

追い詰められた日本兵、
「ひめゆり」などの女子学徒隊、
男子学生の鉄血勤皇隊、
竹やりの防衛隊、
奴隷のように使われた朝鮮人軍夫、
だまされて連れてこられた朝鮮慰安婦。

沖縄人の全戦没者は15万人にのぼると言われています。そのうち約2/3の10万人がこの南部戦線で亡くなっています。

住民は捕虜になって初めてアメリカ兵と接するわけです。水や食料、チョコレートをくれる。ケガを治療してくれる。老婆をおぶってくれる。沖縄方言もしゃべっていい。鬼と教えられていたのにえらい違いです。
それに対して自分達を守ってくれるはずだった日本軍は高圧的な態度での横暴ぶりが目につきます。日本刀を抜いてヒステリックに脅迫し食料を奪う。物資を無理矢理提供させる。アメリカーよりも友軍(日本軍)のほうが恐かったとも言いわれています。

悪質なものになると、ガマの中で泣く赤ん坊は米軍に見つかるので射殺する。投降しようとするものは後ろから狙撃する。捕虜になった住民を収容所から拉致してきて殺す(食料を奪うため)。

また方言しかしゃべれない老婆をスパイといって日本刀で切り殺す(みせしめ)。中国などで日本軍がやってきたようなことが沖縄の住民に対しても行われたのです。
そのように残虐行為を行う者はほんとうに少数派だとは思いますが、体験談などを読むとあまりに悲惨で怒りがこみ上げて来ます。沖縄人の命を奪ったのはなんといっても米軍の砲爆撃や機銃掃射ですし米兵が沖縄人を虐殺したり強姦した例もたくさんあるでしょうが。仲間である同じ日本人から殺されることはやはり悲惨としかいいようがないです。
「戦争というものはそうやって人を狂わせてしまうものなのだ」という言葉で片付けることなど絶対に無理です。

http://www.geocities.jp/toyobox1/okinawasen.html

大平洋戦争の当時、アメリカの兵隊はとても恐ろしく残酷だと教えられていました。捕まれば男は八つ裂きにされる。女は犯されてから殺される。今では信じられないことですが当時の人々は本気でそう信じていたのです。

戦争末期、1945年の3月26日。その恐ろしい鬼畜米英がついに沖縄に押し寄せて来ました。最初の上陸地点は那覇の対岸に位置するケラマ諸島。今ではダイビングなどのマリンスポーツが盛んな美しい島です。
まず艦船と飛行機から激しい砲爆撃を加えて島を焼きつくします。それから上陸を開始。小さ...続きを読む

Q戦争沖縄戦

先日、太平洋戦争の沖縄戦実録をみましたが、多くの民間人が殺されています。むやみやたらとアメリカ兵が殺戮したとは思えませんのでなにか理由があったのでしょう。一般人も「ゲリラ戦」として、米兵に立ち向かっていたのでしょうか?単に、洞穴に隠れているだけで、焼き払われるとは思われません。実際のところ、降伏したのは、殺された人の10倍くらいなのでしょうか

Aベストアンサー

太平洋戦争を振り返る上でよく、玉砕という言葉(全滅に近い意味)をよく使われますが、実際の戦闘で全滅覚悟で突撃しても、全員が死亡するということはありません(よほど敵が残忍でない限り)。
実際の戦闘で見方の3割を損失すると軍事的には「全滅」を
意味します。
逆の言い方をすると3割以上の損失が出たということはそれが無駄な殺戮をしたという言い方ができるでしょう。
仮に全員が自決覚悟の突撃をしたとしても、必ず重傷捕虜というものは出ます。抵抗もできず、自決もできないもののことです。
ハーグ陸戦規定などによれば、これらはいかに敵であっても保護する必要がありますが、おそらくアメリカ軍はこれらを皆殺しにしたものと思われます。(そうでなければ完全な全滅はありえないのですから)。
現在もアメリカ海兵隊で語り継がれる話で結構有名なものですが、沖縄上陸前の艦艇において、その部隊の指揮官は「黄色いサルどもの皮を思う存分剥いでこい」と兵士全員の前で言ってのけたそうです。

前振りが長くなりましたが、なぜアメリカ兵がむやみやたらと民間人を殺戮したとは思わないのでしょうか?
彼らは広島、長崎で30万人、その他日本全土で60万人もの民間人を爆撃によってむやみやたらと殺戮しています。沖縄においてもかなりの投降者(無抵抗なものの事、先ほど話した重傷捕虜なども投降者とみなしてもいいでしょう)はあったはずです。
それなのに全滅ということは何があったかはもう承知のとうりでしょう。
結局アメリカの戦争は今も昔もそんなものですよ(本音と建前)。

太平洋戦争を振り返る上でよく、玉砕という言葉(全滅に近い意味)をよく使われますが、実際の戦闘で全滅覚悟で突撃しても、全員が死亡するということはありません(よほど敵が残忍でない限り)。
実際の戦闘で見方の3割を損失すると軍事的には「全滅」を
意味します。
逆の言い方をすると3割以上の損失が出たということはそれが無駄な殺戮をしたという言い方ができるでしょう。
仮に全員が自決覚悟の突撃をしたとしても、必ず重傷捕虜というものは出ます。抵抗もできず、自決もできないもののことです。
ハー...続きを読む

Q国際法の違反 沖縄戦

戦争を体験した方にお話を聞いたところ
沖縄戦において、アメリカ軍が国際法を無視し、病院を攻撃したり、ガス弾を使ったりしたそうです。
そのことについてですが、少し調べて、国際法というのは規範的強制力をもたないというのはわかりました。しかしこのようにアメリカ軍が国際法を無視したあと、になにか罰をうけるとかいったことは一切ないのでしょうか?
また日本軍もアメリカ侵略の時に国際法を違反したと聞いています。そのときも特になにも罪にならなかったのでしょうか?

こんな国際法で意味があったのでしょうか?
今はまた新しく改正されたと聞いていますが、もし今同じように国際法を無視したようなことがおきたとき、その罪(?)はつぐなわされるようなことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、質問の疑問点から回答しましょう。
<日本軍もアメリカ侵略の時に国際法を違反したと聞いています。
アメリカ侵略というのはパールハーバーのことでしょうか?・・・まあ、実際に大陸に侵攻しているわけではないのでそのように解釈します。パールハーバーは宣戦布告が遅れてはいるがれっきとした軍事行動なので国際法違反ではありません。もし、周辺の民間人に対し無差別爆撃を行ったというならば別ですが少なくても現在存在している歴史資料にはそのような事実はないので別に国際法には違反していないものと思われます。
<沖縄戦において、アメリカ軍が国際法を無視し、病院を攻撃したり、ガス弾を使ったりしたそうです。
沖縄戦以前に東京大空襲や原爆投下がある時点で国際法に違反していることは事実です。
しかも、もっとたちの悪いことにアメリカ人は日本人を根絶しなければいけないと当時の内部資料に書かれていたことからある意味ナチスドイツのユダヤ人大虐殺と似た類のホロコーストをやっていたという事実が見えてくるでしょう。
<アメリカ軍が国際法を無視したあと、になにか罰をうけるとかいったことは一切ないのでしょうか?
本来ならそうすべきですが、連合軍の中国とアメリカの強い圧力がありそのような処分は出来なかったと思われます。なにより違反件数がこの二カ国がダントツで多かったですから。
ただ、もしこの時きちんとした処分が行われていれば現在のような勝てば官軍のような状態にならずにすんだとも言われています。
そして、国際法が無力だといえばかならずしもそうではない例がアメリカ自身で出しています。イラク戦争の「戦闘終結宣言」という言葉のすり替えがこの事実を物語っています。(もちろん意味は分かりますよね?)もし、アメリカがこれ以上勝手なことを行った場合は当然周りの国が黙っていないだろうし皮肉にもアメリカがもっとも進めているグローバルゼーションのおかげでアメリカの無法行為が世界中に監視される状況を作ってしまい国際法を守らざるを得ない状況をつくってしまったのもアメリカであるというのも一つの事実です。

まず、質問の疑問点から回答しましょう。
<日本軍もアメリカ侵略の時に国際法を違反したと聞いています。
アメリカ侵略というのはパールハーバーのことでしょうか?・・・まあ、実際に大陸に侵攻しているわけではないのでそのように解釈します。パールハーバーは宣戦布告が遅れてはいるがれっきとした軍事行動なので国際法違反ではありません。もし、周辺の民間人に対し無差別爆撃を行ったというならば別ですが少なくても現在存在している歴史資料にはそのような事実はないので別に国際法には違反していないも...続きを読む

Q教科書検定での沖縄戦の質問

今日教科書検定で特に歴史教科書で沖縄戦で記述問題が話題になっていました。そこで質問したいことがあります。質問の仕方に知識不足もありますのでご容赦お願いします。
1.沖縄の新聞社は沖縄タイムスかもう一つしかないと聞いたのですが、
読売.朝日.毎日とか比べものにならないと聞いたのですが、どうして
圧倒的なのでしょうか。また前述の新聞社は基地反対派と聞いたのですが、本当でしょうか。
2.なぜ、米国が上陸する前に沖縄の民間人を本土へ全員避難させることはできなかったのでしょうか。当時の軍本部はなぜいそぐことはできなかったのですか。知識不足もあるのですいません。
3.これは、一番大事と思うのですが。事実とうそが混在するようにとおもうのですが民間人(子供赤ん坊も含めて)が洞穴に避難しているところへ兵隊が追い出して自分だけ助かる兵隊や民間人全員(小さい子供も含めて)邪魔だから殺したと思います。本来兵隊とは民間人を守るのになぜこんなことがおきたのでしょうか。
4.教科書でバランスのとれた書き方はどんな書き方がよいと思いますか。各国の教科書も自分の都合いい書き方になっていると思います。
5.また中には民間人を守った兵士がいると思います。どうして触れないのでしょうか。
6沖縄戦で名誉毀損て訴訟をおこしている人がいますが、どんな事件でしょうか。
私も歴史は今の一面の基準で考えてはいけないと思います。今の考え方
で判断してはいけないと思います。もしその当時生きていれば当時の判断で生きていたと思います。また二度と悲劇なことにならないことを祈って、教訓として行きたいと思いますので、よろしくご回答お願いします。

今日教科書検定で特に歴史教科書で沖縄戦で記述問題が話題になっていました。そこで質問したいことがあります。質問の仕方に知識不足もありますのでご容赦お願いします。
1.沖縄の新聞社は沖縄タイムスかもう一つしかないと聞いたのですが、
読売.朝日.毎日とか比べものにならないと聞いたのですが、どうして
圧倒的なのでしょうか。また前述の新聞社は基地反対派と聞いたのですが、本当でしょうか。
2.なぜ、米国が上陸する前に沖縄の民間人を本土へ全員避難させることはできなかったのでしょうか。当時の軍...続きを読む

Aベストアンサー

NO3です。
先に質問6について、他の方がお答えくださいました。
質問3について、当時の日本人は「個人の考え・生き方より、家長を中心とする家、すなわち天皇という家長を中心とする日本という国家に忠誠を尽くす事が最大の美徳」戦争が始まってからは「アメリカ人に捕まれば男は奴隷にされ、女性は陵辱される」と教育されてきました。このような思想背景をふまえていただいた上、やはり沖縄戦が「本土決戦を少しでも有利に行うための時間稼ぎ」といった面を否定できないこと(守備軍の参謀である八原大佐は、米兵に犠牲者が増えれば、アメリカの国民世論を動かし、講和条約を結べるかもしれないと考えていた。また昭和天皇も似たような考えを持っていた)、それがためにいざ戦闘となってしまえば日本兵が敵を倒すことが第一と考えていたであろう事は容易に想像できます。
ただ、国家・天皇第一という考えは沖縄県民にも根付いていました。鉄血勤皇隊、ひめゆり学徒隊に代表される少年少女も含んだ県民一体の協力は、海軍部隊指揮官の大田中将が「沖縄県民かく戦えり。県民に対し後世特別のご高配を」と感謝するほどでした。沖縄を守りきれず、県民に多大な犠牲を強いてしまったこと、さらに現在まで続く米軍に関する諸問題を、本土特に私も含め軍隊に縁のない土地の人にとっては忘れてはならないことだと思います。

質問5にも関連して、日本の学校の教科書は、沖縄戦について負の歴史を強調しすぎるきらいがあります。またそれに賛同する一部マスコミもあります。「日本軍はこんな悪いことをした。だから戦争・軍隊はいけない」と言いたいのでしょう。基本的には暴力組織である軍隊は無いにこしたことはありませんが、日本人を組織的に誘拐する国、その国内組織、日本の資源をかすめとろうとする国などがある以上、教科書上の限られたスペースのなかでの記述は考える必要があるのではないでしょうか?

南京事件の例などをみても、どこまでが真実なのか、タイムマシンでもない限り確認しようがありません。でもやはり私は自分の生まれた国が好きになりたいし、日本を敵視し、いつまでも謝れと繰り返す国の役者にオバサンどもが入れあげるのには嫌悪感をおぼえます。
質問者様がより良い回答を得られますよう、願っております。
長文、失礼致しました。

NO3です。
先に質問6について、他の方がお答えくださいました。
質問3について、当時の日本人は「個人の考え・生き方より、家長を中心とする家、すなわち天皇という家長を中心とする日本という国家に忠誠を尽くす事が最大の美徳」戦争が始まってからは「アメリカ人に捕まれば男は奴隷にされ、女性は陵辱される」と教育されてきました。このような思想背景をふまえていただいた上、やはり沖縄戦が「本土決戦を少しでも有利に行うための時間稼ぎ」といった面を否定できないこと(守備軍の参謀である八原大佐は、...続きを読む

Q沖縄戦はほぼ虐殺に近い?

先般、沖縄戦の悲惨さを特集したテレビ番組を見てから興味が沸き、大型書店などで関連本を何冊か読んで見ました。日本側戦死者兵士10万人、民間人10万人、アメリカ軍兵士6千人と記されていました。アメリカ側の洗練された兵器とその圧倒的物量はまるで西部開拓時代にインディアンを滅ぼしながら開拓してきた行為とオーバーラップしてなりません。実際、これは戦闘だったのでしょうか?丸腰とまで言いませんが、ほとんど相手にならない日本人を殺し尽くした感がしました。アメリカ軍にしたら6千人もの命を落としたのだから拮抗した戦いだと考えられているのでしょうか?今、東北大震災で亡くなられた人の数でも閉口させられるのに戦闘で20万人以上とはどんなだったか想像もつきません。

Aベストアンサー

連合軍 死者・行方不明者 12,520人 戦傷者 72,012人
日本軍 死者・行方不明者 94,136人
民間人 死者 94,000人
ですから一方的な戦闘ではないでしょう。軍人だけを見たら84532人vs94136人です。
連合軍 戦傷者が死者にならなかったのは勝って治療できたからです。

実際にアメリカ第10軍司令官(沖縄上陸軍最高指揮官)・サイモン・バックナー中将は戦死しています。
(このせいでこの地域は徹底的に攻撃されましたが)

虐殺なら東京大空襲(死者約8万~10万。負傷4万~11万名)や広島の原爆(推定急性死亡者数9万-16万6千人)や長崎の原爆(推定急性死亡者数6万-8万人)の方が近いでしょう。

Q沖縄は日本唯一の地上戦の場?

よく沖縄は日本唯一の地上戦の場だという表現をテレビなどで耳にしますが、本当は硫黄島でも壮絶な地上戦が行われたはずですよね。
という事は、あのような表現は、単なる製作者の認識不足なのでしょうか?

Aベストアンサー

#2の方のおっしゃるとおりです。

しかし付言するなら、この忘却は単なる「うっかり」「認識不足」ではないかもしれませんね。

戦後の日本は、かつて日本が植民地支配をしていたことを忘れよう(忘れる、は反省であるときもあるし、むしろ開き直りであるときもある)と努力してきました。植民地の朝鮮、委任統治下の南洋、保護国の満州国などは「かつて日本であったことを忘れたい過去」だから、そこでの戦闘は「日本での地上戦」ではなかったとして忘れたい戦闘であると言えます。

沖縄が「日本<本土>唯一の地上戦」だということであれば、正しいかもしれません。その場合は、「本土でない日本があった」ことを忘れてはならないでしょう。

Q沖縄戦について

沖縄戦は、兵隊の死者よりも、民間人の死者ほうが多いと聞いたことがあります。沖縄戦は、日本で唯一の地上戦ですが、だからといって、なぜ、民間人ばかりが死ぬのかよくわかりません。(民間人は、兵隊と違い、戦わず、防空壕に入って入れれるのでは…。)

Aベストアンサー

民間人の死者数が多かった理由はいろいろありますが・・

・沖縄の人が日本の教育を愚直に守りすぎてしまった。
戦中の鬼畜米英とかいうスローガンを知っているかどうかはわかりませんが、一応戦前の教育としてはこういうことをしていましたし、敵兵につかまるならば自決すべし、とか教えてもいました。
ただし、8月15日以降を見ればわかるとおり、実際にアメリカ軍がくるからといって自決までに及んだのはほとんど不明といってもよいくらい少ないです。
しかし、沖縄の場合は、半植民地という理由もあってか、そういったものを本土よりも忠実に履行してしまったようです。

・国のため
戦争となれば一番は国のためです。そのように産業構造や食料統制などあらゆるものがシフトします。
沖縄の地上戦のときもこれは例外ではありません。塹壕や食料は戦える将兵に渡すのがある意味当然であるし軍隊は当然ながら民間もある程度容認していました。
現在資料としては残っていないですが、壕の接収などはかなり強引な手立てを使っていたと考えられます。もしかしたら軍隊が民間人に危害を加えて追い立てたということもあったかもしれませんが、(軍関係者はもちろんですが)当事者たちがあまり話さなかったり、全滅してしまった壕も多いため不明です。

アメリカ軍の降伏勧告を、住民は呑みたくても近くにいる軍の手前一緒に自決したというのもあったでしょうし、降伏を拒んでアメリカに手榴弾投げ込まれたり、自爆した壕もあったはずです。
また、アメリカ軍が最初に行った地ならし(1000機近い艦載機からの空襲と数百隻からなる艦船からの艦砲射撃)でなくなった方、南部への逃亡が追いつかずになくなった人、交戦に巻き込まれた人、伝染病などで死んだ人も多いかと思います。

戦争が始まればいやがおうにも人が死ぬ。それが戦争なのです。

民間人の死者数が多かった理由はいろいろありますが・・

・沖縄の人が日本の教育を愚直に守りすぎてしまった。
戦中の鬼畜米英とかいうスローガンを知っているかどうかはわかりませんが、一応戦前の教育としてはこういうことをしていましたし、敵兵につかまるならば自決すべし、とか教えてもいました。
ただし、8月15日以降を見ればわかるとおり、実際にアメリカ軍がくるからといって自決までに及んだのはほとんど不明といってもよいくらい少ないです。
しかし、沖縄の場合は、半植民地という理由もあってか...続きを読む

Q沖縄地上戦は米軍の虐殺では?

良く激戦の地 沖縄と言われることが多いですが、実際の記録を見ると上陸米軍54万人、弾薬、火器使用量などと軍民間の日本側死者数20万人以上となると戦争の体を成していない様な気がします。実際、どうなんでしょうか?戦後70年の総括的な番組を見るたびに思います。

Aベストアンサー

戦争です。
ただ、既に日本は虎の子の海軍機動部隊を失い、武器の補充も出来ず、鉄鋼の生産も本土決戦のために必要と算出した計画値の20%以下しか生産できない状態であったにも関わらず、本土決戦の時間稼ぎとして、日本陸軍は抵抗を続けました。海軍も沖縄戦を戦いましたが、海軍には本土決戦はなく、沖縄戦が最後の決戦と考えていたようです。
勝つ見込みのない、戦争でしたが、日本の指導者は戦えと命じたのです。
即、戦争です。
虐殺との言で何をいいたいのか分かりませんが、戦争の勝ち負けではなく戦闘で死ねばそれは虐殺しか表現できないと思います。
虐殺の後に、あなたは何を言いたいのか、それが興味あります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報