The engineering manager sat at his desk in the corner of his room ( ) the materials for the following week's presentation.

()内に入る語は?

(A) preparing
(B) prepared
(C) preparation
(D) being prepared

という問題なのですが、答えは(A)でした。私は(B)でも平気かな?と思ったのですが
答えでは、(B)(C)(D)は文法的に間違い
と書いてありました。
どうして間違いなのか教えてください。;;

宜しくお願い致しますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>>(B)を入れた場合の訳を


>>「技術部長は翌週のプレゼン資料の準備された自分の部屋の隅の机に座っていた。」
>>後置修飾で、ひとつ前の名詞を修飾するのかと考えたのですが・・><
>>これでは、どこがだめなのでしょうか??

既に他の方が回答なさっていますが、私からも一応。

▲質問者様の質問の確認
質問者様の疑問は、分詞構文からは離れて、
「翌週のプレゼン資料の準備された自分の部屋」という意味として、his room prepared the materials for the following week's presentationは成り立つのではないか、ということですよね。

結論から言えば残念ながらこれは英語として成り立ちません。

名詞の修飾の仕方について考えましょう。
▲意味上の主語
 his room prepared…とすると、準備されたのは「彼の部屋」になってしまいます。これは、先に説明したように現在分詞と過去分詞による修飾は、「その意味上の主語が~している/~されている」となりますので、his room preparedは「準備された彼の部屋」になるのです。「翌週のプレゼン資料の準備された自分の部屋」と言う訳は一見すると、「準備された彼の部屋」だから合っているではないか、と思われるかもしれませんが、この日本語をきちんと読むと、準備されたのは「プレゼン資料」だということがわかると思います。わかりやすく書きかえると「翌週のプレゼン資料が準備された自分の部屋」という意味になっているわけです。

▲受動態
 これに関連して、受動態について復習しておきましょう。受動態は他動詞の目的語が主語になったものです。従って受動態になったあとは動詞の後ろに名詞は残りません。名詞が残るのは初めから名詞が二つある場合の時だけです。
 He broke the cup. → The cup was broken. (brokenの後ろには名詞はなくなる)
 He gave me the book.
  → I was given the book. (もともと二つ名詞があったので一つは残る)
  → The book was given (to) me. (一般的ではありませんがtoを省略することができます。これももともとの文章に名詞が二つあったためです)

 過去分詞で名詞を修飾する場合も、この受動態の形式を残しています。もともと第四文型(動詞の後ろに名詞が二つ続く形)であるものを除き、過去分詞の後ろに名詞は残りません。
 There was a bird caught by a cat :猫に捕えられた鳥
 →A cat caught a bird.の目的語が(意味上の)主語になっているのでcaughtの後ろに名詞は残りません。

 「his room prepared the materials」はどうでしょうか。
 過去分詞で名詞を修飾しているにも関わらず、動詞の後ろに名詞が残っています。では基の文章はなんだったのでしょう。第四文型だったのでしょうか。
 his room prepared the materials
 →XXX prepared his room the materials. 元の文はこのようになるはずですが、意味が通じません。prepareに第四文型はありません。従ってこの文は文法的に誤りです。

▲おまけ
 以上見てきたのは、まず「his room prepared the materials」という英語が文法上あり得ないこと。そして、「翌週のプレゼン資料の準備された自分の部屋」は「翌週のプレゼン資料が準備された自分の部屋」という意味であることです。では、「翌週のプレゼン資料が準備された自分の部屋」を英語にするとどうなるのでしょうか。
 何度も繰り返しているように、過去分詞によって名詞を修飾する場合、その名詞が意味上の主語になってしまいます。しかし、「部屋」が主語ではなく、「プレゼン資料」が主語としたいので、過去分詞は使えません。主語を伴って名詞を修飾するためには関係代名詞(関係副詞)を用います。これがNo.2さんが回答なさっていたものです。
  his room where the materials for the following week's presentation was prepared
 where以下に主語+動詞をおいて、his roomを修飾しています。「翌週のプレゼン資料が準備された」自分の部屋、となるわけですね。

おわかりいただけたでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごく、すごくわかりました。;;

おかげで昨日やる気をなくしてた英語をまた始められそうです;;
本当ありがとうございます!;;
助かりました;;

丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2011/04/10 22:50

分詞構文の場合、何故駄目なのと聞かれると、なんと説明をして良いのか・・・トライをしてみましょう。



A)
The engineering manager sits at his desk in the corner of his room, and he prepares the materials for the following week's presentation.
上記に示す現在形の文章を分詞構文になおすと、接続詞のandと主語が省略され動詞が進行形にかわる。

The engineering manager sits at his desk in the corner of his room, preparing the materials for the following week's presentation.

では、下記のsitが過去形になった下記の分詞構文

The engineering manager sat at his desk in the corner of his room, preparing the materials for the following week's presentation.

を接続詞をつかった文章になおすと

The engineering manager sat at his desk in the corner of his room, and he prepared the materials for the following week's presentation.

前文の時制に後文が引きずられます。

ですからAの回答は正しい。

B)
次に下記の文は文法書から抜粋した分詞構文です。

Wounded and tired, he continued to work.

上記のwondedとtiredは形容詞として使われています。接続詞を使った平文になおすと

Though he was wounded and tired, he continued to work.

上記の例文を踏まえてBの回答で考えると

The engineering manager sat at his desk in the corner of his room, (prepared) the materials for the following week's presentation.

上記のPreparedはwondedやtiredと同じ形容詞として文法的にはとらえられると、接続詞を使った文章は下記ようになるはず。
http://eow.alc.co.jp/prepared/UTF-8/


The engineering manager sat at his desk in the corner of his room, and he was prepared the materials for the following week's presentation.

主語(he)+be動詞+形容詞(prepared)+名詞(the material)

の文章は文法的になりたたない

ですからB)は間違い。
..
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました;;

何とか理解することが出来ました;;

皆様のおかげです(>_<)

本当にありがとうございました!

お礼日時:2011/04/10 23:00

>技術部長は翌週のプレゼン資料の準備された自分の部屋の隅の机に座っていた。


だったら、関係副詞を使って

The engineering manager sat at his desk in the corner of his room where the materials for the following week's presentation was prepared.

とでも言わないと意味を成しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
おかげさまで理解することができました;;

本当にありがとうございました!

お礼日時:2011/04/10 22:59

こんにちは



「~しながら」という意味を持つ分詞構文ですね。
分詞構文の主語は、主節の主語と一致します(一致しない場合には独立分詞構文と言って、分詞構文の前に主語を置く)。

この文の場合、主節の主語はThe engineering managerですから、「資料を準備しながら」という分詞構文をいれるためには、preparingとしなければなりません。

(B) prepared   :managerが「準備された(されたので等)」となってしまいます。
(C) preparation  :この文のこの位置に名詞はこれません
(D) being prepared :やはり受動態になってmanager「準備されながら」となってしまいます。

分詞構文は
-ing形なら、「主節の主語が~しながら」という意味になり
-ed形なら、「主節の主語が~されながら」という意味になります。
(意味は色々考えられますが、ここでば便宜上一つに限定しました)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答本当にありがとうございます;;

私の勉強不足でわからないところがあるのですが、

(B)を入れた場合の訳を
「技術部長は翌週のプレゼン資料の準備された自分の部屋の隅の机に座っていた。」
後置修飾で、ひとつ前の名詞を修飾するのかと考えたのですが・・><
これでは、どこがだめなのでしょうか??

何度も本当にすいません;;

お礼日時:2011/04/09 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で主語のない否定文にしたい

英語で主語のない否定文にしたい

最近、仕事で英語で資料を作成したりすることがあります。
その中でワークフローを英語で作成することがありますが、
その中で表題のような文章を作成しなければならなくなりました。

一応、「現状では正しい解答を表示させることは出来ない」という日本語ですが、
こちらを英語に翻訳しなければなりません。

主語がない文は固い文章になるというのを見たことがありますので、
自分なりに英文でも日本語の文章と同じように主語のない文章にしてみました。
(広告や文献などでも主語の無い文章は英語でも使用されると見ましたが。)

「Under the circumstances, not be able to display the right answer.」

上記のような文章を一応考えてみました。


【質問1】
この英文で合っていますでしょうか?

【質問2】
not be able to を cannot としたらどのようなニュアンスの違いになりますでしょうか?

以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

この文がどちらの視点から見ているかということです。
情報を提供する側からでしたら、display correct answers
show correct answers

情報を得る側からでしたら view correct answers
ということになります

現状では under the circumstances 前出に何らかの説明がされている時に、依ってという意味合いで使います
under present circumstances などもあります

この表題の場合は、
現在ではという意味合いと判断できますので

at present, at the moment, curretly,
for the moment, for now
などがあります

at は時点では、 for は 関しては という意味の違いはありますが、実質変わりません。

主語がない文とは、文ではないわけで、
説明部分ということになります

No correct answers shown
示されない正しい回答 と捉われがちです
意味はわかるの範疇になります

この場合は主語を省略して、not to be able では言葉数が多いので
unable to とします



At present, unable to display correct answers(表示する側)
For the moment, unable to view correct answers(見る側)

right も正しい意味ですが、正しいという意味では間違いがない
correct にしてみました

こんにちは

この文がどちらの視点から見ているかということです。
情報を提供する側からでしたら、display correct answers
show correct answers

情報を得る側からでしたら view correct answers
ということになります

現状では under the circumstances 前出に何らかの説明がされている時に、依ってという意味合いで使います
under present circumstances などもあります

この表題の場合は、
現在ではという意味合いと判断できますので

at present, at the...続きを読む

Q英文法:She his mama as well as his wife. 関係代名詞+be省略? 同格? 文法無視?

こんにちは、いつもお世話になります。

"Knowing Otis, he run home to Celeste. She his mama as well as his wife."
(出典: 書名:ON, OFF 著者:Colleen McCullough)

背景としては、殺人事件が発生して、刑事が現場に着くと、第一発見者(Otis)が居ない。刑事は、Otisの同僚に彼が何処にいるのか聞いたところ上記の返答を得るわけです。

試訳:「ずるいOtisなら、Celesteのいる家に逃げ帰りました。彼女は、やっこさんのママでもあり妻でもあるんです。」

要するに、奥さんと言うよりも甘える『ママ』と化しているCelesteの元に、第一発見者は「怖かったよ~。 死体みたよ~。」と帰ったわけなんですが、

質問:タイトルの通り、この構文は文法的にはどうなっているのでしょうか?

・She (who is) his mama as well as his wife. 省略?

・She(,) his mama as well as his wife. 同格?

今一分かりません、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

"Knowing Otis, he run home to Celeste. She his mama as well as his wife."
(出典: 書名:ON, OFF 著者:Colleen McCullough)

背景としては、殺人事件が発生して、刑事が現場に着くと、第一発見者(Otis)が居ない。刑事は、Otisの同僚に彼が何処にいるのか聞いたところ上記の返答を得るわけです。

試訳:「ずるいOtisなら、Celesteのいる家に逃げ帰りました。彼女は、やっこさんのママでもあり妻でもあるんです。」

要するに、奥さんと言うよりも甘える...続きを読む

Aベストアンサー

She, (who is) his mama as well as his wife. 
She, his mama as well as his wife.

同格,省略いずれでもいいでしょう。
独立した文にはなっていますが,分詞構文的に being が省略されているなどと考えることもできます。

このような be 動詞の省略は十分あり得ます。
もう2,3年前ですが,相当難解な be 動詞の省略の連続と見られる文章を解答したことがあります。
ちょっと見つけられそうにはないですが…

he run なのでしょうか。

Q主語を言わない、英語

facebookのコメントなどで、
主語などを言わない英語のコメントをたまに見ます。
例えば
Remember the lady in green dress i uploaded the other day?


これは、ネット上だけでしょうか?
また、こういう風に主語なく話すのは若者だけですか?

Aベストアンサー

この場合は、

Do you remember the lady......? (覚えてる?)

Remember the lady...... (思い出してみて。。。命令形)

のちょうど中間ぐらいの意味です。

仰るように、フェイスブック、テキストメッセージ、イーメイル=ネット上では、主語を省いた文章を使うことが良くあります。
内輪話ですからね。

会話でこれをすると横柄な感じです。

特にあなたや私のような、ESL(English as Soncond Language)の人たちが、省略された英語を使うと、英語ができない、と誤解されますから、きちんと主語を入れた会話をするのが、きれいな英語を話す人、と評価されるためには大切です。

英語が母国語の人でも、きちんと教育を受けた人は、整った英語を使います。話し方で、教育程度を判断できるのは、日本語でも同じだと思います。

Q『新TOEICテスト 文法・語彙問題ルール14』英語文法について

『新TOEICテスト 文法・語彙問題ルール14(旺文社、松本茂監修)』の演習問題にある英語文法について お伺いします。

英語文法に詳しい方、また、同書物をお買い上げになって、
なぜその答えになるのかご存知の方、是非教えて下さい。

 ※尚、これは、同書物の解説が納得できず、また自信で辞書や参考書などで調べましたが、解決できないものでした。

(44ページ、8番)
(1)Measures to balance the budget,____ implemented over the next three years, will reduce everyone's tax burden.
(今後3年にわたって実施に移される予算均衡措置は、すべての人の税負担を軽減するであろう)
A to be
B will be
C which is
D which has been

答えはAですが、私はCだと思いました。
解説ではCやDは完了形だと言っています。(これもなぜ完了形なのか疑問です)また、Aが未来をあらわすからこれが正解だと言っています。Aが未来をあらわすのはなんとなくわかりますが、やはりなぜCでは不正解なのか、と教えてください、宜しくお願い致します。

『新TOEICテスト 文法・語彙問題ルール14(旺文社、松本茂監修)』の演習問題にある英語文法について お伺いします。

英語文法に詳しい方、また、同書物をお買い上げになって、
なぜその答えになるのかご存知の方、是非教えて下さい。

 ※尚、これは、同書物の解説が納得できず、また自信で辞書や参考書などで調べましたが、解決できないものでした。

(44ページ、8番)
(1)Measures to balance the budget,____ implemented over the next three years, will reduce everyone's tax burden.
(今...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。

文法的には C でも「完全な間違い」とまでは言い切れない(→貴殿がこのようにしゃべってもあまり違和感を与えない)と思いますが、以下の2点から to be が the best choice になるでしょう。

1. which is とすると何かがもう「されている」という感じになります("which is" implies that "something is done")。

2. implement は put into effect (「実行する」のような感じの意味合い)ゆえ、この文にあっては the budget is implemented for the next .. とすると、「(将来実行されることが)実行されている(is implemented) となり論理的に、おかしくなります。たとえば,その implemented が allocated (...., which is allocated for the next three years, ...)のような語ならwhich is でもいいです(allocateされている)が、implementですから・・・。

Hope this helps.

こんにちわ。

文法的には C でも「完全な間違い」とまでは言い切れない(→貴殿がこのようにしゃべってもあまり違和感を与えない)と思いますが、以下の2点から to be が the best choice になるでしょう。

1. which is とすると何かがもう「されている」という感じになります("which is" implies that "something is done")。

2. implement は put into effect (「実行する」のような感じの意味合い)ゆえ、この文にあっては the budget is implemented for the next .. とすると、「(将...続きを読む

Q英語のヒアリング(リスニング)の主語・動詞の塊の見分け方。

英語のヒアリング(リスニング)の主語・動詞の塊の見分け方。

英語は文法は一通り分かるのですが、聞き取りがものすごく苦手です。
音がつながったりするとかなり厄介な状態になります。

さて私は英語のヒアリングをする時に、このようにやっています。
まず英語だと「S→V」とくるから、

1.まず「S」(主語)から始まる。どこまでが主語かを判断するために、「V」(動詞)がくるまで待つ。
 (文頭に時間や場所などが入っている場合を除く)
2.動詞がくる。
3.その後は、文を修飾する部分がくる

このような認識で聞いています。

ですので、動詞が明らかに分かった時は文の構造(どこまでが主語だったか)というのは
分かるのですが、早すぎたり短縮されたりして動詞に気づかなかった時は延々と主語の終わりが分かりません。

このように、まず主語から始まるぞ、と耳をこらして動詞がくるのを待つ。
というヒアリングのやり方は間違っているのでしょうか。
チャンク(塊)を意識するというのを本で見て、私なりに
主部・述部の塊をとらえるという理には叶っていようには思うのですが。

もし私の意識の持ち方で間違っていないのであれば、追加で心がけるところなど
ありますでしょうか。


聞き取りでなんらかの意識を心がけている人は、どういったことに
注意を払っていらっしゃいますか?


どんな些細なことでもいいので、よろしくお願いします。

英語のヒアリング(リスニング)の主語・動詞の塊の見分け方。

英語は文法は一通り分かるのですが、聞き取りがものすごく苦手です。
音がつながったりするとかなり厄介な状態になります。

さて私は英語のヒアリングをする時に、このようにやっています。
まず英語だと「S→V」とくるから、

1.まず「S」(主語)から始まる。どこまでが主語かを判断するために、「V」(動詞)がくるまで待つ。
 (文頭に時間や場所などが入っている場合を除く)
2.動詞がくる。
3.その後は、文を修飾する部分がくる

...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。自分で読み返して意味不明?と思ったので補足。

>リスニングに関してはある程度大人になってから理屈で覚えたわけではないので

十代の頃から理屈を考えずにやってきたので、という意味です。
中学以前にやってたわけではないです。

------
以下、また書いちゃいますと、

そうですねえ、
英語の構造を理解しようとするんでなくて、何を言ってるのか話を理解しようと意識している、と言ったらいいんでしょうか・・・・。

そうすると別に、「私は買った、本を2冊、昨日」とかで良いんですよ。
「私は行きました(I went)、書店に(to the book store)、友達と一緒に(with a friend of mine)」とか。

もしかして主語の部分が長いとか、動詞が分かりにくいとかいう、長くて難しい文章を聞いているとか・・・? 聞くのでなく読むのも大変とかいうレベルの。
いっぺん簡単なのに戻ってみたらどうでしょうか。自分が困難なく読めるレベルの短文で耳慣らししてみては。

最初は分割して考えていても、慣れるに従いだんだん長いまま聞き取れるようになると思います。
(区切り方を間違えてたらごめんなさいね、文法苦手なもので)
あくまでもたとえですから簡単な文を挙げますが、
I went to/ the book sotre /with/ a friend of mine.
I went to the book sotre /with a friend of mine.
I went to the book sotre with a friend of mine.と一続きで区切る必要なく。流れるように。

簡単なのが聞けないうちに難しい素材で練習しても聞けませんから、まず馬鹿みたいに簡単なのから。長い文章も短い文の集まりみたいなものです。

自分で音読してみるのもいいかもですね。リズムや流れを体感するためにも。
「アイ・ウェントゥー、ザ、ブックストア、ウィズ、ア・フレンド・オヴ・マイン」も、手本音声を真似しつつ何度も繰り返し音読して慣れれば「アイウェントゥザブックストアウィズァフレンドオヴマイン」になりますから。
(チャンクでなくチャンツみたいかな)

私も何でも聞き取れるレベルではありません・・・・TOEICみたいなテスト問題だとだいぶ聞き取れるようになりましたが、生英語は難しいです。

No.2です。自分で読み返して意味不明?と思ったので補足。

>リスニングに関してはある程度大人になってから理屈で覚えたわけではないので

十代の頃から理屈を考えずにやってきたので、という意味です。
中学以前にやってたわけではないです。

------
以下、また書いちゃいますと、

そうですねえ、
英語の構造を理解しようとするんでなくて、何を言ってるのか話を理解しようと意識している、と言ったらいいんでしょうか・・・・。

そうすると別に、「私は買った、本を2冊、昨日」とかで良いんですよ。
「私...続きを読む

Q英語文法問題集(頻出英文法・語法問題1000)の使い方

 はじめまして。進学校に通う高1です。
 英語の文法用の問題集として全解説頻出英文法・語法問題1000を買って、自主的に取り組んでいます。

 そこで使い方などで悩んでいます。この本は解説がとても詳しいのでとても気に入っているのですが、その解説に書いてある周辺知識などは覚えたほうがいいのでしょうか。問題を進めて解説を読んでいく中で、様々な新発見があります。それらは一つ一つ着実に覚えて、この本のすべてを吸収する勢いで取り組んだほうがよいのでしょうか。

 みなさんは文法用の問題集をどのように使っていますか。
 
 慶応志望、進研英語偏差値75です。 
 

Aベストアンサー

こんにちは!最近大学に合格したものです^^
あなた様みたいにそんなに頭はよくないのですが、参考にして頂けたら幸いです!

私もこの問題集使ってました!私の場合は細かく見てましたよ。
いろんな問題集に手を出さずに何回も繰り返し使っていました。
そしたら自然と周りの知識も覚えられました!
模試では結構その知識が役に立ったかな?と感じますが、、、
ぶっちゃけ本番は出ませんでしたね(泣
まぁ、本番は何が出るか運ですからね!

でもあなた様の志望校の英語は穴埋め4択ですか??
それならこの問題集はすごく使えますが、正誤問題の場合はあんまり役に立たなかった気がします。
まぁ、赤本見て問題傾向を見て問題集を選んだ方がいいと思います!
長々と失礼しました!

Q[基礎英語] 主語の作り方を教えてください。初心者です。仕事で英語が必須になり勉強してます。

[基礎英語] 主語の作り方を教えてください。


初心者です。
仕事で英語が必須になり勉強してます。

動名詞(名詞的用法)での主語の作り方を教えてください。


例文1: その問題を解決することはわたしにとって簡単だ。

Solving the problem is esay for me.

例文2: 彼の手伝いをすることはとても難しい。

His helping is very difficult.


上記2つの文は、問題ないですか?
この時、例文1の主語である「Solving the proglem」が「The problem solving」だったら、おかしいですか?


その場合、具体的にどうおかしいのかおしえてください。

Aベストアンサー

His helping という文が、日本語でいう「彼の手助け」という意味にはなりません。
Hisが「彼の持つ」「彼の所有する」という意味だからです。
help 「助ける」 
誰を助けるのか?となると
help him「彼を助ける」となり、目的語が後です。英語は語順を間違えると意味が変わることがあるので語順が大事です。
Helping him is~ と主語にして始めるか、
It's very difficult to help him.
Itで主語を「それ」としておいて最後にto以下で「それ」の説明をしても同じことです。helpingとto help でどちらも「助けること」となるのでto helpingと混ぜないように。「助けることこと」みたいな感じになっちゃいます。

The problem solvingも語順が違うのでおかしいです。
solve●●で「●●を解決する」という語順です。
英語には日本語で目的語につける「~を」という接続詞がありませんのでその代わりに語順で表すのです。
目的語は基本的に後です。
The ●● solving とすると「●●な解決」といったように、solvingに対する形容詞や色、形、何か詳しく説明するものが来るべきです。
例えば、
blue bird「青い鳥」
big problem 「大きな問題」
beautiful cat 「美しいネコ」
clean room 「清潔な部屋」
といった感じです。
では、the problem solvingは?となったらわかりますね。「その問題な解決」と何だかへんてこりんな訳になります。

Doing his to help is~についてはへんてこりんで訳しようがありません。(すみません。)
Doとhelpはどちらも動詞なのでどちらか一つで大丈夫です。helpを強調したいときはdoをつけて強める事もありますが。
hisは先ほど説明した通り「彼の所有する」という意味なのでここでは必要ありません。代わりに目的語である「him」を用います。
to●●is~ ●●主語として使用したかったのでしょうか?
でしたらTo helping him is~でOKです。

His helping という文が、日本語でいう「彼の手助け」という意味にはなりません。
Hisが「彼の持つ」「彼の所有する」という意味だからです。
help 「助ける」 
誰を助けるのか?となると
help him「彼を助ける」となり、目的語が後です。英語は語順を間違えると意味が変わることがあるので語順が大事です。
Helping him is~ と主語にして始めるか、
It's very difficult to help him.
Itで主語を「それ」としておいて最後にto以下で「それ」の説明をしても同じことです。helpingとto help でどちらも「...続きを読む

Qこの例文は誤りなのでしょうか?We were surprised at the way in which he used his tools.

We were surprised at the way in which he used his tools.
という例文があるのですが、"he used his tools."の節の"use"は、他動詞であり、目的語が必要なので関係代名詞を使用するはずなので、この場合"in which"ではなく"which"だけでいいのではないでしょうか?

理由も含め、どなたか御教授いただけませんか?
それではご回答よろしくお願致します。

Aベストアンサー

"used"の目的語は、"his tools"です。"which"が、"used"の目的語というわけではありません。

ご質問の文章を2つの文に分解すると、次のようになります。

He used his tools in a (strange) way.
=彼は、道具を、ある(おかしな)やり方で、使った。

We were suprprised at the way.
私たちは、そのやり方に驚いた。


この2つの文章を、以下の手順で結合すると、ご質問の文章になります。

最初の文で“in a way”となっているところの“a way”を関係代名詞“which”に変身させて“in which”とします。

関係詞は文(と言うか、節?)の最初に来ることになっていますから、“in which”を前に持っていくと、“in which he used his tools”となります。

これを、もうひとつの文と結合すると、“We were surprised at the way in which he used his tools.”になります。

"used"の目的語は、"his tools"です。"which"が、"used"の目的語というわけではありません。

ご質問の文章を2つの文に分解すると、次のようになります。

He used his tools in a (strange) way.
=彼は、道具を、ある(おかしな)やり方で、使った。

We were suprprised at the way.
私たちは、そのやり方に驚いた。


この2つの文章を、以下の手順で結合すると、ご質問の文章になります。

最初の文で“in a way”となっているところの“a way”を関係代名詞“which”に変身させて“in which”としま...続きを読む

Q英語英語カテゴリ 黄線二個目。 never has……… neverは副詞なので主語がないですよね。

英語英語カテゴリ

黄線二個目。
never has………
neverは副詞なので主語がないですよね。
倒置でもありませんよね?
文法的に簡単にでいいので解説お願いします。

Aベストアンサー

has の主語は主格の関係代名詞 that です。
the expression + that SV で「~という表現」で、
同格の that 節がくることが多いですが、これは主格の関係代名詞。

an expression that never has a negative meaning
決して、否定的意味を持つのではない表現

to make the difference というのは、英語では
決して否定的意味を持つのではない表現だ。

文法的に that が has の主語ですが、
説明的には先行詞 expression が has の主語みたいなものです。

Q英文法:The more I see of men, the more I love dogs.のofの文法的必要性とニュアンスをおしえてください。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

比較表現のthe+比較級, the+比較級の表現で「行政機関を見なければ見ないほど、気持ちがいい。」という意味だと思いますが。  何故"see of"とofが付くのか分かりません。

検索してみたら、この言い回しの元ネタらしき諺を発見しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
# The more I see of men, the more I love dogs.
《諺》人間を見れば見るほど犬が好きになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://eow.alc.co.jp/%22see+of/UTF-8/

でも結局なんで、ofが付くのか分かりません。 むしろof無しの方が自然に感じられます。 文法的にこのofは何でしょうか?

よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~...続きを読む

Aベストアンサー

>→ As I see much of men, I love dogs more.

 「As I see more of men, I love dogs more.」の方が良いですね。

 この場合の「much」は名詞で「たくさん」という意味です。「Do you see much of him?」と言えば「Do you see him often?」のことです。

 「little」にすれば「わずか(しかないもの)」という意味の名詞です。「see much/little of ...」の目的語には「人」が普通ですが、「物」がくれば「・・・のことをよく知る/・・・のことをあまり知らない」と訳せば良いでしょう。

 ご参考になれば・・・。


人気Q&Aランキング