ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

円柱の直角度の測定方法がわかりません。
図面には円柱の底面にデータムAがあり、
円柱の中心線から直角度φ0.1Aとあります。
測定方法を教えてください。

A 回答 (1件)

以下HP参考になると思います。



参考URL:http://www.natuo.com/kikakousahure-mu4no4no8tily …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q直角度について

NC旋盤を使っているものです。
機械図面の幾何公差についてですが、穴径に直角度が記された図面がありました。
穴径φ40に対して直角度0.01と…
これってつまり、穴径が0.01振っていたらダメということであって、
穴径がφ40とするとφ40.01~φ39.99におさまらないといけないという事でしょうか?
穴の幾何公差は真円度と円筒度しか関係ないと思っていたのですが、直角度も関係あるのですか

Aベストアンサー

「直角度」とはNo,1,2様の通りですが、「旋盤加工」で直角度?。
旋盤で普通に仕上げをすれば(掴み替えなしでの1工程の加工であれば)、フランジ面(端面)に対して穴の直角度は物理的に「直角」になりませんか?。

掴み替えや2工程以上の加工でない限り、気にすることはないと思いますよ。
その図面は恐らく、主に「旋盤」以外の加工機を使った場合に留意する公差であると思います。
まぁ詳細がわからないので推測になりますが・・・。

Q角度換算について

教えて下さい。

趣味で色々工作をしているのですが、例えば58mm×43mmの長方形のブロックがあります。このブロックには直角度があり、58mmの辺を基準に48mmの辺の直角度が±0.5mm以内と記載されていた場合、角度に換算する場合、どのように計算すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

この質問の趣旨は
・直角度の定義が分からないので知りたい。角度の方が理解しやすい。
・定義は分かっているが角度に直したときの大きさを知りたい。

どちらでしょうか?前者ならここよりDIY(日曜大工)のカテあたりで
聞かれた方がいいのではないでしょうか?
直角度という言葉は数学と言うより工学でしょうから。


後者であるなら定義を書かれた方が回答がつきやすいと思います。

質問の直角度が48mm先で本当の直角の時より長さで±0.5mm左右に
ずれているということであるなら

asin(0.5/48)≒0.60°
90±0.6°
だと思います。ただ、xが小さいときは
sin(x)≒x (ただしxはラジアン)
が成立しますので、

0.5/48*180/3.14=0.60

で近似的に計算できます。

Q三次元測定機の使い方を教えてください。

業務で門型の三次元測定機(X、Y、Z軸)を使用始めたのですが、測定値が2-3μmばらつきます。使用するにあたっての、注意事項を教えてもらえますか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#2の追加です。繰り返し精度が良いのでソフトには問題ないと思いますが、ソフトが悪い時もあるそうです。

直交の確認は以下の通りです。
通常は精度の良い直角のゲージで確認します。(例えばXY軸の直交の確認ですと、テーブル面上に直角ゲージを置いて直角ゲージの片面を機械のX軸の動きに合わせます。その状態でゲージのもう片面をY軸で計り、直角ゲージの保証している精度と同じ値が取れれば測定器のXY軸は直角と考えられます。同様にXZ軸、YZ軸も検査ししてください。)

ただこのように高精度な直角ゲージは一般的ではありませんので、これ以上は測定器メーカーに頼んで見てもらうほうが良いかもしれません。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qリーマ加工とH7穴の指示の違い

機械設計をしております

部品図を作図する際に、H7をはめあい公差として指示する場合が多いのですが
提出した図面に対して、客先からリーマ穴と記入訂正するように言われます

リーマと記載しない場合も有ります

この違いは何なんでしょうか?

分かりやすく教えて頂くと助かります

また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

Aベストアンサー

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.036ミリのガタを嫌ったのかも知れません.

>また、この場合はリーマで、この場合は、リーマ穴は駄目とかケースを教えて下さい

特に決まりはありません.その場,その場の設計者の経験と感とセンスによる場合が多いです.
この場合は絶対にリーマ穴じゃないとダメ.というような決まり・JIS規格のようなものはありません.

大雑把に言うならば,可動部分で,部品同士がズレを起こしてはならない部分は,リーマ穴です.
また,静止部分でも機械振動が伝わってきて,面で接している部品同士のズレやガタの発生が心配.という様な場合もリーマ穴です.

静止部分で,部品同士がズレを起こす心配がなく,単なる位置決めの部分は,平行ピンを打つ場合が多いです.また,何かの理由で,リーマ穴に出来ないか,リーマ穴の効果が期待できない場合は,平行ピンを打ちます.例えば,板状の2枚の部品が薄ければ,リーマ穴にはしません.逆に,厚すぎてもリーマ穴には出来ません.

ですから,ケース・バイ・ケースなのです.

釈迦に説法でしょうが,公差についての参考です.
http://kousyoudesignco.dip.jp/drawingTolerance.html

寸法公差とはめあいのPDFファイルです.
http://www.den.rcast.u-tokyo.ac.jp/sekkei2009/doc/tolerance.pdf

以上です.

元・機械設計製作をしていた者です.

お客さんの意図が何かは分かりませんが,リーマ穴にするかどうかの一般的な規格・規則はなく,経験とその人の感覚による場合が多いです.リーマ穴にしておいた方がより安心だ! という様な.

質問者さんが何ミリの径に対して公差 H7 を指定しているか分かりませんが,例えば,Φ10(直径10ミリ)のピンを打つ場合の公差 H7 は,穴がΦ10_H7(0 ~ +0.018)で,ピン(軸)は,Φ10_H7(0 ~ -0.018)です.ですから,最大で,0.036ミリの隙間があります.お客さんは,この 0.03...続きを読む

Q工業製品の抜き取り検査のN数の決め方

実際に今起きている話ですが、例えばあるロットの一部を1箇所切り出して測定し、規格10以下に対して9であったため合格として納入したところ、客先で同じロットの別の場所からサンプリングし、検査した所、11であったらしく、このロットはNG扱いとなってしまいました。流出防止策として、安易な考えで”ロットの一部を1箇所切り出して測定し、8以上の場合は再サンプリングして判定する”としましたが、統計的に、再度サンプリングするための閾値の決め方やN数の決め方はどのようにすべきでしょうか?検査の工数増をできるだけ避けたいので、むやみやたらとN増しは行いたくなく、かといって仮に数十箇所測定して1箇所だけ規格外があっても、工場としては納品したいのが本音です。工場、客先双方が納得できる落としどころがあればよいのですが。

Aベストアンサー

今回の質問の前提条件を確認したいです.

抜き取り検査が許されているということは,普通は工程能力が十分あることが
確認されていると思います.そうでなければ抜き取り検査ではなく,全数検査する必要が
あるはずです.

今回の結果は「11」とは,規格上限に対して外れていたということでしょうか.
それとも規格上限には余裕があった上で,取り決めた数値に対して外れていたということ
でしょうか.(そうでなければ品質管理としては理屈がなっていないですが)

先ずはこの製品の工程能力がどんなものかそれがスタートです.



>仮に数十箇所測定して1箇所だけ規格外があっても、工場としては納品したいのが本音です

気持ち的には分かるところもありますが,こんなことを了解していては品質管理が分かっていない,
もしくは無視していることにしかならないと思いますが.

Q体積を重さに置き換えるには?

タイトルにあるとおり、体積(縦×横×高さ)で出る数字を、重さ(Kg)に置き換えたいのですが、どういう計算をしたらいいのでしょうか?
どなたか教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

体積を質量に換算するには単位体積当たりの質量を体積にかけてやれば求まります。

(質量[kg])=(体積[m^3])×(単位体積当たりの質量[kg/m^3])
(質量[g])=(体積[cm^3])×(単位体積当たりの質量[g/cm^3])
液体のような場合
(質量[kg])=(体積[L])×(単位体積当たりの質量[kg/L])
(質量[g])=(体積[mL])×(単位体積当たりの質量[g/mL])
ここで,
1[L](1リットル)=1000[mL](ミリ・リットル)=1000[cc]

単位体積当たりの質量には

○鉄やアルミや岩石などの塊では 密度[g/cm^3]または[kg/m^3]

○牛乳や水や油などの液体では  比重[g/cc]または[g/mL]または[kg/L]

○お米や綿や砂や発泡スチロールやビーズなど
隙間に空気があるようなものでは
単位体積の質量を計測した値[g/ml]または[kg/L]など

をつかって計算します。

Qねじの呼び径計測

ネジの呼び径を正確に計測する方法をどなたかご教示ください。
おねじの場合ノギス等で外形を実際に計測する方法しかないのでしょうか?
まためねじしかない場合はどうすればいいのでしょう。
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前、機械検査に携わっていた者です。現在は離職しているので、経験を遡って回答してみます。宜しく御検討下さい。

まず、質問文中の「ネジの呼び径を正確に計測する」という表現は、正確に言うと妥当ではありません。
ねじの呼び径とは、JISB0101(ねじ用語)によると「ねじの寸法を代表する直径で、主としておねじの外径の基準寸法が使われる」と定義されています。つまり、ねじがM10やM20と表記されるうちの10や20という外径の数字自体が呼び径です。
従って、おねじの場合であれば「ねじの現品が呼び径の表記と相違ないかを確認するために、外径を測定する」という捉え方になります。

JISB1071(ねじ部品の精度測定方法)には、おねじの外径を測定する方法として、外径用通り・止まりのリングゲージによるものと、マイクロメータ等の測定器で実測するものとが記載されています。
ねじの大きさにもよりますが、後者のマイクロメータを使用すれば、ラチェットストップで測定圧が一定になるので正確な測定値が得られます。その際の注意点としては、少なくても一方の測定面に2山、他方の測定面に1山が接するようにして、測定面とねじの軸線が直角になるようにしなければなりません。

めねじの場合、おねじの外径に相当する寸法は、めねじの谷の径になりますが、これは直接測定できないので、代わりに「めねじの内径」を測定します。
上記JIS規格では、めねじの内径を測定する方法として、一つは内径用通り・止まりプラグゲージを使用する旨が記載されています。これは、ねじの大きさ・等級に対応して製作されるもので、詳細は、JISB0251(メートルねじ用限界ゲージ)の中に、プレーンプラグゲージ(PP)という名称で規格設定(附属書表8)されており、ねじゲージのメーカーが販売しているかと思います。測定方法は、通り側ゲージが内径に入り、止まり側ゲージが内径に入らなければ、規格を満たしているとするもので、この方法が一般的です。
次に、めねじの内径を実測する方法については、JIS規格で測定器の特定はされていません。どうしても実測値を得たいのであれば、市販されている0.01mm刻みのピンゲージ(セット)を使用します。この場合、内径に最もしっくり入るピンゲージの呼び寸法と、その次の内径に入らないピンゲージの呼び寸法の中間が、内径の実測値になります。この方法だと、マイクロメータと同様に0.01mm単位で測定値を求めることはできます。
尚、内径を実測する場合は、その判定基準が必要になります。JIS規格を直接コピペできないので、工具メーカーのHPにあった規格表を参考URLに貼り付けます。めねじ内径の欄のMax.が上限値、Min.が下限値です。

参考URL:http://www.yamawa-tap.co.jp/jp/technical/holeBefore/cutTap/meter.html

以前、機械検査に携わっていた者です。現在は離職しているので、経験を遡って回答してみます。宜しく御検討下さい。

まず、質問文中の「ネジの呼び径を正確に計測する」という表現は、正確に言うと妥当ではありません。
ねじの呼び径とは、JISB0101(ねじ用語)によると「ねじの寸法を代表する直径で、主としておねじの外径の基準寸法が使われる」と定義されています。つまり、ねじがM10やM20と表記されるうちの10や20という外径の数字自体が呼び径です。
従って、おねじの場合であれば「ねじの現品が呼び径...続きを読む

QNをPaに単位換算できるのか?

大変困ってます。
皆さんのお力をお貸しください。

加重単位Nを圧力単位Paに変換できるのでしょうか?
もし出来るとしたらやり方を教えてください。
具体的には30Nは何Paかということです。
変換の過程も教えていただければ幸いです。

是非、ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 No.1さんがおおまかに答えておられますが、補足します。
 N(ニュートン)は力の単位です。対して、Pa(パスカル)は圧力の単位です。これらは次元が違うので、単独では変換はできません。
「30 Nは何Paか」
というのはナンセンスです。
 NとPaの関係は、
Pa = N/m^2
です。質問が、
「30 NをPaを使って表せ」
というのならば、
30 N = 30 Pa・m^2
となります。m^2(平方メートル)という単位が必要になります。物理量の間の関係、
圧力 = 力/面積
および、単位の間の関係
Pa = N/m^2
を整理して覚えてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング