NikonD60を使用しています。
不満は無く今後も使い続けるつもりですが
暗いところでは、手ブレ補正も思った程効かず、画質もざらざらになります。
CanonKissX4は感度がいいらしいですが、素人でも
分かるぐらい明らかに違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

D40とKissX4はどっちも使ったことがありますが・・・。



>暗いところでは、手ブレ補正も思った程効かず、画質もざらざらになります。

手ぶれ補正は「レンズ側の処理」に依存しますし、そもそも一眼デジは「画像を大きくして見ることが多い」ためにブレやピンボケが目立ちやすく、少なくとも「手ぶれ補正」でD40とKissX4での大きな差異はなかったですね。むしろKissX4の方が画素数が多い=元画像が大きいために、等倍だと手ぶれはKissX4の方が目立ちます(そりゃ倍以上の画素数なんだから当然っちゃー当然なんですが)。

高感度時の画質の悪さは、あの時期のNikon共通の問題でして、KissX4だと結構気楽に感度1600以上が使えるのに対し、D40だと頑張っても800が限界で、差は明らかに分かります。D60はD40より高感度に弱い、という噂もありますので、この点はCanonに軍配が上がります。つか、Canonは高感度の誤魔化しかたが上手いですねぇ・・・。

更に言えば、全てAUTO任せにした時の、Jpeg撮って出しの発色の自然さはさすがにCanonです。光線を考えて微調整を掛けなきゃいけないD40(多分同系の映像エンジンのD60も)より、どういう状態でも気楽に撮れるのは、多分KissX4の方です。もっとも、あれだけ後に出たカメラのクセに、KissX4のファインダーのチャチさはどうしようもないですけど・・・。

>素人でも分かるぐらい明らかに違うのでしょうか?

はい、その通りで、Nikonだと例えばD40とD3100、D70とD90、D200とD7000などの高感度時の画像の出来の差は、素人目にも全然違います。何ならお近くの「ニコンサロン」にD60をお持ちになって、試写させてもらうと良いかもしれません。

KissX4とD60は確実にそのくらいの差はある、ということですね。これがD3100とKissX4の差、ということになると結構微妙だと思いますけど・・・。
    • good
    • 0

ニコンもキヤノンも手ぶれ補正については、レンズに搭載されているので、新しいレンズほど基本的には効きがよくなっています。


画質については、少しばかりのセッティングで変わる事もありますし、撮影後の画像の扱い方(画像編集など)、観賞方法、プリントサイズによっても変わります。
中には、実際に観賞できないくらいに拡大再生して、一部分だけを見て、ピントが甘いだの、収差が出ている、ノイズが出てるなどと「画質」について文句を言う人もいます。

実際に自分で使用する観賞方法での話でしょうか?
D60の時代だと、高感度ノイズではキヤノンとほとんど差が無くなってくている辺りなので、劇的な変化は無いでしょう。
    • good
    • 0

こう言う質問に対し、両機とも所有して比較できる方は、まず居られないと思うので ↓ のような無圧縮の画像がダウンロードできるサイトを参考にされると良いでしょう。


http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longte …

なお、ニコンのVRもキヤノンのISも利きは、ほぼ同等です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング