某高の地学部(天文部)のマネージャーをしている者です。

毎年、当校では自作ピンホール式プラネタリウムの展示を行っており、毎年来場者の方々には好評なのですが、一つ、悩み事があります。
それは、プラネタリウムの点光源の豆電球がすぐに切れてしまうことです。点光源豆電球は、やはりそれなりに高価なものなので、次回は点光源LEDを使用しようと思っています。

できるだけ明るく、かつ発光サイズの小さなLEDを教えてください。

A 回答 (1件)

次のようなところで探してください。


http://akizukidenshi.com/catalog/c/cled/
http://strawberry-linux.com/catalog/?c=led
http://eleshop.jp/shop/c/c11111212/

LEDは直径が3mm,5mm,8mmとあるのですが、やはり明るいものは大きくなってしまうようです。
またLEDは指向性が強い(1方向にしか光が出ない)ので光拡散キャップが必要になると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自作プラネタリウム(投影機)の電球で悩んでます。

高校3年の女です。こんばんは☆

私はこの週末にある文化祭で自作プラネタリウムを製作しています。
投影機は大き目のボール(料理などで使うやつ)を裏返して、穴を開け
下から光を入れて映そうと考えていたのですが
今日やってみたら電球が悪いらしく全く天井のスクリーンへ映りませんでした・・・(天井までは4メートルくらい)

今は普通の100wの電球を使っているのですが、調べてみるとどうやら豆電球のほうがいいみたいです。
けれど豆電球で光が弱くて天井のスクリーンへ絶対映らないと思います。
投影専用のEX電球というのもあるみたいですが難しいみたいだし・・・
正直素人の私にはどれがいいのかさっぱりわからなくて、困っています。
どのような電球が良いか教えてください!!

ちなみにボールの内側にアルミホイルを貼って乱反射しよう!という案が出たのですが有効なのでしょうか??

Aベストアンサー

プラネタリウムを作ったことも無い素人ですが、困っていらっしゃるようなので、わかる範囲だけでも。

原理的には、投影機は大きい方がいいです。
投影機は映写機みたいな原理で動いていて、スクリーンには電球が拡大され投影されるのです。

電球--A--ボール----B-----スクリーン

の場合、スクリーンには「(Bの長さ)÷(Aの長さ)」倍された電球が映ることになります。
今回は、ボールの半径は10cmくらいみたいで、ボールからスクリーンまでの距離は3mくらいでしょうか。そうだとすると、スクリーンには電球が30倍に拡大されてしまいます。
なので、投影側(ボール)は出来るだけ大きく、光源は出来るだけ小さいのがいいのです。でも、ボールは極端に大きくできませんので、出来るだけ光源を小さくするのを目指すのです。

ちなみに、原理(?)は、スクリーンの距離に立ってボールの穴を通して電球を見ていることを考えると、左右に動いても穴を通して電球(フィラメント)が見える範囲が、その穴を通して電球が照らす範囲になります。なので、ボールの内側にアルミホイルを貼るのは全く無駄です。


EX電球の電圧調整の部分が難しいとのことですが、高校でしたら理科室に「定電圧定電流電源」があったりしないでしょうか?これなら、ツマミを回すだけで自在に電圧、電流を変えられるので便利です。
むしろ、理科室に点光源になるようなものがあると一発解決なんですけどね。


あとは部屋は出来るだけ暗くすることでしょうか。ドームの置いてある部屋自体も暗くして、ドームに入る前に説明なんかをして時間稼ぎをすると、目が暗さになれてきて(これを暗順応と言います)、小さな明かりでもみえるようになります。暗順応は、時間がかかるのが難点ですが。

プラネタリウムを作ったことも無い素人ですが、困っていらっしゃるようなので、わかる範囲だけでも。

原理的には、投影機は大きい方がいいです。
投影機は映写機みたいな原理で動いていて、スクリーンには電球が拡大され投影されるのです。

電球--A--ボール----B-----スクリーン

の場合、スクリーンには「(Bの長さ)÷(Aの長さ)」倍された電球が映ることになります。
今回は、ボールの半径は10cmくらいみたいで、ボールからスクリーンまでの距離は3mくらいでしょうか。そうだとすると、スクリーンには電...続きを読む

Q開口数 NAって どんな数字のことですか??

レンズとかで 開口数 NAっていう数字を聞きますが、
(1)どんな意味なんでしょうか?

(2)その数字が大きいとどうで、小さいとどうなんでしょう?

(3)たとえば、一般的なものでは、どのくらいの数字が常識で
どのくらいの数字だと 限界だとか、すごいレンズだってことになるんでしょうか?

------

光学関係の本をちょっと見れば載っているのかもしれませんが、
不精ですいません。ここで質問させてください。


_

Aベストアンサー

NAの定義は、
NA = n * sinθ
です。(nは光路の屈折率)
いまレンズがあって、その先に焦点があるとします。
レンズを通った光が焦点に結ぶことを考えますと、レンズのどの位置の光も焦点一つに集まります。
ここで、レンズの両端から出た光が焦点に集まるとき、円錐状に光が集まる図を書くことが出来ますよね。
(イメージできます?円錐の頂点が丁度焦点です)
このときの、円錐を横から見た時の頂角が2θになります。
つまり、θは0より大きく、90度よりは小さくないといけません。
従って、NAも普通は0<NA<1の間の数値となります。
簡単には、焦点距離がfで、レンズの半径がrとすると、tanθ=r/fですから、これからθを求めてsinθを求めれば良いわけです。

さて、この数値は色んな目的に使われます。
一つは明るさです。一つの点から出た光は通常四方八方に進みますが、NAが大きいと取り込む角度が大きいので明るくなります。
もう一つは焦点深度です。NAが大きいと焦点から像がずれたときに、大きくぼけます。
最後に、解像度です。これの説明はちょっとやっかいですが、基本的に光は絶えず広がろうとする性質(回折)があると思って下さい。
そのため、もし非常に小さく絞り込もうとすると大きな角度θで絞り込まないと、光の広がろうとする性質がレンズに打ち勝ってしまって、絞り込め無くなります。

これまでの話で大体おわかりと思いますが、NAが小さい方は特別すごいことではありません。NAが大きい方はすごいことです。
用途によってすごさは変わってきますが、顕微鏡だと0.7位は特別ではないでしょう。0.8以上だと高解像度になってきます。
中には1.0とか、1を越える場合もあり、これはすごいことです。
ちなみに、1を越えるためには、光路を屈折率1以上の物質(実際には水溶液)でレンズと被測定対象物を満たしてあげます。

別の用途として、高精度レンズといえば半導体の回路を焼き付けるステッパー用レンズでしょう。これはNA=0.65位が普通、NA=0.7, 0.75だと高解像度、中にはNA=0.8という超高解像度のものもあります。

では。

NAの定義は、
NA = n * sinθ
です。(nは光路の屈折率)
いまレンズがあって、その先に焦点があるとします。
レンズを通った光が焦点に結ぶことを考えますと、レンズのどの位置の光も焦点一つに集まります。
ここで、レンズの両端から出た光が焦点に集まるとき、円錐状に光が集まる図を書くことが出来ますよね。
(イメージできます?円錐の頂点が丁度焦点です)
このときの、円錐を横から見た時の頂角が2θになります。
つまり、θは0より大きく、90度よりは小さくないといけません。
従って、NAも普通...続きを読む

Q平行光を作る

大学で露光の研究をしています。
露光用の対物レンズ出射後のレーザ光を集光させずに平行光にして露光を行おうとしています。そのため対物レンズの手前60cmにレンズを2枚いれて対物レンズの後側焦点の位置に焦点を合わせて平行光を得ようと考えています。
しかし、どうしても平行光を得ることができません。
使用している対物レンズのNAは0.6で後側焦点距離は10mmです。レンズの入れる位置が遠すぎるのが原因でしょうか?それとも、もっとがんばればできるのでしょうか?
教科書を見る限りでは簡単にできそうなのですが・・・

Aベストアンサー

>対物レンズによりNd:YVO4レーザは集光させ、He-Cdレーザは対物レンズ透過後に平行光にしたいのです。
どの程度の平行光線にしたいのですか。通常そういう事をすればひどい収差が出るので、ご希望の品質の平行光が得られるかどうかはわかりません。

試してみるのであれば、まず対物レンズに逆方向から平行光を入れてください。そうすれば前側焦点位置がわかります。光は可逆なので、その焦点位置にHe-Cdの焦点を結ぶようにHe-Cdのレンズを配置すればよいです。
あとNAも同じにして下さい。
つまり逆方向から入れて集光した光のNAと同じNAの光を作るようにレンズの焦点距離を決めます。

レーザー光そのままだと多分NAが小さくなりすぎますので、一度エキスパンダーで拡大してレンズに入れることになるのではと思います。


そのためHe-Cdレーザを対物レンズの焦点位置に集光させようとしています。
Nd:YVO4レーザを対物レンズにより集光した位置にて露光を行う為、対物レンズのあとにレンズ入れることはできません。

>レンズを2枚挟む理由は2枚のレンズ間の距離を変えることで焦点位置を任意に変更できると考えたからです。
焦点位置を変えるためであればレーザー光は大体平行光になっているから1枚で十分です。

2枚必要なのは組みレンズとして焦点距離を変えたい場合や、結像光学系で焦点位置を変えたい場合などです。
あと、今回はNAもあわせなければならないので、それであれば2枚のレンズは焦点距離を変える手段として有効です。

>対物レンズによりNd:YVO4レーザは集光させ、He-Cdレーザは対物レンズ透過後に平行光にしたいのです。
どの程度の平行光線にしたいのですか。通常そういう事をすればひどい収差が出るので、ご希望の品質の平行光が得られるかどうかはわかりません。

試してみるのであれば、まず対物レンズに逆方向から平行光を入れてください。そうすれば前側焦点位置がわかります。光は可逆なので、その焦点位置にHe-Cdの焦点を結ぶようにHe-Cdのレンズを配置すればよいです。
あとNAも同じにして下さい。
つま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報