人間の人生において
 何が一番よくないことか考えたら
 やはりブレることではないでしょうか?

 周囲の反対や助言があっても迷わず押し通せること
 仮に一時その助言に耳を傾けても迷いが生まれるだけだったら
 ブレずに突き進まないと時間の無駄じゃないでしょうか

 皆さんはこの私なりの人生訓どう思いますか?

A 回答 (7件)

こうありたい、ああなりたいと思いながら目標に向かって進んでいても、



壁にぶつかったり、思うようにならないことが多々あると思います。

そんな時に回りからの助言等に耳を傾け、少し立ち止まって

自問自答しながら軌道修正して行く方が、後で振り返った時にブレの少ない自分に

たどりついているのではないでしょうか。

ある程度の柔軟性も必要なのではと思います。
    • good
    • 0

ここだけは折れないよっていうものは持っていていいし


持つべきだと思います
けどそれ以外は人の意見も尊重しないとね
私はそう思います
    • good
    • 0

流行の言葉で人生訓を作るべきではありません。


今その言葉を使ってきて、評価されている政治家が一人でもいますか?
私はこんな言葉にこだわるのはそれこそ時間の無駄だと思っています。

龍馬の青年期の有名な詩がありますよね。

「世の中の人は何とも云わば云え 我行く道は我のみぞ知る」

こんな感じだったと思いますが、細かいところは良いでしょう。こんな事を言った龍馬、実は剣以外は落ちこぼれ同然で、思想的には生涯をとしてブレまくりました。
いや、常に新しい思想を吸収し、人の影響を大いに受けて、彼は高いところに昇っていきました。
何かをやっている時に、それが無駄だなんて誰が予言できるんですか?
    • good
    • 0

私は、大きなことは言えませんが。



なんだか、読んでいるとただの頑固親父のような気がします。
それでもいいですけど。

私は、時と場合に応じては、臨機応変に対処すべきだと思います。
自分はこれだけは誰にも負けないこと言うことは、一つ必要ですが。

筋が一つ通っている人は、いいと思いますよ。
人の意見をよく聞いて、自分が正しいと思うことを、即座に
自分の責任において判断できるということです。
潔よくて男らしくありませんか。
そうできるには、かなりの努力と経験がなければできませんが。
こういう人は、ほぼ間違いは、ないものですよ。
もう頭の中には、次の事しか考えていませんから。
    • good
    • 0

はじめまして。



例え話ですが、ゴムの棒と鉄の棒に同じだけ大きな力を横からをぶつけたとします。

ゴムはしなりますが、鉄は折れます。

この例えをどう解釈しますか?

解釈は人それぞれです。

地に足さえしっかり着ける事が重要だという事ではないでしょうか?

ブレる事の良し悪しは多分、過程論であって、最終目的を見据えさえしていれば方法は柔軟にという考えもあると思います。

多分質問者様のおっしゃるブレるという事は、何か一つの事をやろうとするならばわき目もくれず一目散に向かっていくという意味だと思います。

ただ周りの方が助言するのは経験から言ってくる物もあると思うので耳を傾けるのも必要でしょう。
経験に勝るものはないのですから。耳を傾けても最後に決めるのは質問者様ですからね。

がんばって突き進んで下さい!
    • good
    • 0

真逆になるかもしれないですが、独りよがりほどもったいない生き方はないと思います。

    • good
    • 0

ブレずに突き進んだ先が間違ったゴールだったら、それはそれで時間の無駄

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング