過去にゲーム理論の授業で実際にやったゲームの理論の名称を教えてください。(複数の理論がある場合はそれぞれ部位の回答を御願い致します)数式などがある場合も書いて頂けると幸いです。
ゲームの内容は以下の通り。
・クラス全員で一人一人が1~100までの数字を1つ選ぶ。
・その際に全員が皆の平均を狙っていくことを前提とする。
・尚数字を選定する際に他の者と相談はせずに自分の意思だけで行う。
・数字を集計、平均を出した上でその数字を発表する。
・皆のゲーム意欲を高めるために一番近かった者に小額の景品が与えられる。
・上記のことを繰り返す。
ゲームの結果は以下の通り
・回数を追う毎に平均の数値は下がっていく。
・しかし数値は10前後で止まってしまう。
ゲームの結果に対して授業中に講師が言っていたこととして、このゲームは民族などの集団性も左右され、日本人の場合はやはり10前後で、アメリカなどで同じ実験を行うとより低い数値になるそうです。(日本人はひねくれ者が多いそうです。そのお邪魔虫的な存在の名称も教えて頂けると助かります)そして数値が最小になるまでに掛かる回数も少なくなると言っていました。また与えられる景品の有無、利益に対しても変わるようです。

よろしく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考URL には、「ケインズによって提示された平均値推測ゲーム(または美人投票ゲーム)」とありますね。


   

参考URL:http://www.econ.hit-u.ac.jp/~aokada/essay_pdf/Ex …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング