道路・交差点といえど、さまざまな形態があり、原付の運転は非常に難しいです。
二段階右折などの簡単なことは知っておりますが、イレギュラーに出会った時どのように考えておけばいいのかとふと思いましたので、質問します。
私の見解では、
法定速度30kmのため、左側を走行し、自動車は原付を抜いていいが、原付はダメ。ただし渋滞で自動車が止まっており白線を踏まなければ左側から抜いて良い。
要は基本的に原付視点で考えた場合、走行中一車線を独占していると考えることができる。
このため片側2車線(右側は右折レーン)の交差点は、右車線の左側へ安全に変更できるため右折OK。

片側2車線走行中、交差点で三車線の場合(二段階右折禁止標識がある場合を除き)、一番右の車線には変更できない。
これは、一番左の車線の左側を走行する原付の規則に照らし合わせ安全性を考えた場合、二車線目に変更した時点でイエローカードといえるため、三車線目が右折レーンでもレッドカードと解釈できるからである。イエローカード状態では、安全性が極めて高い場合でないと次の動作ができない。

また、交差点にさしかかる分離について、走行車線が直進指示で、分離した左車線(新しく造られた)があっても、一番左の車線の左側を走行する原付の規則は走行車線に当てはめて考える。(安全性高い)
よって、直進可能。

でも私の理論で考えると、(交通規則が正解かわかりません。)
三車線走行中・交差点4車線左寄せの場合(←・←・↑・↑→)=直進できない。(実際直進できるような気がする。以下も逆説な気がする。です)
一車線走行中・交差点3車線中央寄せ(←・↑・→)=右折できる。
二車線走行中・交差点2車線(↑・↑→)=原則右折できない。(安全性が極めて高いとはいえない。)


上記のように私の理論ではダメでした。
原付というのは交通を複雑化しているような気がしますが、存在する以上、安全に配慮する必要があるから、二段階右折等の規則があると考えます。

さて、私の答案は何点でしょうか?
お答えの上、交通規則条文だけ持ってこない独自の理論で正答へ導いてください。

なお、寄せの意味がわからなかった方は、御回答をご遠慮します。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず交通ルールを考える場合、大原則になるのは車両運送法と交通法です。


そして車両運送法では徒歩以外のすべての交通主体(ただしベビーカーなど人が押したりするモノを除く)は車道を走ることとされています。

この「車両はすべて車道を走る」という原則を維持しながら交通規制を行うため交通法は原則的に
・車道には異なった種類の車両が異なった速度で走る
・異なった速度だから異なった車線が存在する(車道上は1車線しかなくても、そこには複数の異なった車線が存在する)
・車線が複数存在する、または1車線でも複数の走行車線を許容できるほど幅がある場合は、原則すべての車両が左側通行に努めつつ、一番速度の遅い車両(軽車両)から自転車・原付・原付2種・自動2輪・自動車という順番で走行する。
という混合車線と混合交通の考え方が存在します。本来はすべての車両が路肩ギリギリによって走る必要があるのです。
これが大原則です。

そのため、そもそもおなじ1車線しかない車道を走っていても、自転車の車線(最高速度15km/h)、原付の車線(同30km/h)、自動車等(同60km/h)が存在する(実際には路肩に寄って走っている速度の遅い車両を追い抜いたらすぐに左に寄る)という解釈になっています。
そのため、いまでも自動車学校等で教えていると思いますが、自動車等の運転時に車線を越えて(たとえば対向車線にはみ出して)車線変更する際には、
まず同一車線上での車線変更のためのウインカーと確認そして移動
そして現在の走行車線からはみ出すためのウインカーと確認そして移動
という動作が求められているのです。

また地方の広い幹線道路などで、車線が2台分ぐらいあるのに区分けせず、そのまま右左折できるような道路も存在しますが、これは1車線しか無くても、走行車線は複数存在するという原則があるからです。
さらに言えば「はみ出し追い越し禁止」の標識やオレンジ線も「はみ出さなければ追い越してよい」という意味ですから、ひとつの車線上に、追い越される車の車線、と、追い越す側の車線、が存在することになるわけです。

この原則をもって質問者さまの内容を検討してみると、
>要は基本的に原付視点で考えた場合、走行中一車線を独占していると考えることができる。
このため片側2車線(右側は右折レーン)の交差点は、右車線の左側へ安全に変更できるため右折OK。

というのは正しくなく、原付が走行している路肩寄りの車線と自動車が追い抜いていく中央寄りの車線の二つが存在し、右折時は道路交通法に「右折する30m手前から中央車線に寄り、右折する」とありますから原付といえども一番右によって右折することになります。
この一番右(センターライン寄り)が右折専用車線であれば、原付であっても利用することになるのです。

ただし「走行車線が道路上に3車線以上ある場合」については、このような道路は基本的に制限速度が法定速度(60km/h)であることが多く、なおかつ大型トラックなどをなるべく中央寄りに走らせたり、交差点は4車線化して円滑に交通できるようにしたりしているため、原付の速度では「右折時に30m手前で一番右側に寄る」という法規を守ろうとすると、速度差がありすぎてかえって危険なため、「3車線以上ある道路では原則2段階右折」という法令になっているのです。
ちなみに2段階右折禁止の標識がある交差点では、交差点の30m手前に禁止標識が設置されていますので確認してください(これじゃあ危なくてかえって危険ですが、法規は30m手前なので、その場所に標識が設置されるのです)

ですから3車線以上ある道路であろうが、本来自動車であっても一番左車線を通行するべきで、原付が規制されているのはそのまま右折してはいけない、ということだけなのです。

ですので
三車線走行中・交差点4車線左寄せの場合(←・←・↑・↑→)
右折は出来ませんが、直進と左折はできますし、それぞれの車線(←・←・↑・↑)まで利用できます。原付は、各規制(左折と直進)の一番左を通るのが好ましいわけです。

一車線走行中・交差点3車線中央寄せ(←・↑・→)
交差点の30m以上手前から3車線になっている場合は「3車線以上、原付2段階右折」ですので、そのまま右折は出来ません。つまり交差点の手前30mまでに右に寄るとそこが3車線以上に該当してしまうからです。ちなみに交差点の規制(オレンジ色の車線変更規制)も原則30mになっており、切れ目のない白癬も停止線から30mが原則です。

二車線走行中・交差点2車線(↑・↑→)これも右折は出来ないのが普通ですが、T字路の場合、二段階右折禁止のことが多いですね。非常に危険だと思います。

ですので質問者さまは根本が間違っているので残念ながら0点です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おー、これは非常に説得力があります。
素晴らしいご回答ありがとうございました。
勉強になりました。
気を付けて走行します!!

お礼日時:2011/04/15 01:00

なるほど



>三車線走行中・交差点4車線左寄せの場合(←・←・↑・↑→)=直進できない。
原則論で言えば左端の車線しか走れませんから、その結論は間違いではない。左折のみとなりますね。

>一車線走行中・交差点3車線中央寄せ(←・↑・→)=右折できる。
原則論でいえば、左折のみでは?片側1車線で右折レーンがある時のみ左折・直進・右折できるような?左折レーンが設けられていれば原則論では左折のみ?かな?

>二車線走行中・交差点2車線(↑・↑→)=原則右折できない。
片側2車線右折レーンありならば間違っていない。

でも、原則論は原則論として、道路交通法なんて明治時代に出来た法律ですから現状に合っていません。無理やり合わせようとするから2段階右折なんて事になるのです。片側2車線以上の道路を想定して考えられていませんから。想定しているのは高速道路だけです。原付は高速はしれませんし、それこそ想定外ってやつです。

自転車も軽車両という車両(車)扱いになりますが、現在は歩道も走っていいところが創られえいますよね。あれも車道を走ると危ないので、歩道に自転車走行可という標識をたてて可能にしているだけです。そもそも車両というのであれば歩道は走っちゃいかんでしょう。

ですから元々「一時停止」や「飲酒運転」なんかも罰則が定められています。適用してなかっただけです。携帯電話なんかで事故が増えた為、この条文を適用される場面が増えているみたいですね。
軽車両というのが、条文では「自転車」「リアカー」「牛車・馬車」が該当します。笑ってしまいますが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
牛車は面白いですね。
まだまだ整備が不十分ってことですね。

お礼日時:2011/04/15 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原付の自賠責保険への加入について

原付の自賠責保険の加入についてですが、
現在軽自動車に乗ってます。
当然保険など加入してますが、原付は最近、知人からもらいました。
そこで原付に乗るには当然自賠責保険への加入が必要だと思いますが、
自動車の保険に加入しているから原付の自賠責は加入しなくても
乗れる方法などあるのでしょうか?
もしくは車の自賠責と兼用でお金をかけずに加入するなどできるのでしょうか?

それとも原付は原付で自賠責保険への加入が必要でしょうか?

Aベストアンサー

自賠責保険は原付単独で入る必要があります。
4月以降に入れば保険料が多少安くなります。
長期で入る方が安くなり5年入った場合でも1万5千円ぐらい
だったと思います。
上乗せ保険に入る場合は原付単独で入ると高くなるので、
現在の車の保険にバイク特約で入ると年間数千円で入れた
と思います。

Q交差点での右折の仕方

信号灯の「直進」「右折」指示ない交差点で、
右折の場合、交差点中央で、直進する車両延々と待ち、
信号切り替わり、急いで抜け出ますが、もうすでに、後ろに直進車・・・
そこで、交差点の右折車は、直進車に、譲らなければならない範囲
交差点前遥か100m彼方の車でも、待つものでしょうか?
どちらに、交差点の優先権有るのでしょうか?

Aベストアンサー

> 交差点の右折車が、直進車に、譲らなければならない範囲

道路交通法134条2項 で右折に関して次のように定められています。

2 自動車、(原動機付自転車又はトロリーバス)は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の中央に寄り、かつ、交差点の中心の直近の内側(道路標識等により通行すべき部分が指定されているときは、その指定された部分)を徐行しなければならない。

● 右折の実行とそこに至る経緯
(1) あなたは車を出来る限り道路の右側に寄せ、右折の準備をします。
(2) 次に,交差点の直近の内側を徐行します。
(3) 直進して来る車との位置関係は、予め交差点直近に内側に待機していれば、自ずと判断できます。

Q日産にて原付の自賠責保険、任意保険に入りました¦¦¦題名の通りです。前、乗っていた原付から新

日産にて原付の自賠責保険、任意保険に入りました



題名の通りです。前、乗っていた原付から新しい原付に乗り換えました。

前の自賠責保険と任意保険を今の原付に移したいと思い、契約した日産の営業所?に足を運びました。

話を聞くと、「任意保険はそのままの形(車体に保険を付けてるわけでなく本人に付いてるらしい)で、自賠責保険は新たに入って頂くことになります。」と言われました。

言われるがままに任意保険はそのままで自賠責保険に入るために新たにお金を払いました。

ネットで調べてみると自賠責保険は移すことができたような気がするのですが契約するところで変わるのでしょうか?

また、前の自賠責保険はまだまだ有効期限があります。電話で解約できますか?

回答よろしくお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

>自賠責保険を解約するには電話で対応してもらえますか?
●電話で申し入れはできますが、書類(廃車証明など)の授受が必要となります。
解約手続→http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/jibaiseki/step/can/

Q学識経験者とか有識者とはどのような人のことですか。

学識経験者とか有識者とは具体的にどのような人のことですか。

Aベストアンサー

#1の方の,本質を突いた回答で十分なような気がしますが,若干の補足をします.
具体的にいえば,大学教授などの研究者,評論家・新聞記者などの,関連した分野に詳しい人,その他,官公庁を退職した元・キャリア官僚などでしょう.
政府や,地方自治体の政策決定のために意見を求めたり,審議をしてらったりするような,審議会では,#1の方がおっしゃるように,最終的には役人が考えた案に賛成してくれるような人を学識経験者,有識者として委員に委嘱することが多いでしょう.

ただし,政策決定にかかわらず,政策にもとづいて,具体的な施策や対応を考えるような会議では,その道に詳しい,適切な助言や意見を出してくれそうな大学教授,その他の専門家を学識経験者として依頼していますね.
後者については,私自身も経験がありますので,間違いはありません.
前者については,そういう依頼をされるほど,偉くも,有名でもありませんが…….

Q他人から譲られた原付の自賠責保険について

原付の自賠責保険について教えてください。
先日、友人が所有していた原付を譲られました。自賠責保険を見ると、平成24年1月までの有効期限になっております。

そこで分からないことがあるのですが、

1.自賠責保険の有効期限はまだあるのですが、私も再度加入手続きをしなければならないのか?それとも来年1月までは、前所有者が入っていた自賠責保険が適用されるのか?

2.所有者が変わった場合、必ず自賠責保険を加入しなおさなければならないものなのか?私が今月から加入した場合、前の所有者については手続きをすると今月以降の自賠責保険が月割りなどで返金されてくるのか?

3.自賠責保険とは、その原付に適用されるものなのか?それとも所有者に適用されるものなのか?(他人がその原付を運転して事故を起こした場合、保険は下りるのか?)

4.自賠責保険は対人補償3000万円のみの保険と聞きましたが本当でしょうか?対物補償や、対人補償3000万円を超える場合の補償のために、任意保険に加入したほうがいいのでしょうか?

5.任意保険に入ったが、自賠責保険に入っていなかった場合、対人補償については、任意保険会社では、3000万円を越える部分だけ保険金が下りると聞きましたが本当でしょうか?

たくさん質問がありますが、自賠責保険にお詳しい方、教えてください。

原付の自賠責保険について教えてください。
先日、友人が所有していた原付を譲られました。自賠責保険を見ると、平成24年1月までの有効期限になっております。

そこで分からないことがあるのですが、

1.自賠責保険の有効期限はまだあるのですが、私も再度加入手続きをしなければならないのか?それとも来年1月までは、前所有者が入っていた自賠責保険が適用されるのか?

2.所有者が変わった場合、必ず自賠責保険を加入しなおさなければならないものなのか?私が今月から加入した場合、前の所有者については...続きを読む

Aベストアンサー

1.3 自賠責は「自動車損害賠償責任法」という法律で中身が決められていますが、
100%の正解ではありませんが、「車両に対してかかっている」と考えたほうが
近いと思います。例えば、現在の保険の状態で、今日あなたが過失で対人事故を起こして
しまったとしても、自賠責の範囲では保険金が被害者に補償されます。
とはいえ、名義の変更はすべきです(理由は下記)。

2.中古車両の譲渡の場合、自賠責を中途解約できますし、将来分の返金もされます。
損保支店で手続きを。仮に、原付をくれた友人が無断でこの手続きをとると、
あなたは無保険車両を運転することになり、あなたは自賠責法違反で刑罰の対象となります。

4.下記リンク、自賠責法施行令の第二条とページ最下の別表第一、第二を参照。
死亡は基本的に3000万ですが、重篤な後遺障害はむしろそれより高く、4000万ですね。

5.これについては、考えたことがないのでわかりません
(「入っていない」ならば、そもそも違法で、任意保険の加入審査に通らないのでは)。
「自賠責が友人名義のまま」という意味なら、その通りかと思われます。

以上が法律論ですが、法律をはなれたことを一つ。
原付でも、うっかり飛び出し、そのせいで4トン車が急ハンドルを切り、
複数人の死亡事故につながる可能性だってあります。
自賠責を少なくとも自分の名義にしておくことは、原付をくれた友人のためであり、
もちろん社会のためでもあり、ひいては自分自身のためでもありえます。

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S30/S30SE286.html

1.3 自賠責は「自動車損害賠償責任法」という法律で中身が決められていますが、
100%の正解ではありませんが、「車両に対してかかっている」と考えたほうが
近いと思います。例えば、現在の保険の状態で、今日あなたが過失で対人事故を起こして
しまったとしても、自賠責の範囲では保険金が被害者に補償されます。
とはいえ、名義の変更はすべきです(理由は下記)。

2.中古車両の譲渡の場合、自賠責を中途解約できますし、将来分の返金もされます。
損保支店で手続きを。仮に、原付をくれた友人が無断で...続きを読む

Q有識者って何者ですか。

有識者会議、有識者懇談会、有識者委員会、有識者アンケート、有識者との意見交換など、昔、困った事があると、その土地の長老に伺いをたてに行ったと同様、現在でも行われているようです。では、その有識者なる人物は、誰が、何時、どの様な方法で選ばれているのでしょう。疑問に思われた人も多いでしょう。どうも私には『会を主催』する人の『都合が良い人』が選ばれているような気がしてならないんですが、皆さん、どう思われますか。

Aベストアンサー

その会の目的によるのでしょうね。

第三者のチェックを経て「承認を得る」のが目的であれば、そういう作為的な人選になるでしょうし、
第三者の真摯な審議を得て「正解を見つける」のが目的であれば、無作為な人選になるでしょう。

官庁が主催する「有識者○○」は、大半が前者であるというのはほぼ知られた事実ですね。

Q原付の自賠責保険について教えて下さい。 友人から自賠責保険未加入の状態で、原付を譲ってもらいました。

原付の自賠責保険について教えて下さい。
友人から自賠責保険未加入の状態で、原付を譲ってもらいました。タイミングが合わず、名義変更よりも先に自賠責保険に新規加入しても大丈夫なのでしょうか?その際、私の名前で登録しても良いのでしょうか…?

Aベストアンサー

・ナンバープレートに変更がないなら、自賠責保険加入は可能です。
 (実際は車両に保険がつくのでナンバーが変わっても可能ですが、
 その場合は、車体ナンバー(フレームナンバー)とエンジンナンバーが必要です。)

 登録済み新古車などは登録時に自賠責保険を掛けますが、
 車両購入者がそれを引き継ぎます
 (月割り等で残り期間分を店に支払う形です)

Q有識者ではない私の意見を人に聞いてもらうには?

私は日本や世界の未来に危機感を抱いています。
政治家や知識人がいくら知恵を絞っても、これはという解決策が出てこないのは、資本主義という経済システムに欠陥や矛盾があることが原因だと考えています。
そして、資本主義に潜む欠陥や矛盾点をいくつか見つけました。
資本主義という前提が間違っているのなら、解決策などないのですから、いくら有識者が知恵を絞っても無駄だということになります。
共産主義は崩壊しましたが、資本主義も遅かれ早かれ崩壊すると考えていて、それに代わる経済システムと社会システムを構築して論を組み立てました。

しかし、政治家や知識人にいくらアプローチをしても、庶民である私の意見を真剣に聞いてくれる人はなかなかいませんでした。
意見を聞いてから、誤りを指摘されるのでしたらまだ納得するのですが、聞いていただける段階にまでいく人がほとんどいません。
政治家はどうも票に結びつきそうな陳情だと、比較的話を聞いてくれるようですが、私のような政策提言的な意見には耳を貸したくないのかもしれません。
しかも、私の論は消費税をどうのとか、TPPがどうのといった内容ではなく、資本主義の根本に関わるような大胆すぎる提案なので、関わりたくないのかもしれません。

今まで私が試した方法は以下の通りです。
・プレゼン動画の作成とYouTubeなど動画サイトへのアップロード。
・税に関する論文への応募。
・書籍化できればと思い、出版社へ投稿。
・facebookなどから、著名人に話を聞いてもらえないかという内容のメッセージを送信。
・政治家や知識人に、話を聞いてもらえないかという内容のメールを送信。
・国を良くしようという団体の掲示板に自分の意見を投稿。(その団体前提条件とは違うと言われ、投稿が削除されました。)

ちなみに、有識者ではない賛同者は10名ほどいます。

私のような庶民の意見を聞いてくれる政治家(できれば国会議員)とか、意見を募集している団体、効果的なプレゼン方法などありましたら、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

私は日本や世界の未来に危機感を抱いています。
政治家や知識人がいくら知恵を絞っても、これはという解決策が出てこないのは、資本主義という経済システムに欠陥や矛盾があることが原因だと考えています。
そして、資本主義に潜む欠陥や矛盾点をいくつか見つけました。
資本主義という前提が間違っているのなら、解決策などないのですから、いくら有識者が知恵を絞っても無駄だということになります。
共産主義は崩壊しましたが、資本主義も遅かれ早かれ崩壊すると考えていて、それに代わる経済システムと社会シ...続きを読む

Aベストアンサー

話を聞いてくれというのは、要するに「勧誘」なのです。そう簡単に勧誘などできるわけないでしょう。どこの宗教だってどこの政治団体だって、専門家が知恵を絞ってもこの程度なのですよ。

そんな立派な体系だった話なら、短時間ではわかってもらえませんよ。
論文をまとめてきちんとした論文集にして、冊子にまとめましょうよ。
その上で、あちこちに配布するなり、いろんな集会に出て置いてもらったりする物ですよ。
なんなら、これぞと思う大学の先生に次々送れば良いでしょう。そうですね、経済学よりも総合政策のほうが向いていると思います。

幸い、今はパソコンと言う便利なものがあるし、プリンターも安いです。紙も安いです。インクはちょっと高いかも。でも、印刷屋さんに出して自費出版するよりもはるかに安くできます。

本当に見るべきものがあれば、誰かがコンタクトを取りに来ますよ。
内容的に秀逸な所があれば、論文に引用してもらえます。更に、光るものがあると認められたら、大学での特別講師に呼んでもらえますわよ。
少なくとも、おっしゃるような、
「それに代わる経済システムと社会システムを構築して論を組み立てました。」
という形が整っていれば、学生の論文の作り方の大いなる見本にはなりますから、ケーススタディで取り上げる価値は充分ありそうです。
ただ、学生にも一笑されるような内容だと、そうは行きませんけどね。

まぁ、良かったら、PDFにしてネットで公開されたらいいですよ。ここに張っていただいたら、私は見に行ってあげても良いですよ。

ともかく、聞いてくれというやり方は効率が悪いです。誰も聞いてくれませんよ。仕方がないです。
見るものなら、そのうち気が向いたら見るかもしれません。
何しろ、話というものは最後まで聞かないといけなくなりますが、文章化されていたら、斜め読みでも、大方の値打ちはわかりますから、これは?と思えば本気で読んでもらえますよ。

話を聞いてくれというのは、要するに「勧誘」なのです。そう簡単に勧誘などできるわけないでしょう。どこの宗教だってどこの政治団体だって、専門家が知恵を絞ってもこの程度なのですよ。

そんな立派な体系だった話なら、短時間ではわかってもらえませんよ。
論文をまとめてきちんとした論文集にして、冊子にまとめましょうよ。
その上で、あちこちに配布するなり、いろんな集会に出て置いてもらったりする物ですよ。
なんなら、これぞと思う大学の先生に次々送れば良いでしょう。そうですね、経済学よりも総合政...続きを読む

Q車の自賠責保険はどの会社も掛け金は一緒ですか? 年齢制限とかも、ありませんか? 原付バイクも持ってて

車の自賠責保険はどの会社も掛け金は一緒ですか?
年齢制限とかも、ありませんか?
原付バイクも持ってて自賠責保険に加入しないといけないのでしてますが、これもどの保険会社も一緒の掛け金で年齢制限ないのですか?車にふぁみりーバイク特約、相手だけでるの付けたのですが、今思ったら
バイクの自賠責保険だけでも良かったのかと思いました。自賠責保険だと自分と相手で話しあうんですか?

Aベストアンサー

自賠責保険とは国が強制的に掛けさせてる保険です。
なので人身事故、最高120万円までしかおりません。

それでは大事故した場合、被害者や自分への保証が出来ないから任意保険に
加入してるのが現状です。

車の自賠責保険はどの会社も掛け金は一緒ですか?について・・・
同じです。車の排気量等のクラス応じて一律です。

1年車検の場合12カ月とか13カ月の加入がありますし
いわゆるマイカーであれば24カ月の加入(次の車検にあわせておく)
が一般的です。(万が一に備え25カ月掛ける方もいるみたいです)

Q中国の政治形態

今、中国で江沢民氏からコキントウ氏に変わったり、
温氏が来春首相になる?などと変化がたくさんあるのですが、
何がなにかよくわからなくなりました。
わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

今回12月の第16回党大会で“共産党主席”の地位が江沢民主席から胡錦涛氏に代わりました。来春というのは“中国政府”の人事が決定するのであって、共産党の地位とはまた異なります。ただ中国の場合は原則的に一党支配ですので、共産党大会における人事がそのまま政府人事に影響を及ぼすという訳です。詳しくは新聞の関連サイトをご覧下さい。

参考URL:http://www.asahi.com/international/jc/fukkou/K2002110600508.html


人気Q&Aランキング