74HC132と74HC161を使ってカウンタを試作してますが、タクトSW1でスタート、SW2でリセットされてストップする動作をしました。本当はタクトスイッチを3つ使って、SW1=スタート、SW2=一時停止、SW3=リセットという動作をさせたいのですが、可能でしょうか?

他の手持ちのICは74HC14もあります。

A 回答 (3件)

SW1でスタート、SW2でストップ、SW3でリセットする回路を忠実に作ると添付図のようになります。

基本構成は、ANo.2さんの回答にあるように、NANDゲート2個からなるRSフリップフロップの出力を、カウンタのイネーブル端子の1つに接続するものです。

スタート信号(Lレベル)がRSフリップフロップのセット入力に入るとフリップフロップの出力がHレベルになるのでカウント動作が許可されます。スタート信号が何度入力されてもこの状態は変わりません。ストップ信号(Lレベル)がRSフリップフロップのリセット入力に入るとフリップフロップの出力がLレベルになるのでカウント動作が禁止されます。ストップ信号が何度入力されてもこの状態は変わりませんが、再びスタート信号が入るとカウント動作が許可されます(ストップスイッチを押したままスタートスイッチを押した場合もカウント動作が許可されます)。

リセット信号はRSフリップフロップとカウンタの両方をリセットします。RSフリップフロップのリセット入力には、ストップ信号とリセット信号のAND信号が入っているので、どちらかがLレベルになると(ストップスイッチが押されたか、またはリセットスイッチが押された場合)、RSフリップフロップがリセットされ、カウンタの動作が禁止されます。リセット信号はカウンタのクリア端子にもつながっているので、リセットスイッチを押したときは、カウンタもリセットされます(ストップスイッチを押したときは、RSフリップフロップだけがリセットされ、カウンタはリセットされません)。

カウンタの使い方が書かれていないのでどういう動作をさせるのか分かりませんが、RCO(リップリキャリ出力)を使うのであれば、カウント許可・禁止はイネーブルP端子のほうを使ってください(添付回路ではそのようになっています)。RCO信号はイネーブルT端子がHレベルになっているときしか出力されないので、イネーブルT端子をLレベルにしてカウント動作を禁止すると、RCO信号が消えてしまいます。74HC161のデータシート(http://www.semicon.toshiba.co.jp/docs/datasheet/ …)の4ページの論理回路図を見ると、イネーブルT端子(ENT)は、リップルキャリ出力(CO)のレベルに関係していますが、ENPのほうはCOとは無関係です。
「74HC161でカウンター作ってますが」の回答画像3

この回答への補足

inara1様、試作したところ、思うような動作をいたしました。ありがとうございました。

補足日時:2011/04/11 07:00
    • good
    • 0

> タクトスイッチを3つ使って、SW1=スタート、SW2=一時停止、SW3=リセットという動作



74HC132が余っているという前提になりますが、
NANDx2でRSフリップフロップを作成して、その出力をHC161のET,EPに入れてあげれば可能ではないでしょうか。

RSフリップフロップ入力は、セット側にSW1を、リセット側にSW2とSW3をAND(NAND+NOT)したものを入力します。各SWのもう一方はGNDに接続。
当然ですが、HC132入力のプルアップなどに部品が必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/11 07:01

SW1を1度押すとスタート、もう1度押すとストップ、また押すとスタートという構成も可能です。

Dフリップフロップ(74HC74)が必要ですが。74HC132はシュミット入力の2入力NANDですが、このゲートはどこに使うのでしょうか。上述の回路だったらシュミットインバータ(74HC14)だけでできます。

SW1を押すたびにカウントUPしていって(1回押すとカウント値が1つ増える)、SW1を長押しすると、ある速さで自動的にカウントUPしていくような構成も可能です。この場合、SW1を押さなければカウント停止状態です。この回路では74HC132を使います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QTX-SA605(アンプ)とDHT-9(ウーファー)の接続について

TX-SA605(アンプ)とDHT-9(ウーファー)の接続について困っています。
*どちらもONKYOの製品です。

DX-SA605の説明書には小さく載っている程度でよくわかりません。

ウーファーのLINE INPUTとアンプのPRE OUTを繋ぐだけらしいのですが、ウーファーの方はLとRの2つあってアンプには1つしかないのですが、どんなコードを買えばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

DHT-9を低音域だけの再生で使うスーパーウーファー(サブウーファー)として使うなら、
スーパーウーファーで再生される低音域(20~80Hzぐらい)には志向性はありませんので、
L-Rどちらを繋いでもOK、
なのでTX-SA605のPRE-OUTのSUB WOOFER(サブウーファー)は一つしかないのですよ、
ですからそのままL-Rどちらか片方だけに繋いでもOKなんですが、
L-R両方に同じ信号を送れる、
ステレオ-モノになってるRCAケーブル、
例えばオーディオテクニカのAT363A/1.5のようなケーブルを使う方が安心できるでしょうね。

http://www.audio-technica.co.jp/products/cables/goldlink07/at363a.html

QカウンタICの74HC191のデータ保持

1週間ぐらい電源を入れなくても8個分のカウンターIC(74HC191)の出力bit(Q0~Q3)のデータ保持出来るようにスーパーキャパシタでバックアップしようと思うのですが、スーパーキャパシタはマイコン向きというイメージが強いです。ロジックICに使うのもありでしょうか?

Aベストアンサー

>ロジックICに使うのも

ありです。
保持電圧、保持時間(期間)、消費電流、供給電流、環境条件、信頼性、製品寿命など
合っていればどう使おうと自由です。

実際に使ったことはありませんが、スーパーキャパは内部抵抗がやや高いので、
ロジック回路が変動する時に電源供給をスーパーキャパから、という経路が
短時間でもあると電圧降下を起こし誤動作につながりそうな気がするのでご注意。

マイコンでもそうですが、出力端子をハイインピーダンスにしたり電流が流れない側に固定したりして
信号電流を抑え、全体の消費電流を減らすようにする事があります。

保持電源ONな回路、OFFな回路が混在する場合も意図しない経路ができていたりします。

経験ではダイオードの逆方向漏れ電流があったり、CMOSの入力保護ダイオードを通じて
電源ラインに漏れていたり、トランジスタ側への変な経路の為にムダに消費していた
という事があります。

うろ覚えですが、74HCシリーズはメーカーによって数字が多少違ったような気がします、
実際に使う品物のメーカーのデータシートを参照するとか、実機で実測しておいた方が
いいと思います。
この件に限りませんが、「xxなハズ」という思い込んでいるとハマる事があります。

まじめに取り組むと結構注意点は多いですが、実験やホビー用途で厳密さが不要なら、
実測して足りないならスーパーキャパを増やす、というようなアバウトな対応で
OKだと思います。

>ロジックICに使うのも

ありです。
保持電圧、保持時間(期間)、消費電流、供給電流、環境条件、信頼性、製品寿命など
合っていればどう使おうと自由です。

実際に使ったことはありませんが、スーパーキャパは内部抵抗がやや高いので、
ロジック回路が変動する時に電源供給をスーパーキャパから、という経路が
短時間でもあると電圧降下を起こし誤動作につながりそうな気がするのでご注意。

マイコンでもそうですが、出力端子をハイインピーダンスにしたり電流が流れない側に固定したりして
信号電流を抑え、全...続きを読む

Q三角形ABCにおいて、点HがHB→・HC→=HC→・HA→=HA→・HB→

三角形ABCにおいて、点HがHB→・HC→=HC→・HA→=HA→・HB→をみたすとき、Hは三角形ABCのどんな点か。

この問題教えてください。

HB・HC=HC・HAより、HCでわけてみました。
HC(HBーHA)=0

このあとがわかりません>_<

教科書の回答をみると
<回答>
HC→・AB→=0
同様に、HA→・BC→=0、HB→・AC→=0
よって、Hは三角形ABCの垂心である。(答)

とかいてありました。
わからないのは、上の、HC・AB=0の部分です。
どうしてHC・AB=0とわかるのですか??
ABはどこからでてきたのですか?

題意を読んでると垂心っぽいというのは想像つくのですけど、Hの位置が題意の何処をよんだら、はっきりするのですか?
仮にHが三つの頂点から対辺に線が伸びた場所、つまり垂心の位置がHとしたら、HC・AB=0というのは
ベクトルの垂直の公式とみれるので=0としきがなります。
同様に~と書かれてる部分も同じですけど、
どのへんで、垂心の位置にあると、判断できたのですか??
HC(HB-HA)=0とHCで分けてみましたけど、
ここがポイントですか?

誰かおしえてください。よろしくおねがいします>_<

三角形ABCにおいて、点HがHB→・HC→=HC→・HA→=HA→・HB→をみたすとき、Hは三角形ABCのどんな点か。

この問題教えてください。

HB・HC=HC・HAより、HCでわけてみました。
HC(HBーHA)=0

このあとがわかりません>_<

教科書の回答をみると
<回答>
HC→・AB→=0
同様に、HA→・BC→=0、HB→・AC→=0
よって、Hは三角形ABCの垂心である。(答)

とかいてありました。
わからないのは、上の、HC・AB=0の部分です。
どうして...続きを読む

Aベストアンサー

AB = HB - HAだよね?
わかりづらかったらこうかけばわかるかな?(図に描いてみてね)
HA + AB = HB

だから

HC(HBーHA)=0から
HC・AB=0とできる。

左辺の内積はHCとABの作る角をθ(0<θ<π)とすると
|HC||AB|cosθ=0

HCもABも0じゃないから
cosθ=0とならざるをえない
だからθ=90°なんだ。

Q74HC14を使った白色LED点滅回路

電子工作初心者なのですが
1.2vを74HC14を使って電圧を3倍の3.6vにして白色LEDを点滅させる物を作りました。しかし点滅はしたのですが、乾電池(3.6v)につなげた状態と比べるとあまり明るくないのです
原因が何かわかる方居ましたら教えていただけないでしょうか?

こんな感じに作りましたhttp://proxy.f3.ymdb.yahoofs.jp/bc/48c15eda_d242/bc/%a5%de%a5%a4%a5%c9%a5%ad%a5%e5%a5%e1%a5%f3%a5%c8/1.2v%c4%b6%b9%e2%b5%b1%c5%d9LED%c5%c0%cc%c7%b2%f3%cf%a9.BMP?bcwUWwIBXupw7vj0

テスターでLEDにかかる電圧を調べようとしたのですが
点滅が一瞬なのでアナログテスターでは計れませんでした。

Aベストアンサー

tanceです。
電源電圧が3.6VくらいまではおそらくLED電流が数mA(平均値)程度に
なると思います。これだとまず壊れることはありません。

もっと電源電圧を上げると発熱は気になりますが、即座に壊れることは
ないと思います。本来はきちんと過負荷かどうかの計算をしなくては
なりませんが、とりあえず明るくすることだけを書いています。
(LED電流が増えれば当然電池の寿命にも関係して、暗い間ずっと点灯
することができなくなったり、昼の間に充電できなかったりするので
その面でも再検討が必要です)

明るくする方法の一つを提案してみます。よかったら試してみてくださ
い。

まず、今の回路の4番ピンと13番ピンの間が直接接続されていますが、
ここを切り離してください。(2Mの抵抗と4ピンはつないだまま。10uと
13ピンもつないだまま)

そして、4ピンと5ピンをつないでください。さらに、6ピンと13ピンを
つないでください。

これだけでは、今までと同じ動作をします。ここからがメインです。
74HC240というICを1個買って、これまでの回路に追加します。
まず、HC240のピンどうしを下記のようにつないでください。
17と18 3と4 16と15 14と13 7と8 12と11
2と6 17と13 4と8 15と11 5と9

そしてさらに、従来のHC14のピンとHC240のピンを下記のように
つないでください。

HC14の5~HC240の2
HC14の13~HC240の17
HC14の11~HC240の4
HC14の9~HC240の15
HC14の8~HC240の5

HC240の10,1,19ピンはGNDにつないでください。20ピンは電源に
つないでください。この10ピンと20ピンの間になるべく短く0.1uFの
コンデンサをつないでください。(なくても大丈夫かも知れません)

LEDにつながっている10uFのコンデンサを100uとかもっと大きくすると
それでも明るくなります。とりあえず、10uFのままにしてやってみて
ください。

また、電源もまずは1.2Vのままでやってみてください。これで今まで
よりちょっとでも明るくなれば配線は問題ないとして、電源電圧を
上げるようにしましょう。配線が間違っていると、電池が電源で
電源電圧が2V程度以上ある場合、すぐにICが壊れます。

少々接続箇所が多くて1箇所に何本も線が集中するので作りにくかったり
しますが、確実に明るくなります。

電圧を上げると点滅の周期が長くなります。

明るすぎる場合はLEDと直列に抵抗を入れてください。入れる抵抗値は
どんなLEDかにもよりますが、HC240が発熱しないということがが目安
となります。(やってみて決める)

電池の寿命やソーラセルの充電能力は、様子をみて変更(容量アップ)
をする必要があるかもしれません。

もうひとつ懸念材料があります。格段に明るくなると、CdsにもLEDの
光が入るようになるかもしれません。するとどうなりますか?
暗くなると点灯しますね。点灯すると明るくなりますね。明るくなると
消えます。消えると暗くなります・・・・。結局?????
つまり、LEDの光がCdsに入らないようにする必要が出てきます。

念のため確認ですが、上記はアマチュアが趣味で行う前提での話しです。
もしこれが売り物だとすると、このやりかたは全くお奨めできません。
各部品の定格などを無視した回路だからです。動くことは動くと
思いますが、信頼性は保証できません。(短寿命とか、多数作ると
動かないものが出るなど)

tanceです。
電源電圧が3.6VくらいまではおそらくLED電流が数mA(平均値)程度に
なると思います。これだとまず壊れることはありません。

もっと電源電圧を上げると発熱は気になりますが、即座に壊れることは
ないと思います。本来はきちんと過負荷かどうかの計算をしなくては
なりませんが、とりあえず明るくすることだけを書いています。
(LED電流が増えれば当然電池の寿命にも関係して、暗い間ずっと点灯
することができなくなったり、昼の間に充電できなかったりするので
その面でも再検討が必要で...続きを読む

QデジタルIC74HC14APの使用方法

PICマイコンを立ち上がりの遅い電源で起ち上げなければならないのですが、起ち上がり不良で誤動作を起こしてしまうので74HC14を使用して以下のような回路を考えました。これでOKでしょうか?

 12V電源
GND   VDD
 |     |
レギュレータ7805
 |     |
GND   VDD 
       |
       ●-74HCのVDD
       |
       ●-74HCの1番ピン(入力)  
       |       |
       |  74HCの2番ピン(出力)
       |       |     
       | 74HCの3番ピン(入力)  
       |       |
       | 74HCの4番ピン(出力)
       |       |
        PIC   抵 抗   GND
         |     |     |
トランジスタ  コレクタ  ベース  エミッタ
(NPN) 
          

ICのスレッショルドレベル以下を0、以上を1とみなす性質を利用してPICに5V以上の電流しか流さないようにと考えた物です。
これなら「じわぁっ」と立ち上がる電源でもマイコンへの電源供給をきちんとできるのではないでしょうか?
ちなみにトランジスタではPICのGND側をON、OFFするようになるのでPICのGNDは他の部分のGNDとは独立させています。

疑問点
・74HCの出力に直接PICを繋いで駆動させる事は可能なのでしょうか?可能であればトランジスタは不要だと思うのですが。

・74HC14の1番3番への入力に抵抗は不要でしょうか?               
             

PICマイコンを立ち上がりの遅い電源で起ち上げなければならないのですが、起ち上がり不良で誤動作を起こしてしまうので74HC14を使用して以下のような回路を考えました。これでOKでしょうか?

 12V電源
GND   VDD
 |     |
レギュレータ7805
 |     |
GND   VDD 
       |
       ●-74HCのVDD
       |
       ●-74HCの1番ピン(入力)  
       |       |
       |...続きを読む

Aベストアンサー

そのとおり、抵抗とコンデンサで、リセットピンをVCCから離して、前出の回路を接続します。

調べてみると、PICのリセット入力には波形整形回路が入っているので、HC14は必要ありません。

値は、
C=1000pF(これ以上大きくない方がよい)
R=10KΩ
これで約6mSの遅延です。これより電源の立ち上がりが遅いなら、抵抗を大きくしてください。
それでもダメなら「リセットIC」の出番です。

参考URLに「PIC18F84データシート」ってのがありますので、それをダウンロードして、43ページを見てください。詳しく解説しています。
マイコンを扱う場合、データシートに目を通すのは基本ですよ。

P.S
入出力ピンの増設はうまくいったんですかね?(笑)

Q東芝のORゲートIC(74HC4072AP)と抵抗器、16セグLEDを

東芝のORゲートIC(74HC4072AP)と抵抗器、16セグLEDを使い色々な表示をさせようとしたのですが、14番ピンに4.5Vを加えると、13番ピンにつないだLEDが点いてしまいます。

9~12番のどれかのピンに電圧を加えれば13番ピンにつないだLEDが点くと思ったんですが・・・・


使い方が違うのかもしれませんがなぜなんでしょうか?

Aベストアンサー

C-MOSなので、静電気破壊防止や発信または雑音増幅電力消費防止のために,全ての入力端子は使わないまま端子を放置しておいてはいけません。

全く使わない入力端子は非アクティブな論理レベルの電圧に固定しておくこと。
(ORゲートやNORゲートの場合はGNDに接続しておく。)

使うこともあるのでGNDには接続できない入力端子は、静電気破壊防止のためiMΩ位の抵抗をGNDと入力端子間に接続しておく(プルダウン抵抗という)こと。
(プルダウン抵抗をつけたまま入力端子に論理レベルH/Lの信号を入力しても良い。)

以上のような入力端子の処理をしていれば、正しくORゲートが機能するでしょう。

QPanasonicのCDコンポの「SC-HC40」と「SC-HC30」

PanasonicのCDコンポの「SC-HC40」と「SC-HC30」は見た目がほとんど同じで違いがよくわからないのですが、どの程度の違いがあるのでしょうか?値段差がそこそこあるので大差ないのであれば古い「SC-HC30」でもいいかなと思うのですが…。

詳しい方いらっしゃいましたら教えてくださいよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

SC-HC40とSC-HC30はどちらも2010年3月発売の製品です。

HC40にあってHC30にないものは以下の通りです。
 1.Bluetooth機能(ワイヤレス再生)
 2.SDカード対応
 3.ハンズフリー機能(iPhoneのみ)

これらの機能が不要なら、SC-HC30の方がお得ですよね。

参考URL:http://panasonic.jp/compo/hc40_hc30/spec.html

Q74HC193のカウントについて(2)

74HC193で

カウントアップswを押すと0→1→2→3→4→5→6→0→1→2→3…

カウントダウンswを押すと6→5→4→3→2→1→0→6→5→4…

を動作させる回路を作ったのですが、回路図書く前に作った回路を壊してしまい回路を忘れてしまいました。

2種類のゲートICを使ったと思います。

自分の不注意ですが、良かったら回路図を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

アップカウント入力で6の次はプリセットして0に、
ダウンカウント入力で0の次はプリセットして6に、
しかもプリセットは非同期。
ちょっと面倒な回路になりそうな気もするし、
どういう考え方でそういう回路ができたのか経過を教えてください。
でたらめに繋いでたまたまそう動くものでもない。
細かいタイミングまでまじめに検証するとちょっと手がかかりそうだし。

回路図を書く前に作れたほど実力があるなら
よく考えれば思い出せるんじゃないの。

Q74HC161でカウンター作ってますが

74HC132と74HC161を使ってカウンタを試作してますが、タクトSW1でスタート、SW2でリセットされてストップする動作をしました。本当はタクトスイッチを3つ使って、SW1=スタート、SW2=一時停止、SW3=リセットという動作をさせたいのですが、可能でしょうか?

他の手持ちのICは74HC14もあります。

Aベストアンサー

SW1でスタート、SW2でストップ、SW3でリセットする回路を忠実に作ると添付図のようになります。基本構成は、ANo.2さんの回答にあるように、NANDゲート2個からなるRSフリップフロップの出力を、カウンタのイネーブル端子の1つに接続するものです。

スタート信号(Lレベル)がRSフリップフロップのセット入力に入るとフリップフロップの出力がHレベルになるのでカウント動作が許可されます。スタート信号が何度入力されてもこの状態は変わりません。ストップ信号(Lレベル)がRSフリップフロップのリセット入力に入るとフリップフロップの出力がLレベルになるのでカウント動作が禁止されます。ストップ信号が何度入力されてもこの状態は変わりませんが、再びスタート信号が入るとカウント動作が許可されます(ストップスイッチを押したままスタートスイッチを押した場合もカウント動作が許可されます)。

リセット信号はRSフリップフロップとカウンタの両方をリセットします。RSフリップフロップのリセット入力には、ストップ信号とリセット信号のAND信号が入っているので、どちらかがLレベルになると(ストップスイッチが押されたか、またはリセットスイッチが押された場合)、RSフリップフロップがリセットされ、カウンタの動作が禁止されます。リセット信号はカウンタのクリア端子にもつながっているので、リセットスイッチを押したときは、カウンタもリセットされます(ストップスイッチを押したときは、RSフリップフロップだけがリセットされ、カウンタはリセットされません)。

カウンタの使い方が書かれていないのでどういう動作をさせるのか分かりませんが、RCO(リップリキャリ出力)を使うのであれば、カウント許可・禁止はイネーブルP端子のほうを使ってください(添付回路ではそのようになっています)。RCO信号はイネーブルT端子がHレベルになっているときしか出力されないので、イネーブルT端子をLレベルにしてカウント動作を禁止すると、RCO信号が消えてしまいます。74HC161のデータシート(http://www.semicon.toshiba.co.jp/docs/datasheet/ja/LogicIC/TC74HC161AF_TC74HC163AP_ja_datasheet_071001.pdf)の4ページの論理回路図を見ると、イネーブルT端子(ENT)は、リップルキャリ出力(CO)のレベルに関係していますが、ENPのほうはCOとは無関係です。

SW1でスタート、SW2でストップ、SW3でリセットする回路を忠実に作ると添付図のようになります。基本構成は、ANo.2さんの回答にあるように、NANDゲート2個からなるRSフリップフロップの出力を、カウンタのイネーブル端子の1つに接続するものです。

スタート信号(Lレベル)がRSフリップフロップのセット入力に入るとフリップフロップの出力がHレベルになるのでカウント動作が許可されます。スタート信号が何度入力されてもこの状態は変わりません。ストップ信号(Lレベル)がRSフリップフロップのリセット入力に...続きを読む

QVLSIチップ試作について★

ぜんぜん知識がないので、ちょっとおかしな質問になるかもしれないんですけど・・・VLSIチップ試作とは具体的に何をどのようにすることなんですか?それと、実際に試作するには最先端のウエハラインが必要とのことですが、ウエハラインとは何でしょう?教えてくれる方がいましたら、お願いします!低レベルなし質問でお恥ずかしいのですが・・・。

Aベストアンサー

VLSI…数ミリ四角のシリコンチップの上に数100万個のトランジスタと関連部品
     を作りこんだものです。超LSIといいます。
試作………こんなに大変な代物ですから、設計したらすぐ大量生産というわけには
     行きません。
     試作して、試験して、不具合点を直して、それから大量生産に入るわけ
     です。
最先端のウエハライン…テレビなどでよく見られると思いますが直径10センチぐら
     いのシリコンの薄い板がウエハです。
     この上にたくさんの、VLSIチップを作りこむわけです。
     試作といえども、最先端の製造技術が必要な訳です。
     ウエハラインとはウエハの上にたくさんの処理工程を経てVLSIチッ
     プを作りこみ、VLSIを完成させるラインを言います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報